妊娠初期の頻尿

妊娠初期症状にみられる「頻尿」の原因や改善策と膀胱炎との違い




妊娠初期には、さまざまな体調の変化が表れます。その一つの症状として、頻尿があります。

・さっき済ませたばかりなのに、トイレに行きたくなる
・トイレに行く回数が増えた

と妊婦さんを悩ませる頻尿ですが、

・どうして妊娠すると頻尿の症状あらわれるのでしょうか?
・気を付けるべきこと等はあるのでしょうか?

今回は、妊娠初期の頻尿の原因と対策や、膀胱炎との違いなど頻尿の注意点について詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

妊婦さんの誰もが経験する頻尿

妊婦したことで経験する頻尿ですが、頻尿は妊娠が原因で起こる生理現象の一つです。大きく分けて、妊娠初期である妊娠16週頃までと、妊娠後期である妊娠28週頃からの時期に見られる症状です。

尿意が頻繁に起こるだけでなく、ふとした瞬間に尿が出てしまうこともあります。

下着を汚してしまった、恥ずかしいという理由から、「どうにかならないのか?」と真剣に悩む妊婦さんも多いですが、妊婦さんの皆さんが経験するものですから、悩んだり、心配したりする必要はありません。上手に頻尿と付き合っていきましょう。

妊娠中の頻尿の原因とは?

主に頻尿には、3つの原因が考えられます。まずは頻尿がどうして起こるのか、その原因から見てみましょう。

腎機能が活発になる

妊娠すると血流量が一気に増え、腎機能が活性化されます。腎機能の働きが高まると、尿が排出されやすくなり、尿量も増えることになります。それが頻尿の原因の一つです。

膀胱が圧迫される

赤ちゃんの育つ子宮は、膀胱の裏側に位置しています。そのため赤ちゃんの成長と共に子宮が大きくなることで、膀胱が圧迫されることになります。

妊娠中期に入ると、子宮は骨盤より上部に移動し、膀胱も圧迫されなくなります。膀胱の尿を溜める容量も正常に戻ってきますので、頻尿の症状は改善されてきます。

ホルモンの影響

妊娠初期には、さまざまなホルモンが分泌されます。その中の黄体ホルモンには、子宮や膀胱といった筋肉を緩める働きがあり、それが原因となって、妊娠初期から尿漏れや頻尿に悩まされることがあります。

人それぞれ、ホルモンの分泌量は異なりますし、ホルモンの及ぼす影響には個人差がありますので、すべての方に当てはまるものではありませんが頻尿の原因の一つと考えられています。

妊娠初期に頻尿の症状があらわれたら?

妊娠初期に頻尿の症状が表れたら、我慢しないことが大切です。トイレがマメになるため、一回に出る尿の量は少なくなりますが、尿意を感じたら、きちんとトイレに行くよう心がけましょう。

膀胱炎に注意

トイレの回数が増えるため、面倒くさい、少し我慢した方が等と尿を出すことを我慢すると膀胱炎などの感染症を引き起こす要因となってしまいます。しっかりトイレに行く習慣をつけましょう。

排泄の後に、少し前かがみの態勢を取るようにすると、膀胱の尿が上手く排泄され、妊娠初期の頻尿が少し改善されることがあります。

頻尿の度合いによる注意点

頻尿の症状は個人差があり、トイレに行く回数もその方によって異なります。30分おきにトイレに行きたいと言う方もいれば、1時間おきという方もいます。

さっきトイレに行ったばかりで、まだ何も水分を取っていないのに行きたくなるという方もいます。

特に決まった判断基準はありませんが、5分おきに行きたくなるような頻尿の度合いが余りにも異常な場合には、他の病気が原因となっていることが考えられます。

妊婦さんで異常な間隔で起こる尿意に疑問を抱き、医師の診察を受けた方の中には、膀胱炎尿結石、等の病気が原因で頻尿が起こっていたケースがあります。

疑わしい、あまりにも頻尿がひどすぎると感じた場合には、必ず医師の診察を受けてみましょう。

頻尿と膀胱炎の違い

頻尿と膀胱炎は症状も似通っているため、判断がしにくいことも少なくありません。もしかしたら膀胱炎ということも考えられますので、以下のような症状があるかチェックしてみましょう。

・残尿感がある
・排尿の際に痛みを感じることがある
・排泄した尿に濁りがある

上記のような症状を伴う場合には、膀胱炎を発症している可能性があります。

少しでも疑いがある場合には、医師の診察を受けてみましょう。

妊娠初期の頻尿の改善策

頻尿が仕方ない妊娠初期の症状と分かってはいても、少しでも改善したいと思うのは当然です。

もちろん赤ちゃんが育つ過程で起こる症状なので、治療法はありませんが、普段の生活で少し改善できる方法はあります。以下を参考に、頻尿を少しでも改善させていきましょう。

カフェインの入った飲料は控える

コーヒーや緑茶と言った飲み物に含まれるカフェインには、利尿作用があり、トイレの回数を増やしてしまう作用があります。カフェインの摂りすぎや飲みすぎには注意しましょう。

最近では、妊婦のためにカフェインレスのコーヒーなどが売られていますので、そういったコーヒーに切り替えてみるのも方法です。

妊婦さんにとって大切な水分補給ですが、カフェインを含まない麦茶や水に切り替えてみましょう。

水分の摂りすぎには注意

妊娠すると汗をかきやすくなるため、水分補給が大切になってきますが、必要以上の水分の摂取は頻尿を悪化させる原因となってしまいます。

妊娠したからといって水分ばかり摂っていては、尿の量が増えてしまうのも仕方ありません。

水分量の多い食事や果物類などを食べることも考え、水分の調節をしてみることも頻尿対策になります。

特に夜トイレに起きるのは、妊婦さんにとって大変なこともあるため、夕食後の水分摂取量には気を配ってみましょう。

冷えにも注意しよう

妊娠していなくてもそうですが、冷えを感じると尿意をもよおすことが多くなります。胎児がお腹にいるため暑いと感じる妊婦さんも多いですが、妊婦にさんとって体の冷えは禁物です。

少し寒いと感じたら一枚羽織るよう心がけたり、ひざ掛け等を上手く取り入れ冷え対策を行いましょう。

また、夏場のクーラーにも注意しましょう。冷えすぎることは胎児にとってもお母さんにとっても良くありませんので、クーラーの温度調節にも気を配ってみましょう。

お腹周りを冷やさないよう、腹巻やマタニティーガードルを着用してみることも、頻尿には効果的です。

入浴して体を温めよう

妊娠すると苦しさを感じることもあり、つわりなどの体調不良がある場合、お風呂を敬遠する妊婦さんも多くなりますが、お風呂は体を芯から温め、血流を良くする働きがありますので、できれば毎日入りましょう。

体の芯から温まることで、冷えによる尿の回数を減らす効果が期待できます。

夜の尿意で寝不足を感じたら

頻尿を感じる時期は、妊娠初期のわずかな期間ですが、あまりにも症状がマメなこともあり、眠れない方もいるのではないでしょうか。

妊婦さんにとって、寝不足は体調を崩してしまう大きな原因となります。

妊娠初期のつわり等の体調不良を少しでも取り除くためにも、睡眠は必要不可欠です。

夜の頻尿で、睡眠不足が重なる場合には、家事などを後回しにして、昼間しっかりと睡眠を取るようにしましょう。昼寝は夜の睡眠不足をわずかな時間で解決してくれる有効な手段です。

旦那さんや家族に遠慮して、眠いのを我慢するのではなく、まずは赤ちゃんのことを第一に考え、睡眠を取るよう心がけましょう。

妊娠初期なのに頻尿の症状がない

妊娠初期に入っているのに、私には頻尿の症状があらわれないと心配する方がいますが、これは異常なことではありません。反対に悩みが一つなくなるわけですから、喜ばしいことです。

妊娠初期の症状には個人差があり、誰もが同じ症状を伴うものではないため、自分にはないからといって特に心配する必要はありません。

ただし、妊娠すると普段よりも体が水分を必要とするため、水分量が足りていないようなら問題です。

水分量の低下は尿路閉鎖症等を引き起こすこともありますので、小まめな水分補給を心がけましょう。しっかり水分摂取ができているのであれば、何も問題はありません。

頻尿と上手く付き合っていこう

頻尿は仕方のないことですが、咳をした拍子に尿が出てしまったり、重いものを持った時などに出てしまう尿で、下着を汚してしまうのは避けたいものです。頻尿と上手に付き合っていくためにも、妊娠初期の頻尿が表れる時期には、尿漏れグッズ等を上手く活用してみましょう。

尿漏れパッド

尿漏れ対策として、生理のナプキンと同様に下着に張り付けるタイプの尿漏れシート(パンティーライナー)が発売されています。

妊娠期におりものの汚れと兼用で使えるタイプの物もあり、妊娠中の敏感な肌にも使えるよう安心な素材が使われています。

尿漏れによる嫌な臭いも気にすることなく着用できるものですので、外出時など下着を交換できない時に活躍してくれます。

尿漏れパッドやシートと聞くと、抵抗のある方も多いと思いますが、ナプキンなどを使用するより、より快適な毎日を過ごすことができます。

出てしまう尿の量によって種類も豊富に販売されていますので、活用してみましょう。

少量の尿漏れには、100ccまでのタイプがおすすめです。

メーカーによって販売されている尿漏れシートの吸収量別タイプはまちまちですが、販売されている料金は生理用ナプキンと対して変わりない価格帯となっています。

もっと容量の多いものが必要であれば、200cc、300ccと用意されていますが、妊娠初期であれば少量のタイプで十分でしょう。妊娠後期に尿の量が増えた場合には、吸収量の多いタイプを使ってみましょう。

おりものシート

尿漏れの量が少ない場合には、市販されているおりものシートでも尿漏れによる下着の汚れるのをカバーできます。

尿漏れパッドを活用するほどの尿量でない場合には、おりものシートやナプキンなどで代用も可能ですが、臭いが気になる方は、やはり専門の尿漏れシートを使用するのがおすすめです。

尿漏れは、女性にとって深刻な問題ですが、販売されている尿漏れ対策グッズを上手に活用し、出産まで心地よく過ごせるよう工夫してみましょう。

photo credit: Pike market via photopin (license)

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • ライン@登録で500円OFF!
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠妊娠超初期

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる