子宮外妊娠

子宮外妊娠とは?子宮外妊娠について知っておこう




妊娠初期に気を付けて欲しいトラブルの一つが「子宮外妊娠」。時として、下腹部の痛みに気付き、緊急手術が必要になることもあります。

事前に気付ければいいのですが、症状が出るまで気づかないことも少なくありません。

そこで今回は、

・子宮外妊娠とは何?
・子宮外妊娠に気付くことはできる?
・子宮外妊娠だった場合どのような治療をするの?

といった方に、誰にでも起こる可能性のある子宮外妊娠について詳しく見て行きましょう。

スポンサードリンク

子宮外妊娠とは?

子宮外妊娠とは、赤ちゃんが本来育つ場所以外の場所で妊娠してしまうことです。

つまり、子宮以外で妊娠してしまうケースをすべて子宮外妊娠と呼んでいます。

発症は、全妊娠の約1%から2%と少ないものとなっています。

妊娠とは、卵巣から卵子が放出され、精子と結合し受精卵となります。その受精卵は、やがて卵管を通り、子宮に着床します。

受精卵は突起物を突き出し、子宮内膜にしっかり着床しますが、この子宮以外の場所に着床してしまうケースが稀にあります。

残念ながら、子宮外妊娠を予防する方法はなく、現代の医療技術をもってしても子宮外で妊娠した赤ちゃんを助ける術はありません。

なるべく早くに気づき、医師の治療を受け、ママが元気になることが唯一、次の妊娠への希望となります。

子宮外妊娠が起こる位置とは?

子宮以外の場所に着床してしまう子宮外妊娠は、卵管妊娠というケースがもっとも多く全体の98%を占めています。
子宮外妊娠の位置
他にも、卵巣に着床してしまう卵巣妊娠や子宮頸管に着床してしまう子宮頸管妊娠、腹腔に着床してしまう腹腔妊娠などがありますが、全体から見てもこれらは2%と少なく、ほとんどの場合、子宮外妊娠は卵管着床というパターンです。

子宮外妊娠の原因とは

子宮外妊娠には様々な原因が考えられますが、一番の要因といわれているのが腹部の炎症です。

卵管炎などを患っている場合も子宮外妊娠しやすいとされています。

卵管炎

卵管炎とは、卵管が炎症を起こし、時として腫れ上がったりしているため、子宮に運ばれるはずの受精卵が上手く通過できずに、そこで着床してしまいます。

卵管炎などは性的感染症が原因で起こる事が多く、クラミジアや淋病などには注意が必要です。

その他の原因

他にも、虫垂炎や腹膜炎など腹部の炎症も原因となる事がありますので、妊娠時の体調には充分注意することが大切です。

子宮外妊娠や腹部に疾患があり、手術経験のある場合も原因になる事があります。子宮内膜症や人工中絶なども子宮外妊娠の原因の一つです。

子宮外妊娠に初期症状はあるのか?

子宮外妊娠は、特別通常の妊娠と変わる症状はありません。

妊娠検査薬で検査しても、陽性反応があります。

妊娠の初期症状として考えられる、

・つわり
・胸の張り
・腰痛

などが伴い、生理が遅れて初めて妊娠を疑うという通常の妊娠とまったく同じ経緯をたどります。

子宮外妊娠に気付かないとどうなるの?

気付かないで妊娠終了となってしまった場合、不正出血や腹部の激痛を伴うことがあります。いわゆる流産をしてしまいます。

着床した場所から離れてしまうため、卵管を通過し子宮まで出てくるか、または卵管を通過する際に破裂してしまいます。

卵管が破裂してしまう卵管出血は、出血量も多いため、命を脅かすことも少なくありません。

お腹の痛みは、個人差があり、弱い方もいますので油断は禁物です。

子宮外妊娠は思った以上にリスクが高いため、もしかしたらという意識を常に持っておくこと、知識を持っておく事がリスクを最小限に減らすポイントとなります。

子宮外妊娠を発見する方法は?

近年では、エコーや妊娠検査薬の向上により、子宮外妊娠の早期発見が可能となってきていますが、小さな受精卵の着床の場所を明確にすることは、今でも非常に困難なことです。

エコー検査

妊娠5週〜6週を過ぎても、胎嚢が確認できない時は、子宮外妊娠の可能性もあります。

しかし、この時期は、胎嚢が数日の差で確認できることもあります。

また、排卵日の遅れが原因によりその時点で胎嚢が確認できない、というケースもあるため、医師でもなかなか判断はむずかしいようです。

場合によっては、hCG測定をしたり、様子を見ることになります。

hCG測定

正常妊娠では、妊娠4週で血中hCG値は100~200 IU/l、5週0日には約2000~4000 IU/lとなりますが、子宮外妊娠の場合この数値が低いことから、医師が子宮外妊娠を疑うことができます。

子宮外妊娠の疑いがあると医師が判断した場合、通常は、大学病院や総合病院など設備の整った病院へ移ることになります。状況次第では、救急車での移動となります。

子宮外妊娠の治療法

子宮外妊娠は、手術するしか方法はありません。

あえて選択肢があるとしたら、卵管を残すか残さないかの選択しかないといえるでしょう。

医師は卵管を残す方法を第一と考えていますが、子宮外妊娠が発覚した時の患者の状態にもよりますので、医師の判断との折り合いが必要となります。

早期発見の場合には、対処方法に選択肢があります。

もちろん患者の体調や症状の度合いにより変化しますが、医師と相談の上で決定していきましょう。

待機療法

自然と治癒するのを待つという方法です。

少ないケースではありますが、10%から20%の子宮外妊娠は、自然と吸収され消滅することがあります。

ですが、流産の危険性は最後まで油断することはできません。少しの異変にも、敏感に対応する必要があります。

薬物治療法

プロスタグランジン、MTX(メソトレキセート)などの抗がん剤を使用し、治療していく方法です。

全身投与と局所投与を選択する必要があり、それぞれメリット、デメリットがあります。

抗がん剤を投与する訳ですから、体への負担度や効果が異なりますが、外科的治療に匹敵する治療法とされています。

外科的治療法

手術をする場合、いくつか種類があります。

開腹手術

卵管などの損傷が激しい場合などに用いられる治療法で、卵管を切開する場合や部分切除など症状に合わせ選択していきます。

腹腔鏡手術

主に、卵管膨大部妊娠の場合に用いられる方法です。

内視鏡を用いるため、傷が小さく回復は早いですが、リスクも大きく、卵管閉塞を起こしたり、絨毛細胞が残るケースも少なくありません。

そうしたケースが多発することから、薬物療法の方が良いと判断する医師も多くなっています。注意深い経過観察が必要な治療法です。

まとめ

子宮外妊娠は、誰にとってもあって欲しくないものです。

しかし、まったく自分の身に起こらないというものではありません。子宮外妊娠は全ての女性に起こりうるのです。

最悪なケースを考え、子宮外妊娠の知識を持っておくことは必要なことといえます。

最近では、治療法や発見方法も進んできており、母体の命にかかわるようなケースは減少しています。

ですが、医師がはっきり判断できない場合、自分自身の体調への疑問や微妙な体の変化により、子宮外妊娠が発覚するケースがもっとも多くなっています。

妊娠初期というものは、あらゆる体調の変化が見られる時期でもあり判断が難しいことも多いですが、注意深く自分の体調を観察することを心がけましょう。

少しでも心配なことがある場合は、自己判断せずに、医師の指導を仰ぎましょう。

また、妊娠する前にブライダルチェックなどを行うことも大切です。妊活を始める前に!妊活に必要な健康診断とはを参考に、定期的な健康診断を受けましょう。

photo credit: martinak15 via photopin cc

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる