妊婦 便秘

妊娠中の便秘対策と妊婦さんが便秘になりやすい理由




妊娠中にみられる悩みの一つが「便秘」です。もともと便秘症の方はもちろん、普段便秘になったことがない方でも、妊娠中ある日突然、便が出なくなってしまうことがあります。

便が出ないからといって手持ちの下剤の服用には注意が必要です。市販の下剤は妊娠前から頼りにしている方も少なくないと思いますが、子宮収縮成分が含まれている場合があります。

これを妊娠中に服用してしまうと、子宮の神経が刺激によって収縮を促し、早産や流産の原因になる可能性があります。

妊娠中は今までと同じというわけにはいきませんので、便秘対策はできるだけ刺激の少ない方法を選ばなければなりません。

そこで今回は、

・妊娠中はどうして便秘になりやすいの?
・妊娠中の便秘対策について知りたい!
・妊娠中の便秘に効果的なものとは?

といった方に、妊娠中の便秘の原因と、妊娠初期、妊娠後期それぞれの便秘対策についてご紹介します。

スポンサードリンク

便秘の要因と判断基準

そもそも便秘とは、排便の回数が1日1回から数日~数週間おきになる現象です。

原因はさまざまで、便が硬くなっているか、便の通り道が阻害されているか、腸の運動自体が緩慢になっているなどが主な要因です。

といっても、妊娠中の便秘はごく普通のこと。

今まで一度も便秘になった経験がない方は、最初は驚かれるかもしれませんが、子宮の状態が赤ちゃんの成長とともに変化し、腸が圧迫されていると考えればさほど不思議な現象ではありません。

また、1~2日程度排便がない状態は便秘とはいえず、単に腸に便となる排出物が足りていない場合もあるため、毎日出ないからといって慌てることはありません。

便秘は基本的にお腹の張りがあり、不快感や排便したいのに便が出てこないような状態を指します。またとぎれとぎれのコロコロした便しか出ない場合も便秘といえますから、便の状態はそのつど観察しておきましょう。

何週間も排便の兆候がみられず、お腹も目一杯張っている時は明らかに便秘です。そうならないためにも妊娠中はまめに便通をチェックしながら、生活習慣を正しておきましょう。

妊娠中の便秘の主な原因

妊娠中は便秘になりやすいものですが、どういった原因があるのでしょうか。

ホルモンの影響が原因

妊婦さんの便秘の原因の一つは、妊娠初期に起こるホルモンバランスの変化によるものです。

今までは何ともなかったのに、妊娠中期になってはじめて便秘の症状がでることもあります。

これは、妊娠すると黄体ホルモンが働き、大腸の蠕動(ぜんどう)運動の活動が抑えられるため、排便が促されなくなります。

お腹の赤ちゃんの成長が原因

二つ目には、妊娠後期の胎児の成長によって、子宮が大きくなり、腸を圧迫し始めることが挙げられます。

腸が圧迫されることで排便が阻害され、便秘になってしまいます。また、子宮が大きくなることでその上の胃なども圧迫されます。

大腸と一緒に血管も抑えつけられ、血液が下半身部分に滞り気味になり、「痔」が起きやすくなるとも考えられています。

痔を患うと、排便のたびに痛みが生じるようになり、毎日の排便を自然に避けるようになります。実はこの無意識的な排便の拒否から、便秘が進行する場合があります。

水分の不足が原因

上記の二つ以外にも、子宮内に羊水を溜めるため、体内から水分が減っていき、便が固くなってきて出にくくなるケースがあります。

つわりが酷くて水分が満足に取れない場合も便をスムーズに作れなくなり、硬い便が停滞して便秘になると考えられます。

妊娠中の便秘解消法

妊娠期でなくても、多くの方が処方された薬や市販の便秘薬に頼っていますが、下剤は腸の自然な蠕動運動を妨げる副作用もあるため、なるべくなら薬の強烈な刺激に頼らない方法で排便を促したいところです。

妊娠中は初期と後期で便秘の種類が異なるため、それぞれに合った方法で対処しなくてはなりません。

下剤に頼れば一瞬で済んでしまいますが、自然な便通を習慣付けるためにも初期と後期で対処を続けることが大切です。

妊娠初期の便秘対策

妊娠初期では、ホルモンの分泌バランスが変化して蠕動運動が弱まることが考えられます。

食物繊維を摂る

そのため、毎日の食事は不溶性の食物繊維を中心に摂取するようにし、同時に腸内をスムーズに便が通れるように環境を整えてあげると良いでしょう。

不溶性食物繊維を含む食品には、豆類や穀類、野菜類があります。一日20gを目安に食事の中で摂取する事を心がけましょう。

オリゴ糖を併せて摂る

腸の蠕動運動は食生活の改善で驚くほど良くなります。食物繊維を十分に摂取したら、乳酸菌とオリゴ糖を摂って腸内の善玉菌を増やし、さらに便を柔らかくする水分補給をしてあげましょう。

オリゴ糖は、原料や製法の違う様々な種類のものが市販されていますが、整腸効果の期待ができるトクホのオリゴ糖を選びましょう。

また、妊娠中は体重管理が非常に重要なので、低カロリーかつ、少量で整腸効果が得られるものを選びましょう。

汗をかいた時、食事の前後や食事中、移動中などお水に切り替えてみると、腸内がバランス良く整えられていきます。

妊娠後期の便秘対策

後期に入ると、今度は子宮から腸への圧迫が便秘の原因となります。今度は食物繊維で腸の動きを活発化させるのではなく、リラックスして過ごすことと、腸内環境をスムーズにしてあげることが大切です。

妊娠後期は、不溶性食物繊維ではなく、水溶性食物繊維に変え、腸内環境を整えることを心がけましょう。

水溶性の食物繊維を含む食材には、こんにゃくや海藻類、果物類などがあります。つわりや便秘にも効果的!妊婦さんにおすすめの果物では、便秘に効果的な果物についても詳しくご紹介しています。

また、妊娠初期同様、乳酸菌やオリゴ糖を摂ることも効果的です。

ファストフードや油もの、糖分や塩分の濃い食事などは栄養の偏りだけでなく、便秘の原因にもなりますので控えるようにしましょう。

軽い体操の継続が大切

食事以外でできることに、運動があります。

理想としては、妊娠前に腹筋を鍛えておき、妊娠期に入っても便秘にならないよう筋力維持することですが、いざ妊娠して便秘に悩んでからでは腹筋を鍛えることは難しく、又簡単に筋力アップすることはできません。

妊娠中にできる運動として便秘に効果があるのが、継続的な運動習慣です。

軽い運動を日課とすることで、腸の動きがスムーズになり排便を促すようになってきます。仰向けになった状態で行うヨガなどは体全体の運動量も多く、無理なくできるものですから、毎日継続することで便秘の改善が望めます。

それでも、便秘が治らない場合

便秘にならないよう毎日正しく過ごすことが理想的ではありますが、もしも便秘になって長く治らない場合は、便秘薬を使用しなければなりません。

ただし市販品は効果が強すぎるため、まずはかかりつけの医師に相談し、妊娠中に服用できる下剤を処方してもらいましょう。

錠剤タイプや顆粒の下剤、また大腸を直接刺激して排便を促す液状の下剤などが処方されます。

「すぐそこまで出ているのに」などと、硬くなった便を勢いで出してしまうと、切れ痔などを併発する可能性があるため、おすすめはできません。

自力で出すのが難しく、腸の奥に残っていると自覚できた場合は、健診時に申し出て、医師の指導を仰ぎましょう。

オリゴのおかげについて

わずか980円で体の中から綺麗にでき、多くの方が、2~3日から1週間程度のご利用で、何らかの効果を実感されている「オリゴのおかげ」は即効性の期待ができる、特定保健用食品です。

少量で整腸効果もあり、下剤に頼らず、健康的にすっきりを手に入れたい妊婦さんにもっともおすすめの商品です。

「オリゴのおかげ」は、トクホでありながら、市販されているオリゴ糖よりもはるかに低価格とあって、気軽に試せるところが魅力です。わずか、980円で健康的に毎日スッキリできれば言うことはありません。

しかも、スティックタイプということもあり、分量を計るわずらわしさもなく、出先でも気軽にオリゴ糖を摂ることができるので、妊娠中もお仕事を続けている方も続けて飲みやすくなっています。

980円のモニター価格は、WEB限定の価格となっていますのでご注意下さい。

公式ページはこちら>>オリゴのおかげ

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる