妊娠中の毛染め

妊婦さんのヘアカラー|自宅での髪染めと美容院での注意点




最近は妊婦になってもおしゃれしたいという人が多いものです。髪型を変えたり、カラーを楽しむ人が増える中、妊娠中の髪染めについて心配になったことはありませんか?

カラーを放置すると髪の根元だけ色が変ってきて、気になって外出も出来ませんよね。妊婦さんが身体への影響を考えながら髪を染めるにはどうしたら良いのでしょうか?

今回は、妊娠中の髪の毛のカラーリングについて、自宅で行う場合の注意点、美容室で行う場合の注意点について詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

妊婦さんは髪染めしていいの?

染料の薬剤が身体の中に入るって本当?

カラーリングの際に使用する染料が頭皮から浸透していき血液に混じり胎児の発育に影響すると考える人が多いようですが、このような疑問には考え方が色々あります。

医学的に、胎児に非常に影響があるということはないとされていますが、あくまでも薬剤を髪に塗るわけですので、なるべく頭皮に付かないようにしてもらうようにしましょう。妊婦であることを美容師に伝えた場合には、なるべく頭皮に付かないように考慮してもらうことができます。

肌荒れする?

妊娠中は肌が非常に敏感になる人がいます。化粧品で今まで肌荒れを起こしたことのない商品でも突然肌に合わなくなり、肌荒れを起こすケースがあります。これは髪を染める染料にも言えることですので、今まで問題がなかった薬剤でも肌荒れする場合があります。

カラーリングの施術の際には美容師さんに気をつけてもらって、頭皮にカラーリング剤が付かないようにしてもらいましょう。カラーリングの途中でもヒリヒリするなどいつもと状態が違う場合には、無理をせずに中止しましょう。

つわりがひどくなる?

髪染をすることで、つわりがひどくなるということはまずありません。つわりは妊娠4ヶ月くらいの段階でほとんどの人に症状がなくなります。どうしても髪染めをしないと気になる場合は仕方ありませんが、出来るだけつわりがある人はつわりの時期が終わるのを待ってから髪染めをしましょう。

薬剤によっては非常にアンモニア臭がきつかったりするので普通の人でも匂いが気になる場合があります。つわりで気分が良くないのにカラーリングの薬剤の匂いで気分が悪くなっても困ります。

市販のカラーリング剤は避けたほうがいいの?

髪染めの際の染料が胎児に影響すると言われるのには、薬剤の善し悪しも大きく関係します。特にドラッグストアなどで販売されている自分で髪染めをするためにカラーリング剤は値段も比較的安いので家で髪染めをする人は利用する場合が多いのですが、これらの市販のカラーリング剤は美容院で使用されているカラーリング剤よりも刺激が強いものが多いのは確かです。

これらの薬剤は妊娠していない普通の状態の人にとっても良いものであるとは言えません。特に「ジアミン」という成分は、肌荒れの原因になる場合はあるので気をつけたほうが良いでしょう。安かろう悪かろうという刺激の強い市販のカラーリング剤を使って肌荒れを起こしては意味がありません。

妊娠中は特に、肌になるべく優しい天然の薬剤を使って、専門の美容師さんに髪染めをしてもらうほうが安心です。

市販カラーリング剤を使うときはパッチテストをする

どうしても美容院に出向けないという場合は、髪染めを我慢するか市販のカラーリング剤を使って自宅で染める方法になってしまいます。

特に肌の弱い妊婦さんが市販のカラーリング剤を使うならば、髪染めをする48時間前までに頭皮の一部、または皮膚の柔らかい部分に薬剤をつけて肌がアレルギーを起こさないかどうかを事前にチェックするパッチテストを行うことをおすすめします。

パッチテストで特に肌荒れを起こさない場合は全体に使用しても基本的には大丈夫です。

美容院では妊娠していることをちゃんと告げよう

肌が敏感になっている

妊婦さんは、肌の強い人でも妊娠中に敏感肌になっている人が多くいます。普通の状態で肌が弱いという人はより一層敏感肌に傾いていることがありますので、肌に触れるものはカラーリング剤だけでなく化粧品や洗濯用洗剤、食器用洗剤、衣服なども気をつけた方が良いでしょう。

お腹が目立つ前の妊婦さんは、自分で妊娠していることをはっきり担当してくれる美容師さんに告げておかないと美容師さんには分からない場合が多いようです。

妊婦だと分かっている場合は薬剤を皮膚に優しい自然なものを提案してくれたり、湿布の方法を変えてくれたりと考慮してくれる人がほとんどです。

妊婦であることを告げて、損をすることはまずありませんので、事前にちゃんと伝えて置きましょう。

長時間の施術を考慮してもらう

女性が美容院で、カットとカラーの施術を受けようとすると、大半の人が2~3時間かかることを覚悟して行くのではないでしょうか。

カットしたりシャンプーしたり、髪を染めたり、流したり・・と場所をあちらこちらに変えながら作業していく美容院がほとんどで2~3時間同じ態勢で座りっぱなしという美容院はほとんどありませんが、数十分でも同じ態勢をとることは、お腹の大きな妊婦にとって大きな負担がかかります。

血流が悪くなって気分が悪くなったり、頭痛もおきかねませんので、適度に足や手を動かしたりして姿勢を小まめに変えて楽な態勢を取りましょう。

妊娠30週目を超えてくると、カラーの染料を流すときなどシャンプー台で仰向けになる姿勢が非常に辛くなります。お腹が大きくなってきたら長時間カラーリングをしなくても良いように、早めの時期に髪染めをいておくほうが良いでしょう。

美容室によっては腰に負担がかからないように、腰枕を用意してくれるなど、なにかしらの配慮があるところもありますので確認してみましょう。

トイレにすぐに行けるようにしておいてもらう

妊娠後期は子宮が非常に大きくなり膀胱を圧迫するので、いつもよりも頻繁にトイレに行きたくなります。美容院でトイレに行くのは色々と面倒なこともありますが、トイレは我慢せずに回数が多くなっても行くよう心がけましょう。

出産後髪染めをしなくても気にならないようにしてもらう

いつも自分の本来の髪の色よりも明るく染めている人は特に長期間髪染めをしないと色の違いが目立ってきて、いわゆる「プリンちゃん」という状態になってしまいます。これでは人目が気になって気分も憂鬱になってしまいます。

また、出産後というのはなかなか赤ちゃんから長時間離れることが出来ずに、気がつけば半年以上も美容院に行っていないという人も結構多いものです。美容院に行ってもカットだけが精一杯で髪染めの時間的余裕がないということもありますので、出産が近くなってきたらなるべく髪の色を自分の髪の色に合わすようにトーンを暗くしてもらうと、後々色の差が気になりにくいのでおすすめです

白髪で困ってる人もなるべく目立たない髪型にしたり、目立たない色にしてもらいましょう。白髪を気にしている人はショートにするよりもロングヘアの方が白髪が目立たないので髪型そのものを見直してみるのも方法です。美容師さんにまずは相談してみると良いでしょう。

美容院で使用するカラーリング剤を購入できる

妊婦さんの体調が悪くてなかなか美容院に行けない場合や、出産後も長時間カラーリング施術できないという止むを得ない事情があるということを馴染みの美容院で相談すると、美容院で使用しているカラーリング剤をその人の色に調合して販売してくれる場合が稀にあります。

これはカラーリング剤の種類にもよるので絶対可能であるとは言い切れませんが、可能であれば、販売してくれる場合がありますので、どうしても美容院でのカラーリングが出来ずに困っている方は、馴染みの美容院に相談してみましょう。また、美容室用のカラーリング剤を販売している量販店もありますので、そうした販売店から購入してみるのも良いでしょう。

天然原料を使用したヘナ

天然原料を使用しているとあって、ヘナで白髪染めするなら大丈夫と考える方も多いようですが、アレルギー反応を起こす方が、普通のカラーリング剤より多いと言うこともあって、使用には注意が必要です

妊娠中は今までヘナで染毛して問題がなかったと言う方でも、突然肌荒れを起こすことがあります。また、体を冷やす等の心配もあるようですので、パッチテスト等を行ったうえで、使用するかどうか判断してみると良いでしょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる