妊娠初期に関節痛が起こる原因は?関節痛の予防と対策

妊娠初期に関節痛が起こる原因は?関節痛の予防と対策




まだお腹も目立たない妊娠初期に関節痛が起きるという妊婦さんは少なくありません。妊娠も後半に入ると妊婦さんの体重も増え、胎児も大きく成長しますので、足や腰に負担がかかるので、妊娠後期の関節痛はなんとなく理解できます。

そこで今回は、

・体重も増えてないのになぜ関節痛になるの?
・妊娠初期の関節痛は自然に治るの?
・妊娠初期の関節痛の予防や対策は?

といった方に、妊娠初期の関節痛について、その原因や対策、予防法について詳しくご紹介します。

さまざまな対策や予防法を日常に取り入れて、関節痛のないマタニティライフを過ごしましょう。

関連記事
>>妊娠中の腰痛に悩むママ必見!腰痛の原因と11の対処法
>>妊娠初期に背中が痛いのはなぜ?背中の痛みを解消しよう

スポンサードリンク

妊娠初期の関節痛ってどんな症状?

妊娠初期の関節痛ってどんな症状?

妊娠初期の関節痛の症状は個人差が非常に多いものです。立ち上がる度、歩く度に、足の付け根あたりがピリピリ痛むという方もいますし、ひざに痛みを感じるという方もいます。また、腰付近の関節が痛むということもあります。

他にも、風邪のような症状を伴い、だるさと共に関節が痛むという場合もあります。

妊娠によるつわりの症状と同じように、妊娠初期の関節痛は個人差が大きくでてきますが、どのような症状の関節痛でも妊娠していることで起こっていると考えていいでしょう。

関節痛って妊娠初期には良くあるの?

妊娠初期の関節痛ってよくあるの?

すでに一度出産を経験している経産婦さんの場合は、関節が痛むというケースは少なくなりますが、初産の場合、関節痛があるという方は非常に多くなります。

初産の妊婦さんの約半数以上が、なんらかの関節痛を感じるとも言われ、関節痛は妊婦さんにとって決して珍しいことではありません。

妊娠初期の関節痛の原因とは?

妊娠初期の関節痛の原因は?

妊娠すると体は胎児を育てる準備と同時進行で、出産のための準備を始めます。赤ちゃんの部屋は子宮にありますが、この子宮が大きく成長するため、その周りにある骨盤の調節を始めます。

これには、妊娠すると分泌されるリラキシンというホルモンが深く関係しています。リラキシンは妊娠初期から妊娠後期まで分泌され、骨盤周りの筋肉を緩め、足の動きを円滑にする働きがあります。

骨盤で赤ちゃんをしっかり支えるため、赤ちゃんを安産で産むために分泌されます。ですが、筋肉が緩むということは、関節に大きな負担となるだけでなく、体を歪みやすくしてしまいます。

この負担と歪みが原因となり、腰痛を引き起こしたり、足の付け根の関節に痛みを感じることになります。

また、リラキシンは骨盤周りだけでなく、ひざの関節の筋肉も一緒に緩めてしまいます。そのため、場合によってはひざに痛みを感じる要因となります。

妊娠初期の関節痛は自然に治るの?

妊娠初期の関節痛は自然に治るの?

妊娠中に分泌されるリラキシンというホルモンは残念ながら妊娠後期まで分泌され続けます。そのため、時間が経過すること(妊娠月齢が上がること)で、自然と関節痛が治るというものではありません。

しかし、関節の痛みはこのホルモンが分泌されたことで筋肉が緩み、関節に負担がかかったり、歪んだことが原因です。そのため、関節への負担を減らし、歪みを治すことで関節痛を改善していくことできます。

妊娠初期の関節痛を改善しよう

妊娠初期の関節痛を改善しよう

妊娠初期の関節の痛みを軽くするさまざまな方法をご紹介するので、自分にあった方法を見つけましょう。

正しい姿勢を心がけよう

妊娠中は子宮が大きくなり、おなかが大きく成長するため、重心がずれるといわれていますが、この体の中心となる重心を正しい位置に置くことで、痛みは緩和されます。体の不調なども多く、姿勢も崩れがちですが、特に座っているときの姿勢には注意しましょう。

足組は厳禁

妊娠前から足を組む癖のある方は、妊娠して腰の筋肉が歪むと骨格がずれてしまうことがあるので、注意しましょう。足を組む体勢は、骨盤や足の付け根などの関節痛を悪化させてしまいます。

できればあぐらを

女座りと呼ばれている足を片側に崩した姿勢で座るのも良くありません。できることなら妊娠中はあぐらをかいて座るのが一番です。姿勢を崩すこともありませんし、おなかが大きくなっても座る体勢が楽にとれます。

湯船につかろう

妊娠初期は気分もすぐれないことが多いため、入浴をシャワーで済ますという方もいますが、関節痛がある場合には、一日一回必ず湯船につかるよう心がけましょう。関節への負担をクリアな状態にすることができます。痛みは温まることで和らぎますので、入浴ではできる限り、一定時間湯船につかるようにしましょう。

関連記事
>>妊娠中の入浴時の注意点とお風呂タイムに便利なグッズ

マッサージ

軽くなでるようにマッサージするだけでも痛みが和らぐケースもあります。筋肉がゆがんでいることが原因で、別の筋肉に負担をかけていることも多いため、その緊張をほぐすことで痛みが和らぎます。

自分だけのケアで痛みがなくならない場合には、妊娠中でも受けることも可能な整体に行ってみると良いでしょう。整体は歪みを治す施術がメインとなるので、関節痛の痛みに優れた効果が期待できます。

ただし、整体を予約する際には、妊娠していることを伝え、マタニティ整体を行っているか、必ず確認して予約しましょう。施術の際にも、念のためもう一度妊娠している旨を伝えましょう。

妊娠中は、きつくマッサージするなど、強く押すことは危険なので絶対にやめましょう。

関連記事>>妊娠中や妊娠初期にマッサージを受ける時の注意点

ストレッチ

妊娠初期は、激しい運動はいけませんが、ストレッチのような軽い運動は良しとされています。体の骨格を正常な位置に戻すためにもストレッチは効果的ですので、これからご紹介するストレッチを試してみましょう。

ただし痛みが激しいとき、体調が思わしくないときはストレッチは避け、必ず、無理をしない範囲で行うよう心がけましょう。

腰周りの関節痛に効くストレッチ

1.まずは、立って、肩幅ぐらいに足を開きます。
2.体の両側の骨盤の一番出ている部分に、手を当てて、腰を右回りに5回ほど廻します。
3.同じく今度は左回りに5回廻します。
4.2と3を交互に3回ずつ繰り返しましょう。

左右に体を揺らすストレッチ

1.立って足を肩幅ぐらいに開きます。
2.腕は体の横に付けます。
3.そのまま前後に体を倒すことなく、片側(右・左)にゆっくり体を倒しましょう。
4.3を交互に3回ずつ行いましょう。

背面の腰周りを伸ばすストレッチ

1.仰向けに寝て、両ひざを立てます。
2.そのままの姿勢で片足を折り曲げたまま胸の位置までもっていき、両手で抑えて10秒キープします。
3.もう片方の足も同じように、折り曲げたまま抱え、10秒キープします。
4.これを交互に3回ずつ繰り返しましょう。

股関節の緊張をほぐすストレッチ

1.正座をします。このとき両膝を軽く開いて座りましょう。
2.正座の体勢から後ろにゆっくり倒れます。
3.その状態で10秒キープしましょう。
4.ゆっくり体勢を元に戻します。

股関節を正しい位置に戻すストレッチ

1.手を後ろについてひざを立て座ります。
2.ひざを肩幅より少し広めに開きます。
3.その体勢のまま、右ひざを内側にゆっくり倒し、5秒キープしたら元の位置に戻します。(できる範囲でOK)
4.今度は右ひざを外側に倒し、同じく5秒キープして元に戻します。
5.3と4を左も同様にストレッチします。左右3回程度繰り返しましょう。

膝が痛むときのストレッチ

1.足を広げて座り、片方の足を伸ばして、もう片方の足は曲げます。
2.背筋を伸ばしたまま、伸びている足のほうに体を曲げていきます。
3.2の動作を反対側でも同様に行います。片側5回ずつ行いましょう。

ストレッチは、1回行っただけではすぐに効果はあらわれませんが、続けていくことで徐々に痛みを緩和させることができます。

もともと歪みがあったために関節痛の症状が出てしまっているという場合は、ストレッチで少しずつ歪みを矯正していくことで、痛みは和らいでくるので、根気よく続けてみましょう。

自分の関節痛の症状に合ったストレッチを行って痛みを緩和させていきましょう。

妊娠初期の関節痛がひどい時の対処法

妊娠初期の関節痛がひどい時の対処法

関節痛の痛みはこれまでご紹介した改善法で徐々に改善していきますが、今すぐに治るというわけではありません。どうしても痛く辛いという日にできることはないのでしょうか。

何といっても安静が一番

痛みがひどい場合、歩いただけで痛みが走るという場合もあります。そんな辛い痛みはまず安静にすることが大切です。無理に動いたりしてしまうと逆に関節痛を悪化させてしまいますので注意しましょう。とにかく動かさず痛みが遠のくのを待ちましょう。

湿布薬で対処

やはり関節痛の痛みには湿布薬が効果的です。急激に痛み出した場合は冷湿布を、長くじんわりと痛む場合には、温湿布が最適です。自分の痛みに合わせ湿布で対処してみましょう。

ただし、湿布薬を使用する時は、かかりつけの医師に尋ねて処方してもらうか、ドラッグストアの薬剤師などに相談するようにしましょう。

湿布薬の中には、胎児に悪影響をもたらすものがあるため、必ず、妊娠していることを告げた上で、専門家に相談しましょう。

医師の診察を

どうしても耐えられないという痛みがあるなら、やはり一度病院での受診をおすすめします。痛みを一時的に和らげることのできる湿布薬を処方してくれたり、関節に直接電気を流し、痛みを和らげる低周波治療などを受けることができます。

中には、「妊娠しているから我慢するしかない」という医師もいますが、治療法を提案してくれる病院もありますので、まずは、かかりつけの整形外科や接骨医院で受診してみましょう。その場合も、必ず妊娠していることは忘れず伝えましょう。

妊娠初期の関節痛を予防しよう

妊娠初期の関節痛を予防しよう

ストレッチなどで痛みが落ち着いて来たら、その関節痛を再び悪化させない努力も必要です。

体を冷やさない

ひざや骨盤周りを冷やしてしまうと筋肉が収縮してしまい、関節痛を引き起こしてしまいます。できる限り痛みがあった場所は冷やさないことが大切です。

腰を冷やさないためにレギンスをはく、膝を冷やさないためにサポーターをするなどしてみるといいでしょう。また座るときは、クッションなどをお尻の下にひいて、冷やさない工夫をしましょう。

外出時はクッション性の良い靴を履こう

関節痛をぶり返さないためにも、日ごろ歩く時には関節に負担をかけないようにするのが一番です。外出時にはクッション性の高いスニーカーなどを履くよう心がけましょう。

日ごろの癖を見直そう

腰周りの筋肉が緩むため骨格もズレやすく、それが関節痛の原因となります。関節痛を引き起こさないためにも、日ごろの癖を見直しましょう。「いつもカバンを同じ側で持っている」「寝るときにいつも同じ側を下に寝ている」などの癖は歪みを作ってしまう原因となります。体のバランスを保持することができるよう日頃の癖を見直してみましょう。

適度な運動を

妊娠すると体を使うことが減ってしまうため、筋肉が落ちてしまう、柔軟性がなくなるという方も多いですが、体を適度に動かすことは関節痛予防にも効果があります。普段から、柔軟ストレッチをする、ウォーキングをするなど軽い運動をするよう心がけましょう。

いくら関節が痛くても骨盤を締めるようなことは厳禁!

妊娠初期の関節痛があってもやってはいけないこと

関節に痛みがあるからと言って原因となっている骨盤を引き締めよう、もとの位置に戻そうとベルトなどを付けてはいけません。

妊娠して大きくなる子宮のために骨盤周りの筋肉を緩めていますので、それを締めるような行為は絶対してはいけません。同様に、骨盤を矯正するような椅子に座るなども避けるようにしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる