妊娠初期の腹痛

妊娠初期にみられる腹痛と危険な腹痛の違い




妊娠初期に腹痛を感じることは、珍しいことではありません。しかし、流産を知らせる場合にも腹痛を感じることも多くあるため、妊娠中の腹痛は特に敏感になってしまいます。

そこで今回は

・妊娠初期の心配のない腹痛は?
・流産の疑いのある腹痛とは?
・別の原因による腹痛についても知りたい!

といった方に、妊娠初期の腹痛について詳しくご紹介していきます。

また、妊娠超初期の腹痛は、生理と症状が重なることも多いため、その区別が難しいのも特徴です。それについてもあわせてご紹介します。

スポンサードリンク

生理の腹痛と妊娠初期の腹痛は何が違う?

妊娠初期の腹痛見分け方

妊娠初期の腹痛と生理の腹痛では、原因が全く異なります。まずは、妊娠初期の腹痛と生理の腹痛に違いについてみていきましょう。

生理の腹痛

生理の腹痛は、子宮を収縮させ、経血と一緒に赤ちゃんのベッドである子宮内膜を体の外に排出するために起こる腹痛です。主に子宮内膜から分泌される「プロスタグランジン」が原因といわれています。

この「プロスタグランジン」は、子宮の収縮を手助けするといわれている物質ですが、分泌量は人によって異なります。

分泌量の多い方の場合、収縮が過剰に起きてしまうため、陣痛ほどの痛みを感じることもあります。また、「プロスタグランジン」の厄介な点は、その他の痛みの症状を強める働きがある点です。

生理痛としてあらわれる頭痛や腰痛などを強めているのも、この「プロスタグランジン」のせいだといわれています。

妊娠初期の腹痛

妊娠初期に、腹痛やお腹が引っ張られる感覚を覚える妊婦さんは多くいます。こうした感覚は、妊娠することで子宮が大きくなろうとするため、起こる症状と考えられます。

着床した胎芽を育てるのに必要な過程ですので、特に心配する必要はありませんが、血流量や筋肉の増加、子宮の伸びなどさまざまな変化があらわれますから、人によって感じ方も違ってきます。

中にはチクチクとした痛みを感じる方もいますし、お腹全体が出てくるなどの変化を感じる方もいます。

妊娠することが原因で、プロゲステロンというホルモンの分泌が増え、お腹に強い痛みを感じる場合もあります。

お腹の痛みが辛く、妊娠生活に影響する場合や、気分が落ち込んでしまうという場合には一人で我慢しないで、まずはお医者様に相談してみましょう。

妊娠初期に注意すべき腹痛

妊娠初期に注意すべき腹痛

妊娠初期の腹痛として一番心配されるのが、流産です。流産の兆候としてあらわれる症状の中でもっとも多いのが、この腹痛です

妊娠初期である妊娠12週までは、流産が発生しやすい時期ですので、安易に腹痛と考えず、もしかして?と疑うことも大切です。

この妊娠初期に起こる流産の原因は、胎児側の染色体異常といわれています。決してお母さん側に責任があるものではありませんが、妊娠初期に流産を発症する確率は10%~15%と高く、用心しなくてはなりません。

しかし、ひと言で「腹痛」といってもさまざまな原因が考えられます。

・妊娠初期の心配のない腹痛
・流産を伴う腹痛
・便秘による腹痛
・下痢が原因となる腹痛

には、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれの症状の違いについて詳しくご紹介します。

妊娠初期の心配のない腹痛の症状

まずは、妊娠初期のお腹の痛みについて見ていきましょう。以下のような痛みは心配の必要のない、妊娠初期によく見られる痛みです。

・下腹部が外に張る感覚があり痛い
・お腹から腰にかけて、痛みがある
・お腹全体に引っ張られるような感覚がある
・生理痛に似たお腹の痛みがある
・キュッとした軽い痛み

といった、一時的な症状は特に心配はいりません。妊娠初期の腹痛は継続的なものではありません。

お腹の張りに関しては長時間続くこともありますが、痛みが長く続くことがなければ、心配する必要はありません。

流産の腹痛の症状

・ギューと締め付けられるような腹痛がある
・継続して痛みがある
・ズキズキと下腹部が痛む
・下腹部に強い痛みを感じる

上記のような症状が継続してある場合、流産の疑いがあります。特に腹部の痛みが徐々に強くなるといった症状が続く場合は、自己判断することなく、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

特に、腹痛と合わせて以下のようなサインを伴う場合には、要注意です。

・出血
・基礎体温の低下
・つわり等、他の妊娠初期症状がなくなった
・腰痛

早めに診察することで、切迫流産と判断された場合でも、心拍が正常で、赤ちゃんの姿が確認されれば、妊娠を継続できるケースもあります。

手遅れになる前に、必ず診察を受けておきましょう。

便秘による腹痛

妊娠初期には、子宮が大きくなることで便秘を起こし、それが原因で腹痛を伴うことがあります。

もともと女性の方には便秘の方も多く、数日出なくとも気にしない。といった方も多くいます。

また、妊娠期ということもあり、常用していた便秘薬が使えなくなったことで、便秘がひどくなる方もいます。

胎児の成長と共に、子宮が大きくなることで、腸が圧迫されてしまうため、排便が以前よりもスムーズに行えないと悩む方は少なくありません。

そのため、長期間排便が行われないことで、ひどい腹痛に襲われるケースがあります。

腹痛を伴うようなひどい便秘になる前に、しっかりと対策をしておきましょう。妊娠初期の便秘対策には、オリゴ糖の摂取が有効です。

整腸効果のあるトクホのオリゴ糖であれば、高い効果が期待できます。

また、オリゴ糖であれば、便秘による腹痛なのか、その他の原因による腹痛か、はっきりしない症状の時でも、体に害がないため、安心して摂取することができます。

こうした便秘による腹痛は、浣腸などの処置をしてもらうことで、腹痛から解放されますが、妊娠中は刺激の強い薬に抵抗のある方も多くいます。できれば激しいお腹の痛みがあらわれる前に、オリゴ糖を摂取し、腸内環境を整えておきましょう。

下痢が原因となる腹痛

妊娠初期には、さまざまなホルモンが分泌されはじめます。妊娠しているかどうかの検査もこのホルモンの分泌があるかで検査されるように、体内のホルモンバランスが急激に変化します。

妊娠初期の妊婦さんの中には、大量に色々なホルモンが分泌されることで、ホルモンバランスが崩れ、下痢を引き起こす方も少なくありません。この下痢によって、腹痛が頻繁に起こることがあります。

下痢は、流産を引き起こすと考えている妊婦さんも多いですが、直接流産とは関係ありませんので、下痢による腹痛も心配する必要はありません。

食事を見直したり、ストレス軽減させることで回復する場合もありますが、毎日下痢による腹痛が続く場合には、医師に診察してもらうことをおすすめします。

腹痛の伴う部位にも着目して判断しよう

腹痛のともなう部位

妊娠初期に限らず、腹痛を感じた場合には、その痛む部分に着目してみると症状を判断しやすくなります。子宮はお腹の下の方にありますので、もしお腹の上部に痛みがある場合には胃炎などの可能性があります。

自分のお腹の痛む部分が何処なのかという観点から、原因を判断してみましょう。

妊娠初期には、お腹よりも腰に近い部分が痛む妊婦さんも多いです。これも妊娠することで分泌されるホルモンが原因と考えられていますが、特に心配の必要はありません。

妊娠初期の危険な腹痛とは

妊娠初期の危険な腹痛

妊娠初期に我慢できないほどの腹痛があったり、出血を伴う場合には大変危険なサインであることを覚えておきましょう。

特に妊娠超初期には、受精した卵子が子宮内腔の粘膜に着床せずに、他の場所に着床してしまうことで起こる子宮外妊娠や、子宮が大きくなることで胎盤や絨毛が剥がれだす絨毛膜下血腫(じゅもうもくかけっしゅ)では激しい腹痛を伴うことがあります。

いずれも症状が経過するにつれ、腹痛がひどくなる、急激に痛む症状があらわれるのが特徴です。もし、そのようなお腹の痛みがある、または、疑われる場合にはすぐに医師の診察を受けましょう

少しでもおかしいなと感じることがあったら、まずは病院へ行って検査してもらうと安心です。

監修:Etuko(産婦人科歴12年)

プロフィール:産婦人科医は「女性の一生の主治医である」と考える医師のもと看護師として12年勤務。述べ18万人の妊婦さんのサポートにあたる。筋肉、骨フェチで体幹バランス運動にて機能訓練をおこなっています。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • ライン@登録で500円OFF!
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠妊娠超初期

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる