妊娠初期の服装

妊娠初期の服装の選び方と気をつけるべきポイント




妊娠が始まると、毎日どんな服装で過ごせばいいのか気になりますね。

特に初期の段階では、赤ちゃんが正しく健康に育ってくれるよう、服装にも注意が必要です。マタニティウェアを着るのはまだ早い気しますが、初期の段階ではまだお腹が出ていないので、どんな服装がベストなのか悩みどころです。

そこで今回は、

・妊娠初期はどんな服装でいればいい?
・妊娠初期の服装で季節によって注意することは?
・マタニティウェアについて知りたい!

といった方に、妊娠初期の季節毎の服装の選び方や注意すること、また、マタニティウェアを選ぶコツについてご紹介します。

スポンサードリンク

妊娠初期の服装

妊娠初期から妊娠中期への間、少しでもストレスなく生活を送るためにも、季節ごとに最適な服装について以下に紹介していきます。

妊娠初期の春の服装

春は、冬からだんだんと暖かい季節に変わってくる時期です。ちょっと暖かくなったからといって肌が出る服や、風通しの良すぎる服を着ないようにしましょう。

妊婦さんの体は血流や循環を常に良くしておかなければ、自身がむくみやだるさを感じやすくなるだけでなく、赤ちゃんに栄養も届けにくくなってしまいます。たとえ暖かい時期であっても、体が冷えない服装を心がけましょう。

また、地域によっては春になっても冬のような寒さになる日もあります。そんな時はマフラーや手袋などを使い体幹部分以外も温めるようにして、防寒対策を忘れず行いましょう。

中には腹巻きを活用して、お腹周りを冷やさない工夫をしているお母さんもいます。

ホルモンバランスが変化するため、妊娠初期はつわりに悩むことも多くなります。

締め付けのきつい服を着ているとさらに気分が悪くなることもありますから、お腹まわりを圧迫せず、着心地の良い服装で過ごしましょう。

ベルトやコルセットを日常的に身に付けている方も、妊娠初期の間はオシャレは一旦ストップです。

ウエストゴムのスカートやジャンパースカート、巻きスカートなど負担をかけないタイプの洋服に切り替えると安心です。

妊娠初期の夏の服装

夏場は一年でもっとも厄介な季節です。外に出れば暑く、室内に入ればクーラーなどでキンキンに冷えているので、妊婦さんにはどちらも苛酷な環境になります。

基本としては、体を冷やさない・着やすく・締め付けの少ない服(特にお腹部分)を選びましょう。

風通しが悪くなっても汗をかいたり、のぼせたりしてしまいますから、ロング丈のワンピースなど、ほどほどに風通しの良い服装にしましょう。

地域によっては10月まで夏のように暑く、衣替えが必要ない場合があります。しかしどんなに暑くても、室内では肌を露出せず、エアコンの効いた寒い環境に入ってもすぐ適応できる服装を心がけましょう。

夏場などは暑いのでどうしても薄着になりますが、インナーだけは保温タイプのものを選ぶと良いでしょう。また、出産までの期間は短いようで意外に長く感じられます。

1シーズンごとに新しい服を買うのは大変ですから、2シーズン通しで着られる素材やシルエットの洋服を選ぶようにしましょう。

妊娠初期の秋の服装

段々寒くなってくる秋の服装は、やはり保温を重視した服装が一番です。

秋から冬へ移り変わるタイミングが急にやってくると、衣替えが間に合わず風邪をひきやすいので、外出時はカーディガンなどを準備し、寒くなっても適応できるようにしておくと安心です。

秋の季節が安定期の終わりに差し掛かっている方は、お腹にもふくらみが出てくるためマタニティウェアを買おうかと悩まれるかもしれません。無理にマタニティウェアを着る必要はありませんが、ゆったりしたサイズ感の服が少ない方は、マタニティウェアの購入を検討してもよいでしょう。

また、産後の授乳期を見越して、授乳服兼用のマタニティウェアを選べば、長期間利用できるのでおすすめです。

最近では、マタニティウェアや授乳服も可愛いものが増えて着ています。ぜひ、本サイトを運営しているマタニティウェア通販専門店ココマミーも覗いてみて下さい。

妊娠初期の冬の服装

アウターでごまかせるため、冬の服装は意外に適当になってしまう場合が多いのですが、まずは手持ちの冬服を仕分けしてマタニティにも着られるゆったりしたタイプを選び出しましょう。

冬は一番寒い季節なので、できるだけ外出を控えるようにしたいものです。

しかしどうしても外に出なければならない時は、しっかり保温できる服を選んで、お腹周りも暖かくしてあげましょう。

妊娠初期のボトムスの選び方

妊娠初期ではお腹が目立たないので、トップスをいきなりマタニティにする必要はありません。

ただし、妊娠期間中一貫してボトムスだけは動きやすいものを揃えておきたいところです。妊娠中期、妊娠後期とだんだん上半身は重くなってくるので、下半身だけでも身軽に動けるものを選択しておくと安心です。

妊娠後期まで使えるレギンスやパンツを何本か揃えておけば、妊娠期間中は何シーズンも通して着られるのでおすすめです。

秋冬から春の初めまでは、裏起毛タイプなど冷えを予防できるレギンスを用意すると良いでしょう。

ただしシーズンを通しで着るということは、洗濯の回数が増え消耗が激しくなりますから、ある程度耐久性のある素材のレギンスやパンツを選びましょう。

妊娠初期のアンダーウェアの選び方

いわゆる下着ですが、妊娠中は何より機能を優先しましょう。

初期のうちは着慣れた下着の方が使いやすいですが、できればお腹まで隠れるゆったりしたものを選択し、体が冷えないよう工夫が必要です。

ビキニタイプなどはお腹が隠れないので非常に冷えやすく、妊娠中の服装としては不向きです。

ショーツは問題なくても、ブラジャーがきつくなって入らなくなる方もいらっしゃいます。そうした方はゆったりしたタイプのものや、キャミソールにパッドが合わさったタイプのアンダーウェアを買っておくと良いでしょう。

靴下やストッキング、タイツなども締め付けが少ないものを選ぶと安心です。

人によっては体型が初期からどんどんと変化してきます。人から聞いて「最初のうちは服を買い揃えなくても大丈夫」と思っていても、自分の番になるとまったくサイズが合わなくなった、ということはよくあります。

まずは上記に挙げたトップス、ボトムス、アンダーウェアの選び方を参考にして揃えておくといいでしょう。

妊娠中は羽織りものが活躍

ポンチョ、ストール、スカーフは冷えを防止する妊婦さん御用達のファッションアイテムです。

冬場はビッグサイズのストールを、夏場もお腹にかけておける大判タイプのスカーフを持っていると安心です。首回りを温めたり、足元が寒い時にはブランケット代わりにもできるので、外出時やオフィスのデスクワークなどで重宝すること間違いなしのアイテムです。

ココマミーでは、働く妊婦さん向けのマタニティウェアも人気です。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる