妊娠後期に妊娠うつになる!?出産間近のうつの原因と対処法

妊娠後期に妊娠うつになる!?出産間近のうつの原因と対処法




出産も佳境に迫った妊娠後期は、もうすぐ赤ちゃんに会える喜びと初めて迎える出産に不安も感じてしまう時期でもあります。

お腹も今まで以上に大きくなり、初期症状の1つであるつわりなどの症状が再発して悩むママも出てきます。

ですが、新しい命との対面に向けて、何をすれば良いのかと、ワクワクしながらあれこれと、準備を始めているママはたくさんいます。

しかし、この時期に入ると赤ちゃんにもうすぐ会えることを喜んでいたはずなのに、気分が落ち込んでしまったり、考えがネガティブになってしまったりと、うつ病に似た症状があらわれるママも少なくありません。

そこで今回は、

・もうすぐ出産!嬉しいはずなのに、なんだか落ち込んでしまう・・・
・突然イライラ!これってうつ?妊娠後期うつの原因を教えて!
・妊娠後期うつにならないための予防法は

といった方に、なぜ妊娠後期にそのような症状が出てしまうのか、妊娠後期うつのさまざまな原因と対策・予防法などを詳しくご説明します。

関連記事>>マタニティブルーの予防や不安の解消法

スポンサードリンク

もしかして、妊娠うつ?

もしかして、妊娠うつ

女性は元々、男性に比べるとうつになりやすいとされています。原因は人によってさまざまですが、幸せいっぱいの妊娠中でも、それは変わりません。

パートナーである夫やフォローをしてくれるはずの家族に、不信感を抱いてしまったり、感情の起伏が激しい、無気力、涙もろいなどの症状があらわれることもあります。

特に妊娠後期は出産が迫った時期ですから、陣痛・出産という未知の体験への恐怖や、上手く出産を終えることができるのか、という不安や緊張感も高まってくるので、妊娠うつになりやすいのです。

妊娠うつの原因

妊娠うつの原因

妊娠後期に入って妊娠うつになってしまう、その原因は何なのでしょうか。原因として、次のようなことが考えられます。

ホルモンバランスの変化によるもの

女性ホルモンはプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)と呼ばれる2つのホルモンで成り立っています。

それぞれのホルモンには役割があり、プロゲステロンは子宮の状態を整えるなど身体を女性らしくし、エストロゲンは胎児の成長などを促す働きを持っています。

これらのホルモンは妊娠すると活発に分泌されますが、分泌量の乱れにより妊娠中はホルモンバランスが崩れやすくなります。

妊娠後期は出産も近く、ホルモンも落ち着きそうな気がしますが、むしろ分泌量がさらに増える時期にあたるため、一層乱れてしまうのです。

女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと、その乱れは感情や身体の働きをコントロールするなどの働きを持つ自律神経にも悪影響を与えます。

その結果、普段なら気にならないことでも、落ち込んでしまったり、イライラしてしまうなどの妊娠うつに繋がってしまいます。

周囲のプレッシャーから妊娠うつに

出産が近くなると、ママだけでなく周囲もそわそわして落ち着かなくなってきます。「赤ちゃん、そろそろ?」と聞きたくなる人も多いことでしょう。

聞いていた予定日を経過しても出産の兆候がないと、まだ生まれないのとつい口にしてしまう人もいるかもしれません。しかし、それがママにとってはプレッシャーになってくるのです。

妊娠後期に入ったママは出産への不安や緊張も高まり、普段よりも神経質になっているのに加えて、そうした周囲の何気ない言葉がプレッシャーとなり、妊娠うつの原因になるとされています。

ストレスも妊娠うつの原因に

妊娠後期は落ち着いたはずのつわりや便意、頭痛など、妊娠初期に見られた症状が復活してきます。また、お腹は更に大きくなっているので動くのにも一苦労で、疲労も感じやすくなります。

そのため、妊娠前のように上手く身体を動かせなくなってくる上、症状により体調も良くありませんから妊娠後期はストレスを感じやすいのです。

また、出産予定日が近付いてくる中で緊張は高まる一方です。さらに、出産後の新生活が上手くいくのか不安になってしまうママも少なくありません。

体調も不安定ですから「こんな調子で出産ができるのか」と心配になってしまうママもいて、そうした気持ちもまたストレスの原因になります。

関連記事
>>妊娠後期もつわりがくる?後期つわりの症状と対策
>>妊娠後期の辛い吐き気を乗り切るには?その原因と対処法

ストレスは妊娠中のママの身体や赤ちゃんに良くないだけでなく、感情を制御する自律神経にも良くありません。そうしたストレスが妊娠後期のうつを招く原因の1つとされています。

環境の変化が妊娠うつの原因に

最近では妊娠をしても、ギリギリまで働き続けるママは多く、妊娠後期に入ったあたりから産休に入ります。

お家でゆったりと過ごせることを初めは楽しめますが、今まで働いていたママにしてみると自分だけ何もしていないように感じてしまったり、環境が変化してしまったことに戸惑いを覚えてしまうママもいます。

その結果、不安など気持ちに変化が生じて、うつになってしまうともいえます。

夫の協力がないことから妊娠うつに

パートナーの協力だけでなく、家族から協力を得られないというのも妊娠後期のうつの原因に挙げられます。協力がない、というよりは1人でママが頑張ってしまうという理由です。

妊娠後期はお腹も大きくなって動きにくく、体調も不安定になりますが生理的な症状で病気ではありません。

その事から、病気でもないのに助けてもらうのはと思い、妊娠前と変わらず周囲の助けも借りずに1人でやろうとしてしまうのです。

しかし、病気ではないとはいえ、出産を目前にした身体の負担は思っている以上に大きく、本人も知らず知らずのうちにうつを進行させてしまうこともあります。

妊娠後期のうつチェック法

妊娠後期のうつチェック法

妊娠後期はつわりや頭痛など体調にも変化があり、精神的に不安定になっていたとしても疲れと判断してしまいがちです。

しかし、イライラしたりするなど意味もなく気分が落ち込んでしまうのは辛いですから、一過性といわれているとはいえ判断できる方法があれば知っておきたいところ。

妊娠うつかどうか判断する症状としては、イライラと怒りっぽくなったことや気分が落ち込みやすくなったというものが挙げられます。涙もろい、何をしても楽しいと感じない、常に疲れているというのも妊娠うつの疑いがあります。

眠れなかったり、食欲にむらがある、全てに対してやる気が起きないという症状に心当たりがある人も注意が必要です。不安な方はかかりつけの医師に相談しましょう。

妊娠うつを放っておくと……

妊娠うつを放っておくと

妊娠後期のうつは、ホルモンバランスの乱れなど生理的な原因から、一時的なものと思うかもしれません。しかし、対策もとらず放っておくと症状の悪化を招き大変危険です。

酷い場合には、パートナーに離婚を迫ったり、自ら命を断とうとしてしまう事態が起こることもあります。また、うつによりイライラしてしまうことは、ママの身体にとっても赤ちゃんにとっても良くありません。

症状に心当たりがある場合には放置せず、自分に合った対策をとるようにしましょう。

妊娠後期のうつ対策

妊娠後期のうつ対策

しかし、お腹も大きくなり普段以上に動きにくい身体で、妊娠後期のうつの対策には、どんなものがあるのでしょうか。

病院やクリニック、周囲の協力、セルフケアなど自分に合った対策方法でうつを乗り切りましょう。

趣味を見つけてリラックス

思ったように動けないこと、行動範囲を制限されてしまうことにストレスを感じ、それが原因で妊娠後期にうつになってしまうことがあります。

そんな妊娠うつの対策の1つとしておススメなのが、読書や好きな音楽を聞くなど趣味を見つけることです。せっかくゆっくりできる時間が取れるわけですから、自分の好きなことを思いっきりやってみましょう。

激しい運動はNGですが、自分が癒されることで、ストレスの解消にもなり、妊娠後期のうつにも効果的です。リラックスできることがポイントなので、読書も雑誌でも良いです。

音楽であればクラシックだけでなく好きならパンクロックでも良いのです。趣味を見つけて、落ち着ける時間を作ることがうつの対策になります。

散歩をしてストレス解消

近所を5~10分程度散歩するのも、妊娠後期のうつ対策の1つです。1人での遠出は控えた方が良いですが、散歩がてら軽くウォーキングをすることは血行を良くするため身体に良いだけでなく、ストレス解消に繋がります。

特に朝、日光浴をしながら歩くと気分転換にもなり、体内時計を整え、ホルモンバランスの乱れの影響を受けて乱れてしまった自律神経にも良いのでおススメです。

ただし、ママ1人でお散歩をする場合には何があるかわからないので、きちんと母子手帳や保険証、携帯電話など妊娠中のママに必要な物を準備した上で出かけるようにしましょう。もしくは誰か家族に付き添ってもらうことも大切です。

参考記事>>妊娠初期の運動!おすすめウォーキングと気を付けるポイント

話を聞いてもらって気持ちをスッキリと

自分だけかもしれない…と思わずに、自分に起きている症状のこと、出産や出産後の新生活について悩んでいることなど、ママ自身が思っていることを、パートナーや家族、友人などに隠さずに話すことが大切です。

胸の内を話すことで気持ちがスッキリします。さらに、自分の親であれば良いアドバイスをくれるかもしれません。また、自治体が催す集まりや母親教室を通じて同じ立場にいるママと話してみるのも1つの方法です。

同じ境遇にある分、共感する部分は多くあるでしょう。話しているうちに妊娠後期のうつにありがちな出産への不安などが解消していることもあります。

とにかく、1人で溜め込まずに愚痴でも良いので話してみることが重要です。ただし、相手に話を聞いてもらうわけですから、話を聞いてもらった後は感謝の気持ちを伝えることも忘れすに。

助けを求めて手を抜くことも必要

妊娠後期のうつになりやすいママは、家事も今まで通り1人でやり繰りしようとしてしまいがちです。つわりなどが酷くても、我慢すればできると思ってしまうのです。

ですが、それでは身体的にも精神的にも大きく負担がかかってしまいます。無気力感が襲う場合や疲労が抜けない時など、体調が悪い場合には無理をせず、なるべくパートナーや家族に助けを求めるようにしましょう。

もしくは、辛い時の食事はお弁当で済ませてしまったり、洗濯も毎日ではなく2日に1回、掃除もできる範囲で行うなど、手を抜くことも大切です。

心配なときは病院へ行く

妊娠後期のうつは出産を終えた時点で抜けるともされていますが、セルフケアをしても辛いと感じる場合には、病院を受診することも対策をとる上で必要になります。

この時、心配になってくるのが薬を処方された際の赤ちゃんへの影響です。なるべくお腹の赤ちゃんへ影響が少ない薬を最小限で処方してくれるので、用法・用量を守れば心配はありません。

ただし、受診する際に妊娠中であることを医師に伝えましょう。薬の他、症状によっては心理療法など薬以外の方法で治療が行われる場合もあります。

病院を受診する場合には、先に通院している産婦人科に相談して下さい。相談の上で、産婦人科の医師から心療内科、精神科を紹介してもらえます。

妊娠後期のうつ予防法

妊娠後期のうつ予防法

大きいおなかを抱えながら、なにかと頑張ってしまうママですが、赤ちゃんに会えるのは目前です。妊娠後期のうつにならないよう、予防法をいくつか挙げますので参考にしてみましょう。

プラスの方向に考える

初めての出産も控え、迫ってくる出産予定日やその後にある子育て、親として自分はやっていけるのか不安に思うことも多々あります。

また、周りの意見や視線にイライラや不安感がさらに、酷くなってしまうことも。環境の変化に、社会に置いていかれているように感じてしまうかもしれません。

すぐに、考えを変えることは難しいかもしれませんが、妊娠後期のうつを予防するためには、そうした考えをプラスの方向に転換できるようにしておくことがポイントです。

認知療法と呼ばれることもありますが、例えば「赤ちゃんが出産予定日を過ぎても出てこなくて不安」→「お腹が居心地良くて、まだ出てきたくないんだ」というように良い方向へ発想を転換する方法です。

考え方を変えることで、気持ちを楽にすることができ、不安も少なくなるのでうつの予防・改善に良いとされています。

生活を整えて妊娠うつを防止する

妊娠後期のうつはホルモンバランスの影響が原因に挙げられるので、これ以上乱さないため食事の栄養バランスに気を遣ってみたり、お散歩など軽いウォーキング、睡眠をしっかりとって生活を整えておくことも、うつの予防になります。

しかし、これらも義務でやってしまうとストレスが溜まるだけで逆効果ですので、無理をせずできる範囲で行いましょう。

また、妊娠後期のうつを予防するには周囲の人も妊娠中のママを見守り、必要であれば手を貸してあげることも十分な予防になります。

初めての出産の場合、ママだけでなくパートナーや家族も不安になる時期ですが、出産の確認メールを送ったり、何度も確認してしまうなどママにとってプレッシャーになることをしないように注意しましょう。

妊娠後期のうつと上手く付き合いながら、スッキリした気持ちで出産を迎えたいですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる