妊婦さんの血糖値はどれ位が正常値?高いと妊娠糖尿病に!?

妊婦さんの血糖値はどれ位が正常値?高いと妊娠糖尿病に!?




妊婦さんは健康な赤ちゃんを産むために、血糖値に気をつけなければなりません。妊婦検診でも血糖値を測りますが、血糖値が基準より高いと妊娠糖尿病を発症する可能性が上がります。

また、妊娠糖尿病には至らなくても血糖値が高い状態が続くと、さまざまなリスクが高くなります。

そこで今回は、

・妊娠中血糖値が高いとどうして心配なの?
・妊娠糖尿病とはどのような人が発症するの?
・妊婦さんの血糖値検査の費用は?

といった方に、妊婦さんの血糖値の正常値や、万が一血糖値が高くなってしまった場合のリスクと値を下げるための対処方法などについて詳しくご説明します。

妊婦さんは血糖値が上がりやすい

妊婦さんは血糖値が上がりやすい

妊婦さんは血糖値に気をつけなくてはいけません。単純に体重の増加を予防するだけでなく、その他にもいろいろな理由があります。

妊娠中は特に血糖値が上がりやすい特徴があり、そのため普段以上に血糖値のコントロールが必要です。なぜ妊婦さんは血糖値が上がりやすいのでしょうか。

赤ちゃんに糖分を優先して送る

妊婦さんは自分の体よりも先に、赤ちゃんに対してたくさんの糖分を送るようになります。そのため、妊娠する前とは身体の内部での働きが違います。赤ちゃんに優先して糖分を送るようになると、妊婦さんの体は糖分が不足しないかという心配が出てきます。

しかし、これは大きな間違いで赤ちゃんに糖分を送るので、妊婦さんは自分の体で吸収する糖分を抑えるために、糖分を吸収する機能を助けるインスリンの分泌も抑制します。

インスリンの分泌が抑制されることから、体内では糖分の吸収が妨げられ、妊婦さんの体内では血糖値が上がってしまう結果となります。これが妊婦さんは血糖値に注意が必要とされている大きな理由です。

血糖値の正常値は?

血糖値の正常値は
血糖値というのは正常値があり、これを大きく超えてしまうと糖尿病という診断になります。妊婦さんの場合、血糖値の正常値はどのくらいなのでしょうか?

随時血糖検査

妊娠すると妊婦検診の際に血糖値を測ります。一般的な血糖値の測り方は、食事をすると血糖値は上がりますので食事の前と後に行いますが、妊婦さんは食事のタイミングに関係ない状態で血糖値を測る検査で、これを随時血糖検査といいます。

血糖値の値はdl(デシリットル)で表示しますが、100mg/dl以下であれば正常値です。100~199mg/dlだと高血糖といった診断になり、さらに200mg/dlを超えた場合に妊娠糖尿病となります。

随時血糖検査で正常だった場合は、特に問題はありませんが、血糖値が高いと判断された場合には、その後改めて検査をしなければなりません。

随時血糖検査の場合には50gGCTというブドウ糖負荷テストをしますが、高血糖だった場合には75gOGTTという検査を行います。

随時血糖検査で正常値を上回ると再検査

上記の通り、随時血糖検査で正常値を大きく上回った場合には、改めて再検査を行わなくてはなりません。再検査を受ける場合、朝食を抜き空腹の状態で3回の血液検査を行います。

・ブドウ糖75gを経口摂取する前の正常値が100mg/dl
・ブドウ糖を75gを経口摂取してから1時間後の正常値が180mg/dl
・ブドウ糖75gを経口摂取してから2時間後の正常値か150mg/dl

上記した正常値を2つ以上上回ってしまうと、妊娠糖尿病と診断されます。妊娠糖尿病と診断された場合には、治療を行う必要があります。

妊婦さんが血糖値の検査をするタイミング

妊婦さんが血糖値の検査をするタイミング
妊婦さんが上記のような血糖値の検査をするのは、どのような時なのでしょうか。こちらの検査に関しては、いつでも良いわけではありません。定期的なタイミングで病院から検査を受けることを指示されます。

初期と中期の二回

基本的には、妊娠初期の段階と妊娠中期を迎えたタイミングで検査をします。特に問題がなければ50gの経口摂取による検査となりますが、妊娠初期の段階であってもハイリスクだと判断される場合には、初回であっても75gの経口摂取検査を行うケースがあります。

検査方法は血液検査

妊娠糖尿病をはじめとして、妊婦さんの血糖値を調べるためには血液検査をする必要があります。妊婦さんから血液を摂取し、この血液に含まれている血糖値を測ります。

費用は数千円程度

妊婦さんの血糖値検査を行う際の費用は、それぞれの病院で違います。また、自治体などによっても違ってきますので、母子手帳やその他補助券などはをチェックしておきましょう。

補助金がない場合、血糖値の検査をする場合には数千円から多くて5,000円以下となります。

妊娠初期からハイリスクの人もいる?

妊娠初期からハイリスクの人もいる
妊婦さんの血糖値は、最初にお話したように妊娠中の体が変わることによって高くなりがちです。しかし、妊娠初期の段階から妊娠糖尿病におけるハイリスク型の妊婦さんもいます。それはどのような場合に該当するのでしょうか。

経産婦で4,000g以上の子の出産をした

過去に出産経験があり、その時の赤ちゃんが出生時に4000g以上の体重があったケースでは妊娠糖尿病のリスクが高くなります。

肥満体型である

妊婦さんがもともと肥満体型である場合にも、妊娠糖尿病のリスクが高くなります。すでに糖尿病を患っている可能性もありますので、妊娠初期の段階から75gによる経口摂取検査を行います。

高齢出産である

高齢出産である妊婦さんの場合にも、妊娠糖尿病を発症する可能性が高くなります。早い段階で検査をおこなった上で、必要に応じて治療をしていきます。

家族に糖尿病の患者がいる、またはいた

ご家族に糖尿秒の患者さんがいる、または糖尿病の患者さんがいたというケースであっても、遺伝によって妊娠糖尿病が発症しやすくなります。

そのため妊娠初期の問診で、ご家族に糖尿病患者がいたと答えた場合には、ハイリスク型と判断され検査を受けます。

羊水過多

妊娠すると赤ちゃんを育てるため子宮の中には羊水が作られますが、この羊水が必要以上に多くなってしまう事を羊水過多といいます。この状態の妊婦さんは妊娠糖尿病になるリスクが高いとされており、やはり75gの経口摂取検査を行います。

尿検査による数値が陽性である

妊娠初期の段階で妊婦さんは必ず尿検査を受けますが、尿に含まれている尿糖の数値が高く陽性といった判断になれば、この結果はハイリスク型となるため75gの経口摂取検査を行います。

このようにハイリスク型と診断された場合には、日常生活において徹底的な血糖コントロールが必要になってくるので、毎日の食事には十分な注意を払わなければなりません。

少し上回るだけでも危険?

少し上回るだけでも危険
妊婦さんの血糖値は、正常値を少し上回るだけでも危険を伴うのでしょうか。

検査をするタイミングによっては血糖値が高いこともあります。前日の食事などの影響を受けて一時的に血糖値が高い場合もありますが、その場合には再び検査を行い、しっかりと判断していくことになります。

妊娠中だけ代謝異常のケースが多い

妊婦さんは糖分に対する代謝異常を起こすことが多く、これが原因で血糖値が高くなることがあります。このような状況であれば、基本的には妊娠中のみ血糖値が高いという状況になりますので、出産後には自然と血糖値も下がっていきます。

ただし、妊娠中に血糖値が高いままでいるのは良くないことですので、血糖コントロールを行っていかなくてはなりません。

少しの上昇は注意すれば元どおりになる

血糖値は前日の食事内容などで上昇してしまうこともあります。正常値に比べてやや高いといった数値であれば、その後様子を見ながら再び検査を行い、そこで問題がなければ特に治療をする必要はありません。

ただし、食事によって上昇する血糖値の数値には限度があります。頻繁に高い数値が出るのであれば、やはり妊娠糖尿病の疑いが高くなります。

極端な上昇ならば妊娠糖尿病が疑われる

極端に血糖値の上昇が見られるようであれば、妊娠糖尿病が疑われますので、すぐにでも治療を始めていかなければなりません。治療方法には複数の方法がありますが、基本的には毎日の食生活がもっとも重要です。

通常は、あまりにも極端な血糖値の上昇というのは見られません。若干上昇することがあっても、その範囲も限られているものです。

妊娠糖尿病とリスク

妊娠糖尿病とリスク

妊娠糖尿病を発症するとどのようなリスクがあるのでしょうか。放っておくと妊婦さんの健康状態が悪化するだけでなく、胎児への影響もありますので、きちんとリスクを知った上で治療や改善に取り組んでいかなくてはなりません。

巨大児になるケースが多い

妊婦さんの血糖値が高いということは、赤ちゃんに供給されている糖分もそれだけ高いということです。そのため、赤ちゃんが大きく育ってしまい、出産する際に、巨大児になってしまうケースが多いです。

妊婦さんの早産や流産のリスクが高まる

血糖値が高いまま妊娠期間中を過ごしてしまうと、妊婦さんの流産や早産といったリスクを高めることにも繋がります。

胎児機能不全が起きる確率が上がる

赤ちゃんの機能不全が起きる確率が高くなり、正常に臓器などが作られない、または働かないといったケースも見受けられます。

出生時の障害リスクが高まる

出産する際に巨大児になっている可能性から、出産に時間がかかり障害が残ってしまうリスクがあります。その他にも、妊娠期間中はお腹の中で血糖値が高い状態でいた胎児が、出生時には一気に血糖値が下がるため、ここで脳に障害が残ってしまうこともあります。

インスリン投与や投薬が必要になることも

妊娠糖尿病になると治療が必要となり、食事内容の改善だけではスムーズな改善が難しく、その結果として、インスリンを投与しなければならない、もしくは専用の薬を服用しなければならない、といった状況になることもあります。

血糖値を正常値に下げるには?

血糖値を正常値に下げるには

以上のように妊娠糖尿病を発症すると、さまざまなリスクが付きまとってしまいます。そのため、血糖値を正常値に下げるための努力や治療が必要です。

インスリンの投与やお薬の服用はとても効果がありますが、やはり妊娠中は、できるだけこのような治療を避けるべきでしょう。そのため、日常生活の中で血糖値を正常値に下げるための工夫が必要です。

食事の内容を見直す

まずは食事の内容を見直すのが1番大切です。体内に取り込まれて血糖値を高くしてしまうのは、主に炭水化物やその他にも糖分です。

ですから甘いものは食べ過ぎないことや、炭水化物の摂りすぎなども防いでいかなくてはなりません。さらに血糖値を下げてくれる効果のある食べ物を、積極的に摂取することも大切です。

水分を摂る

できるだけ水分をこまめに摂取することは、血糖値を下げるためにとても大切です。水分を摂取して血中の血糖値のバランスを整えていきましょう。また、不要な糖分を体の外に排出するためにも、やはり水分を摂取していなければなりません。

甘い飲み物ではなく、糖分を含まないミネラルウォーターや麦茶などといった水分摂取が大事です。

妊娠中におすすめのお茶については、妊娠中のお茶はこれで決まり!ココマガおすすめ厳選9種!の記事にてご紹介しています。

適度な運動で汗をながす

お散歩を始めとして、その他マタニティスイミングなど適度な運動で、汗を流すことも血糖値を正常時に戻すためには効果的です。無理なく続けられるような運動方法を選びましょう。

妊婦さんが糖尿病になると産後も治らない?

妊婦さんが糖尿病になると産後も治らない
妊婦さんが糖尿病になってしまうと出産後にも治らず、そのまま糖尿病を患ったままになるのではと、不安を抱える方もいます。実際には、出産後も糖尿病と戦っていかなくてはならないのでしょうか。

多くの場合治ります

妊娠糖尿病は、妊娠中のみ血糖値が高い状態なだけなので、出産することにより血糖値は正常値に戻っていきます。ですので、出産後も引き続き糖尿病に悩まされることは少ないです。

稀に治らないケースもある

出産後、糖尿病が治らないケースが稀にあります。これは、妊娠糖尿病を患ってからの血糖値がずっと高いままでいる場合や、食事などによる改善がみられない場合が多いです。妊娠糖尿病ではなく、ごく一般的な糖尿病を発症してしまったというケースです。

しっかりと血糖値コントロールをすることが大切

しっかりと血糖値コントロールをすることが大切

妊婦さんが血糖値を正常値で維持することの大切さがお分かりいただけたでしょうか。

妊娠中はつわりなども起こり、さらには食事の好みも変わるので血糖値のコントロールをするのが難しくなります。普段以上に、食事の内容にはしっかりと気をつけながら血糖値コントロールをしていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

少しでも将来に不安を感じるあなたに・・・

妊娠や出産をきっかけに、ライフスタイルや家計のバランスは大きく変化します。中でも、産後の働き方について考えるママは少なくないでしょう。

・子育てに理解ある会社で働きたい!
・近場で好条件の職場はないかなぁ?
・未経験OKの職場があれば挑戦したい!
・夫だけの収入に頼るのは少し不安。
・フルタイムでないと保育園に入れない。
・だけど転職や仕事探しって大変そう・・・

と考えたことはありませんか?

そんなときは、プロの転職エージェントに相談して、自分のキャリアへの不安、悩みを解決してみてるのがおすすめです。リクルートエージェントなら無料でプロに相談できます。

あなたにあった働き方を見つけよう→リクルートエージェント

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる