妊娠中のバスタイム

妊娠中の入浴時の注意点とお風呂タイムに便利なグッズ




お風呂場は、ゆっくり疲れを癒す所でもありますが、事故の多い場所とも言われています。妊娠して大きなお腹を抱えるようになると、足元が死角となるため、危険性はより大きくなります。

妊娠中の入浴では、注意を払うべき点も多く、安全のための備えも必要になってきます。そこで今回は、

・妊娠中の入浴の注意点と、心がけるべきポイント
・あると便利な入浴グッズ
・入浴剤の選び方の注意点

について、詳しく見ていきましょう。妊娠前の入浴とは異なり、なかなか気づきにくいこともあります。これからご紹介する注意点に気をつけながら、一日の疲れを癒し、快適なバスタイムを過ごしましょう。

スポンサードリンク

妊娠中のお風呂場での注意点

妊娠中は身体的にも精神的にも疲労が溜まる時期で、リラックスできる入浴タイム位は、ゆっくり楽しみたいという妊婦さんも多いのではないでしょうか。ですが、お風呂場は思わぬ危険があり、特に妊娠中には気を付けてほしい場所でもあります。入浴に伴う危険なポイントを知っておくだけでも、怪我などの予防に繋がります。まずは注意すべき点から一緒に見ていきましょう。

のぼせ

妊婦さんは、赤ちゃんがお腹にいることもあり、血流量が多く、入浴でのぼせる危険性が高くなります。気持ちいいからと言って熱いお風呂で長湯してしまうと、のぼせてふらついてしまい危険です。転倒などは最悪の場合、流産等に繋がることもあります。

妊娠前よりも、ぬるめのお湯に浸かるよう心がけましょう。また、入浴前に心臓から遠い場所である足からかけ湯することで、体をお湯の温度に慣れさせることができます。

妊娠中は、長湯で子宮収縮等を引き起こすこともありますので、入浴中の体調変化には気を付けましょう。

滑って転倒

妊娠してお腹が大きくなると、体のバランスが上手く取れないことが多くなるため、お風呂での転倒には気を付けておきたいものです。お風呂は石鹸かすやシャンプーなどの流し残しがあると、大変滑りやすく危険です。

浴室マットや浴槽内滑り止めマットを敷いて、安心して入浴できる環境を整えておきましょう。また、入浴前に浴槽を洗う時には湯船のふちや手すりまで、きちんと掃除をしておきましょう。

入浴後、常に換気を行い、滑りの原因となるヌメリの発生を防いでおくことも大切です。

バランスを崩す

妊娠後期になるとお腹はどんどん大きくなります。浴槽に入るだけでも、大きなお腹のせいでバランスを崩す危険性があります。うっかり頭から浴槽内に落ちないよう、浴槽のふちや手すりをしっかりつかんだ状態で湯船に出入りするよう心がけましょう。また、浴槽に入って腰を下ろすまでは油断しないようにしてください。

浴槽のヘリなどでお腹や頭を打つ可能性がありますので、しっかり腰を下ろすまでは、手すりをつかんだ状態で入るようにしましょう。

脱衣所での怪我

脱衣所に、色々な物を置いていないでしょうか?体重計や脱衣かごなどは、お腹が大きくなるにつれ視界に入らなくなるため、つまづいて転倒や怪我をしてしまう可能性があります。

脱衣所の入り口から浴室までは、通行の妨げとなる物を置かないよう気を付けることが大切です。

冷え

妊婦さんにとって、体を冷やすことは気を付けたいことの1つです。特に冬場の浴室は、タイルなどが冷たく、寒いという家も多いのではないでしょうか。室内との温度差で、気分が悪くなることも考えられますので、シャワーをまき、湯気などで浴室全体を温めてから入浴するなどの工夫が必要です。

浴室暖房のある家の方は、必ず入浴前にスイッチを入れ、浴室を温めてから入浴するよう心がけましょう。

一人での入浴

旦那さんの帰りが遅い方などは、帰りを待たずに、先に一人で入浴する方もいるのではないでしょうか。入浴中は、体内の温度や血圧が変化しますので、貧血や立ちくらみと言った症状を起こすこともあり、また怪我や転倒などの事故の可能性も全くないとは言いきれません。

そのため、できることなら、家族が誰か家にいる時間を選んでお風呂に入ると良いでしょう。

一定時間経過しても出てこない場合には、旦那さんや家族に声をかけてもらうなど、一緒にルールを決めておくとなお安心と言えるでしょう。

鍵をかけない

入浴の際に脱衣所や浴室にカギをかける癖のある方は、要注意です。怪我や転倒、気分が悪くなった時に、家族がすぐに駆けつけることができません。普段の癖でカギをかけてしまわないよう、何かあった時に家族に声が届くよう、脱衣所のドアを少しだけ開けておくなど、万が一に備えた安全を確保しておきましょう。

十分な水分補給を

妊娠中は血流量も増え、新陳代謝が活発になるため、汗をかきやすく、水分が失われやすくなります。水分補給を怠ると血栓等の原因となるため、注意が必要です。妊婦さんでも血栓を発症する方は少なくないのです。

入浴前、または後にコップ一杯程度の水分補給を心がけましょう。

妊娠中にあると安心なバスグッズ

浴室マット、浴槽内滑り止め

「滑って転倒」でも紹介しましたが、浴室内、浴槽内に滑り止めマットを敷くだけで、転倒の危険性は減ることになります。介護用品などとして販売されていることもありますが、安全のために購入しておくと安心です。

シャワーブラシ

妊娠初期には、体が自由に動かせるため、洗うことも大変と感じることはありませんが、お腹が大きくなってくると前かがみの姿勢が取りづらくなるため、シャワーブラシが活躍してくれます。足等は特に洗いにくくなってきます。体が自由に動かせる妊娠初期頃に揃えておくと良いでしょう。

浴室チェアー

妊娠初期には、浴室マットや低いチェアーで洗髪などをしても苦に感じることはありませんが、妊娠後期には低い椅子でさえも座ることが困難になります。立ったり座ったりがしやすい高めの椅子を用意しておくと良いでしょう。四足の付いた安定感のある浴室用チェアーを購入するのもおすすめです。

入浴剤の選び方と注意点

リラックスタイムでもある入浴中に、入浴剤を使いたいという方も多いですが、入浴剤の使用にも妊娠中は注意が必要です。入浴剤の選び方について紹介しておきましょう。

発汗作用のある入浴剤は避けよう

妊娠中はもともと汗をかきやすくなりますので、無理やり発汗作用をもたらす入浴剤は良くありません。避けた方がいいでしょう。

つわりのある時期には香りにも気を付けよう

つわりがひどい時期は、においに特に敏感になるため、香りの強い入浴剤は気分を悪くする原因になることもあります。せっかくの入浴タイムを壊すことのないよう、香りを抑えた入浴剤を選ぶと良いでしょう。

バブルバスは危険

入浴剤として売られているバブルバスですが、泡が発生するものですので、浴槽が大変滑りやすくなってしまいます。お腹に胎児を抱えた妊婦さんは、バランスを崩しやすく危険です。安全のためにも、バブルバスタイプの入浴剤は避けた方が良いでしょう。

肌に優しいものを

妊娠中は肌も敏感になるため、入浴剤の成分にも気を使う必要があります。妊娠前に使用していたものでも、突然肌トラブルを起こすことがあります。なるべく低刺激で、天然由来の物など、入浴剤を肌に優しいものに切り替えておくと安心です。

ハーブの成分には注意しよう

ハーブは天然由来のものだし、安心と言うイメージを抱いている方も多いと思いますが、ハーブには妊娠中避けた方が良いとされるものがあります。安易に自分で判断するのは危険です。レモングラスやローズマリー、ラズベリーリーフ等は避けた方が良いとされているものは多くあります。入浴剤ではハーブが使用されているものも多いですから、一応成分を注意しておくと良いでしょう。

お母さんと赤ちゃんのためにも、安全に気を配りながら入浴タイムを楽しみましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる