戌の日

戌の日と腹帯|はじめての安産祈願で知っておきたい基礎知識




妊娠が分かると、誰もが安産で無事に赤ちゃんが生まれて欲しいと願うものです。普段神社にはあまり参拝しない人であっても、神様に安産の祈祷をしたり、お守りを頂いたりすることでしょう。

日本では、安定期に入る妊娠5カ月になった最初の戌の日に、腹帯を巻いて「安産祈願」をする風習があります。

・戌の日ってなに?
・なぜ戌の日に腹帯を締めるのか?
・腹帯にはどのような役目があるか?
・腹帯の選び方は?
・腹帯の付け方は?

といった、戌の日にまつわる疑問について、それぞれ詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

戌の日ってどんな日?

日本には十二支がありますが、干支によって日付を表す方法が昔からあります。その中に「戌の日」がありますが、昔から戌の日には、安産祈願をするならわしになっています。

戌の日の祝いは、「帯祝(おびいわい)」とも言われ、妊娠5カ月目の戌の日に安産祈願することで、無事に赤ちゃんを出産できると信じられています。戌の日は、12日に1日の割合でやってきますので、月に2、3回はあるということになります。

なぜ安産祈願は戌の日なの?

犬は他の動物に比べお産が軽く、一度にたくさんの子どもを産むことにあやかり、日本では古くから犬を安産の守り神として崇めてきました。

また、一説によると、犬は悪霊を追い払い、狐狸などからも子どもを守るというものもあります。宮参りの際に祝いものとして犬をかたどった「犬張り子」が用いられるのも、魔よけの一種で、子どものお守りとしての意味があるとされています。

そのため、昔から戌の日には、子宝に恵まれたことを感謝し、安産を祈願してきたのです。昔はお嫁さんの実家から、娘と孫の健康と安産を願い、岩田帯(腹帯)を贈ったものです。地方によっては、代々使用して来た岩田帯を、母から娘へと次の世代に大切に受け継いでいく習慣のあるところもあるほどです。

全国各地に、安産祈願を行っている神社が数多くあります。神社で岩田帯を購入できるところもありますし、事前に購入したものを持参して、祈祷してもらうところもあります。また、戌の日以外にも祈祷を受け付けている神社もありますので、事前に確認してみると良いでしょう。

腹帯のはじまり

腹帯のはじまりは古く、「古事記」が起源であるとの説が有力です。

古事記によると、仲哀天皇の皇后であられた神功皇后・息長帯日売命(おきながたらしひめのみこ)が、朝鮮半島征伐にお出掛けになられた際に、お腹の中には後の天皇である応神天皇を身ごもっておられました。お腹の子を守るために、帯の中に石を挟み入れてお腹に巻きつけていたという記述があります。その後、神功皇后は無事に帰国し、出産することが出来たとも書かれています。

古事記での話が後に言い伝えられ、神功皇后が巻いた帯が、後の腹帯になっているといわれています。

「腹帯」ってどんなもの?

一般的に「腹帯」というと、「岩田帯」とも言われるさらし布の帯のことを指します。腹帯は安産を祈願しお腹に巻くものですが、そればかりではなく、大切なお腹を守ってくれる役目があります。実際に腹帯を巻くことには、主に3つの効果があると考えられています。

お腹を冷えから守ってくれる

妊娠中は手足だけ冷えを感じたり顔がほてってきたりなど、体の部位によって温度の感じ方が違ってくることがあります。知らず知らずのうちに、大切なお腹を冷やしてしまいかねません。腹帯を巻くことでお腹の冷えを防ぎ、お腹の赤ちゃんや母体を守ってくれます。

妊娠で大きくなったお腹を支え、胎児を守る

妊娠中どんどん大きくなるお腹で、体のバランスを取るのは難しいものです。腹帯には、不安定な骨盤を支える効果があります。また、お腹の赤ちゃんが受ける衝撃を和らげる効果もあるとされています。

妊娠中の腰を守ってくれる

妊娠中は、特に腰への負担が大きくなります。腹帯を巻くことで、腹圧(お腹の中から背骨を押し返す力)を高め、腰の反り返りを防ぎ、腰への負担軽減や腰痛の予防にもなります。

「腹帯は暑苦しいような気がするし、ちょっと面倒」と思う方もいるかもしれませんが、妊婦さんにとっても、お腹の赤ちゃんにとっても大切な役割があるのです。時代が変わっても、昔から多くの妊婦さんが使用してきたのにも、長く続けられただけの理由があるのです。腹帯の良さや大切さを知り、上手に使用したいものです。

腹帯の巻き方

反物のように巻かれた腹帯ですが、どのように使用するのでしょうか。腹帯(岩田帯)には、ずれにくい巻き方があります。産婦人科によっては、助産婦さんが教えてくれるところもあります。

初めのうちは腹帯を上手に巻くのは難しいかもしれませんが、何度か繰り返し巻いているうちに、誰にでもすぐに、簡単にすっきり巻くことが出来るようになります。ポイントは、「お腹周りはきつすぎず、腰回りはしっかりと巻く」です。

腹帯の巻き方

①岩田帯は、半分の幅に折っておきます。
②巻きやすいように、長さの分すべてを巻いておきます。(包帯のように丸めておきます)
③腹帯の「わ」の部分を下に向け、おへその下あたりから巻き始めます。
④巻き始めを左手で抑え、お腹の下の部分を支えるように、腰回りを1周回します。その時、巻き始めの部分が斜めに下に出るくらいがちょうど良いでしょう。
⑤2周目に入る所(おへその下あたり)で、斜めに折り返し2周目を巻きます。
⑥3周目に入る手前で、巻き始めの部分を上に折り巻き込みます。
⑦⑤と同様に、おへその辺りで斜め上に折り返し巻きながら、お腹全体に巻いていきます。
⑧腰の部分も、からだに沿うようにして折り返しながら巻いていきます。
⑨巻き終わり部分は、折り上げた状態で折りたたみ、巻いた腹帯の内側に差し込みます。

腰の部分はすっきりと、お腹の部分は丸みに沿いながらも、折り返しているので保温にも衝撃にも強くなっています。おへその辺りで折り返していた部分を、左右どちらかにずらして折り上げると、お腹の前側の部分がすっきり巻けます。お腹の大きさが気になる場合には、サイドにずらしてみるのも良いでしょう。

腹帯の種類と特徴

昔から使われている腹帯は、いわゆる「岩田帯」といわれるものですが、その他にも、腹帯と同じような役割を果たすものもあります。主な種類は、「マタニティガードル」や「コルセットタイプ」、「サポートベルトタイプ」「補助帯内臓タイプ」などです。それぞれ利点も多く、特徴も異なりますので、自分に合ったものを選んで、快適に使用しましょう。

昔は娘の安産を願い、お嫁さんの実家から腹帯を贈ることが多かったようですが、最近では、自分で安産祈願に購入することもあります。また、産婦人科によっては、腹帯を販売し、お腹をサポートするように指導しているところもあります。

岩田帯タイプの腹帯

吸汗性に優れ、通気性も良く快適に使用できます。体に沿わせるように巻いていきますので、お腹の大きさにこだわることなく、長期間使用することができます。お腹の状態によって巻き方も変えられるため、体調による苦しさや圧迫感も少なく使用することができます。どんな体型でも使用できる点もポイントの1つです。

マタニティガードル

体にフィットしやすく、すっきりとした使い心地です。立ったりしゃがんだりと動いていてもずれることがなく、しっかりとお腹をガードしてくれます。仕事を続けている妊婦さんには、スタイリッシュに使用できるために、とても重宝します。

コルセットタイプ

家の中でゆっくり過ごす時間が多い妊婦さんには、とても便利に使用できます。妊娠中は、大きくなるお腹に圧迫され、トイレがまめになる方も多いものですが、着脱が楽なためとても便利です。

サポートベルトタイプ

大きくなりつつあるお腹を、下から持ち上げるようにしっかりと支えてくれるタイプです。ショーツや妊婦帯の上から使用しますので、取り外しは簡単です。家事をしている間だけ使用するなど、便利に使えるタイプです。

補助帯内臓タイプ

腹巻き状のものですが、お腹を支える補助帯が内蔵されています。腰の負担を軽減しながら、しっかりとお腹を支えてくれます。

出産して役目を終えた腹帯はどうするの?

出産後の腹帯は、どのように始末したら良いのでしょうか。地方によってもならわしが異なりますが、安産祈願し頂いてきた腹帯ですので、お礼参りである「初宮参り」の際に納めてくるところもあります。

また、「腹帯からおしめまで」という言葉があるように、妊娠中には母体とお腹の赤ちゃんを守ってくれた腹帯ですので、最後まできちんと始末する習慣もあります。腹帯に使用している布は、通気性の良いさらし布で、赤ちゃんのおむつに使用するものと同じものです。待望の赤ちゃんのおしめとして使用し、その役目を全うさせ、大切に始末してみるのも良いでしょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
出産妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる