妊娠中の喫煙

妊娠中のタバコが胎児に与える悪影響




待望の赤ちゃんを授かった喜びとともに、妊娠中には、さまざまな母体や胎児への影響が気になるものです。

妊娠以前からタバコを吸っている方もいらっしゃいますが、お母さんになる準備として、タバコを止めたいと思うものの、なかなか止められずにいる方も多いはずです。

もちろん、タバコの影響をあまり感じずに無事に出産を迎えられる方もいる一方で、タバコからの害を実際に受ける方も多くいることも事実です。

そこで今回は、

・妊娠中のタバコはなぜいけないの?
・喫煙は赤ちゃんにどのような影響があるの?
・禁煙する方法を知りたい!

といった方に、妊娠中のタバコが母体や胎児にどのような悪影響があるのかご紹介します。これを読んで、ぜひ、赤ちゃんのためにも禁煙しましょう。

スポンサードリンク

妊娠中のタバコの害は想像以上

タバコは「百害あって一利なし」ともいわれますが、母体や赤ちゃんへのさまざまな影響が考えられます。

タバコを吸うことによって、ニコチンや一酸化炭素などの有害物質が、体内に吸収されてしまいます。

これらは、血管を収縮させてしまうために、どうしても、妊婦さん自身の血流が悪くなってしまいます。

また、一酸化炭素は、血液中の酸素を運ぶ役割をもつヘモグロビンと結合してしまい、体内に必要な酸素が十分に運ばれない可能性も出てきます。

子宮などの血液循環が悪くなってしまうと、胎盤の機能が低下してしまうことにもなります。そのために、流産や早産の原因にもなっています。

また、胎盤の状態は、赤ちゃんに直接影響を与えてしまうものですので、喫煙することで、赤ちゃんの発育にも大きくかかわってきます。

タバコが与える赤ちゃんへの危険

妊娠中の喫煙がおなかの赤ちゃんに与える影響の中で、もっとも大きなものに、

・新生児の低体重
・子宮内胎児発育遅延(IUGR)

があげられます。

低体重とは、一般的に出生体重が2,500g未満の赤ちゃんのことです。「低出生体重児」と称されますが、本来でしたら、母体の中で成長するべき体の機能が、十分に発育することなく誕生してきてしまいますので、合併症や感染症にもかかりやすくなります。

低体温症や低血糖などの発生率も高くなります。

主な合併症の中には、
・乳幼児突然死症候群(SIDS)
・新生児仮死
・呼吸窮迫症候群
・低血糖
・動脈管開存症
・無呼吸の発作
・肺の疾患

などがあります。また、網膜にも異常が見られることもあり、未熟児網膜症など、からだのさまざまな器官への異常が認められています。

抵抗力も弱くなってしまいますので、強めの黄疸症状が出やすくなります。

重度の場合には、新生児集中治療室での対応が必要になりますので、母子同室ができないばかりか、母乳を与えることや、一緒に退院することも出来なくなる場合もあります。

喫煙は赤ちゃんの成長にも影響する

妊娠中のタバコの影響は、おなかの中の赤ちゃんだけではなく、生まれた後の成長過程の中でも、さまざまに影響を及ぼしていきます。

あるデータでは、妊娠中に喫煙していたお母さんから生まれた子どもの追跡調査したところ、吸っていた期間やタバコの本数によって、身長と学力の比較調査において、低くなっていることも明らかになっています。

また、近年増えているとの報告もある「多動性障害(ADHD)」や、言葉の発達、認識度でも比較的低下してしまうことも分かっています。その原因として考えられるものの1つが、妊娠中の喫煙なのです。

妊娠期間中にお母さんが喫煙することにより、母体や赤ちゃんへの血流が減り、低酸素状態になってしまいます。

その結果、からだのさまざまな器官への影響や、脳の発達、発育が妨げられてしまう結果として、先のような症状が見られるようになると考えられています。

喫煙は、おなかの中の赤ちゃんから、その後の成長過程においても、子どもの生育に影響を及ぼしてしまうことになるのです。

もちろん、妊娠中の喫煙の影響は、お母さんにもさまざまな影響を及ぼします。

女性特有の病気でもある「子宮がん」の発症には、いくつかの要因が考えられますが、タバコを吸う方のリスクは、吸わない方の1.6倍になるとの報告もあります。

また、喫煙により血流が減ってしまうことは、赤ちゃんもお母さんも一緒のことですので、脳やからだのさまざまな器官、肌への影響も否めません。

タバコを吸わない妊婦さんも注意が必要

お母さんに喫煙の経験がないからといっても、決して油断はできません。

なぜならば、近くでたばこを吸っている方がいたり、タバコの煙が充満した部屋にいたりすることで、知らず知らずのうちに、煙の影響をかなり受けてしまうからです。

「受動喫煙」という言葉を耳にしたことのある方も多いことと思いますが、受動喫煙の場合、自分がタバコを吸う場合に比べて、2、3倍ものニコチンを吸いこんでいます。

タバコのフィルターを通して、喫煙者の体内に入る主流煙の有害物質に比べて、たばこの先端から発生する副流煙には、主流煙と比べて2~50倍もの有害物質を含んでいるともいわれています。

もちろん、受動喫煙であっても赤ちゃんへの影響は大きく、低体重児の出産における割合を見ても、かなり高くなっています。受動喫煙は影響も大きいために、近年でのさまざまな場所での「分煙」が広まっています。

お母さん本人の喫煙はもちろんのことですが、ご主人や職場の方など、タバコの影響に注意をしなければなりません。

禁煙を実現しましょう

このように、タバコの影響は思いのほか多くなっています。

普段から、お母さん自身も喫煙を控え、また、周囲からの受動喫煙の影響も受けないように気をつけることはもちろんですが、少なくても、赤ちゃんが欲しいと思った時点からでも、タバコに気を配っておくことで、赤ちゃんやお母さん自身への影響を少しでも減らすことは可能です。

たくさんの量のタバコを愛煙している方も、1日に数本だけ楽しまれている方も、また、ご自身は喫煙されなくても、ご主人や職場など、近くに喫煙環境がある方も、その影響の程度の差こそあるものの、さまざまな影響を及ぼしてしまうことには変わりありません。

そこで、上手に禁煙する方法をいくつかご紹介します。

タバコを目につく場所に置かない

まずは、今手元にあるタバコを処分しましょう。最後だからといって吸ってはいけません。ちょっとだけなら、一日1本だけなら、という気のゆるみが禁煙の失敗につながります。

旦那さんも喫煙者の場合、一緒に禁煙に取り組むのがもっともベストですが、無理強いできない場合は、副流煙の影響も考え、部屋を変えたり屋外で吸ってもらうなど、とにかく自分の視界に入らないところで吸ってもらうようにしましょう。

外出先でも禁煙席や禁煙のお店を選ぶようにしましょう。吸わなくても大丈夫と思えるよう、タバコのない生活に慣れていきましょう。

口さみしさを紛らわせるには

タバコを吸わないと手持無沙汰になって、ついつい何かを食べ過ぎたりしてしまうことがよくあります。

妊婦さんは赤ちゃんのことも考え、普段より栄養バランスに気を付けなくてはならないため、安易にお菓子やスナックなどのジャンクフードを食べないようにしましょう。

どうしても口さみしさを紛らわせたい時は、シュガーレスのガムや、野菜スティックを作って食べる、昆布やするめを食べるなどの工夫をしてみてください。

水や炭酸水を飲む

どうしても吸いたくなったら、水や炭酸水を飲んでみましょう。満腹感によって吸いたい気持ちが治まることがあります。

飲み物はなるべく無糖のものにしましょう。デトックスウォーターなどのフレーバーがあるものも気分転換になっておススメです。

歯磨きをする

朝起きたときや寝る前に喫煙する習慣があった方は、その代わりに歯磨きをする習慣をつけてみましょう。

口の中がすっきりして吸いたい欲求を抑える効果があります。虫歯予防にもなり一石二鳥です。外出先にも歯ブラシセットを持って行くなど、タバコが吸いたくなったら歯磨きをするという癖をつけるのも一つの方法です。

喫煙以外のストレス発散方法を見つける

イライラした気持ちを解消するためにタバコが吸いたくなる方は、それ以外の発散方法を見つけましょう。

趣味に没頭したり、好きなお茶を飲んでホッと一息ついたり、アロマを使ってリラックスしたりと、自分なりのストレス解消法を探しましょう。

ただし、妊娠中にはNGのハーブやアロマオイルなどもありますので注意が必要です。

安易に禁煙補助薬を使用しない

禁煙補助薬はニコチンパッチ、ニコチンガム、飲み薬などがあり、タバコの禁断症状を抑えるため、体内に一定量のニコチンを取り込む仕組みになっています。

日本では、ニコチンパッチとニコチンガムは妊娠中や授乳中は使ってはいけないことになっており、飲み薬でも医師への相談が必要とされていますので、安易に利用してはいけません。

禁煙は、お母さんから赤ちゃんへのプレゼント

慣れない禁煙にイライラしたり、ストレスがたまって上手くいかないこともありますが、何よりも禁煙を続けるのは、元気な赤ちゃんが産まれる日を、安心して迎えるためだということを忘れないでください。

自分だけでなく、お腹の中の赤ちゃんのためでもあることだということを、吸いたくなったら思い出しましょう。

また、産まれてくる赤ちゃんのために、編み物などの赤ちゃんグッズを用意するのもおススメです。できる限りリスクを減らし、待望の赤ちゃんの誕生を迎え入れましょう。

photo credit: Silvia Sala via photopin cc

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる