妊娠後期の生卵は避けるべき!?妊娠中の卵の食べ方について

妊娠後期の生卵は避けるべき!?妊娠中の卵の食べ方について




妊娠すると、さまざまなことが自分だけで判断することが難しくなってきます。生卵を食べるのも、その1つです。

しかし、妊娠中に生ものを食べない方が良いとはよく聞くのですが、生卵に関しては知らない人も多く、中には出産予定日の迫った妊娠後期に入っても食べてしまっていたというママもいます。

生卵はお刺身など生魚と同じく、日本人には馴染みのある食べ物で、すき焼きや卵かけご飯など何かと食卓に上る食材の1つです。

そこで今回は、

・妊娠後期に生卵を食べても大丈夫?
・妊娠後期に食べる卵は何に注意するべき?
・妊娠中の卵の食べ方について知りたい!

といった方に、妊娠後期に生卵を食べても悪影響はないのか、妊娠中の卵の食べ方について詳しくご説明します。

関連記事
>>妊婦さんと生魚。妊娠中に寿司や刺身は食べても大丈夫?
>>妊娠中はうなぎはダメなの!?妊娠中のビタミンAの摂取法
>>産後もお寿司は食べたらダメ!?考えられる影響と食べる時の注意点

スポンサードリンク

妊娠中に生ものが避けられる理由

妊娠中に生ものが避けられる理由

基本的に生ものは妊娠後期だけでなく、妊娠中は避けた方がよい食べ物の1つに挙げることができます。

普段から食べているにも関わらず、妊娠中に控えるよう注意を受けるのは、火を通していない生ものには、色々な細菌、胎児に影響を与える水銀などの成分が無毒化処理がされていない危険性が高く、摂取することで食中毒などのリスクを高める可能性があるからです。

また、妊娠中のママは赤ちゃんをお腹の中で育てるため、免疫力が普段よりも低下しています。

これは、身体が赤ちゃんを異物として認識しないようにするために必要なことなのですが、そのせいで妊娠前であれば何ともなかった食材で嘔吐や下痢になってしまいやすく、最悪の場合、早産や流産に繋がることもあります。

妊娠中に生卵は食べても良いの?

妊娠中に生卵は食べても良いの

生魚、生肉と比べると聞いたことがないというママもいますが、生卵も生ものですから、妊娠中に食べるのは控えた方が良いとされています。

実際に、うっかり生卵を食べてしまったことで、腹痛や下痢などの症状に何時間もの辛い思いをしたママの体験談も多くあります。

また、そうしたママに悪影響があるだけでなく、生卵を食べることで赤ちゃんに悪影響を及ぼすことも心配されます。

生卵を食べることで、母子に与える影響は以下の通り。生卵にはくれぐれも注意しましょう。

サルモネラ菌による食中毒

生ものによる食中毒は、生肉や生魚でも必ず挙げられる症状です。生卵の場合には、サルモネラ菌による食中毒が考えられます。

主な症状としては、嘔吐や下痢を初め、脱水、発熱してしまうママもいますし、酷い場合には、下痢の症状から子宮を収縮させ、流産に繋がってしまうこともあります。

また、このサルモネラ菌は黄身や白身などの中身ではなく、卵の殻に付着している確率が高いため、その殻に触れてしまうことで食中毒になることが多いとされています。

そのため、一般的な食中毒の場合には、食材の賞味期限切れなどが挙げられることもありますが、生卵の場合には、期限を過ぎていなくても注意する必要があります。

赤ちゃんがアレルギーに!?

医学的な根拠はないとされているものの、生卵を妊娠中に食べることで、お腹の中の赤ちゃんが卵アレルギーになるといわれています。

ただし、アレルギーの発症には遺伝的な部分が大きく、卵を食べる=絶対アレルギーになる、アレルギーの確率が上がるというわけではありません。

とはいえ元々、ママに卵アレルギーがある場合には、三大アレルゲンの1つである卵の食べ過ぎは、お腹の中の赤ちゃんに悪影響を与える可能性があるので注意が必要になります。

ママがアレルギー持ちでなくても、アレルゲンであることを考えて過剰摂取も控えたいところです。

参考記事>>赤ちゃんのアレルギー|様々な原因と注意が必要なもの

食中毒による赤ちゃんへの影響は?

食中毒による赤ちゃんへの影響は

万が一、サルモネラ菌に感染してしまった場合、赤ちゃんへの影響が心配されますが、ママが細菌による食中毒で苦しんでいたからといって、赤ちゃんに直接的な影響はないとされています。

ただし、赤ちゃんにダイレクトに影響がなくても、サルモネラ菌による食中毒は激しい腹痛や吐き気、発熱もあり、嘔吐の症状も出ることがあり、食欲不振も招くことから、避けられるのであれば、避けておきたい食中毒です。

また、先に触れたように激しい下痢に見舞われると、切迫早産や流産に繋がる危険性もあります。妊娠後期は時期的にも市販薬はNGですし、活用できる薬も限られてきてしまうので生卵の摂取には注意しましょう。

妊娠後期に生卵は絶対食べない方が良いの?

妊娠後期に生卵は絶対食べない方が良いの

控えるのに越したことはありませんが、妊娠中に生卵を絶対食べてはいけないわけではありません。

サルモネラ菌に関しても、日本には昔から生食の習慣があることから、日本の卵は清潔に管理され、洗浄されてから販売されていますし、購入後は冷蔵庫に保存することになりますから、冷蔵庫の温度下にあればサルモネラ菌が増殖することはありません。

そのため、1日に3個以上生卵を食べるなど極端な食べ方をせず、冷蔵庫で保存した新鮮な卵であれば心配ないという意見もあります。

毎日でなく、たまに生卵を1個食べる位であれば、神経質になる必要もありません。

妊娠後期に温泉卵は食べても良い?

妊娠後期に温泉卵は食べても良い

生卵は苦手だけど、温泉卵といった半熟卵が大好きというママもいるのではないでしょうか。それに、温泉卵はカルボナーラに乗っていたり、サラダに使用されていることもあるので気になるところです。

温泉卵は基本的に、65℃前後のお湯に30分つけて作ることになるので、サルモネラ菌は死滅していると考えられ、妊娠中のママでも食べることができるとされています。

しかし、後述でも説明しますがサルモネラ菌を完全に死滅させるには70℃以上加熱させる必要があり、65℃前後のお湯につけて作るとはいえ、卵の内部までその温度に達していなかった場合も考えると、サルモネラ菌が死滅しているとは言い切れません。

生卵に比べると、食中毒のリスクは低くなるようですが絶対安全とは保障できないので注意が必要です。

妊娠後期はストレスにならないのが一番

妊娠後期はストレスにならないのが一番

生卵を含む生ものに関しての扱いは、医師によっても意見が分かれてきます。「生ものは全てNG」という医師もいれば、「過剰摂取をしなければOK」という医師もいます。

また、好きな食べ物を食べるのを我慢するというのは、ストレスになってしまうこともあり、その場合、ママにとっても赤ちゃんにとっても良くありません。

万が一のことを考えると、生卵の摂取は控えた方がベストですが、妊娠後期という大切な時期ということも考えて、担当の医師に相談の上で自分にとってストレスにならない方を選ぶことが大切です。

妊娠後期に食中毒になってしまったら?

妊娠後期に食中毒になってしまったら

外国の卵に比べて、日本の卵でサルモネラ菌に感染してしまう確率はそこまで高くはないですが、万が一、食中毒になってしまった場合には、薬の成分によって赤ちゃんに悪影響を与えてしまう医薬品もあることから、市販薬を使用することはできません。

そのため、生卵などを食べた後に吐き気や腹痛など、食中毒症状が出てしまった場合には自己判断で対処しようとはせず、すぐに病院を受診することが大切です。

病院で診断の上、大半のママは赤ちゃんに影響の少ない薬を処方してもらい、治療することになります。重症化すると入院の上、絶食で点滴になる場合もありますし、発見が早ければ早いほど、赤ちゃんへ負担がかからないで済むようなので早めに行くよう心掛けましょう。

医師に処方された薬とはいえ、ママによっては体質的に合わない可能性もあります。確率として低いとはいっても、用法用量を守って服用しているにも関わらず、調子を崩してしまう、アレルギー症状が出てしまうなどの異変が身体に見られる場合には服用をストップして、改めて医師に相談するようにして下さい。

注意したい生卵の特徴

注意したい生卵の特徴

また、生卵を食べる際には過剰摂取をしないよう気を付けるだけでなく、賞味期限切れの卵をはじめ、冷蔵保存されていない常温保存された卵、殻にヒビが入っている古いもの、割った状態で長時間放置された生卵を食べないことも大切です。

鮮度の良いものほど食中毒のリスクは下がりますから、賞味期限内であるかどうかは食中毒にならないために必要不可欠な条件ですし、常温保存された卵はサルモネラ菌が増殖してしまっている可能性があります。

鮮度の理由からヒビが入った古い卵、割ってから時間が経った生卵も食べるのは控えましょう。生卵を食べる時は、新鮮で冷蔵保存された卵を摂取するようにしましょう。

妊娠後期に卵を食べるなら

妊娠後期に卵を食べるなら

昔はコレステロール値を高めるとして、卵の摂取は1日1個までと厚生労働省が注意喚起しているほどだったのですが、現在ではその情報は誤りとされ、むしろ必須アミノ酸など身体に良い栄養素を沢山含む完全栄養食品といわれている卵は、1日2個は食べることを勧められています。

これは妊娠中のママでも同じことで、目安1~2日に1個食べると良いです。しかし、絶対に食べてはいけないわけではないといっても、食中毒などの不安から避けられるのであれば生卵の摂取は避けたいところ。

妊娠後期に卵を食べようと思った場合、どうしたら良いのでしょうか。

卵の賞味期限に注目しよう

どうしても生卵を食べたい、という時には賞味期限をきちんと確認しましょう。

生で食べない分には、賞味期限が切れた卵でも冷蔵保存した状態であれば最悪、10日過ぎでも食べられるという意見はありますが、妊娠中は免疫力も下がっているのであまりお勧めできません。

賞味期限は生でも安全に食べられる期限をあらわしています。妊娠後期は出産を控えた大事な時期ですから、たとえ賞味期限が1~2日くらいしか過ぎていない場合でも、賞味期限に従い、生で食べるのは避けるのが賢明です。

期限を過ぎてしまった卵は生で食べず、しっかり加熱調理して食べるようにして下さい。

割った後の中身確認

ただし、賞味期限が切れた卵は加熱すれば食べられるとはいえ、季節によっては冷蔵保存していても卵の鮮度が失われるのが早まってしまうこともあります。

そのため、賞味期限を目安にするだけでなく、卵を割った際に中身を確認することも大切です。食べられるか否かの基準としては、白身の色に変化がないか、そして卵の黄身が崩れていないかの2点で判断することができます。

賞味期限内であれば、あまり神経質にならなくても良いですが、心配な人は確認をしてみて下さい。

卵は加熱調理をする

目安で1個位なら卵を食べた方が良いとはいえ、妊娠後期を含め妊娠中に生卵を食べるのは抵抗があるママも多いはず。実際、絶対食べてはダメとはいわないまでも、生卵を食べるのはおススメできないという意見がほとんどです。

しかし、先に触れたように卵は栄養価も高く、ママとしては適度に摂取しておきたいところ。そんな卵ですが、妊娠中は加熱調理をして食べると良いとされています。

たとえ卵の殻にサルモネラ菌が付着していたとしても、1分以上70℃の温度で加熱調理することで細菌を死滅させることができるからです。

そのため、妊娠中であったとしても加熱していれば卵を安心して食べることができます。

調理する直前に卵を出す

妊娠中に卵を食べる際には、鮮度も大切になってきます。これは、食中毒予防に必ず挙げられる条件であり、出産を目前にした妊娠後期は、出産への体力温存のためにも気を付けたいところです。

先に触れたように、卵の鮮度に冷凍保存は欠かせません。更に、鮮度を左右するのが冷蔵庫から出すタイミングで、調理する前から卵を出してしまうと冷凍保存をしていたとしても室温のせいで、せっかくの鮮度が一気に落ちてしまいます。

卵を食べる際に加熱調理をする場合も、卵を出す時は調理する直前に出すようにしましょう。

卵に触れたら必ず手洗いを

サルモネラ菌は、卵の中身よりも殻に付着している確率が高いといわれています。

外国に比べると日本は生で食べることもあるので、スーパーなどで販売されている卵も清潔に管理され、冷蔵庫に保存してしまえばほぼ菌の増殖は心配ないとされていますが、万が一のことを考えて、卵の殻を触った後は手をきちんと洗うことが大切です。

卵は加熱調理するので、そこまで神経質になる必要もありませんが、気になるというママは卵を調理する前に卵を殻ごと洗うようにすると、付着した菌が洗い流されるという話もあります。

卵料理に注意しよう

卵料理に注意しよう

生卵は、さまざまな料理で使用されています。

妊娠後期となると、今まで以上にお腹も大きくなり出歩くのが大変になってくるので、遠出をしたり外食をしたりすることは少なくなりますが、カルボナーラやティラミス、手作りマヨネーズやシーザードレッシングなど、原材料に生卵が使用されている場合もあるので注意が必要です。

個人差はあるとはいえ、生卵を妊娠中に食べる場合には新鮮な物を食べるのが一番。ただし、免疫力が低下していることや、出産まであと少しという時期を考えると、念のため妊娠後期は加熱調理した卵料理を楽しむ方が良いかもしれません。

生卵を食べる際には、十分注意して残りの妊娠生活を過ごして下さいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる