妊娠後期の熱に注意!発熱時の対応と予防策を知っておこう!

妊娠後期の熱に注意!発熱時の対応と予防策を知っておこう!




赤ちゃんが元気に生まれてくるように、妊娠中は一番健康に気を遣う時期です。生活習慣を見直す人も多いことでしょう。

しかしママが気を付けていても、妊娠中は体調を崩してしまいがちです。妊娠後期に入って、発熱をしてしまうママも少なくありません。

妊娠前に比べて、身体の免疫力が落ちてしまっていることから病気にかかりやすいので仕方のないことではあるのですが、赤ちゃんのことも考えると不安になるものです。

そこで今回は、

・妊娠中に発熱しやすいのはどうして?
・妊娠後期の発熱は病院に行くべき?
・妊娠後期の発熱予防策とは?

といった方に、妊娠後期に発熱してしまった場合、どういった対応をとれば良いのか、予防する方法はあるのか、詳しくご説明します。

関連記事
>>疲れやすい妊娠後期!!原因と対処法を知って乗り切ろう!
>>妊娠中期に高熱は危険?赤ちゃんへの影響と薬に頼らない風邪対策
>>妊娠中の風邪予防!うがい薬や薬用石鹸の使用はあり?なし?
>>妊娠中の風邪薬の関係と妊娠週数毎の胎児への影響

スポンサードリンク

発熱の原因

発熱の原因

先にも触れたように、妊娠後期を含め妊娠中は免疫力が低下しています。

これは、お腹にいる赤ちゃんを異物と認識して抗体が攻撃してしまわないようにする必要な措置なのですが、そのため、妊娠中は感染症にかかるリスクも高くなります。

ママが発熱を起こしてしまう原因としては、風邪やインフルエンザを初め、食中毒、トキソプラズマ、予防接種を受けていればあまり心配はないようですが、麻疹や水疱瘡、風疹などの場合も考えられます。

体温を測ろう

体温を測ろう

発熱は、体内に侵入したウイルスを追い出そうとするために起こる症状とされています。

しかし、人によっては妊娠前から平熱が高めという人もいますし、妊娠してから体温が高温を維持するママがほとんどです。

そのため、身体に熱っぽさやダルさを感じても、熱を出しているのかどうか、いまいち判断がつかないママもいます。

実際のところは体温を測ってみて、37℃以上に達しているようであれば、平熱が高くても発熱と思って良いといわれています。

熱の症状を感じたら放置せず、ひとまず体温を測るようにして下さい。

発熱時の対応

発熱時の対応

体温を測ってみて、37℃前後であった場合には、無理をせず身体を休ませることが大切です。個人差はありますが大体、2~3日で治ることがほとんどです。

赤ちゃんへの影響も、37.0~37.9℃台であれば、悪影響がすぐに出てしまう心配はありません。それでも、熱が引かないようであれば病院へ相談するようにしましょう。

問題は38℃以上の時です。この場合は高熱となり、ママも身体が更にダルくなって、食欲も落ちてきてしまう恐れがあります。

また、妊娠後期には高熱が原因で子宮収縮が起こってしまい、切迫早産に繋がるリスクもあるので注意が必要です。

高熱時は、羊水の温度が上がるなど赤ちゃんへの影響も心配されますので早めに病院を受診することが大切です。

病院は何科?

風邪などの感染症が疑われる場合、内科を受診しそうになりますが、妊娠後期を含め、妊娠中は産婦人科を受診するようにしましょう。

内科は妊婦さん専門ではないので、妊娠中に処方して良い薬を把握していない可能性も考えられるからです。

かかりつけの産婦人科であれば、ママの妊娠周期に合わせて診療をしてもらうことができます。

また、通院する病院やクリニックによっては、他の妊婦さんの影響を考えて内科を紹介してくれる場合もあります。

紹介するにあたっては信頼できる内科医さんでしょうが、受診する際には事前に妊娠何ヶ月であるかをママも伝えることが大切です。

病院を受診する時の注意事項

微熱が数日続いたり、38℃を超える発熱などの場合には、風邪以外の感染症の疑いや赤ちゃんへの悪影響、切迫流産や早産も心配されますので病院を受診して欲しいところですが、病院へ行く際にはいくつか注意点があります。

病院内にはさまざまな病気の人がやって来くるので、病院へ行くことでママが別の病気に感染してしまう恐れもあるからです。

そのため、病院を受診する前に、かかりつけの医師に電話をすることが大切です。電話をすることで、医師から指示を仰ぐことができるからです。

電話の上、病院を受診することになった場合には、マスクの着用を忘れず、帰宅後は手洗いうがいを必ずするようにして下さい。

風邪薬は飲んでも良い?

妊娠後期はお腹も更に大きくなり、動くのも一苦労です。また、病院を受診することで他の病気に感染してしまうリスクを考えると、自宅で治したいと思うママもいるかもしれません。

自宅での対応として、真っ先に思い付くのが風邪薬の使用ですが、市販の風邪薬は、妊娠中には飲んではいけない成分が含まれていることが多いので、使用はおすすめできません。

風邪薬を使うことで、赤ちゃんに悪影響を与えてしまう危険性がある薬の成分もあるので、自己判断での風邪薬の使用は絶対に止めましょう。

参考記事>>妊娠中の風邪薬の関係と妊娠週数毎の胎児への影響

妊娠中の薬は病院で処方してもらおう!

先に触れたように、自己判断で市販の薬を使用するのは大変危険です。どうしても症状が辛いという場合には、まず病院を受診するようにして下さい。

診断の上、医師から妊娠中でも服用できる風邪薬を処方してもらえます。

最近では、薬の成分の心配から漢方薬を活用するママもいますが、漢方薬も副作用が少ないとはいえ、ママの判断で服用するのは、あまりおすすめできません。

植物などの天然成分で作られているので、体質的に合わなかった場合、アレルギー反応が出てしまう場合もあるからです。

漢方薬を使用する場合には、病院の漢方外来もしくは漢方薬局で処方してもらうようにしましょう。

妊娠後期にできる予防

妊娠後期にできる予防

気を付けていても調子を崩してしまうことは珍しくありません。

しかし、何もしないよりは予防できることをした方が、発熱など病気にかかる可能性も低くなります。

特に妊娠後期は出産間近で色々不安やストレスも感じやすい時期ですから、不安の種がないことに越したことはありません。

妊娠後期にできる予防策にはどんなものがあるのでしょうか。妊娠後期でもできる発熱の予防法には、次のような方法が挙げられます。

正しい手洗い

感染症を原因に引き起こされる熱の予防には、やはり手洗いが重要です。

うがいと共に行うことで最大の効果を発揮します。外出後だけでなく何かを口に入れたりする際には、小まめに手洗いとうがいを行いましょう。

また、手洗いは子供の時からしている分、自己流の人がほとんどですが、手洗いにも正しいやり方があります。

手を洗う際には水での予備洗い、その後にしっかりと石鹸を泡立てて、手首や手のひら、指の間に爪先まで丁寧に洗うようにしましょう。

最後に洗い流す時もすすぎ残しがないように水できちんと洗い流し、最後は清潔なタオルできちんと水気を拭き取って下さい。

手洗いと合わせてうがいも

うがいと手洗いはセットで行うと風邪などの発熱の予防になります

手洗いもうがいも外に出た後に行うイメージが強いですが、外にいても中にいても、ちょっと飲んだり食べたりと、何かを口に入れる前にも行いましょう

物を口に入れる際に、一緒にウイルスも入ってしまうことが考えられるので、免疫力が低下している妊娠中は特に注意したいところ。

また、うがいを行う時は手洗いと同様にやり方があります。うがいの正しいやり方としては、初めにコップ1杯の水を口に含んで口の隅々までゆすぎます。

これは、口の中の細菌などをうがいをする時に喉の奥に押し込まないためです。

ゆすぎ終わったら、2杯目でうがい、3杯目でまた口の中をゆすぎ、喉の奥から出てきた細菌を吐き出して下さい。

うがい薬は使用しても良い?

うがいというと、イソジンなどうがい薬を使用するか悩むママも多くいます。

しかし、うがい薬も薬の1つですから、他の市販薬と同様に、うがい薬も赤ちゃんに悪影響を与えてしまう成分が使用されている場合があり、妊娠後期をはじめ妊娠中はうがい薬も使用しないようにしましょう

それでも徹底的に予防をしたい場合には、殺菌作用のあるカテキンを含む緑茶、紅茶でのうがいも効果があるといわれていますので試してみましょう。

関連記事>>妊娠中の風邪予防!うがい薬や薬用石鹸の使用はあり?なし?

身体を冷やさない

身体を冷やしてしまうことで、熱を引き起こしてしまう場合もありますので、身体を冷やさないよう日常的に、身体を温める工夫をすることが大切です。

衣服で調整したり、身体を冷やす物を避け、温かい飲み物や食べ物を優先して食べるのも効果的です。

夏など熱い季節になると関係ないような気がしてきますが、夏もエアコンの使用などで身体を冷やしやすいので注意が必要です。

妊娠後期は、出産予定日が迫っている分つい気が抜けてきてしまいますが気を抜かず、身体は冷やさないようにしましょう。

シャワーを浴びる

妊娠後期に入ると、外出する機会も少なくなりますが、用事や仕事の関係から外出しなければならないことは必ずあります。

中には、大きなお腹を抱えて人混みの多い場所へ行くこともあるでしょう。

そういった場所はウイルスや雑菌などが飛び交っており、空気が篭る場所と同様に、なるべく避けて欲しいところですが、どうしても避けられない場合には、帰宅後、シャワーを浴びましょう。

シャワーで髪や皮膚などに付着した雑菌などを洗い流すことができるからです。同じ理由から、顔も洗いましょう。

体力を作ろう

風邪などの原因となるウイルスに負けないように、体力を作っておくことも熱の予防になります。

妊娠後期は、つわりが再発してしまうなど、食欲が湧かないママもいますが、食事でビタミンなどの栄養補給をすることも体力作りの1つです。

また、この時期はお腹も大きくなり、身体が上手く動かせずちょっとした動作で疲れてしまったり、出産前の不安から精神的なストレスも溜まりやすいです。

そのため、疲労も蓄積しやすいので適度に休みを入れて、疲れを解消することもポイント。疲労がとれないと、体力も落ちてウイルスに負けやすくなってしまいます。

日常生活で体力作りをしておくと、熱を予防するだけでなく、発熱してしまった時に回復するスピードも早くなるといわれているので、しっかり体力作りに励みましょう。

熱が出てしまった場合には?

とはいえ、上記のような予防策を行っていたとしても、絶対に熱を引き起こさないとは限りません。

やはり、免疫力も下がっていますし、身体は栄養などを赤ちゃんに優先的に送っていますから、ママはどうしても体調を崩してしまいやすいのです。

発熱時の体温によって病院へ行くか否かなど対応は分かれますが、自宅で安静にしていることになった場合、何かできることはあるのでしょうか。発熱時に自宅でできる対策としては以下の通りです。

水分補給をしよう

発熱時は脱水症状を起こしやすくなります。発熱をしてしまうことで身体に熱や汗が出てしまい、身体の中の水分が奪われてしまうからです。

そのため、熱が出てしまった場合には、小まめに水分補給をすることが大切です。身体を動かすのも辛い場合には、横になったままでも飲めるように、ストローを使用すると便利です。

また、脱水症状を起こしてしまうと、赤ちゃんも危険になってしまう可能性があります。妊娠後期は出産前の大事な時期です。

赤ちゃんのためにも、水分補給は小まめに行うように心掛けましょう。

睡眠が効果的!?

風邪を原因にした発熱の場合には、何か対策を講じるよりも、実は寝て安静にしていることが一番の対策だったりします。

発熱すると身体がダルくなることがありますが、これは身体が休養を求めているからで、実際、睡眠をしっかりとると免疫力も上がるので効果的です。

高熱の場合には病院を受診する必要がありますが、37℃程度の微熱であれば、ゆっくり休むことで3~4日位で熱も下がります。

むしろ、休まないでいる方が熱も長引いてしまうので、少しの休憩期間だと思ってしっかり休むようにして下さい。

まとめ

まとめ

妊娠後期に入ると、妊娠生活もラストスパートです。赤ちゃんが元気に産まれてくるように一層、さまざまなことに敏感になります。

そんな時に熱を出してしまうと、人間、体調を崩すと精神的にも不安定になりますが、悪い方向へ考えてしまいがちです。

しかし、あまり神経質になり過ぎるのもストレスの原因になってしまい、妊娠後期の身体に良くありません。

それは赤ちゃんにも伝わってしまうので、熱を出しても不安になり過ぎないことも大切です。ただし、発熱には風邪以外にも原因が考えられます。

自宅での対策だけではどうにもならないこともありますから、高熱や微熱が長く続く場合には、我慢せず病院を受診するようにして下さい。

妊娠生活も残り後少し。予防をしっかり行って、健康的な妊娠生活を過ごせますように。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる