妊娠中の飲酒

妊娠中の飲酒が胎児に与える影響と妊婦さんとお酒の付き合い方




普段からお酒が好きな方は、妊娠中でも無理なくお酒が飲めたらと思うかもしれません。

そこで今回は、

・妊婦さんにお酒は良くないと言われますが本当にそうなのか?
・妊婦さんは1口も飲んではいけないのか?
・妊婦さんがお酒を飲むと胎児にどんな影響があるのか?

についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

妊娠とお酒の関係

妊娠とお酒の関係

日本に限らず世界中で「妊娠中の飲酒は控えるべき」と言われています。妊娠中の方がなぜアルコールを飲んではならないのか、一つずつ検証していきましょう。

妊娠中にアルコールは絶対にダメなのか

そもそも、アルコール類が絶対にダメなのかというとそうではありません。

影響が心配だからと完全に断ってしまう人も少なくありませんが、妊娠初期は1日にグラス1〜2杯程度、中期以降は1日1杯まで飲めるともいわれています。

ただし1日1杯必ず飲む女性はそれほど多くはありませんから、気が向いた時に飲む程度なら問題ないともいわれています。

もっとも安全な飲み方は、1週間に1度、グラス1杯程度のお酒なら胎児にも悪影響はまずないでしょう。

お酒が好きな方は、1週間に1杯では少ないと感じられるかもしれませんが、赤ちゃんのためにも体に負担をかけないようにしましょう。

少量のアルコールはリラックス効果も

産婦人科医の中には、「少量のアルコールは逆に母にとってリラックス効果をもたらす」という意見もあります。

むしろ完全に断ってしまうとストレスになるので、節度を守った飲み方をすればOKという考え方です。そのような意見は非常に心強いですが、自己判断で飲むと思わぬリスクがあるかもしれません。

事前にかかりつけの産婦人科医と相談しておくと安心です。

アルコールが与える赤ちゃんへの影響

産婦人科医は、妊娠中に積極的にお酒をすすめることはまずありません。アルコールがお母さんの体内に取り入れられると、胎盤を通って赤ちゃんに直接届いてしまうからです。

胎盤はお母さんと赤ちゃんの間にあるフィルターの役目を持ちますが、アルコールは有害物として遮断されず、そのまま入ってしまうのです。つまり赤ちゃんはお母さんと一緒にお酒をたしなんでいる事になるのです。

また、妊娠中のお酒は赤ちゃんを奇形にしたり、未発達児や未熟児、あるいは健康を損なった状態で産まれてくるリスクを増やします。

目安としては、ワインは175ml、日本酒はグラス0.5杯、ビール350mlの場合1日6杯以上の飲酒で奇形の確率が上がり、8杯以上飲むと胎児アルコール症候群の発症率が3〜5割アップするそうです。

ただしこの数字は明確な基準ではなく、これより少ない量でも影響が起きることが考えられます。

しかし、1日にビールを8杯も飲み続ける事はほとんどないでしょう。妊娠中はつわりで気分が悪く、1日中吐き気に悩まされる方も少なくありません。アルコールに依存をしていない限りは、誰もが妊娠中でもお酒と上手に付き合っていけるはずです。

胎児性アルコール症候群

「胎児性アルコール症候群」とは、アルコールの影響で胎児の発育が遅れる、脳の発育が不十分で言語や学習に障害を持って産まれるなどの症状です。

アルコールを少し飲んだぐらいで胎児性アルコール症候群にはならないとされていますが、少しでもリスクを抑えるならばアルコールは飲まないに越したことはありません。

実際に胎児性アルコール症候群を患った赤ちゃんは、頭の大きさが通常よりも小さかったり、産後も入院し、通院が必要になる未熟児や、障害児として生まれてくるといいます。

少量ならばアルコール摂取が可能とは言われますが、明確な安全ラインは未だ解明されていません。個人の体質や代謝の問題もあるため、アルコールの摂取がどの程度影響を与えるかは個人差があるのです。

そのため、お酒に弱い体質の方はできるだけ飲まない方が良いですし、強い体質の方でもガブ飲みすることで赤ちゃんにどんな結果が現れてくるかは未知数です。

妊娠中に飲んでも良いお酒

妊娠中に飲んでも良いお酒

妊娠中の方はお酒を飲まないようにするのが基本です。しかしお酒自体が好きなので、いきなりの禁酒は辛い方もいらっしゃるでしょう。

アルコールを飲もうと思うけれど、赤ちゃんへの影響が気になるなら、蒸留酒など度数の強いお酒はまず控えましょう。

・ウォッカ
・テキーラ
・ラム

など強いお酒はそれだけ赤ちゃんにダイレクトに届いてしまいます。これらのお酒は、カクテルにもよく使われます。

カクテルは飲みやすく味付けされているものが多く、女性にも人気がありますが、アルコール度数は意外と強いものが多いので、摂取には慎重になったほうが良いでしょう。

また飲用する分量も毎日飲むのは問題外で、1週間に1度程度に留め、少な目を心がけます。

先ほど示した分量を参考に、決して飲み過ぎる事がないよう注意してください。7日に1回、ビールをグラス1杯程度に飲むなど工夫し、毎日晩酌するのは健康に良くないと心しておきましょう。

かかりつけの産婦人科医からは「絶対に飲んではならない」と言われることもあり、医師それぞれに判断が異なりますので、駄目と言われた時は指示に従うようにしましょう。

ノンアルコールドリンク

妊娠中だからお酒は飲めないが、雰囲気だけでの楽しみたいという時に重宝するものがノンアルコールドリンクです。

ビールが有名ですが、チューハイにもノンアルコールタイプの製品が数多く登場しています。

本物のアルコールドリンクよりも胎児にやさしく、また無理なく飲めることから、妊娠中にお酒を完全に断つのが難しいお母さんに人気があります。

ただし、ノンアルコールドリンクも何本も飲むとアルコール摂取をしてしまうので注意しましょう。ノンアルコールドリンクにも微量のアルコールが含まれています。

大量に飲むことはむくみの原因にもなります。また、アルコールの代わりに添加物が多く含まれている製品もありますので注意が必要です。

カラメル色素や酸味料、香料、酸化防止剤などをたくさん摂取すると、内蔵機能に負担をかけむくみの原因にもなりますので控えるよう心がけましょう。

妊娠中のむくみが気になる方は、超簡単!妊娠中のむくみ解消法も参考にして下さい。

妊娠に気付かずお酒を飲んでしまった場合

妊娠に気付かずお酒を飲んでしまった場合

妊娠中はお母さんだけの体ではなく、赤ちゃんにも血を分けるため、アルコール類は基本的に飲まないようにしたいところです。

しかし、そう神経質にならず多少飲む程度なら問題はありません。中には、妊娠初期の期間に入った事に気づかず、お酒をいつものように飲んでしまって、後から妊娠していたことがわかりパニックになるお母さんもいるようですが、間違って飲んでしまった場合はその量が問題になります。

妊娠してから数週間は赤ちゃんの主要な部分、具体的には心臓などの内臓器官ができあがる大切な期間であるため、妊娠する可能性が少しでもある場合は飲み会に参加することは控え、お酒を飲む場合でもごく少量に留めるよう注意が必要です。

まとめ

まとめ

完全にリスクがないのはアルコールを全く摂取しないことです。

お酒が好きな方には、禁酒はむずかしいかもしれませんが、できれることなら禁酒にチャレンジしてみましょう。

しかし、禁酒により多大なストレスを感じるようであれば、かかりつけの産婦人科医に相談し、ご紹介したように適度にお酒を嗜むのが良いでしょう。

当然ですが、酔っぱらうまで飲んでしまってはいけません。転倒などの危険も高くなるので、あくまで少量を心がけましょう。

また、お酒と一緒に妊娠中は控えるべきとされるものにタバコがありますが、妊娠中のタバコが胎児に与える悪影響で詳しく解説しています。

photo credit: www.tintypephotoapp.com via photopin cc

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる