妊娠中の貧血

妊婦さんと貧血の関係と妊娠中の貧血への対処法




妊娠初期に頻繁に起こるとされる貧血は、妊婦さんにも赤ちゃんにも危険が多く極力予防したいものです。

そこで今回は、

・どうして妊娠中は貧血になりやすいの?
・妊娠中の貧血の対処法が知りたい!

といった方に、妊娠中に起こりやすい貧血について詳しく解説していきます。

妊婦さんと貧血の関係をみていきながら、後半は対処法についてご紹介しています。

スポンサードリンク

妊婦さんと貧血の関係

妊娠初期に頻繁に起こるとされる貧血は、お腹の中の赤ちゃんが成長するために必要な鉄分が吸収されていき、逆にお母さん自身の鉄分が不足することで引き起こされるものです。

生理中に貧血を度々起こしている方は、妊娠中はさらに貧血が進みやすいため、普段から鉄分などミネラル成分を補う食生活を心がけましょう。

妊婦さんが貧血になるのは血液が少なくなるからではなく、血液が「薄くなる」ことで引き起こされます。

血が薄くなるといわれてもいまいちイメージがしにくいかもしれませんが、赤ちゃんに優先的に栄養素が送られるため、血液の成分が薄くなってしまうのです。

これは「鉄欠乏性貧血」とも呼ばれ、あまりにも症状が酷い場合は医師の診断のもと、サプリメントなどから鉄分を補う処置がとられます。

また、つわりが酷くない場合は食生活から改善するよう促されることもあります。

妊娠初期を過ぎ、中期に入ると赤ちゃんはより一層成長へ向かって加速します。ここでさらに多くの鉄分などが必要になるので、初期には何ともなかった方でも、鉄欠乏性貧血が起きやすくなります。

女性は誰しも生理などで貧血になりやすい体質ではあるのですが、妊娠中はさすがに鉄分補給を欠かさないよう注意しなければなりません。

妊娠中の血液量の変化と貧血

実は妊娠中は、お母さんの体内の血液量は1.4倍程度にも増えるとされています。

人によって差はありますが、血液が増えるのは赤ちゃんへの栄養補給と母体を守るための自然な変化です。

しかし、血漿(血液の液体部分)が増えても中身を構成する成分が足りなければ貧血が発生します。

妊娠中の貧血の症状

妊娠中の貧血は、まず体がなんとなくだるくなり、めまいや頭痛、寒気などを発症します。

この時点でなんとなく「貧血かも」と感じる方が多いようですが、産婦人科を受診して早めに処置を取るようにしましょう。

貧血がひどくなると息切れが増えたり、かなりの寒さを感じたり、なかには立っていられず倒れる場合もあります。

鉄分が足りなくなってくると、舌に炎症がみられることもあります。これは一つの目安となるもので、妊娠中のお母さんはこまめに鏡をチェックし、舌に何らかの炎症が起きていないかどうか確認すると良いでしょう。

また、体のだるさなども見逃さず、貧血と感じたら椅子やソファーに座ったり、横になるなどして無理のない体勢を取るようにします。

また、妊婦さんは血液の循環が滞りやすく、特にお腹に血液が集まるため、椅子や湯船から立ち上がると脳に血液が流れず、脳貧血となって立ちくらみにつながる場合があります。

今まで脳貧血になった事がなくても、ある日突然貧血が起きる場合があるため注意が必要です。

脳貧血も含む「めまい」や「立ちくらみ」は、代表的な貧血の症状の一つです。

意識を失って倒れると、自分で体をコントロールすることができなくなるため、お腹を下にして転んでしまう可能性もあります。

急なストレスや緊張で心拍数が上がり、貧血を起こすこともありますので、職場での仕事や大勢の人ごみの中などを歩く場合は特に注意が必要です。

妊娠中の貧血への対処法

それでは、妊娠中に起きやすい貧血の対処法についてご紹介していきます。

安静にする

まずはしゃがんだり、椅子に座るなどして安静にします。横になれる環境があれば、お腹を下にしないようにして静かに横になりましょう。

貧血が起きている間は視界が歪んでいたり、ぐらぐらと揺れているものですが、静かにしていれば次第に治っていくので、急な行動をしないようゆっくり体を落ち着けます。

なかなか休める場所がない場合は、壁にもたれるなどして安静にするか、近くにいるご家族などに支えてもらって静かに待ちましょう。

栄養を摂る

日頃から、鉄分や亜鉛など、貧血を予防するための栄養素の摂取が大切です。

一番理想的とされるのは食事で、鉄分を含んだ食材をたっぷりと摂取します。普段よりちょっと多めかもと思っても問題はありません。

また、鉄分だけに偏らず、タンパク質や脂質、ビタミンなど五大栄養素をバランス良く摂れるよう栄養のバランスを考えた食事をしましょう。

時間がないからといって牛乳やジュースだけ、あるいはインスタント食品だけを摂っていると肝心の鉄分が足りず、貧血になりやすいので注意が必要です。

貧血に良いとされる栄養素は、鉄分、タンパク質、ビタミンB群、ビタミンC、そして葉酸です。

鉄分はミネラルに属しますが、妊娠中は赤ちゃんの体がミネラルをたくさん吸収するため、鉄分以外にカルシウムやマグネシウムなど他のミネラル成分も積極的に摂っていきましょう。

食材としては肉と魚、貝類、野菜類、フルーツなどバランス良く摂れれば理想的です。血液中のヘモグロビン生成に必要なビタミンB6、B12なども摂取しておいて損はありません。

浴室の環境を整える

貧血状態で湯船に浸かり、そのまま急に立ち上がると、脳に血液が行かず脳貧血を起こし、滑りやすい浴室内で転倒しやすくなります。

裸で浴室内で転ぶと、お腹の赤ちゃんに万が一の事態が起きるリスクも高くなります。

あらかじめ浴室内には滑り止めのマットを用意したり、長湯をしないで半身浴をする、湯船の外でも腰掛けられる椅子やとっさに掴まれる手すりを準備するなど、いろいろな予防策を取っておきましょう。

外出先ではこまめに休息をとる

外は自宅以上に転んだり、倒れたりといった危険が伴います。いつもの通り歩いていても、いつどこで貧血が起こって具合が悪くなるかは分かりません。

赤ちゃんが成長するスピードに合わせて、お母さんの体には負担がかかっています。なので、外出先に普段と同じような感覚で出かけるのはふらつきや転倒などのリスクを高めてしまいます。

出掛ける際は腰掛けられる場所をこまめに探し、できればご主人やご家族、お友達などサポートしてくれる人と一緒に行動するようにし、椅子に座れないような場所では折りたたみの椅子を持ちこむなどして工夫することが大切です。

気持ちの上では「まったく体調に問題はなく元気」と思っていても、体は疲れに敏感で、栄養が足りていなければそれなりの反応が起きてきます。

自分でも気づかないうちに貧血を起こしている場合がありますから、万が一の事態を避けるためにも、無理をせずに適度な休憩を入れましょう。

photo credit: euthman via photopin cc

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる