妊娠中の化粧品

妊娠中の化粧品は「オーガニック・無添加・天然由来」どれがいい?




赤ちゃんができた喜びもつかの間、妊娠したママたちにはさまざまな妊娠トラブルが待ち受けています。

特に肌荒れは、妊娠初期から長くなると出産するまで続き、スキンケアを小まめにしていても起こるため、悩むママも多いものです。

こんなとき、更に悩みの種になるのが基礎化粧品の選び方です。妊娠中は急に今まで使っていた化粧品が合わなくなることがあります。

化粧品は種類が豊富で、ドラッグストアなどに行けばたくさん置いてありまが、こうも種類が多いと何を使えば良いのか迷うところです。

よく目にするオーガニック、無添加、天然由来といったものは似たり寄ったりにも感じてしまいます。妊娠中に適している化粧品とはどんなものなのでしょうか。

そこで今回は、

・妊娠中の化粧品選びに失敗したくない
・妊娠中に良い化粧品の選び方とは?
・オーガニック、無添加、天然由来の違いとは?

といった方に、妊娠中の化粧品選びの注意点について詳しくご紹介していきます。

自分にあった、化粧品を見つけて、妊娠中のストレスを少しでも減らしていきましょう。

スポンサードリンク

どうして化粧品が合わなくなるの?

肌は正常であれば、女性ホルモンによって健康に保たれて皮脂をちょうど良く分泌してくれているので、小さい刺激であれば肌の天然バリア、皮脂膜が守ってくれます。

しかし、これが妊娠中ともなるとホルモンバランスが大きく傾くことになるため、天然の防衛機能も上手く働かずに敏感状態に陥ります。

そして、体にある水分の全てといっていいほど赤ちゃんへたくさんの水分を送ることが必要です。

肌の水分も赤ちゃんへ回されてしまい、乾燥しやすくなります。

今まで使っていた化粧品に肌が反応してしまうのは、普段なら感じない化学成分の刺激の影響を敏感肌になってしまったことによって受けやすくなっていることが考えられます。

ママによっては香料や防腐剤など、一般の化粧品なら当たり前に入っている成分にも反応してしまうので、アルコール成分1つとっても気を付ける必要があります。

化粧品のそれぞれの特徴

オーガニック、無添加、天然由来が勧められるのはどれも、一般の化粧品に比べれば肌に優しい作りになっているからです。

しかし、似たような名前からつい同列扱いしてしまいそうになりますが、成分の配合から意味まで異なります。

オーガニックの特徴

妊娠中、オーガニックタイプの化粧品を勧められる機会が多いかもしれません。

理由としては、赤ちゃんへの影響が少なく、配合された成分にもこだわっているため、妊娠中でも肌に影響が少ないからです。

オーガニックと明記されたものは基本、植物などの天然素材から抽出され、その素材となる物も肥料や農薬といった化学合成成分を使わずに育てられた有機素材が選ばれています。

香料や防腐剤などの化学成分も少ないので肌への刺激やお腹に赤ちゃんがいても安心して使用することができるほか、化学成分に頼らないスキンケアとなるので、肌がもともと持っているターンオーバーといった肌環境を健康に保つサイクルを整えてくれます。

また、製品によりますが、配合成分にエッセンシャルオイルが含まれていれば、そのオイルが持つ効果が体にも働きかけてくれますし、心地よい香りに精神的にリラックスできるでしょう。

オーガニックに即効性は期待できない

オーガニックの魅力は、肌が持っている自然治癒力を引き出してくれることになるので、一般の美容液に比べ、効果が発揮されるのは遅い傾向にあります。

また、基本的には、肌全体を整えていくことがオーガニックの持つ効果なので、シミを治したいなど1つのことに絶大な効果を発揮することはあまり期待できないかもしれません。

長く使用していれば、肌の調子が良くなるなど、のちのちのことを考えると良いことには間違いないですが、すぐに効果を求めるママには相性が悪いかもしれません。

オーガニックの注意点

有機素材のみを使用しているのが原則ですが、日本では今のところオーガニック化粧品に対しての基準がメーカーごとに独自に存在し、基準がはっきりしていないので同じオーガニックでも配合の割合が異なります。

中には、安全性や使い心地を高める理由から化学成分を微量に配合している物もありますし、最低でも1%天然成分が含まれていればオーガニックとして販売できてしまいます

海外メーカーはともかく、日本の製品の場合には購入する前に成分表を確認することが必要です。

肌に優しいとはいっても最終的には体質の問題もありますから、ママによっては天然成分に反応してしまうこともあります。

エッセンシャルオイルの1つであるローズマリー、イランイランのような妊娠中のママは避けた方が良い成分が配合されていることもあります。

「オーガニック」=「妊娠中のママ専用に作られたもの」ではありませんので注意しましょう。

無添加の特徴

無添加と聞くと、添加物が一切使用されていないオーガニックと似たようなタイプに感じますが実は違います。

無添加は、肌に刺激を与える・毒性があるとされる特定の物質が使用されていないことを表す言葉です。1種類でも無添加のものを使っていれば、無添加と表記できます。

香料のみ無添加でも、無添加と表記することができますし、石油系合成界面活性剤のみ無添加でも無添加と表記できます。

つまり、無添加と聞いて安心せず、自分の目で成分表のチェックをする必要があります。

無添加は肌に優しい

だからと言って、妊娠中の肌には優しくない化粧品かといえばそういうわけではありません。無添加と表記されたものは厚生省によって定められたアレルギー反応を起こす疑いのある102種類の成分-旧表示指定成分が入っていないです。

タール系色素、石油系合成界面活性剤不使用など、肌を壊してしまう成分をほとんど配合していないので、肌に優しく、トラブルが起こりにくいタイプです。

肌が反応してしまう成分が予めわかっていれば、無添加化粧品と販売するものは全成分の表示が義務付けられているので、チェックしておくとより安心です。

無添加の注意点

そんな無添加にも落とし穴はあります。それが、「持ちこされた成分」といわれるキャリーオーバー成分です。

無添加化粧品は2001年4月以降から全成分の表示が義務なりましたが、ギャリ―オーバー成分とは、配合される成分を材料から抽出する際に使用された化学成分や添加物です。

つまり、製品を安定させるために、配合する前の成分に保存料などの化学成分を組み合わせた場合、この保存料がキャリーオーバー成分になりますが、こうした成分に関しては表記義務がないので表記されません。

混ぜられた成分の組み合わせによっては体に悪影響を与えてしまうことも考えられ、それはお腹の赤ちゃんにとっても良くないですが、書かなければ分からないため無添加として販売してしまうことができます。

そのため、無添加だからと安心せず、配合成分にはくれぐれも注意し、不安に思う場合にはメーカーのホームページを調べて原材料や、製造過程の説明が載っているかなども調べておくといいでしょう。

天然由来の特徴

近いものだと自然派化粧品もありますが、内容は少し変わります。自然派は植物エキスを抽出した成分を多く配合したもの、天然由来は、天然由来と呼ばれる成分が配合されたものになります。

どちらも天然素材を加工して精製しているもののことを指し、残念ながら無添加と同じく一切、化学成分が使用されていないわけではないので使うときは気を付けなくてはいけません。

刺激の少ない化学成分を使用

一般の化粧品に比べれば化学合成成分などを極力抑えた化粧品に変わりはありません。

また体に良くないといわれる石油由来であっても、全てが肌に悪いわけではありません。天然由来と表記されている化粧品は、化学成分が入っていたとしても、多くの場合、肌にあまり負担がかからないといわれている化学成分が使用されています。

肌や赤ちゃんへの影響も含めて天然由来成分のみの美容液も存在するので確認してみましょう。

ただし、そういった物は防腐剤といった製品を保つ成分も配合されていないので、なるべく早めに使い切る必要があり、一般の化粧品より値段も高めです。

天然由来の注意点

オーガニックと同じく、購入する前には言葉に騙されないことが大切になってきます。

天然成分だけを使用した製品もあるにしても、現実、厳選された自然素材だけを使用して作るのには、品質が安定しない面に懸念があります。

天然由来は添加物が含まれている物が大半を占めるのが現状です。酷い物であれば、100%天然由来と販売していながら、小さくひっそりと化学成分を載せている製品もあります。

極端にいえば99%化学物質であったとしても、1つは天然由来が入っているからと、そのまま天然由来成分の化粧品として販売してしまっている場合もあるので、100%といった言葉に惑わされないことが大切です。

妊娠中にベストな化粧品は?

敢えて挙げるならオーガニックを使う方が妊娠中は良いしょう。

適切に選べば無添加や天然由来でも問題ありません。しかし、どれも肌への影響を考え配合成分を考えられてはいるものの、必ず注意点はあり必ずしも全てが安心して使えるわけではありません。

妊娠中のママ用の化粧品とされているものはほとんどありません。

妊娠中は敏感肌用のものから選択することになるので、どれを選んでも肌中心に成分配合されたものになってきます。

そのため、たとえばオーガニックに妊娠中のママは控えたいエッセンシャルオイルが入っていても仕方がないのです。結局のところ、妊娠中のママのために開発されたものでもなければ、自分で確認して自分に合ったものを選ぶのが一番良いことになります。

しかし、肌や赤ちゃんに影響のない完璧な化粧品が仮にあったとしても、誰が使っても100%安心な成分というのもありません。

使用前には必ずパッチテストを行い、アレルギー反応がないか確認しましょう。

確認する際には、顔と顔意外の肌は若干反応が異なるので、腕で反応がなくても顔に使ったら荒れてしまうことがあります。

顔のお手入れで使用するものなら、前髪で隠せる部分など顔の目立たない部分でパッチテストを行うようにしましょう。

こんな成分に注意!

オーガニック、無添加、天然由来とどれを使うにしても、成分はしっかり確認してから購入した方が安心です。

専門の店員さんに聞けば、妊娠中でも使える製品を紹介してもらえますが、事前に自分でも重要な成分を知っておくことも大切です。

ビタミンA

適量であれば何ら問題もなく、エイジングケア効果があるなど肌にとって良い成分です。

表記される際には、レチノール・トレチノイン・レチナールという名前で載っています。

しかし、ビタミンAの過剰摂取は胎児の催奇形性の恐れが指摘されています。肌から体内へは吸収率が少ないとはいえ、過度な使用は避けておきたい成分です。

極度に不安になる必要はないですが、用法用量を守って使いましょう。

ハイドロキノン

シミの元になるメラニンを抑制する働きがあり、美白効果のある美容液や化粧水でよく使用されます。通称「肌の漂白剤」ともいわれている成分でシミだけでなく肝班にも効果があります。

しかし、効果が高い分だけ肌への刺激が強く赤く炎症を起こしてしまったり、濃度が高いものでは白班という肌の一部が白く抜けてしまう場合もあります。

即効性は少なくなるものの濃度1~3%くらいであれば刺激も少なく、安全といわれていますが継続して使用する必要があります。

3%以上では赤ちゃんにとっては毒になってしまう可能性があるので、高濃度ハイドロキノンが配合されたものは避けたほうがいいでしょう。

フェキシエタノール

多くの化粧品に配合されている防腐剤の1つです。

配合量を間違えなければ、少量でも化粧品の劣化を防ぎ、肌へも負担の少ない成分といわれています。

しかし、良い効果をもたらす成分ではなく、防腐剤なので肌へ負担はかかりますし、誤って蒸発をさせてしまうと喉に悪影響が出ます。

配合量は全成分に対して1%以内と制限が設けられていて、同じ防腐剤のパラベンに比べれば毒性も弱いとされているので、そこまで不安を覚える必要もありませんが、できるなら避けたい防腐剤です。

オーガニック化粧品では使用されていないですが、同じく使用を避けたい精油のローズマリーが代用されていることが多いので、その場合には、フェノキシエタノール配合量が少ないものを選ぶようにするといいでしょう。

まとめ

化粧品にはデメリットもありますが、放っておくと肌は、悪化の一途を辿ることになるので化粧品によるお手入れは必要です。

一般の化粧品に比べオーガニック・無添加・天然由来は肌への影響などを考えて作られているのも事実ですので、ここにご紹介した特徴を参考に避けたい成分と合わせて、自分の肌を元気にしてくれるものを選びましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる