妊娠中の風邪薬

妊娠中の風邪薬の関係と妊娠週数毎の胎児への影響




市販薬も含め、私たちの周りに出回っている医薬品は多種多様です。

しかし、その中には妊娠中に飲むことのできない薬があります。

中には胎児へ影響のない薬もありますが、危険な成分が含まれている医薬品には奇形を引き起こしたり、成長が不完全になってしまうリスクがあるため、妊娠中は自己判断で薬を飲むことはできません。

そこで今回は、

・妊娠中に薬を飲むとどんな悪影響があるのか?
・妊娠週数毎の薬が胎児に与える影響とは?

についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

妊娠と薬の関係

妊娠と薬の関係

妊娠中に何らかの薬を飲むと、それが血液中を巡って胎盤を通過し、赤ちゃんの血液となります。赤ちゃんは成長が不完全で、自立しているわけではなくお腹の中にいるうちはお母さんと血を分けた存在です。

しかし赤ちゃんには薬の強烈な成分を分解したり、体外に排出する仕組みは整っておらず、逆に正しい成長を妨げる可能性もあります。

したがって、風邪をひいて誤って薬を飲んでしまった時は、必ずかかりつけの産婦人科医に相談しなければなりません。

妊娠中の風邪はまず医師に相談を

妊娠中の風邪はまず医師に相談を

妊娠初期は赤ちゃんの体の大切な組織や器官が形成される時期で、もっとも薬の影響が出る期間です。

したがって市販薬をいつものように服用する事は避け、病院を受診して適切な薬を処方してもらわなければなりません。

妊娠初期はもっともデリケートな期間ですから、むしろ何も飲まない方が良いだろうと薬を服用しないで我慢するお母さんも多いのですが、風邪の症状やウイルスの種類によっては自然に治すのに時間がかかる場合もあります。

風邪自体は赤ちゃんに悪い影響を与えることはありませんので、手早く治すためにも病院にかかることをおすすめします。

薬以外の風邪予防

薬以外の風邪予防

では、薬に頼らずに風邪を予防するにはどうすればいいのか見ていきましょう。

のど飴

喉の粘膜を守るのど飴は、医薬品タイプと市販品の両方がありますが、どちらでも赤ちゃんにほとんど影響はありません。

ただし、医薬品タイプののど飴には、気管支を拡張させる働きのある塩酸エフェドリンなどの成分が含まれていますので、心配な方は薬剤師または、かかりつけの医師に相談してみましょう。

妊娠中にインフルエンザの予防接種は受けても大丈夫か

インフルエンザワクチンは赤ちゃんに影響はありません。

冬場は特にインフルエンザが流行りやすい時期ですが、抵抗力の下がった妊婦さんは通常以上にインフルエンザにかかりやすくなっています。

赤ちゃんの健康を守るためにも、事前の予防接種などは欠かさず、もしもインフルエンザになった場合は症状に応じた薬を処方してもらいましょう。

葛根湯

妊娠中、風邪予防もしくは風邪ひき中でも飲める漢方薬が葛根湯です。

「自己判断で市販薬を飲むことは良くありませんが、葛根湯だけは自宅でも飲んでOK」としている病院も多く、産院自ら葛根湯を処方してくれる病院もあります。

漢方薬は普通の風邪薬よりもやさしく、自己治癒力を高める働きなどもあるので、妊婦さんにも安心して飲むことができます。

風邪をひいたけど薬が飲めない、でもどうしても自宅で何とかしたいという場合は、葛根湯のようなリスクの低い薬(漢方薬)を選びましょう。

漢方薬については、いろいろな種類があり薬局でも販売されているので、体に害がないならどれだけ飲んでも大丈夫だろうと考えやすいのですが、それは違います。

あらかじめ産婦人科で医師に確認し、ドラッグストアに行った際も必ず薬剤師の方に相談して、服用しても大丈夫かどうか伺いましょう。

妊娠中の母体は非常にデリケートであり、その中の赤ちゃんはもっとデリケートです。漢方なら…と思っていても、毎日たくさん色々な種類を服用する事は避けましょう。

胎児の成長と薬の服用

胎児の成長と薬の服用

赤ちゃんは卵の状態から徐々に人として成長していきます。できあがる部位はそれぞれ期間が異なり、もっとも重要なのが先ほども紹介した妊娠初期の段階です。

妊娠中は薬を飲む時期を考えることが何より大切です。薬の種類はもちろん、服用する時期にも注意しましょう。

風邪をひくと、風邪薬のほかにも熱さましや頭痛の薬などを飲むことがあります。

実は妊娠32週目からバファリンやロキソニンなどの頭痛薬を服用すると、赤ちゃんの心臓に影響する危険性があるといわれています。

解熱鎮痛剤は妊娠前から頻繁に利用していたお母さんも少なくないと思いますが、妊娠後期に入ったからといってこれらの解熱鎮痛剤を服用しないよう注意が必要です。

カロナールなどは痛み止めの薬に使うことができますが、やはり自己判断は危険ですので、産婦人科を受診して適切な鎮痛剤を処方してもらうことをおすすめします。

妊娠週数毎の胎児への影響

妊娠週数毎の胎児への影響

妊娠週数に応じた薬の影響について以下に紹介していますので、参考にしてみてください。

妊娠4週未満

赤ちゃんが人の姿を目指して成長していく、もっとも大切な時期です。ここでどの薬を服用したかによって、赤ちゃんが健康に育つか、あるいは流産や奇形などのリスクを負うかが分かれます。

妊娠4週目〜妊娠7週目

同じくこの時期も、赤ちゃんの体の中に臓器ができあがる大切な時期です。薬の影響を受けやすいのは変わらず、医師にとっても一番気を使う時期。

薬の服用もできるだけ避けた方が良いとされています。ただしすべての薬が奇形を生じるわけではなく、奇形の原因となる薬はワルファリンなどごく一部のものです。

もしもこの時期に妊娠していることに気づかず、薬を飲んでしまったとしても過度に心配することはありません。

妊娠8週目〜妊娠15週目

8週以降は主要な臓器が形成し終わり、さらに細かい性器などの形成が続けられています。大きな部分に影響を与えるリスクは低くなりますが、ここでもまだ形態異常を生じる危険性はゼロではありません。

薬そのものの影響は少ないと考えられていても、薬の影響によって奇形を生じる可能性がありますので、服用には慎重にならなければなりません。

この時期に奇形になるとすれば、口蓋裂や男性化(女の子の場合)などが考えられます。

妊娠16週目以降

すでに安定期に入り、主要な部分はほとんど形成されてきて、赤ちゃん自身も安定しています。

ここでは初期ほど薬の影響に神経質になる必要はありませんが、自己判断はせず産婦人科を受診して体調などを伝え、それに応じて薬を処方してもらいましょう。

出産していない以上、赤ちゃんの体にはお母さんの体に入った栄養分などが伝わります。薬の副作用なども相変わらず心配です。

もしどうしても市販薬を飲みたい場合は、産婦人科に電話で連絡を入れ、薬が安全かどうか相談し、飲める薬を事前に教えてもらうと安心です。

photo credit: zingersb via photopin cc

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる