妊娠中の風邪予防

妊娠中の風邪予防!うがい薬や薬用石鹸の使用はあり?なし?




妊娠中に気を付けたい「風邪」。

普段はすぐ治るものだからと気軽に構えていても、妊娠中に風邪を引いてしまうと赤ちゃんへの影響を考えなければならず、いつものように簡単に対処する訳にはいきません。

産婦人科の医師からも、妊娠中の体調管理については詳しく説明されますが、妊娠中は特に風邪をひかないよう注意しなければなりません。

そこで今回は、

・妊婦さんは風邪をひきやすいの?
・妊娠中にうがい薬や薬用せっけんを使ってもいいの?
・妊娠中の風邪予防について知りたい!

といった方に、妊娠中のうがい薬や薬用せっけんの使用や、風邪予防について詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

妊婦さんと風邪の関係

妊娠中のお母さんは、ホルモンバランスが非常に乱れやすく、お腹の状態は赤ちゃんの成長とともに日々変わっています。それと同時に自律神経も普段より乱れやすくなっているため、免疫力は全体的に下がりやすい状態になっています。

つまり、今まで風邪知らずだったお母さんもちょっとした気の緩みで細菌やウイルスの侵入を許してしまい、免疫力の低下と相まって風邪をひいてしまう可能性があるのです。

一度風邪をひくと、いつものように薬を飲むことはできません。市販の薬の中には胎児に影響する成分が含まれている可能性があるからです。

妊娠中の風邪の治療

ではどうやって治療するのかというと、進行を食い止めるため安静を心がけ、風邪をひいている最中もさらに重篤化しないよう予防をしていくことが大切になります。

軽度の場合数日で回復できますが、インフルエンザなど強力な流感にかかると熱が出たり、体に思わぬ影響が出ることもあります。

妊娠中の風邪予防の方法

まずは日頃の予防が大切です。以下からは、妊娠中のお母さんが実践しておきたい風邪予防の方法について紹介していきましょう。

うがいを行う

まずは、毎日のうがいが基本です。子供から大人まで、うがいはウイルスや雑菌を手軽に外に排出する一番の方法です。帰宅した時はもちろん、外出先や職場、病院においてもうがいをこまめに行うようにしましょう。

うがいの方法は、いきなり水を含んでガラガラとするのではなく、口全体をゆすぐというひと手間が大切です。

いきなりガラガラすると口の中の雑菌が喉の方にいってしまうので、まずは口の中の細かい細菌を吐き出すところから始めましょう。

そして2杯目で喉のうがいをします。また、3杯目では喉から出てきた雑菌が口の中にとどまるのを防ぐため、1杯目と同じように口全体をゆすぐようにします。

そして、注意が必要なのはうがい薬です。うがい薬にもヨードという成分が入っているので、日常的なヨードの摂取は胎児に悪影響を与える危険があるので、妊娠中は、うがい薬の利用には慎重になる必要があります。

手洗いを行う

手洗いも、自宅と外出先の両方で実践しましょう。手洗いはいきなり石鹸を手に塗るのではなく、まず一通り水で手全体を洗ってから、泡立てた石鹸をつけて手首や爪のきわまで丁寧に洗います。その後は水で注いで完了です。

ここでも注意が必要なのは薬用石鹸です。アメリカでは、トリクロサンという成分が入っている石けんが妊婦さんに悪影響を及ぼす危険があるとされ、妊娠中の方、新生児の使用は避けるようにいわれています。

日本では、トリクロサンの入った薬用石鹸は医薬部外品に分類されています。医薬部外品の石けんを利用する際は、成分も必ず確認するようにしましょう。

室内外でマスクをつける

風邪予防の基本となるアイテムがマスクです。妊娠中は特に免疫力が落ちているので、外ではマスクを装着することを心がけましょう。

自宅でも、ご主人やそれ以外のご家族が風邪をひいているとうつされる可能性があるので、マスクを付けておけば安心です。

意外にも、外出先ではしっかり予防ができているのに、自宅の中で身内に風邪をうつされるケースが多いので、場所を問わず免疫力が落ちている間はマスクを携帯しておくと安心です。

人ごみに行かない

街中、駅、公共施設など、普段利用している場所はどんなウイルスが漂っているかわかりません。妊娠中は急な用事以外ではなるべく人ごみを避け、もし行く必要があればうがい、手洗い、マスクの着用や除菌スプレーの常備などをして行きましょう。

冷えを予防

妊娠中の方は、体が通常よりも冷えやすくなっています。外出先の急な気温変化に備えるのはもちろん、自宅でも体を冷やさないよう体調管理を忘れず行いましょう。冷えは免疫力を下げ、風邪をひきやすくします。

暑いと感じた時でも薄着にならず、足元の冷えなどを放置せずに全身の体温をキープするよう、衣服や室温を調整しましょう。特に夏場のエアコンや、外と中の温度差などは免疫力が下がっている妊婦さんには好ましくない環境です。

もしも風邪気味と感じたら、冷えを予防することを第一に考え、体を温めるようにしましょう。自宅では半身浴などをして積極的に身体の芯まで温めましょう。

リラックスを心がける

風邪の原因の多くは、体の免疫力の低下から引き起こされます。妊娠中は赤ちゃんの成長が気になったり、ささいなことでイライラしやすくなり、重く大きくなってくるお腹や環境変化などがストレスの元になります。

家事、仕事などいつもの調子でこなしている方も少なくありませんが、赤ちゃんが育っている分疲労はいつも以上に溜まりやすい状態です。

疲れは免疫力の低下を引き起こし、知らないうちに風邪をひきやすくしてしまうので、家事も仕事もバリバリこなすのではなく、適度なタイミングで休息を習慣づけましょう。

食生活を整える

妊娠中は人によっては特定の食べ物ばかり気に入って口にしたり、つわりの影響で逆に何も受けつけなくなるなど、食生活が極端に乱れやすくなっています。

しかし毎日の食事が偏るということは、お腹の中にいる赤ちゃんへの栄養補給が偏ってしまうことでもあります。

特にビタミンが不足すると免疫系統に影響し風邪をひきやすくなってしまいますから、野菜や果物など糖分・塩分の少ない食材を中心に採るようにしましょう。

おやつはお菓子ではなくフルーツを取り入れるなどして、栄養価が偏りすぎない工夫が大切です。

風邪と胎児の関係

風邪をひくと赤ちゃんに影響があるのでは、と不安に思うお母さんも少なくありませんが、まずは産婦人科の先生に相談をして、妊婦さんが飲める風邪薬を処方してもらいましょう。

薬が怖い場合は漢方を処方してもらうこともできます。また、風邪をひいたら普段通っている内科ではなくかかりつけの産婦人科を訪れた方が安心です。熱や咳き込みが酷い場合も、すぐに相談するようにしましょう。

ちなみに、市販の医薬品が胎児に悪影響を及ぼすということはよく知られていますが、もっとも影響を与える時期は妊娠4週〜10週までの期間です。

妊娠初期の段階ということで、それ以降は何を飲んでも良いのかと思われがちですがそうではありません。

あくまでも10週以降は影響を受けにくくなるというだけで、それ以降も引き続き市販の医薬品には頼らず、産婦人科の医師に確認を取って必要な薬を処方してもらうようにしましょう。

photo credit: Matthew Kenwrick via photopin cc

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる