妊娠線予防

妊娠線予防と対策!クリーム選びのコツとスキンケアの仕方


妊娠や分娩に直接的に影響するものではありませんが、妊娠線は気になる体の変化の一つです。

妊娠線は、できてもできなくても胎児は変わらず元気に生まれてきてくれますが、やはり出産後、成長した子供と海に行く時や、夏の暑い日に露出度の多い服装をするときには気にする方も多く、できれば予防しておきたい妊娠時のトラブルといえます。

そこで今回は、

・妊娠線はどうしてできるの?
・妊娠線はいつからできるの?
・妊娠線の予防方法を知りたい!

といった方に、妊娠線のできる原因から、妊娠線のできやすい体質、妊娠線予防のスキンケアの仕方や、クリームの選び方のコツ、おすすめの食材など、妊娠線予防についてたっぷりご紹介していきます。

できてしまった妊娠線対策については、「妊娠線って絶対消えないの!?産後に妊娠線を消す3つの方法」をご覧ください。

妊娠線とは

お腹が膨らみ始める頃から、肌にできる亀裂を総称して「妊娠線」と呼んでいます。

妊娠線の多くはお腹周りにできますが、中には同時に腕や足、おっぱいやお尻などさまざまな場所にあらわれることも多く、お母さんの体全体へできる厄介者です。

もちろん個人差があるものですが、最近ではスキンケアやさまざまな対処法で予防できることが分かってきていますので、焦る必要はありません。

まずは、妊娠線のできる仕組みから見ていきましょう。

妊娠線のできる原因

妊娠線のできる主な理由は、お腹などの急激な成長に対し、皮膚がその伸びに耐えることができなくなり、亀裂が生じてしまうためといわれています。

妊娠中は胎児の成長に伴い、お腹が大きくなるだけでなく、体重の増加に伴いバストやヒップなども大きくなります。

一般的に皮膚の表面はその成長にある程度付いていけるよう伸びる構造になっていますが、その下にある真皮や皮下組織は急激な伸びに対応できる構造になっていません。

そのため、これらの弾性線維に亀裂が生じ、妊娠線としてあらわれます。

また、妊娠線のできるもう一つの理由として、ホルモンの影響が考えられます。

妊娠中にはコルチコステロイドというステロイドホルモンが多く分泌されますが、このホルモンは皮膚の新陳代謝を悪くしてしまう働きがあることが分かっています。

皮膚はもともとおよそ1か月に一度というペースで新しい皮膚組織に生まれ変わりますが、このホルモンの分泌が多い妊娠期には、正常なサイクルがおこなわれにくくなります。そのため、皮膚全体の弾力までも落ちてしまうことになるのです。

妊娠前と異なり、皮膚の伸び自体もが弱く、断裂の起きやすい状況といえるため、これも原因とされています。

妊娠線とはどういうもの?

妊娠線は、できはじめは2ミリから3ミリの赤紫の線状班として現れます。長さは人にもよりますが、おおよそ3センチから5センチぐらいの線です。

人によって一本しかできない方もいれば、数本から数十本とお腹全体を覆うほど妊娠線ができてしまう方もいます。出産後時間が経過するとともに、他の肌と同じような色に変化はしますが、妊娠線が簡単になくなることはありません。

色自体は目立たなくなっても、他の皮膚と異なりテカテカとしていて、遠くから見てもしわが寄っているように見えることから、肌を露出する部分などは特に悩みの種となります。

一度できると簡単に消えることがない妊娠線だけに、予防が肝心です。

妊娠線はいつからできる?

妊娠線は、お腹の大きくなる妊娠後期または、臨月にできるものというイメージを持っている人も多いのですが、実際には、妊娠初期にできる方も多く注意が必要です。

一般的には、妊娠5か月頃からできる方が多くなります。もちろん個人差はありますが、妊娠線には体重増加が大きく関係してくるため、体重が増え始める時期、またお腹が目立ちはじめる時期にできやすいと判断するのが適当といえます。

妊娠線のできやすいタイプ

妊娠線の予防をしなくても全くできなかったという方もいるように、妊娠線のできやすい方もいます。まずは、こうしたタイプに自分が当てはまるか知っておくことも大切です。

もともとぽっちゃりタイプ

皮下脂肪の多い方は妊娠線ができやすいといわれています。皮下脂肪自体が柔軟に伸びることができない組織のため、亀裂が生じやすく十分な予防対策が必要です。

乾燥肌の方

妊娠前から、乾燥が気になる方は予防を念入りにしましょう。潤いを十分に与えることで皮膚が柔軟になり亀裂ができにくくなります。

小柄な体系の方

小柄な方は骨盤の小さい方が多く、胎児を抱えるためにお腹が大きく前にせり出すことが多いといわれています。そのためお腹の皮膚にも負担がかかりやすく、妊娠線ができやすいとされています。

双子など多児を妊娠している場合

たった一人の胎児を妊娠している方でも妊娠線ができてしまうため、複数の胎児をお腹に抱える方は、もちろんどうしても妊娠線発生率が高くなってしまいます。

妊娠線がひどく残るケースも多くみられますので、予防と対策は必須といえます。

経産婦の方

一度出産を経験している方は、子宮が広がりやすく胎児も大きく成長しやすいといわれています。

実際に前の赤ちゃんより大きく生まれるケースが多く、一度目の出産で妊娠線ができていなくても二度目、三度目で妊娠線ができる方が多くなっています。

妊娠腺の予防法

妊娠線を作らないためには、どのような対策をしていけば良いのでしょうか。大きく分けて二つの方法があります。

ひとつは、「体重管理」もうひとつは「スキンケア」です。それぞれ見ていきましょう。

体重管理

まずは、体重管理が大切になってきます。

最近では病院などでもこの体重管理を厳しく指導されることが多くなりましたが、体重が増えることにより妊娠線ができる確率はどうしても大きくなります。

もちろんお腹の中の胎児が成長するため、まったく体重が増えないということは無理ですが、医師の指導している増減をしっかり守ることがポイントになってきます。

段階を踏んだ体重増加やお腹の成長には、皮膚組織も対応できるようできていますから、極端に体重制限などをおこなう必要はありません。

妊娠線ができるのをためらうがあまり、胎児にとって必要な栄養素を摂取できなくては、お腹の赤ちゃんの成長を妨げてしまうため危険です。

しっかり妊娠時に必要な栄養を十分摂取したうえで、妊娠線予防のためにも体重管理をしっかりおこなっていきましょう。

食事の内容を見直してみたり、軽い運動を取り入れてみると、より効果的に急激な体重の増加を防ぐことができますので、体重管理の一環としておこなっていくといいでしょう。

ウォーキングや毎日の散歩は気分転換にもなり、体への負担も少なく基礎代謝を上げる効果が高いためおススメです。

スキンケア

もう一つの予防法は、スキンケアです。皮膚は外側からケアしてあげることで一定の保水効果を期待でき、柔軟さを保つことができます。油分と保湿の補充が大切になります。

保湿クリームやマッサージクリーム等は、ただ単に塗るだけではなく、適度なマッサージを施すことで、血の巡りが良くなり、妊娠線の予防効果が上がります。

また、マッサージは基礎代謝を上げるため、脂肪燃焼に繋がり、効率的に引き締め効果が狙えます。コラーゲン組織が破壊されるためできると考えられていますので、そうした成分を補うことのできるクリームなどがおすすめです。

妊娠線予防のスキンケアの仕方

妊娠線予防専門のクリームやジェル、オイルが売られています。一般的に市販されている美容クリームでもスキンケアはおこなえますが、万全を期すなら、妊娠線予防専門のクリームが安心です。

お手入れは、入浴後の血液循環が良くなった状態でおこなうのが理想的です。

妊娠線予防クリームを選ぶコツ

妊娠線予防としてクリームを選ぶ際には、肌に塗ってからすぐに固まってしまうような物ではなく、

・しばらく固まらない柔らかいもの、
・臭いがきつくないもの、
・伸びがよく、
・肌に浸透しやすいもの、
・手に付いても、荒れたりしないもの

を選ぶとより効果的です。妊娠中に使うものですから、使用されている成分などもより不純物の含まれていない、オーガニックに近いものを使うのがベストといえます。

・どの商品を選ぶと良いかわからない
・やっぱり専用のクリームじゃなきゃ不安
・予算を抑えるために、専用クリームと併用したい

といった方は、マタニティ専用の妊娠線クリームを、一度試してみることをおすすめします。人気の妊娠線クリームの伸びや使用感を、実際に肌身で感じてから、類似の市販クリームと併用したり、類似の市販クリームへ切り替えたりしてみても良いでしょう。

>>東尾理子さん愛用の赤ちゃんから使えるスキンケア!妊娠線予防にも!

市販のクリームと妊娠線クリームの違いについて詳しく知りたい方には、以下の記事がおすすめです。

毎日たっぷりと使うものなので、予算と相談してみましょう。

妊娠線のケアはお腹以外にも

塗る箇所は、大きく成長するお腹だけと考える方も多いですが、実際には、お腹以外にも、

・おっぱい
・二の腕
・お尻
・太もも
・ふくらはぎ

といった箇所にできる場合もあります。お腹ばかりに集中せずに、できるだけ全身をマッサージするような感覚で塗っていきましょう。

お腹のケアはしていたのに、別の部分に妊娠線ができてしまったという方は実に多くいます。予防のためにケアしていくなら、体全体に塗っていくことが大切です。

妊娠線のスキンケアの頻度

何よりも妊娠線予防で大切なことは、忘れず毎日お手入れすることです。

妊娠線予防のためには、クリームやオイルをたっぷりと塗り込むようにしましょう。保湿力の高いものであれば、1日1〜2回、あまり保湿力のないものでしたら、1日に複数回使うようにしましょう。

妊娠中は大きくなるお腹のために体にクリームなどを塗る作業が困難になり、止めてしまう方も少なくありません。旦那さんに協力してもらったり、毎日決まった時間にアラームを鳴らしたりするなどして、産後まで気を抜かずに継続することが大切になります。

妊娠線のスキンケアはいつからするべき?

早い方では妊娠4ヶ月くらいから妊娠線ができてしまいます。ケアをはじめる時期は、お腹の大きさが気になるようになってから手入れをおこなうより、まだお腹の目立たない、妊娠2ヶ月の後半〜妊娠3ヶ月頃からケアを始めることが理想的です。

肌が良い状態で保たれていれば、仮に急激に体重が増えてしまった場合でも、妊娠線ができにくくなります。

いざという時のためにも早いうちから妊娠線の予防を心がけておきましょう。

妊娠線予防には食事も大切

妊娠線のできる原因として体重の増加があるため、低カロリー、低脂肪の食事を心がけることが大切になってきます。

ファストフードは控えめに

野菜などの繊維の多い食事を多く取り入れることを意識したり、バランスの良い食事に切り替えることも重要です。

つわりがひどいと食事の支度が大変なため、買ってきたものや外食に頼ってしまいがちですが、外食やファストフードなどは高カロリーになりがちですから、できる限り控えるようにしましょう。

コラーゲンを摂ろう

また、妊娠線は皮下組織であるコラーゲンに亀裂が生じることからできるといわれているため、こうしたコラーゲンなどを意識して摂ることも大切です。

コラーゲンの含まれる食材には、動物性なら、

・豚足
・鳥の皮
・手羽
・牛筋
・とんこつラーメン

にコラーゲンが含まれています。他にも海洋性なら、

・すっぽん
・ふかひれ
・なまこ
・カニ
・エビ
・クラゲ

などがあり、他にも

・ゼリー
・杏仁豆腐

などにもコラーゲンは含まれています。こうした食材を積極的に摂取するよう心がけましょう。しかし、コラーゲンの含まれている食材には高カロリーなものが多いため、注意が必要です。

一度に大量に摂取するのではなく、継続して少量ずつ取り入れるよう気をつけましょう。

その他の予防法

妊娠線の予防法を紹介してきましたが、他にも予防法として役立つものがあります。

それは肌に負担をかけないという方法です。妊娠中に着用する、さらしやカードル、コルセットなどを使って適度にお腹を支え、皮膚が引っ張られるのを、伸びるのを少しでも少なくする方法です。

さらし

さらしは、吸水性も良く、個人のお腹の成長に合わせ、長く使うことができ便利です。

ガードル

ガードルはボディーラインをすきっりと見せてくれるため、外出時などにも着用ができます。妊婦タイプのものは、着脱もしやすく設計されています。

コルセット

コルセットはお腹部分だけを支えるため、トイレの際にも不便さを感じません。お腹だけを効率よく支えてくれるため、就寝時などにも使用できます。

自分の使用しやすさ、値段のお手ごろさなどから選んでみましょう。妊娠線予防として効果が期待できますので、クリームなどの予防法と併用して使用していきましょう。

まとめ

スキンケアと並行して、その他の予防法を合わせて実践していくのが一番の予防です。一度できたら簡単には消えない頑固な妊娠線ですから、十分な対策はとっておきたいものです。

ご紹介した予防法を実践していれば、万が一妊娠線ができてしまう結果となっても、肌のダメージを最小限に抑えることができます。

妊娠後も妊娠線のことを気にして、おしゃれを控える必要がなくなりますので、いまからコツコツ頑張りましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる