巨大児出産のリスク

巨大児出産のリスクとは?原因や予防法と治療が必要なケース




巨大児というのは、出生時の体重が4000グラムを超える新生児です。ほとんどの巨大児が出産予定日の満期産児ですが、体重が4000グラムを越えて大きいというだけで見た目には特に異常がありません。

・巨大児として生まれてきた場合、何か問題はあるのでしょうか?
・巨大児であると出産に何かリスクがあるのでしょうか?

今回は、巨大児出産について、原因や予防法、また、治療が必要なケースなど詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

巨大児は病気なの?

出産前の超音波診断などで、おおよその体内の胎児の体重が分かりますが、その際、担当の医師から「巨大児の恐れがあります。」と言われたらどうしたいいのでしょう?

巨大児の原因はママの糖尿病?

巨大児の症状は出産時の体重が4000グラム以上であるということだけです。一見、大きな赤ちゃんであるということだけで何の問題もなさそうですが、巨大児は母親が妊娠中に糖尿病であった可能性が高く、生まれてから検査してみると呼吸障害や心不全、多血症、低血糖、低カルシウム、黄疸などの症状が見られる場合があります。

そのため、無事に出産した場合でも目に見えない症状が潜んでいることがあるので、他の新生児よりも様々な項目を検査して異常がないか調べます。

巨大児は病気ではないけど

また、母体に比べて大きな赤ちゃんであると分娩の際、難産となるケースがあります。体が大きいために産道を通る時に、肩甲難産や鎖骨骨折などを起こしやすく、4500グラムを超える超巨大児になると、出産後に後遺症が残るということもありますので巨大児出産のリスクは高いと言えるでしょう。巨大児のリスクについては、後ほど詳しくご紹介します。

どうして巨大児になるの?

巨大児の原因は大きく分けて2つで、対称性巨大児と非対称性巨大児により原因が異なります。それぞれご紹介しましょう。

対称性巨大児

一つは遺伝子的に巨大児になったという対称性巨大児です。これは遺伝子的に大きくなってしまった新生児というだけで、特に身体的には問題ありません。ただ、胎児が大きいので出産時に肩甲難産(上半身が引っかかり、産道を通過しづらい状況)になるというリスクがありますので、分娩方法などは主治医と良く相談しなければいけません。

非対称性巨大児

もう一つは、非対称性巨大児というものです。これば母体が糖尿病などを患っており、血糖のコントロールが出来ない場合に多く起こります。出産後も巨大児であるということだけで、見た目的には問題がありませんが、よく調べてみると呼吸不全や肺、肝臓などが腫大していることがあります。

この場合、新生児からこれらの臓器に問題があるリスクが高く、新生児の段階から症状が見られます。子宮内環境が悪いということが原因して起こりますので、糖尿病を既に持っている妊婦さんは、医師と良く相談して、妊娠を継続する必要があります。

また、妊娠した時点には糖尿病でなくても、妊娠中の食べすぎなどで妊娠糖尿病になるケースもあります。妊婦の体重のコントロールは単に難産を避けるためだけでなく、糖尿病を避け、胎児を巨大児にさせないためにも重要であるということです。

巨大児の予防

遺伝子的な問題で胎児が巨大化するのをコントロールするのは難しいですが、妊娠糖尿病を避けるという意味で、妊婦さん自身がカロリーコントロールすることは非常に有効です

妊娠糖尿病にならないためには、妊婦さんにとって適度な運動をし、体重のコントロールをすること、食事はカロリーを摂取しすぎないようにバランスの良い食事を心がけるということで、かなりの確率で予防できます。お腹の赤ちゃんのためにも、妊婦期間の体調管理はしっかり行いましょう。

関連記事>>妊娠中の無理なダイエットは禁物!妊娠中の体重管理のコツ

巨大児の治療

遺伝子的に巨大児として生まれた対称性巨大児は、分娩時に肩甲難産などで問題がなければ特に治療の必要はありません。ただ、難産によって後遺症などが残るということが考えられますので、自然分娩なのか帝王切開なのかという出産方法の決定には注意が必要です。巨大児でも母体の骨盤のサイズが分娩に問題なければ、自然分娩で産むという人は大勢います

治療が必要なケース

また、妊娠前から糖尿病を患っているという場合は、非対称性巨大児が生まれる可能性があるので、糖尿病の担当医師と産婦人科の医師双方に協力してもらい、血糖コントロールを行います。特に食事の管理や制限は重要で、厳密なカロリー計算が必要になってきます。

妊娠することによって運動制限がかかる場合や、薬物療法が用いられる場合もありますが、常に医師の指示を厳密に守って胎児を巨大児にしないよう努力が必要です。

母体が糖尿病であっても適切に血糖値をコントロールできた場合は、非対称性巨大児となる可能性は大幅に減ります。

巨大児出産のリスク

巨大児出産は普通サイズの新生児の出産に比べて3つのリスクがあります。

難産

難産というのは、お母さんの産道に比べて赤ちゃんが大きい場合によく起こります。産道を通りにくいので生まれるまでに非常に長い時間を分娩に要します。一般的に分娩時間が長いというのは15時間以上かかる分娩のことを言います。

分娩時間と難産は直接結びつくわけではありませんが、分娩時間が長いと赤ちゃんに十分な酸素が届かず胎児仮死や呼吸障害などのリスクがあります。その場合、後遺症が残る可能性があるので自然分娩で出産に望んでも、途中で医師が危険であると判断した場合は緊急の帝王切開での出産になります。

赤ちゃんのけが

赤ちゃんが大きいと狭い産道で体の色々な場所が、突っ掛って通れなくなります。特に赤ちゃんの肩がつかえる場合が多く、強い力が赤ちゃんの体に掛かるので赤ちゃんの鎖骨が折れたり、わきの下辺りにある神経を傷つけてしまうことがあります。

出血多量

分娩の時に強い力が掛かるのでお母さんの膣や会陰が避けてしまう場合がありますが、赤ちゃんが大きいとその裂傷も大きくなるので出血多量に陥り、危険な状態になるリスクもあります。

予定日を過ぎても生まれないけど巨大児になるの?

正期産というのは、妊娠37週目0日から41週目6日までを言います。分娩予定日というものは出産日の平均的なものを指しているだけで、予定日から少し出産が遅れたくらいでは問題はありません。正期産は5週間ほどの幅があるので神経質になることはありません。

妊娠42週目0日を越えて出産するのは過期産といいますが、日本の場合、過期産として出産するのは全体の2パーセントほどです。初めての出産の場合は出産予定日よりも遅れて出産したという人が多いのですが、42週目を越えてくるとお腹の赤ちゃんは4000グラムを越える巨大児になる可能性が高まります。同時に、赤ちゃんに栄養と酸素を届ける胎盤の機能が落ちてきたり、子宮内の羊水の量が減ってきて、赤ちゃんが低酸素状態になったり、胎便を飲んでしまったりと悪影響が出てきます。

そのために、過期産になる前に担当の医師が誘発分娩などで出産させる場合が多くなり、結果、過期産での出産率は極端に低い数字となっています。

ほとんどの出産日が予定日の2週間前後ですし、予定日を過ぎても正期産の場合、そのことが理由で巨大児にはなりません。しかし、過期産になるようでしたら、巨大児出産になるリスクがあるので医師が何らかの処置を行います。焦らずに冷静に出産を待ちましょう。

出産前の胎児の推定体重にも誤差がある

妊婦検診に行く度に、超音検査などで胎児の身長を測ったり、頭の大きさや体重を担当医師から聞くことがあると思います。特に初めて出産するお母さんはお腹の赤ちゃんの体重が平均に比べてとても大きかったり、逆に小さかったりすることで一喜一憂することがあるのですが、出生前の推定体重というのは誤差がある程度あるものだと思っておきましょう。

4000グラム以上の大きな赤ちゃんですと言われていたのに、実際に生まれてみたら3000グラムを少し越える程度だったという人もいますし、逆に、赤ちゃんが小さい小さいといわれて、ずっとお母さんは落ち込んでいたにも関わらず、生まれてみれば4000グラムに届きそうな勢いだったという場合もあります。

特に医師から指導を受けない限り、平均と比べて少し大きいといっても、通常は心配ない程度の赤ちゃんの体重ですので、巨大児かもしれないとあまり心配しすぎないようにしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
出産妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる