働く妊婦

妊婦さんは仕事をいつまで続けるべき?産休と通院休暇について




待ち望んだ妊娠は、とても喜ばしいことですが、仕事を持つお母さんにとって、妊娠生活と仕事の両立は容易なことばかりではありません。

妊娠中特別なトラブルがない場合でも、出産の時期や育児を行うにあたり、ある一定期間はどうしても産休を取らなければなりません。人それぞれの体調やおなかの赤ちゃんの状態などによっては、入院なども余儀なくされる場合もあります。

仕事を持つ女性は、会社への妊娠の報告や手続きなど、様々な問題を抱えます。会社の規定はもちろんですが、法律上ではいつから産休を取ることができるのでしょうか。

今回は、妊娠中も頑張るママさんに、産休について詳しくご紹介したいと思います。また、後半は、給付金についてもご紹介していますので、参考にして下さい。

スポンサードリンク

産休を取るか辞めるかはあなた次第

妊娠していると、人によっては思いがけない体調の変化に悩む方も多くいます。つわりがひどく、仕事に支障をきたすこともあるでしょうし、妊娠のトラブルで、入院をしなければならないこともあります。仕事をしている妊婦さんの場合には、仕事は続けながら、産休を取って産後に職場復帰するか、もしくは、妊娠を機に仕事を辞めるかなど、人それぞれ悩むところです。

もちろん、育児に専念するために会社を辞めることも選択の1つではありますが、せっかく慣れた職場で、産後も仕事ができるのであれば、それに越したことはありません。産休を取るか、仕事を辞めるかは、じっくり考えて決めましょう。

いつからいつまでが産休?

仕事をする女性に関する法律はいくつかありますが、「産休」に関する法律は、労働基準法の中に明記されています。

労働基準法 第六十五条抜粋

第六十五条  使用者は、六週間(多胎妊娠の場合にあつては、十四週間)以内に出産する予定の女性が休業を請求した場合においては、その者を就業させてはならない。
○2  使用者は、産後八週間を経過しない女性を就業させてはならない。ただし、産後六週間を経過した女性が請求した場合において、その者について医師が支障がないと認めた業務に就かせることは、差し支えない。
○3  使用者は、妊娠中の女性が請求した場合においては、他の軽易な業務に転換させなければならない。

とされています。つまり、「産休」は、産前休業と産後休業を合わせたもので、出産予定日の6週間前(多胎妊娠の場合には14週間前)から、出産の翌日から8週間になります。

しかし、本人の請求があり、医師が認めた場合に限っては、産後6週間以降は働くことができると定められているのです。また、仕事をもつ誰もが、少なくとも産後6週間は最低限産休を取らなければならないことになっています。

産休は計画的に

労働基準法では、「6週間以内に出産を予定している妊婦さんからの申請があれば、会社は産休を認めなければならない」と定められているということですが、実際には、妊婦さんやおなかの赤ちゃんの状態によって、出産予定日直前まで働く方もいれば、逆に早めに産休を取られる方もいます。

また、勤務内容や業種によっても、母体に与える負担は異なりますので、産休を取りたいと思う期間は違ってくるでしょう。いくら自分自身ではまだまだ働けるつもりでいても、つわりがひどくなり、会社を休みがちになることもあるでしょうし、出血やその他の妊娠トラブルにより、予想もしなかった時期に会社を休まなければならないこともあります。

自分自身やお腹の赤ちゃんはもちろん、会社の仲間に負担や迷惑を極力かけることのないように、産休の計画は無理のない範囲で、早めに想定しておいた方が良いでしょう。

産休は取得する権利がある休暇です

仕事をしながら妊娠、出産、そして、子育てをするということは、女性の一生を考えた上でも、赤ちゃんのことを考えた上でも大変なことですし、とても大切な時期でもあります。

会社によっては、なかなか産休の取得を言い出しにくいこともあるかもしれませんが、産休を取る権利は、「労働基準法」において、全ての働く人に認められている権利なのです。そのため、勤務先によって就労規則は異なりますが、会社の制度として明記されていなかったとしても、誰でも申請をすることで産休を取得することができます

通院休暇も活用しよう

妊娠初期からしばらくの間は、流産の危険性があったり、仕事をしながらも、つわりがひどかったり大変な思いをされた方も多いことでしょう。

妊娠5ヶ月になると安定期に入りますが、人によっては、大きくなるおなかに圧迫されて気分が優れなくなったりすることもありますし、遠方への通勤や激しい業務内容では、困難を伴うものです。

仕事を続けるためには、自分自身の体調が最優先ですが、周囲の方の理解も欠かせません。無理をして働くことで、体調を崩してしまうこともありますし、切迫早産などのトラブルの危険性を伴うことも忘れてはいけません。かかりつけの担当医と体調を優先に考えながら、産休に入る時期を決めましょう。

人によっては、臨月間際の妊娠9ヶ月まで仕事を続ける人もいます。妊娠しながらの通院休暇も、労働基準法で定められています。妊娠23週までは4週間に1回、妊娠24週から35週までは2週間に1度、妊娠36週から出産予定日までは1週間に1回までの通院が保障されています。

通院休暇も上手に活用しながら、体調と相談し仕事を行いましょう。

産休は出産手当金がもらえる

勤務している会社によっては、産休中の給与規定が異なりますし、雇用形態によっても、給与の有り無しが違ってくるでしょう。もし、勤務している会社が産休中には給与が支払われない会社だったとしても、慌てることはありません。

仕事をしている妊婦さんが、出産のために産休を取った場合には、「出産手当金」として健康保険から手当金を受け取れる場合があるからです。この出産手当金の支給対象者には、社員や契約社員、パートの区分はありません。産休中でもいくらかの収入ができることで、随分助かるものです。

ただし、手当金を受け取るためには、いくつかの条件があります。1番のポイントは自分の健康保険に加入(被保険者本人のみ対象)していることです。

ご主人の扶養の範囲内であれば、いくら健康保険に加入していても支給の対象にはなりませんので注意しましょう。

産休中に支払われる給付金について

産前産後には、経済的な支援もあります。先ほどご紹介した、出産手当金の他にも、

・育児休業給付金
・育児休業基金給付金
・育児休業者職場復帰給付金

といった給付金が受け取れます。名前も似ていてわかりにくいですが、ひとつずつ見ていきましょう。

出産手当金

出産手当金の支給対象期間は、出産日(出産が予定日よりも後になった時には、出産予定日)以前42日(多胎妊娠の場合には98日)から、出産日の翌日以降56日までの範囲内で、会社を欠勤し、しかも、給与の支払いがなかった期間を対象として支払われるものです。

出産手当金の申請には、「健康保険出産手当金支給申請書」などのいくつかの書類が必要になります。会社への申請や手続きには時間を要しますので、産休に入る前早めの手続きや申請を行うと良いでしょう。

育児休業給付金

産休中には、出産手当金の他に、「育児休業給付金」を受理することもできます。この給付金は、赤ちゃんが満1歳になるまで育児休暇を取得した場合に、給与保障として支給されるものです。出産後にすぐに職場に復帰するのか否かは、体調や赤ちゃんの様子を見ながら、会社と相談してみましょう。

育児休業給付金の支給対象者は、勤務先の雇用保険に加入していることなどが条件です。

育児休業基金給付金

「育児休業基金給付金」は、育児休暇中に支給される給付金で、給与の約30%が支給されます。

育児休業者職場復帰給付金

「育児休業者職場復帰給付金」は、職場に復帰後6カ月以上勤務することで支給される給付金で、給与の約10%が支給されるものです。

出産や育児には、思いがけずかかる出費も多いものですので、受給できると一助になるでしょう。それぞれの給付金の詳細につきましては、いくつか項目ごとに説明していますので、出生届や給付金など、押さえておきたい出産後の8つの手続きをご覧ください。

多くの人が様々な制度を利用しています

仕事と出産や育児など、「仕事と家庭の両立」のための支援制度には、産休や育休など様々な制度があります。

妊娠中の女性には、深夜勤務(宿直勤務を含む)や時間外勤務をしない「深夜勤務及び時間外勤務の制限」や、妊娠週数に応じた「健康審査等のための職務専念義務の免除(有給)」があります。厚生労働省では、「雇用均等基本調査」を毎年公表していますが、その中では、在職中に出産した人を分母として取得率を調べてみると、8割以上の方が育児休業を取得しているというデータもあります。それぞれのライフプランに応じて様々な制度を上手に利用し、より充実した生活を送りましょう。

以下の記事もおすすめです。ぜひ、参考にして下さい。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
仕事・お金出産妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる