medium_4446156494

はじめての妊娠検査と妊婦健診の費用と内容!持ち物や服装は?




妊娠の可能性が高まると産婦人科へ行く訳ですが、初めての検査ではどういったことが行なわれるのでしょうか。

そして、妊娠が確定すると、妊婦健診を受診することになります。妊婦健診の頻度や健診の項目はどのようなものでしょうか。

そこで今回は、

・妊娠の検査はどういうもの?
・妊婦健診では何をするの?
・妊婦健診でかかる費用は?

といった方に、初めての妊娠の検査から、妊婦健診について詳しくご紹介していきます。

関連記事
>>妊娠検査薬で妊娠がわかるのはなぜ?その仕組みと正しい使い方
>>妊娠初期のエコー検査なぜやるの?検査の大切さとわかること

スポンサードリンク

はじめての検査

妊娠を疑って病院を受診した時点から、はじめの検査が行われます。それが、妊娠を確認するための検査です。

尿検査をおこない、hCG陽性であるかをまず確認します。その後、経膣プローブという超音波機器を使用し、胎のうの状態を確認します。

この2つの検査結果で、妊娠が確定することになります。受診した時期が早い(妊娠6週未満の場合)と、再度受診をとなるケースもありますが、これがはじめての検査となります。

妊娠が確定した場合、その後定期的に妊婦健診が行われることとなります。妊娠中は体が大きく変化する時期といえるため、一見何事もなく順調に見えるようでも、トラブルが隠されているケースがあり、それを防ぐためにもこの妊婦健診は大切な健診となってきます。

妊娠検査に行くとき

妊娠検査薬などで陽性が出た、生理が遅れているなど、妊娠の兆候を感じて病院に行くときにはまず、かかりつけの産婦人科を決めましょう。

不安なことがあるときは、事前に産婦人科に電話して確認することも大切です。

病院が決まったら、最終月経日や体調、既往歴、妊娠検査薬を使ったのはいつ頃かなど、診察の際に問診票に記入することがほとんどですので、当日慌てないようにメモしておくと安心です。

基礎体温をつけている場合は、基礎体温表も持参しましょう。

そして必ず必要になるのが、

・健康保険証
・診察代

です。診察代は病院や自身の体調にもよります。安ければ2~3千円程度ですが、採血などが必要になった場合のことを考え、1~2万円程持って行くと安心です。

参考記事>>妊娠検査薬で妊娠がわかるのはなぜ?その仕組みと正しい使い方

妊娠健診とは

妊婦健診とはいわゆる妊婦健康診査のことをいい、妊娠が分かってから出産するまでの間の健診のことをいいます。定期的に産婦人科に通院し、赤ちゃんの健康状態や経過、検査、指導を受けるためのものです。

主治医から特別に説明される機会は少ないですが、他にも妊婦健診には、ハイリスク妊娠や妊娠合併症、胎児異常の有無などさまざまな目的があり、健診や検査内容は妊娠の経過とともに変わります。

ずっと同じ健診を続けるわけではありません。時期に応じて適切な健診が行われることになります。

妊婦健診の回数

流産の危険性の高い妊娠初期の段階では、1週間から2週間の間隔で1度健診が行われます。

その後、12週ぐらいから妊娠23週(妊娠6か月)までは4週間に1回、妊娠7か月から妊娠9か月は2週間に1回、臨月を迎えた妊娠36週以降は週に1回となり、計15回から16回が基本的な健診の回数となります。

ただし、出産予定日を超えてしまった場合には、週に2回の頻度で追加健診が行われることがあります。

これはあくまでも何も異常を感じていない場合の健診回数です。出血やお腹の張りなど体の異常を感じた場合には、次の健診まで見合わせる必要はありません。急を要する場合も考えられるため、すぐに診察してもらいましょう。

妊婦健診前に必要な手続き

産婦人科で妊娠が確認されたら、まずはできる限り早く、お住いの役所の窓口または保健所で妊娠届出書を提出しなくてはいけません。

地域によって異なりますが、本人が出向かなくてはいけない場合、医療機関の診断書が必要ない場合、印鑑や保険書が必要な場合など、交付までの詳細が違っています。

提出すべき持ち物が足りない場合、出直す必要が出てきますので事前に役所や病院などで確かめておきましょう。

この手続きをおこなうことで母子手帳が交付され、妊婦健診を公費で補助してもらうことのできる受診票や母親学級、両親学級の案内など情報を得ることができます。

母子手帳に関しては、母子手帳を貰おう!知らなかった!母子手帳ってこんなに大事の記事にて詳しくご説明しています。

また、母子手帳をもらったら、母子手帳ケースはこう選ぶ!便利で可愛いケースを見つけよう!にて、自分の好きな母子手帳ケースを手に入れるのも楽しみのひとつです。

妊婦健診に必要な費用

妊婦健診は病気の治療とは異なりますので、自己負担が原則となります。しかし近年、公費の補助(地方自治体、国)で受けることのできる助成制度が導入されたことから、費用の負担額がわずかとなっています。

この補助は、母子手帳交付時に配布される受診票(補助券)で受けることができます。

補助の内容や回数は各お住まいの地域によって異なりますが、平均14回ほどで補助券に記載されている内容で補助を受けることができます。まず手元に補助券がきた時点で、一度確認しておきましょう。

ですが、補助券に書かれていない項目に関しては補助の対象とはならないため、詳しい検査が必要となった場合などは、公費負担額との差額を支払う必要があります。

また、補助券は発行された地域の定められた医療機関で使用することが原則となっていますので、里帰り出産などで住んでいる地域と違う場所で妊婦健診をおこなう場合には、補助券を発行してもらった自治体などに問い合わせてみましょう。

自治体により費用の一部を負担してくれることもありますので、申請の仕方などの詳細をお住まい地域にて確認してみましょう。

妊婦健診に必要な持ち物

健診時に必要な持ち物です、毎回チェックして忘れないようにしましょう。

・健康保険証
・母子手帳(交付されたら)
・補助券
・現金
・メモ帳や筆記用具
・生理用ナプキンやおりものシート

補助券があっても、公費で負担してもらえる以外の検査が必要になることもあるので、毎回現金は持って行くようにしましょう。

医師に聞いておきたいことをあらかじめメモをして持って行ったり、母子手帳に書き込んだり、医師からのアドバイスを忘れないようにするために、メモ帳や筆記用具もあると便利です。

妊娠初期は、おりものが多くなる場合があります。内診の際に取り換えるナプキンなどもあると安心です。

また、つわりで辛い場合は、さっぱりとした味の飴やガム、ラムネなど、小さなお菓子も入れておくといざというときに役立ちます。

妊婦健診を受けるときの服装

妊婦健診は妊娠の経過により内容も変わりますが、健診がスムーズにできるよう、基本的に上下が分かれている、脱ぎ着が楽な服装で行きましょう。

妊娠初期は特に内診が多いので、タイトなパンツよりもフレアスカートやAラインスカートなどを履いていくと、下着だけ脱げば良いのでおススメです。

上下がつながったワンピースや、オールインワンのサロペットは、上から脱がなくてはならず、時間もかかるため、できるだけやめておきましょう。

寒い時期はタイツを履きたくなりますが、こちらも脱ぎ着に時間がかかるので、レギンスに靴下を履くなどして工夫しましょう。

特に、サンダルなどで出かけることが多くなる夏の時期には、靴下も持っていくことをおススメします。妊婦さんは抵抗力が落ちるため、素足で病院のスリッパを履くと水虫に感染するおそれがあるからです。

他にも風邪がうつらないようにマスクをするなど、薬をあまり服用できない妊婦さんは、自分が感染しないように、また、他の妊婦さんにうつさないように配慮して病院に行きましょう。

妊婦健診の内容

妊婦健診では、毎回検査と診察が行われます。受診する病院によって診察項目には若干の違いがありますが、診察前に必ず行う検査や診察も妊娠の経過とともに変わってきますので、その大まか内容をあらかじめ理解しておきましょう。

妊婦健診で毎回おこなうこと

以下の検査は、健診の度に行われるものです。

・尿検査

診察前にトイレに行き、尿を摂ります。この尿で尿たんぱく、尿糖を必ずチェックします。この尿検査は毎回行われる大切な検査のため、妊婦健診に行く前のトイレは我慢しておきましょう。

・体重測定

妊娠中の体重増加には目安があり、体型によって大まかに値が決まっています。体重測定で、体重に急激な増えがないかなどを見ることになります。

・血圧測定

血圧の基準を把握することで、妊娠高血圧症候群などの発症を知ることができます。高血圧の判断基準としては140/90mmHg以上となっています。妊娠高血圧症候群は、合併症を誘発する妊娠中に陥りやすい症状の一つです。

・腹囲・子宮底長測定

妊娠中期以降に毎回チェックする項目です。子宮の底長は妊娠周期によって変わるため、毎回測定して経過を判断します。

上記の内容は母子手帳に記載する欄が設けてあるため、妊婦健診の度に記入してもらえます。

・内診

膣に直接、手や器具を挿入し膣の状態や固さ、大きさなどをチェックします。妊娠後期には膣口の開き具合や胎児の頭の下がり具合を判断することで、出産の時期を知ることのできる大切な診察の一つです。

病院により検査の頻度はまちまちですが、妊娠初期での内診は最近では減りつつあります。

・むくみ検査

足のすねなどを指で押し、むくみがないか調べます。血圧や尿の出具合などと総合して異常を判断します。

・超音波検査

妊娠初期には膣の中に経膣プローブという器具を挿入し、子宮内部をチェックします。中期以降はお腹から経腹プローブをあて、胎児の状態や発育などをチェックします。

双方ともモニターでチェックすることができ、妊婦さんも直接見ることができます。

また、写真撮影もできるため、妊婦健診に来ることのできないお父さんのために赤ちゃんの発育の様子を見せることができます。

最近では3Dで赤ちゃんの顔や様子をみる機器も普及しています。公費で補助できるかどうかは、各自治体によって異なるため、その地域によって実施状況も違っています。

関連記事>>妊娠初期のエコー検査なぜやるの?検査の大切さとわかること

・問診

毎回おこなう大切な健診の一つが問診です。体調の変化や気になることなどを医師に話すことで、異常を早期発見できることも多いため、どの産院でも各検査の報告を含め、時間を設けています。

公費で負担してもらえる検査

各自治体によって、公費で補助してもらえる検査項目は異なります。検査項目の中から選択式で費用を補助してもらえる検査もあります。

・血液検査

通常妊娠初期である妊娠8週ごろに検査します。妊娠後期には、主に貧血検査を実施します。血液検査で調べる項目は以下の通りです。

1)血液型検査
ABO式とRh式血液型を調べ、分娩時などの大量出血に備えることを目的としています。また、「血液型不適合」などの判断をすることができます。

2)不規則抗体検査(間接クームス検査)
血液型検査で判明した血液型以外の抗体を持っているかの検査になります。妊婦側に陽性が出た場合(特にRh式に不規則抗体がある場合)赤ちゃんに黄疸(おうだん)が出る可能性が高まります。

通常新生児に見られる黄疸は問題のないケースが多いのですが、この新生児黄疸がひどい場合には核黄疸を発症し、脳に障害を持つ危険性が高くなるため、早期発見で重症化を防ぐための大切な検査です。

3)血算検査(妊娠24週から35週までに1度、妊娠36週以降に1回実施するのが一般的)
妊娠後期の貧血予防や出産時の出血に備え、貧血や血小板の異常がないかを検査します。貧血と判断された場合には、鉄剤の薬が処方されます。

4)血糖検査(妊娠24週から35週までに1回実施するのが一般的)
妊娠すると血糖値が上がる傾向があるため、糖尿検査をします。妊娠糖尿病は流産や早産、妊娠中毒症の危険性が高まるほか、胎児の奇形や低血糖などもひきおこす原因になります。

家族に糖尿の患者がいる場合や要因を持っている人は注意が必要です。妊娠中に糖尿病と判断された場合は、血糖のコントロールが必要になります。

5)風疹抗体価検査
胎児の形成に重要な時期である妊娠初期に風疹を発症すると、奇形異常発生の確率が高くなるため、妊婦さんに風疹に対する抗体があるかを調べる検査です。

抗体がない場合には、感染に注意するしか方法はありません。できることなら妊娠前から予防接種を受けるといった対策をとっておくのがベストです。

6)HCV抗体検査
肝炎ウイルスの一つであるC型肝炎ウイルスの有無を検査します。たとえ陽性であっても胎児への感染は約5%といわれています。

7)HBs抗原検査
肝炎ウイルスの一つであるB型肝炎ウイルスの有無を検査します。胎児への感染は肝炎や肝臓がんを引き起こす要因となります。

胎内感染が見られない場合、生後の定期ワクチン接種で肝炎の発症を予防できます。

8)HIV抗体検査
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染しているかを検査します。15歳以下のエイズ感染は主に妊娠中の感染が原因とされており、陽性と判断された場合には、生まれた赤ちゃんが血液で感染しないよう細心の注意をすることで予防に努めます。

9)HTLV-1検査 (成人T細胞白血病ウイルス)
母乳を通して感染するため、妊娠初期の段階で検査項目としています。出産に問題はありませんが、母子感染を防ぐために生まれた後与えるのは、粉ミルクとなります。

10)トキソプラズマ検査
胎児に先天異常を及ぼす可能性が高いため、妊娠初期の段階で検査します。主に動物を介して感染する寄生虫の一種で、妊娠初期に感染した場合のみ胎児への影響があらわれます。

予防方法としては手の洗浄で、生肉調理後のまな板から2次感染した野菜が感染源になることもあります。最近では減少傾向にあるため、実施を控えている病院もあります。

11)梅毒血清検査
性行為感染症の梅毒ですが、胎児への感染は胎盤を通して行われます。陽性の場合には早急な治療の必要があります。治療が遅れると流産の危険性が高まり、死産する確率も上がってしまいます。

仮に出産まで無事に過ごしても先天性の梅毒に感染していることも多く、妊娠初期の検査が必須事項となっています。

・膣内分泌物培養検査

妊娠24週から35週までの期間に行われる、いわゆるおりもの検査のことをいいます。膣内の粘液を採取し検査しますが、産道を通るときに感染するため、いずれか陽性が出た場合には分娩までに適切な治療をおこなう必要があります。

母子感染を防ぐことが目的の検査です。検査項目は主に3つです。

1)クラジミア検査
赤ちゃんに感染すると結膜炎や肺炎に感染する起こす危険性が高まります。赤ちゃんは肺炎などで重症化することもあるため検査項目となっています。陽性の場合、抗生物質などの薬を服用することで感染は防ぐことができます。

2)GBS検査(B群溶血性レンサ球菌)
B群溶血性レンサ球菌というのは私たちが持っている常在菌で、大変弱い菌です。妊婦には何の影響もありませんが、GBS抗体を持っていない妊婦から生まれた新生児にとっては新生児GBS感染症という危険な病気を発症する危険性があります。

妊娠後期に検査し、母子感染を防ぐことが大切です。

3)カンジダ膣炎検査
カンジダ膣炎とはカンジダ真菌が増殖して起こる症状で、かゆみや腫れ、発疹を伴います。もともとこのカンジダ真菌は常在菌の一つで、妊娠中に増殖することが多く、母子感染を防ぐためにも分娩前の治療が必要になります。

抗真菌剤の膣錠で膣に直接挿入し治療します。1週間から2週間で症状は軽減してきます。

・この他必要に応じておこなう検査

以上紹介した検査項目の他に、必要に応じ医師に促される検査があります。例えば子宮がん検査などは初期検査の項目に入れる産院も多くなっています。

自覚症状がないため、この妊娠初期の検査で見つかり、早期治療で助かるケースも少なくありません。

他にも予定日間近なのに、胎児が下がってこない場合には、骨盤が狭い要因などが疑われるため、骨盤X線検査が行われます。この検査の結果、帝王切開の処置を決定する場合もあります。

また、胎児の発育状況が心配な場合、陣痛がこないといったケースでは、ノンストレス検査をおこなうことがあります。

聴診器を当て心音を聞くよりも簡単に胎児の心音を聞くことができるため、出産に備えて検査を行います。妊娠後期に検査する産院も今では増えてきています。

現在日本では、ほとんどの方が定期的に妊婦健診を受け、さまざまな検査を受けることができるようになっています。妊婦健診は赤ちゃんはもとより、お母さんの命も守ってくれる大切な検査がたくさんあります。費用も国で補助してくれるため、最近では負担額も減少していますから、定期的にきちんと健診を受けるようにしましょう。

photo credit: Sean Molin Photography via photopin cc

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる