妊娠 ペット トキソプラズマ

ペット、食肉、園芸、砂場が危険?妊娠中は要注意トキソプラズマ症とは?




ペットブームである昨今、自宅で動物を飼っている人はとても多く、飼ったことがあるという人をいれると半数以上の方が動物との共同生活を経験しているのではないでしょうか。

ペットと一言でいっても、犬や鳥、ネコや金魚までさまざまな動物がいます。

基本的には、ペットとの生活が、直接、妊婦さんに害を与えることは、あまりありませんが、妊婦さんが気をつけなければいけない病気に、トキソプラズマ症があります。

トキソプラズマ症は意外なところからも感染する恐れがあり、妊娠中は注意が必要です。

そこで今回は、

・トキソプラズマ症とは?
・トキソプラズマ症の感染経路とは?
・トキソプラズマ症に感染しないためには?

といった方に、トキソプラズマ症について詳しくご紹介します。

関連記事
>>赤ちゃんが危ない!妊娠中期のサイトメガロウイルスの予防法
>>妊婦さんと生魚。妊娠中に寿司や刺身は食べても大丈夫?
>>妊娠後期の食事で積極的に食べたいものと注意が必要なこと

スポンサードリンク

トキソプラズマ症とは

トキソプラズマとは寄生虫です。単細胞生物で、3つの形態に分けることができます。

1つは、細胞内に寄生して無性生殖で急増する栄養型です。摂食することで感染はしませんが、目や鼻の粘膜に付着したり、外傷に触れることで感染します。

2つめは、シスト型です。脳や筋肉の組織内に厚く丈夫な球体のシストを作ります。室温で数日、4度前後であれば数カ月生存します。

3つめがオーシスト型といい、一番有名なタイプかもしれません。ネコ科の動物に感染するとオーシストが形成されます。糞尿に混じって体内から排出され、数カ月かけて成熟していきます。

シストと同じように数カ月の生存が可能ですが、熱や冷却によって不活化させることができます。ただ、消毒液への対抗が強いのが難点です。

トキソプラズマの感染経路

トキソプラズマは人間を含む温血動物に寄生しますが、終宿主はネコ科の動物です。人間が感染する時は、生の肉を食べたことやネコの糞を処理したことによる経口感染が主な経路になっています

オーシストは特に感染力が強く、直接糞に接触しなくても土壌を経て感染することもあります。ネコが糞をした土で食物を育てていれば、野菜などを通して感染することもあります。では、詳しく見ていきましょう。

食肉による感染

肉のほとんどにトキソプラズマは寄生しますので、種類によらず感染源になります。

羊や豚からは高頻出で発見されていますが、一番大切なのは生で肉を食べないことです。過熱が十分にしてあればトキソプラズマは不活化していますので大丈夫です。

ただ、調理の際に気をつけなければならないのは、熱するだけでなく調理器具も清潔に保つことです。包丁やまな板も汚染されますので、注意が必要です。

ネコからの感染

ネコ科に寄生するトキソプラズマですが、実は感染経路は同じです。ネコが感染し、糞をするとネズミがそれを食べます。

感染したネズミに噛みつくことで、新たにネコが感染します。そうした悪循環で、トキソプラズマは生き続けているのです。

人間は、ネコの糞の掃除をした時に手についたものが落とし切れておらず、手から口に移って感染します。他にも土壌を通して感染しますが、それも野菜などを直接口に入れること以外に、手を不十分に洗ったことによる口への経口感染です。

大人の園芸だけに関わらず、子どもの砂場遊びのあとも気を付けるようにしましょう。

妊婦さんでネコを飼っている人は、糞を片付けることは毎日の仕事なので心配になるかもしれません。しかし、ネコの糞にトキソプラズマが含まれるのは初感染をした時に限ります。

数週間に及びますが、排出するネコも全体の1から2パーセントに過ぎません。ネコに触るだけで感染するようなこともありませんので、敏感になりすぎる必要はありません。

胎盤からの感染

通常は腸管内で起こる感染ですが、母体が妊娠しているとその影響は胎児にまで及ぶことになります。胎盤を経由して感染します。

妊娠初期だと感染率は低いですが重篤化しやすく、後期になるにつれて感染率は上昇しますが症状は軽く済むようになります。

その他

直接触れても感染することはありませんが、粘膜や外傷に触れると危険です。誤って注射を打ってしまったり、飛沫が目や鼻に飛んだことによる感染結果も出ています。

他にも、臓器移植や輸血によって感染したケースもあります。

トキソプラズ症の症状

妊娠初期から後期までの間に、もしトキソプラズマに感染してしまったら胎児にはどんな影響がでてしまうのでしょうか。

妊娠初期

胎児への感染力は低い時期ですが、もし感染してしまった場合は症状が重篤になりやすいです。

原虫は中枢神経系の発達に影響を与えますので、頭蓋骨形成異常や水頭症、大頭症などになります。

流産や死産の可能性も出てきますし、もし出産を終えても数ヵ月後に亡くなってしまうこともあります。精神運動障害やひきつけ、緊張により異常な反射を見せる傾向にあります。

妊娠中期

4カ月以降の感染になると内臓、特に消化器系に影響が出ます。黄疸や脾臓、肝臓の肥大、粘膜からの出血が見られます。

妊娠後期

感染のリスクは約70パーセントと高くなっていますが、比較的症状が軽いことが特徴です。

ひきつけや精神運動発達の遅れ、頭蓋骨の肥大が見られますが、ほとんどの場合が気付かれないことも多く、出産後しばらくしてから先天性のトキソプラズマ症と診断されることがあります。

慢性感染に移行する恐れがあります。早目の発見と治療が、今後にも影響しますので注意しましょう。

妊婦さんを含めて、初めて感染した場合の8割はリンパが腫れる程度で済み、発熱もしないことがほとんどなので病院に行くこともなく、気付かないようです。

2割ほどの人は感染すると症状が出ますが、主な症状はリンパの腫れと発熱、筋肉痛です。

1カ月ほどで症状は治まりますが、その間疲労感は拭えないかもしれません。妊婦さんは、ただでさえ身体も疲れやすく免疫力も落ちていますので、感染を防ぐことが一番の対処法です。

まれに急性症状がでる感染者もいます。眼や心臓、肺や神経系までにも異常をきたすことがありますので、気になることがあれば早目に病院に行くようにしましょう。

トキソプラズマ症の治療方法

通常であれば、症状もでないので治療の必要はありません。もし症状が出た場合は、ステロイド薬を使って治療をします。

妊娠中に感染すると、ステロイドは使用できません。

しかし、胎児への感染を防ぐためにスピラマイシンという薬を使います。21日間服用して14日服用しない。これを1周期として分娩まで繰り返さなければなりません。

ただ、この治療をすることによって胎児の感染を防ぐことはできませんが、重症先天性トキソプラズマ症の発生率を大幅に下げられるということが分かっています。

トキソプラズマ症の検査方法

生肉を食べてしまった、今ネコを飼っているなど心配になることはあるでしょう。胎児にも影響が出ることもありますので、トキソプラズマ症の検査を受けることをおススメします。

すべての妊婦さんが受ける必要はありませんが、勧める病院がほとんどです。

胎児の成長を確認するのは主に超音波検査になると思いますが、トキソプラズマに感染しているかはエコーでは分かりません。

もし医師のほうから言われなくても、希望すればどこでも検査可能ですので伝えてみましょう。

検査時期

妊娠初期の4から12週で検査することができます。血液検査で調べますが、トキソプラズマに感染している人は血液から原虫が出現します。

尿や唾液などの体液からもあらわれますが、実際は血液中やリンパにいる原虫を発見することは困難です。ゆえに、原虫ではなく抗体を調べることになります。

検査した時点で抗体がある陽性であれば、初感染は済んでいるので問題ありません。胎児への影響はありません。

ただし、妊娠中に感染したとしたら危険です。陽性反応がいつのものかを、数値を見て調べることになります。

感染の確率

妊娠初期は感染の確率が低いといわれていますが、およそ10パーセント程度です。15から30週頃には20パーセント、31週以降では60から70パーセントまで上昇します。

ただ、先天性のトキソプラズマ症に感染している胎児は日本では0.05パーセントほどで、100万人の赤ちゃんが生まれたとしても500人です。そのうち症状を伴う子どもは10パーセントなので、約50人にまで減少します。

50人の1人にわが子がなってしまうと思うと大きな数字ですが、なにより早期発見と治療が一番です。

日本で、すでに感染していて抗体を持っているという妊婦さんは全体の7パーセントにすぎません。90パーセント以上の人は抗体がありませんので、リスクはかなり高めです。

妊娠中はいつでも検査は可能なので、もし不安なことがあれば再度検査を受けてみましょう。

トキソプラズマ症の予防策

感染してしまったら、早期の治療をすることが最優先ですが、まずは感染をしないように気を付けることが大事です。感染を予防するためにはどんなことを気をつけるべきなのか見ていきましょう。

調理前後の手洗いをしましょう

ネコの糞の掃除をしたかどうかに関わらず、調理前後には手を清潔にすることが大切です。人間同士で感染はしませんが、こうすることで家族への予防にもつながります。

ゴム手袋を使用する

園芸での土いじりは、特に注意が必要です。よそのネコが糞をしているかもしれませんし、土壌は長年しみついた色々な微生物も生きています。

園芸をする際はゴム手袋を使用すれば安全です。また、ネコの糞の始末をする時にも使うといいでしょう。

糞を片付ける時以外は外に置いておくか、一度で捨てられるものにすることがオススメです。

食べ物に注意する

トキソプラズマは熱に弱いので、滅菌したものや充分に加熱したものを食べるようにしましょう。

焼き肉をする時の生肉だけではありません。ハムやサラミでも感染の恐れはあります。また、牛乳も滅菌をしていないものは控えましょう。

さらに、生で食べるものに野菜があります。温野菜にするよりもサラダはシャキッとしていて美味しいですし、新鮮さがあります。

ただ、野菜を水でしっかりと洗うだけでは不十分かもしれません。そんな時は、まず酢水で洗いましょう。殺菌作用がありますので、生で食べても安心です。

食材調理方法

肉を食べないと、十分な栄養は取れません。野菜は酢水で洗うこと、肉は十分に加熱することで感染は防げます。

もし他に妊婦さんが気をつけられることがあるとするならば、生肉を素手で触らないことです。

フライパンやグリルに移す時、お鍋に入れる時にはお箸でいちいち掴むのが面倒だと思って、つい素手で掴んでしまうこともあるかもしれません。

たとえ掴んだとしても十分に洗浄できればいいのですが、トキソプラズマが残っていて野菜を洗ったとしたら、いくら酢水で行っても意味がありません。小さなところから注意を払いましょう。

ネコ

ネコを安全に飼うのであれば、外に出さないことが一番です。ネズミなどと接触する機会もなくなるので、新たに感染してしまうことを防げます。

また、餌に生肉を与えることも止めましょう。飼いネコからの感染はありません。どれだけネコが好きでも、妊娠中は念のため、どこで食事をしているか分からないネコや、野良猫などと触れ合うのは止めた方が無難です。

犬の半数以上にもトキソプラズマが寄生、人にはうつらない?

トキソプラズマの最終宿主はネコですが、ネコ以外の動物も注意をしなければならないのでしょうか。

ネコと同じように大多数の家のペットになっているのが犬です。犬の半数以上にもトキソプラズマが寄生していると考えられています。

犬はトキソプラズマに感染しても症状はなく、子犬や免疫抑制剤の投薬などにより免疫力が低下している犬の場合には、肺炎や脳炎、発熱や食欲不振などの症状が出ることがあります。

トキソプラズマに感染した犬の治療には抗生剤を投与したり、発熱がある場合はそれらを抑えるための対処療法を行います。妊娠中の犬が発症した場合は早産や死産になる危険性はあります。

ただ、犬はトキソプラズマの中間宿主であるため、便に原虫が排出されることはありません。

つまり、100パーセントではありませんが、犬から感染することはほとんどありません

ハムスターや鳥などの動物も同様です。

清潔を保つためにも、糞を処理する時にゴム手袋をすることはお勧めしますが、無駄に恐れる必要はありません。何が安全で、そのときどう対策をすればいいのかという知識を身につけることが肝心です。

人間が動物と過ごすことでアレルギーが出るか出ないかは人それぞれで違います。

妊娠すると、ペットと一緒に過ごすことを反対する人が周囲にいるかもしれません。確かに、ペットのフケや毛、身体に付着しているダニはアレルギーの原因のひとつです

それでも、妊娠したからといって動物と一緒に生活してはいけないわけではありません。今飼っている動物を手放したり、隔離する必要はないので安心してください。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる