medium_289149824

高齢出産の意外なメリットとそのリスク




現代、女性の社会進出が進み、仕事において責任ある立場を任されることも多くなってきています。女性の仕事に対する意識も変わってきたことから、晩婚化や出産の高齢化も進んできています。

今では、30代以上の出産は当たり前の時代です。今回は、その高齢出産のメリットとリスクについて紹介します。

関連記事
>>高齢出産において必要な覚悟とは?不安にならないための心構え
>>高齢出産で初産!予定日はずれるもの?知りたい出産準備のいろは
>>高齢出産の産後は不調と苦労の連続!?出産前に準備しておきたいこと
>>高齢出産にスクリーニング検査は必要?検査内容と費用について

スポンサードリンク

高齢出産とは

よく高齢出産という言葉を耳にしますが、出産の指す高齢とは何歳からのことをいうのでしょうか。

日本婦人科学会では、以前30歳以上の初産婦に対し、高齢初産という言葉を使ってきました。ですが、最近では30歳を超える出産は当たり前の時代です。

そんな背景もありWHO(世界保健機構)の定義に基づき、今では日本でも世界的に基準とされている35歳以上の初産婦を高齢初産と定義づけしています。

また、高齢出産とは初産など出産の回数にかかわらず、年齢が40歳以上の妊娠、出産を指します。

出産の年齢が40歳を超えると母子ともにリスクが高まることからこうした基準を設けています。

妊娠、出産というものは個人によって差が生じやすく、高齢出産だからといって必ずリスクを背負うわけではありません。しかしながら、40歳を超える出産で何らかの異常をきたすケースも少なからずあります。高齢出産は年齢が上がれば上がるほど、危険度が増していくことだけは覚えておきましょう。

高齢出産のメリット

高齢出産は、何かとデメリットばかり話題に取り上げられます。リスクばかり考えて不安を抱えている方も少なくありません。

しかし、高齢で出産した女性すべての方がこのリスクを伴うわけではありません。妊娠はもともとトラブルを生じやすいものです。

実際に妊娠、出産を経験した方の中には、20代にもかかわらず何らかのトラブルを抱え出産に挑む方もいますし、40代にもかかわらず無事出産、母子ともに楽しい生活を送っている方もいるのです。

もちろん、リスクを考えると若くして子供を出産する方が良いに決まっていますが、高齢出産には高齢出産ならではのメリットもあるのです。いくつかのメリットについて見ていきましょう。

高齢出産は経済的負担が少ない

まずは、経済的に余裕があることが挙げられるでしょう。日本の場合年齢が上がるにつれ、生活が豊かになるといわれています。

高齢だからというわけではないのですが、出産、子育てというのは想像以上にお金や体力が必要です。育児に伴う金銭的問題も難なくクリアできますし、体力面で負担を感じたときなどはベビーシッターや託児所などを利用することも選択できます。

経済的に余裕があることは子供を育てていくうえで大きなメリットといえるでしょう。

高齢出産は精神が安定しやすい

出産、育児はお母さんの負担が大きいことで知られています。そのため、出産ブルーになってしまったり、子育てに自信を持てないなどの悩みが出てくるケースも少なくありません。

こうした悩みは特に若くして出産、育児と向き合う母親に多く、高齢の方に少ないのが特徴です。いろいろな経験を積み重ねたうえで出産と向き合うことで、精神的にも負担を感じることなく、出産、育児を心から楽しむことができます。

もちろん個人差はありますが、高齢出産ならではのメリットといえです。

高齢出産は子宮がんのリスクが減る!?

高齢出産というとリスクを先に考える方も多いと思いますが、実は健康面でも意外なメリットも多いものです。

妊娠、出産することで子宮体がんのリスクが下がるといわれています。確かな理由はまだわかっていませんが、アメリカの予防医学研究チームが子宮がん患者と健康な人を比較調査した結果、

・25歳以前に出産した人と比較して、
・30代から40代で出産した人は
・17%子宮がんのリスクが減少

していることが明らかとなったのです。

・また、35歳から39歳で出産した方は32%のリスク減少、
・40歳以上の方は44%のリスク減少

と驚く研究結果を発表しました。

同じアメリカの長寿研究者たちは100歳まで生きた女性の方の多くが、40歳以上で出産を経験していると発表しています。

これらの研究を見てわかる通り、妊娠中に多量に分泌される女性ホルモンなどが健康に良い影響を与えていることは明らかなようです。

高齢出産は生活リズムの改善がしやすい

リスクを伴う高齢出産ということから、食生活や生活リズムの改善を図る方が多いこともメリットといえます。習慣化されることで、その後健康に暮らすことができ、健康面にも自信を持てるという意見が多くなっています。

悪いイメージを連想しがちですが、高齢出産にはこのようなメリットがあることも覚えておきましょう。

高齢出産のリスク

年齢が上がるにつれ、このリスクというものは無視することができないほど重要なことといえます。

リスクを知れば不安が募るという方もいますが、リスクを理解しなくては回避することもできません。まずは正しいリスクの知識を付け、出産に備えることが大切です。

妊娠率の低下

高齢に伴い妊娠する可能性が下がることは皆さんご存知のことでしょう。この世に生まれる前から女性は体内に卵子を蓄えており、これが老化することで妊娠する可能性は下がってきます。

20代での不妊症率は低いですが、これが40代にもなると60%の不妊率と驚異的な数字になっています。もはや自然分娩をすることさえ難しくなってしまうのです。

詳しくは、「妊娠するには?神秘のメカニズム〜原始卵胞〜」で紹介しています。

妊娠中毒症

妊娠中毒症とは、正しくは妊娠高血圧症候群といいます。妊娠中の血圧上昇や尿にタンパクが出る、全身のムクミなどが主な症状となっています。

高齢になると卵巣の機能全般の低下や血管の老化の進行で、血管内皮細胞が傷つくことから発症が見られることが多くなります。妊娠中毒症は、合併症を併発したり、重症化に陥りやすく、注意が必要な疾患です。

先天性異常の発症率

高齢出産では、先天性の異常が発症する割合が高くなります。20代ではわずか1%ほどですが、40台を超えるとその割合が2.4%と高くなります。加齢に伴い少々リスクが高くなるといって間違いありません。

先天性の中でも特に影響が見られるのがダウン症などの染色体異常です。最近では出産前検査などで調べることもできますが、高齢出産を決断する際には受けるべきか否かを悩まれる方も多く、リスクとして考えるべきなのかを問われることもあるでしょう。一人で悩むことは避け、まずは医師とよく相談してみるといいでしょう。

関連記事:元気な赤ちゃんが生まれるか心配。出生前検査で何が分かる?

流産の危険性

すべての妊娠で流産する確率はおおよそ10%〜15%といわれています。それに対し高齢出産の場合30代では約20%、40代では40%と高くなるといわれています。

主な理由は、体内に保有している卵子の老化といわれています。他にも卵子の老化に伴う先天性異常によると考えられています。流産はすべての妊婦にとって悲しい出来事ですが、防ぐことは難しく、このリスクは受け入れざるをえないといっていいでしょう。

常位胎盤早期剥離の発生率

常位胎盤早期剥離とは母子をつないでいる胎盤が剥がれてしまう症状をいいます。発症率は全妊婦のわずか1%と少ないものですが、事故などで強い衝撃を受けた場合や妊娠高血圧症候群なども要因となります。

この妊娠高血圧症候群は高齢出産において発症する割合が高くなりますから、必然的に常位胎盤早期剥離の発生率も高くなる危険性があります。母子にとって命に係わることも多い疾患ですので、万が一見つかった場合は帝王切開などの処置をとります。

難産

高齢でなおかつ初産という場合には、産道や子宮口の柔軟性が悪く、難産になりやすいといわれています。

そのためというわけではありませんが、高齢出産の方はまた、帝王切開になる場合も多くなっています。体力の低下も一因ですが、帝王切開などは医師の判断にゆだねるケースが多く、医療機関によってもその判断は異なります。

どうしても困難なケースは別として、自然分娩を重視したいのであれば医療機関の態勢を判断した上で、出産する病院を検討してみるといいでしょう。

さまざまなリスクを紹介しましたが、高齢出産だからといってすべての方が当てはまることはありません。妊娠は個人差が大きく、例え若い時期の出産でもリスクを背負い出産に挑む方もいます。年齢やリスクを気にしすぎることは、妊婦さんにとって決して良い結果をもたらしません。高齢出産ならではのリスクの可能性を理解し、体調などを整える努力から始めてみましょう。

高齢出産に向けて注意すべきこと

出産をする妊婦さん全般に言えることですが、妊娠中はもちろん喫煙、お酒などはいけません。また、安易な気持ちで薬などを服用することも避けましょう

高齢出産では妊娠高血圧症候群などの症状にも気を配ることが大切になってきます。何でもないように感じるムクミやしびれ、腰痛などを感じたら担当医を受診しましょう。また、体重の増加もリスクに繋がりますから、注意が必要です。

最近では、こうしたリスクの多くは医学の進歩と共に母親の努力次第で防ぐことができるようになってきています。こうした知識を身に付けて出産に挑むのと、そうでないのとでは、無事出産できる確率も確実に違ってきます。リスクに対する対処法も学んでおきましょう。

関連記事:無理なダイエットは禁物!妊娠中の体重管理の仕方とコツ

妊娠高血圧症候群のリスクを下げる

妊娠高血圧症候群の主な症状は、高血圧とタンパク尿です。妊娠中の母体が負担を受けることで発症すると考えられています。

赤ちゃんが大きくなるほど母体に負担がかかることから、妊娠の後期に発症するケースが多くなっています。高齢出産でリスクが高まるのは、やはり母体が妊娠の負担に耐えることができなくなる方が多いためでしょう。

個人差はありますが、もともと高血圧や糖尿病を持っている方や塩分、カロリーの多い食事を摂取している方は発症する確率が高く、注意が必要です。

普段からの体調管理、食事に気を使うことで妊娠高血圧症候群のリスクを低くすることはできます。日ごろからの心がけでリスクを下げるよう心がけてください。

妊娠糖尿病のリスクを下げる

妊娠糖尿病とは、妊娠してはじめて糖尿病が発症した症状のことをいいます。妊娠糖尿病は妊娠高血圧症候群や胎児奇形、胎児死亡、早産、流産、新生児の呼吸障害などを起こしやすくするためリスクの高いものです。

糖尿病は、遺伝要因が大きいものですが、高齢でも発症する確率が上がることから、高齢出産を望んでいるなら血糖値などをチェックしておくといいでしょう。発症する主な時期としては胎児形成期の妊娠初期になります。

発症が確認された場合には、医師の指導に基づいて治療を進めることになりますが、日頃から食事に気を配ることで十分発症を防ぐことができる病です。

血糖値を正常値に保つよう妊娠前から注意できるとベストです。

切迫流産のリスクを下げる

高齢出産では、切迫流産などの危険性も高まります。通常流産は、妊娠初期に発症することが多く、その場合は自然流産と呼ばれています。この自然流産は卵子の老化や染色体異常が原因となってきますので、防ぐことはできません。

妊娠初期に切迫流産を発症した場合、薬などを処方し改善を試みることもありますが、残念ですが治療することは難しく、流産を防ぐことはできません。妊娠を継続できる場合には、やがて症状が収まりますのでできる限り安静を保つことが大切です。

しかし、妊娠初期以降に切迫流産と診断された場合は、今では胎児の心拍さえ安定していれば、母親の努力次第で無事出産を迎える可能性も増えています。

このころの主な流産の原因は母親のストレスや疲れ、また子宮内の細菌感染による絨毛膜羊膜炎や子宮頚管無力症などです。ストレスなどの要因は母親の心がけ次第で防ぐことも可能です。日ごろから疲れやストレスを溜めない生活サイクルを作っておきましょう

妊娠中のおなかのハリや出血には細心の注意を払いましょう。 わずかな変化でも医師に相談するよう心がけましょう

万が一切迫流産と診断された場合には、適切な処置を受けたうえで、絶対安静で過ごしましょう。

切迫早産のリスクを防ぐ

妊娠22週から37週に出産してしまうことを早産といいます。この時期に出産の兆候が見られる場合、切迫早産と診断されます。

切迫早産の原因は、切迫流産と同じだといわれていますが、他にも喫煙や疲労、合併症といった母体が原因で引き起こされることがありますので注意することでリスクを下げることができます

切迫流産の兆候は、お腹のハリや出血、破水、下り物の増加など様々な症状で表れます。気づかないでいるとあっという間に症状が進行してしまうので注意が必要です。例え安定期であっても、定期健診はきちんと受けることが大切です。

少しでも体に異常を感じたら、ためらうことなく医師の診察を受けましょう。治療をおこない、安静を保てば妊娠期間が長く継続しますので、無事に大きく成長して生まれてもらえるよう早産には注意を払いましょう。

高齢出産でも様々なリスクを下げる方法が、少しずつですが分かってきています。少しでもリスクを回避できるよう、その方法などを充分学んで、いざ出産に備えましょう。

photo credit: sean dreilinger via photopin cc

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる