保険加入のベストタイミング

妊娠出産に保険は必要?保険に入るベストなタイミング




妊娠、出産というのは人生において非常におめでたいお祝い事です。しかし、妊娠、出産にともなう、妊婦検診や出産費用はかなり高額になるということを知っていますか?

出産費用だけで100万円を超えることも珍しいことではありません。このような費用を補うために加入するのが民間保険会社の医療保険です。

そこで今回は、

・妊娠に対して医療保険はどのような保障があるのか?
・いつ加入すればよいのか知りたい
・妊娠後でも加入できるのか知りたい

といった方に、妊娠出産に保険は必要なのかどうか詳しくみていきましょう。医療保険を上手く使うことで、妊娠、出産の費用を格段に抑えることも可能です。妊娠、出産で賢く医療保険を利用しましょう。

関連記事>>妊娠中でも保険に入れる!?妊娠前や妊娠中におススメの保険

スポンサードリンク

妊娠、出産でかかる費用

妊娠、出産のためにかかる医療費は基本的に健康保険が使えません。自然分娩で出産した場合の費用は40万円から50万円ほどが平均的な費用です。

出産する病院が個人病院なのか、総合病院なのか、セレブ産院なのかという違いや、入院した時の部屋が個室か大部屋かということによっても差があります。

出産するまでは妊婦検診といって赤ちゃんが順調に育っているかという検診に何度も足を運びますが、その費用が5万円から10万円といわれています。ではお金がない人は出産できないのかというとそういうこともありません。

妊婦検診は妊娠から出産までおよそ14回ほどありますが、その14回の費用全額を地方自治体が負担するという場合も多くあります。つまり、妊婦検診が全くただで受けられる自治体も多いということです。母子手帳を受け取る際に妊婦検診の無料券や補助券が配布される場合がほとんどです。

帝王切開や早産で出産した場合、子宮外妊娠などは健康保険が適用され、医療費の負担が全体の3割程度の負担で済みます。しかし、自然分娩の場合は全額自己負担です。

自然分娩で出産すると費用面で損をしている感覚があるかもしれませんが、健康保険か国民健康保険に加入していて、妊娠4ヶ月以上で出産した場合は出産育児一時金というもので子供一人に対して42万円ほどの公的な補助金を後に受け取ることができます。

支払いの方法は自治体ごとに色々ありますが、基本的には病院と健康保険とのやり取りで、費用を賄えない場合は退院時に病院に現金払いするのが原則です。

参考記事>>意外と高い出産費用!病院別比較と出産に伴う費用や補助制度

妊娠、出産は何が起こるか分からない

妊娠して出産することは、ごく自然で当たり前と考えているのならば、その考えは間違いです。全ての女性が妊娠して、無事何事も問題がなく母子共に健康であるということは、本当に奇跡的なことで、もし仮にそういう人があなたの周りのほとんどの人の現象であったとしても、自分が他の人と同じように何も問題がない妊娠、出産ができる保障などどこにもありません。

妊娠して出産して、赤ちゃんもお母さんも無事であった場合はとても運がよかった、恵まれていたということです。

妊婦検診では全く問題なかったはずなのに、出産では予想外に難産になり帝王切開に突然切り替わったり、検診で突然、切迫早産の危険があるとして入院させられたり、妊娠中のトラブルや出産時のトラブルというのは予想以上に多いもので、その費用の一つ一つが非常に高額な高度医療を必要とする事態も頻繁に起こるのです。

自分に限って大丈夫という考えはあっけなく崩れ去ります。いつも不安と心配を抱えてマタニティーライフを送ることは良くありませんが、常にリスクを抱えているという認識は必要です。

妊娠中には保険に入れるのか

妊娠、出産において医療保険が使われるほとんどの場合は、通常分娩ができずに帝王切開で出産する場合です。帝王切開の場合、健康保険を使えますが、手術代と差額ベット代などの費用が余計に加わってしまい、自然分娩で出産する時に比べてやはり費用はかかります。

妊娠してから、そのようなリスクを知っても、妊娠、出産を控えた妊婦さんでは民間の医療保険に新規加入することはできないと思ってしまいがちですが、実際は可能です。

しかし、妊娠、出産は病気や疾患ではないのですが、やはり色々な危険を伴うので、医療保険に加入する際にはさまざまな条件がつきます。保険会社によっても異なりますが、基本的に「子宮部位に関わる疾患の不担保」「出産に関わる疾病の不担保」という条件がついてしまいます。

そして、妊娠27週(妊娠7ヶ月)以降には医療保険に加入できないことがほとんどですが、保険会社によっては妊娠27週を過ぎても医療保険に加入することができるところもありますので、加入したい保険がある場合は保険会社に直接問い合わせましょう。

詳しくは、妊娠中でも保険に入れる!?妊娠前や妊娠中におススメの保険の記事に、妊娠中でも入れる保険をいくつかご紹介していますので、あわせてお読みください。

通常の医療保険の給付対象内容

もし現在、特別な条件がついていない民間の医療保険に加入されている場合、妊娠、出産のときに、帝王切開なったり、子宮外妊娠した場合、前置胎盤であると分かった時、妊娠悪阻がひどい場合、妊娠高血圧症候群、流産、早産などのトラブルがあったときは、異常妊娠、異常分娩ですので、医療保険の入院、手術の給付対象になります。

妊娠、出産が判明する前からこのような医療保険に加入している場合は、妊娠、出産を機会に保険の内容を見直すことをしなくても大丈夫です。そのまま継続して加入していれば、妊娠、出産に関わるほとんどのトラブルに対応するようになっています。

医療保険に入るべき時期

では、いつ医療保険に加入すればいいのか、妊娠前と後で入った時の違いや、二人目以降を考えた場合の加入するタイミングなどを細かく見ていきましょう。

妊娠前がベスト

妊娠しても妊娠27週目までは民間の医療保険に妊婦さんが加入することができます。また、その後であっても保険加入が可能である保険会社はあります。

しかし、妊娠発覚後に医療保険に加入するとそのほとんどの保険で特定部位の不担保という条件がつきます。特定部位の不担保というのは女性特有の子宮に原因する疾病に関しては給付金が出ないというものです。

つまり、帝王切開、切迫早産、切迫流産、子宮頸管無力症、早期破水、吸引分娩、前置胎盤、妊娠高血圧症候群というもので、妊娠、出産のトラブルのほとんどを占める内容に対して保障がありません。

妊娠発覚後に保険加入することができても、これらの子宮に関わる疾患の場合、保障がないのですからあまり大きな意味がありません。

このようなトラブルは、かなり頻繁に起こることなので、それらの保障のない保険に妊娠発覚後に急いで加入するはあまり賢い方法ではありません。ですので、もし女性が医療保険に加入するのであれば、遅くとも妊娠する前がベストであるといえます。

本来ならば、妊活を考える前の段階で自分の入っている保険の内容まできちんと見直しているというのが一番ベストです。妊娠、出産に対するリスクを理解し、医療保険や出産に対する費用などの環境を整えてから妊娠した方が、一番お金の面でも合理的です。

二人目でリベンジ

妊娠、出産が計画通りに行かずに医療保険で色々な費用をカバーできなかったと悔やむ人は、一人目の出産では医療保険がうまく利用できなかった場合でも、二人目以降の妊娠、出産に備えて医療保険に加入すべきです。

妊娠発覚後に加入した医療保険では特定部位の不担保により、予想外に妊娠、出産の費用がかかってしまった人でも、1回目の妊娠後に加入した医療保険において、二人目の妊娠、出産に関しては保障されます。1回目の出産が自然分娩で、二人目が帝王切開であるときは二人目の帝王切開にかかる医療費は医療保険で充分カバーできます。

妊娠後でも加入するか、出産後まで待つか

妊娠が発覚してから色々調べてみた結果、自分か医療保険に加入していないことに気がついた場合、どのタイミングで医療保険に加入するのが良いのでしょうか。妊娠発覚後に新規加入しても、今回の妊娠、出産に関して起こるトラブルに対する保障は特定部位不担保ということで適応されません。

今回、出産が終わるのを待って落ち着いてから医療保険の加入をするのとどのような違いが起きるのかというと、今回の出産が結果的に自然分娩になったのか、帝王切開による分娩になったのかということで違います。

問題が起こるのは、帝王切開による分娩になった場合、出産後に医療保険の加入をしても、特定部位不担保という内容の保険になってしまう可能性が高いので注意しなければいけません

一般的に医療保険に加入する場合は、健康状態の申告が必要になり、帝王切開をしたという事実があれば加入が制限される恐れがあるので、妊娠が分かった後でも、帝王切開になるリスクを考えて早めに加入しましょう。

1回目を帝王切開で出産した人は要注意

1回でも帝王切開して出産をしたという人が、二人目以降に帝王切開を受けた場合は医療保険の保障に制限がつきますので注意が必要です。

民間の医療保険でも、生命保険でも、過去5年以内に手術を受けたことがある人は保険への加入が難しくなります。手術というのは単に帝王切開によるものだけでなく、手術全般をいいますので注意しましょう。

医療保険に入っていて1回目の出産を帝王切開でした場合、その保険で保障を受けてしまっていると、その帝王切開から5年間は子宮に関する疾患に対する保障が対象外となります。ですから、5年以内に2度の帝王切開を受ける場合は保障の対象外ということになります。

しかし、5年という枠を過ぎれば、子宮の疾患でも保障対象外になりますので医療保険は加入し続けていることが賢明です。なお、5年以内に2度の帝王切開をした場合、民間の医療保険での保障は受けられない場合がほとんどですが、健康保険が適用されるので、3割負担の費用で手術も受ける事ができます。

自然分娩では保険金は給付されない

妊娠や出産は危険なトラブルと隣り合わせであることには違いありませんが、決して病気ではないので、自然分娩の場合は健康保険も民間の医療保険の基本的に保障の範囲内ではありません

あくまでも病気、けがなどの治療を目的とした入院や手術に対する保障になりますので、出産時に何のトラブルもない自然分娩の場合は保障がありません。しかし、自然分娩を予定していたにも関わらず、異常分娩に切り替わった場合は、緊急帝王切開や分娩に関わる費用は健康保険からも医療保険からも保障されます。

自然分娩でも保障される保険

妊娠して何の問題もなく自然分娩で出産し、母子共に出産すればこんなに嬉しいことはありません。

妊娠、出産は病気ではないのですし、自然分娩なのだから全く医療保険の保障など受けられるはずもない!と決め付けてはいけません。まだまだ数は少ないですが、保険会社によっては自然分娩で出産したにも関わらず保障の範囲内になっている保険があります。

自然分娩で出産しても基本的に日本の産院だと1週間ほどは入院します。その入院費用が保障対象となるものがあります。

まだまだ保険の商品の中にはそのようなものが少ないのですが、1日およそ5,000円ほど保障されるので、5日間入院すると2万5000円ほどの金額が返ってきます。ちょっとしたお得感があるので、保険加入の際は保障内容をよく確認しましょう。

医療保険の内容を確認する

妊娠、出産のときに保障される内容というのは、保険会社ごとに微妙に違いますし、商品によっても変わってきます。

基本的には、通常の妊娠、出産に関して特に大きなトラブルがない場合は保障外となってしまいますが、商品ごとに保障内容は違いますので、医療保険に加入する前は必ず約款をよく読んで1つ1つ確認することが大切です。

ほとんどの保険会社では、普通の医療保険に女性特約というオプションがつけられる商品があります。妊娠中に加入した場合、通常は次の妊娠のときにしか保障がされないのですが、中にはその妊娠が異常分娩であった場合も保障対象になっているものもあります。

自分が勝手に思い込んでいて受けられるはずの保障を受けないまま終わってしまうということはよくあります。1つ1つ確認するか、保険会社の担当の人に保障の対象になるものはないかチェックしてもらいましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠妊活

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる