妊娠中のゲップ

妊娠中のげっぷの原因とその対処法




妊娠中に起こる「げっぷ」は、頻度や出方など人それぞれですが、多くの場合妊娠初期に起こる症状として知られています。

げっぷとはそもそも、胃の中にもともと存在する空気や、食べ物や飲み物などと一緒に飲み込んだ空気を排出する際に発生するものですが、空気嚥下症という体質的な原因なども考えられます。

今まで特にげっぷで困った事がなかったのに、妊娠してから突然げっぷが出るようになった妊婦さんは少なくありません。

そこで今回は、

・妊娠するとなぜげっぷが出る?
・妊娠中のげっぷとつわりの関係は?
・妊娠痛のげっぷを改善する方法が知りたい!

といった方に、妊娠中のげっぷの原因と対処法についてはご紹介します。

初めての妊娠でげっぷが止まらず慌てる方もいらっしゃいますが、妊娠中の体調変化などが主な原因といわれていますので、冷静に状態と向き合い、経過を観察するよう心がけましょう。

どうしても気になる場合は産婦人科の医師に相談し、薬を処方してもらうなどの処置を取りましょう。

スポンサードリンク

妊娠とげっぷの関係

妊娠とげっぷの関係

妊娠初期にげっぷが増える原因

黄体ホルモンとも呼ばれる「プロゲステロン」は、妊娠中に多く分泌される女性ホルモンです。このホルモンは腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を弱め、便秘などを引き起こしします。

腸の動きが鈍くなるということは、それと連動して食べ物や飲み物を消化するのに時間がかかり、食べ物は普段よりも長い時間胃の中に留まります。

そこで胸焼けなどを起こし、食べ物とともに飲み込んだ空気がガスとなって、後から遅れて逆流し、げっぷとなって出てくるのです。

げっぷとつわりとの関係

げっぷが出る原因として多いものがつわりです。妊娠中、つわりが始まるとほぼ同じ頃にげっぷの回数が増えていきます。

特に妊娠初期のつわりでは、胸焼けを起こしやすくなるほど唾液量が増えますが、唾液を飲み込む時に空気を一緒に飲み込んでしまい、いつもよりも胃に多く空気が入ることでげっぷが増えるともいわれています。

妊娠初期は腸だけでなく胃の働きも弱まっていますから、食べ物が胃の中に留まってげっぷが断続的に出るようになります。

食べ物が胃に長く留まるせいで、げっぷをするときつい臭いがする場合もあります。つわりがピークになると、げっぷから吐き気を催し、嘔吐することもありますし、不快な症状は初期のつわりがピークを過ぎる頃まで一定期間続きます。

妊娠後期のつわり

初期のつわりが終わって安定期に入り、安心したかと思っていたら再びぶりかえしてくるのが「後期つわり」と呼ばれる症状です。

後期つわりは別名「第二つわり」とも呼ばれていますが、症状は初期と同じようなもので、胃痛や胸焼け、たくさんのげっぷなどがみられます。

妊娠後期は妊娠初期に比べて赤ちゃんが成長してきているので、子宮内が大きくなり胃などを含めた内臓器官が圧迫されることで胃酸が逆流し、胃痛やげっぷなどが起きてくるのです。

胃酸の上がり方によっては、げっぷよりも胸焼けの症状の方が深刻な方もいます。

ゲップの症状はいつ収まるのか?

妊娠初期から妊娠後期にかけて、比較的長い間げっぷの症状に悩まされることになるケースもありますが、一般的につわりがおさまれば、同時にげっぷもおさまっていきます。

胃酸が逆流しすぎると逆流性食道炎のリスクが高まりますから、あまりにもひどい場合は医師に相談し、対処してもらうと安心です。

妊娠中のげっぷを改善する方法

妊娠中のげっぷを改善する方法

では妊娠中のげっぷを少しでも改善するにはどうしたらいいのでしょうか。いくつか挙げてみますので試してみて下さい。

食事を小分けにして食べる

一度の食事でご飯を掻き込むと、げっぷが大量に発生する原因になります。

お腹が空いていても一気に食べ過ぎず、複数の茶碗に小分けにするなどして、少しずつ消化しながら食べるようにしましょう。

一回の食事を数回に分けて食べると、消化にも良くげっぷが出にくくなります。

パスタ、うどんなど麺類を口にする時も、空気を麺類と一緒にすすって飲み込むので注意が必要です。

飲み物は少量ずつ

空気を飲み込まないよう注意が必要なのは、飲み物も同じです。得に夏場は冷たい飲み物を一気飲みしてしまいがちです。

ですが、一気飲みは液体と一緒に空気も飲んでしまうため、げっぷの原因となります。

自宅、外出先を問わずストローを持ち歩いて飲むようにすると、空気を必要以上に飲み込まないのでげっぷ対策になります。

消化に良いものを食べる

胃腸の負担にならないような、消化の良い食べ物を選ぶとげっぷを減らすことができます。

消化の良い食べ物としては
・おかゆ
・にゅうめん
・白身魚
・半熟卵
・ささみ
・キャベツ
・じゃがいも
・長いも
・バナナ

などがあります。

また、乳製品(牛乳、ヨーグルトなど)を食べると、胃に粘膜が作られるのでゲップを抑えることができます。食前に食べると高い効果を得ることができます。

ガスを作りやすい食品を避ける

ガスを発生しやすい食べ物に、豆類や炭酸飲料があります。

また、パスタやお米、穀物類などもガスを発生させる食品です。繊維質の食品である果物や野菜もガスの原因となります。

乳製品でお腹を壊しやすい体質の方は、分解するための成分が体内に少量しかないため、ヨーグルトなどを食すことでガスを発生させ、げっぷの原因になるといわれています。

寝る前にものを食べない

ついいつものクセで、寝る前に小腹がすいて間食をしてしまう方もいることでしょう。

寝る前に何かを食べると、寝ている間は胃腸の動きが鈍くなりますから、いつまでたっても消化されず「消化不良」に陥って、げっぷが出やすくなります。

消化が進まないことで逆流性食道炎の原因にもなるため、就寝の3時間前までには食事を済ませておきましょう。

食べ過ぎに注意

妊娠中はいつも以上に食欲が湧く事があるので、ついたくさん食べ過ぎてしまいます。

しかし食事の量を増やすということはそれだけ消化に時間がかかり、げっぷの原因となります。また、肥満の原因にもなるため、小分けにするなどして食べ過ぎを予防しましょう。

右側を下にして寝る

胃の「幽門」と呼ばれる出口部分が自分から見て右側にあるので、体の右側を下にして眠る事によって、重さが働き、腸へと流れていきます。

この方法は胃の中に食べ物を留まらせない良い方法で、消化を早めるだけでなく、食べ過ぎた場合でもこの体勢でいることで楽になります。

食後にすぐ横にならない

妊娠中はお腹が大きく、またホルモンバランスの関係で体もだるくなります。食べた後すぐに横になりたいと思いがちですが、そうすることでげっぷが多く出たり、気持ち悪くなることがあります。

どうしても体が辛い時以外は、食べてすぐに横になるのは避けましょう。

嗜好品を避ける

胃腸のためには、脂肪分の多いもの、チョコレート・アルコール・甘いものなど嗜好性の高い食品の量を少なくすると効果的です。

辛いものや刺激物を避ける

辛いもの、刺激になるものも胃に負担をかけますので、控えましょう。

photo credit: plentyopaul via photopin cc

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる