疲れやすい妊娠後期!!原因と対処法を知って乗り切ろう!

疲れやすい妊娠後期!!原因と対処法を知って乗り切ろう!




妊娠してからは身体や環境の変化が目まぐるしく、慌しい日々を送っているママさんが多いのではないでしょうか。

妊娠初期ではホルモンバランスの変化や胎児の成長の影響で、だるさや眠気などの症状からはじまり、妊娠後期に向けて段々お腹が大きくなってくると共にめまいや貧血が増えたり、疲れやすくなる事が増えて悩んでいるママさんが多くいます。

そこで今回は、

・妊娠後期、すごく疲れるのはどうして?
・疲れやすい妊娠後期を乗り切る方法は?

といった方に、妊娠後期に訪れる疲れやすさの原因と、疲れを緩和、改善するための対処法について詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

妊娠後期に疲れやすい原因

妊娠後期に疲れやすい原因

妊娠後期になると、どうしても身体が不調を起こしやすくなったり疲れを感じやすくなって思うように動けなかったりと感じる女性が多いです。

疲れを感じる原因は人によってさまざまな理由がありますが、今回は疲れを感じさせる主な原因をいくつかご紹介します。

大きなお腹のせいで疲れやすくなる

妊娠の後期に女性が疲れやすくなってしまう原因は、ホルモンバランスや体内環境の変化による部分も多いですが、直接的な原因の1つに「大きくなったお腹」の可能性がとても高いです。

ママのお腹が大きく膨らんでいくことで、重さを感じるだけではなく、体内で内臓なども圧迫されている場合があります。

内臓が圧迫されることで体内に予想外の負担がかかり、それを補うために他の器官が働いたり体力を消耗するため疲れやすくなってしまいます。

また大きく膨らんだお腹の状態では、今までとは違い身体に掛かる負荷が強い上にバランスが取りづらく、足や腰にかかる負担も大きくなりやすいため、日々の負担の積み重ねによっていっそう疲れやすい状態になっています。

食事制限のせいで疲れやすくなる

妊娠中は体重が増えていくのが当たり前ですが、急激な体重の変化や増えすぎは危険なため、食事を小分けに食べたり、食事量を制限しているママも多いはずです。

カロリーを調整するのはとても良いことなのですが、極端にカロリーが足りていないと、必要な栄養まで足りなくなり、体力も続かず疲れやすくなります。

妊娠高血圧症候群のせいで疲れやすくなる

病院でも注意を受けるかもしれませんが、妊娠高血圧症候群により疲れやすくなっている可能性もあります。

妊娠中はママのホルモンバランスの変化などにより、血圧や血糖値があがってしまい、妊娠高血圧症候群になってしまうパターンがあるのですが、この状態の場合頭痛やめまい、倦怠感などを起こしてしまうことがあり、その症状のせいで身体が弱りひどい疲れを感じてしまいます。

既に妊娠高血圧症の診断を受けている場合は大丈夫ですが、診断を受けていないのに疲れやすく、めまいや頭痛をひどく感じる場合はこの病気の可能性があるので早めに受診、相談してください。

自律神経の乱れで疲れやすくなる

妊娠中は女性ホルモンのバランスが変化しやすかったり、普段とは違った状態になっているのですが、この「女性ホルモン」の変化は自律神経に大きな影響を及ぼします。

急激なホルモンバランスの減少や変化が起きると、自律神経に良くない影響を与えてしまい、身体の調子を崩したり疲れを感じやすくなってしまうのです。

無自覚な場合や、程度は軽いかもしれませんが「自律神経失調症」のような状態に陥っており疲れを感じやすくなっている場合があります。

他にもママの生活環境によりさまざまな原因がありますが、今説明させていただいた4つが妊娠後期に女性が疲れてしまいやすい主な原因といえます。現在疲れを感じている状態の方は、上記の原因に自分の状態が当てはまっていないか確認してみて下さい。

妊娠後期の疲れの対処法

妊娠後期の疲れの対処法

どうしても疲れを感じてしまいがちな妊娠後期ですが、少しでも快適な状態や症状を楽にするためにできる対処法をいくつかご紹介していきます。

全てを実行する事は無理かもしれませんが、自分の状態や環境に合わせてできそうな範囲で取り入れてみましょう。

しっかりと休む時間を作る

妊娠している間は初期~後期を通して前期で疲れを感じやすい状態になっています。

現代では産休が長くとれなかったり、仕事や家事が忙しくてなかなか休みは取れないという女性も多いかもしれませんが、休憩時間を少し長めにとったり、短い時間刻みで休息をとるなどを心がけてください。

仕事をしながらでも、しっかり多めに休憩時間をとって溜まった疲れを解消したり、再開した後の仕事でかかる疲れやストレスを軽減することが可能です。

またデスクワークや長時間同じ体制をとらなければいけない仕事の方は、血流の流れを悪くしてしまい、疲れだけではなく体調にも影響を与えてしまう恐れがあるため、適度に体勢を変えたり、動ける状況や、こまめに休憩ができる状態にしておけるのが理想です。

適度な運動をする

過剰な運動は危険ですが、妊娠中であっても適度な運動をすることは必要です。適度な運動で身体を動かすことで、体力が落ちすぎてしまうのを防止できるので疲れを感じにくくなり、出産の際にも安産しやすくなります。

また気持ちが良いと思える程度の軽い運動は、体力面だけではなく精神的にも良い影響をあたえてくれ、気分をリフレッシュさせてくれるので積極的に取り入れていきましょう。

参考記事>>運動不足の妊婦さんにおすすめの簡単運動法

頑張りすぎない

「ママになるから…。」とはりきる気持ちやプレッシャーはあるかもしれませんが、頑張りすぎたり無理をするのは絶対にいけません。

既に説明しましたが、妊娠中のママの身体は普段と全く違う状態で、さまざまな所に負担を感じていたり圧迫されていたりととても繊細で大事な時期です。

そのため今まではできた簡単なことであっても、それを負担に感じたり、疲れを感じるのならば、それは今のあなたには必要ではなく、できればやらない方が良いことなんだと認識してください。

頑張って家事をしたり、重い荷物をもったりする必要はありません。頑張りたいというあなたの気持ちはとても素晴らしく大切なものですが、その頑張りが自分や赤ちゃんに悪い影響を与えてしまう危険があります。

特に妊娠後期に重いものを持ち上げたり運んだりしてしまうのは「破水」の恐れもあるので大変危険です。

ですからなるべく自分の身体を休めることを一番に、無理はせず「何もしない」という決断を選ぶことも良しとしてください。

もしも何もしない事が逆にストレスを与えてしまうという場合は、できる範囲で自分で、残りは人に手伝ってもらうなどにして負担を減らすことを心がけましょう。

しっかりと食事を摂る

妊娠中の体重管理はもちろん大切ですが、カロリーだけで体重をコントロールしようとしたり過度な食事制限をしてはいないでしょうか。

食べすぎは確かに良くありませんが、食べなさ過ぎの方が時としては危険で、妊娠中こそ食事はしっかりと摂らなければいけません。

妊娠しているママの身体は想像している以上に体力を消耗したり、栄養を必要としています。そのため食事をしっかり摂らず、栄養が足りていない状態では疲れやすくなったりめまいがしたりと悪い影響を及ぼしてしまいます。

特に鉄分などはしっかり摂らないと貧血を起こしてしまいやすいので積極的に食事に取り入れてみてください。

もし疲れを感じやすいのが運動したり動いた後が多い場合には、たんぱく質、糖質、ビタミンなどが不足している可能性が高いので食事内容を見直してみましょう。

好きな物を好きなだけ、とはいかないですが、バランス良く健康的でおいしい食事をしっかっりと摂ることが疲れの軽減と安産につながります。

参考記事>>妊娠後期の体重管理はなぜ重要?気を付けたいポイントとは

もしも食べ過ぎたり体重が増えすぎた場合は、食事ではなく適度な運動を取り入れて調整できるのが理想です。

睡眠をとり過ぎない

意外と多い原因が睡眠のとりすぎです。妊娠中はどうしても身体が重かったり疲れを感じやすいため、横になったり眠る時間が増えてしまいがちですが、適度な休憩は疲れを軽減してくれますが、逆に「不規則で過剰な睡眠」は身体に与える疲れを増やしてしまっています。

睡眠をとるのにもかなり体力を消耗する上に、不規則な睡眠時間では体内時計のバランスが乱れてしまい疲労が蓄積しやすくなるため、過剰な睡眠をとり過ぎないことが疲れの軽減に繋がります。

眠る前に入浴をする

妊娠中は体力が落ちたり筋力が衰えがちになっているのに対し、身体へかかる負担が大きいため疲れやすく身体に乳酸がたまりやすい状態になっています。

この乳酸が溜まりすぎると筋肉痛やしんどい疲れの原因となってしまうため、入浴で乳酸を身体の外へ排出させましょう。

眠る前にぬるめの38~40度くらいのお風呂にゆっくりとつかることで乳酸が排出されやすくなり、感じる疲れを軽減できます。

また入浴することで副交感神経が刺激されるので眠る前に入浴することで質の良い睡眠を促し、疲労回復効果が高まる効果も期待できます。

長距離の移動はできるだけ避ける

車や電車、バスなどの乗り物に乗る場合、なるべく長時間や長距離の移動は避けるようにしましょう。同じ体制で長く居たり、移動でずっと振動を与え続けることは想像以上にママの身体に負担を与え疲れてしまいます。

また疲れるだけではなく、不安定な骨盤や足腰にもよくない影響を与えてしまう恐れがあるため、里帰りなどで仕方が無い場合でも時間に余裕をもって、多く休憩を挟んだり、パーキングで身体を伸ばす時間などをとりながら移動してください。

ストレスを溜めない

「病は気から」ストレスだらけの生活を送っていては、疲れを感じるだけではなく精神的にも肉体的にも良くない影響しかあたえません。

特に妊娠中の過度なストレスは、直接赤ちゃんやママの身体に強く悪い影響を与えてしまう恐れがあります。

あれもしなければ、これもしなければと頑張りすぎたり、嫌なことを言えずに我慢したりしてはいないでしょうか。

妊娠中のあなたの生活は、出産や出産の後の自分や赤ちゃんの人生にも影響を与える、とても大事な期間です。

ですから普段は頑張りすぎているママさんも、妊娠している間くらいは周りに甘えてみたり、好きなことを我慢せずしてみたり、たまには美味しい甘いものを食べてみたりと自分を甘やかす時間を多めにとって、ゆっくりと穏やかな生活を送ることを心がけてみて下さい。

つらい事やしんどい事があっても自分の中で溜め込まず、パートナーや友人、家族などに思い切って相談してみましょう。あなたが快適でストレスを感じることのない生活を送ることが、疲れの軽減と今後の明るい将来へ繋がります。

病院で相談する

もし今あなたが感じている疲れが過剰であったり、色々な対処法を試しているのに全く効果が無く悪化していると感じる場合は、無理をせずかかりつけの病院や産婦人科を受診してください。

妊娠中のママの身体はとても繊細でデリケートな状態です。そのため自分では予期できないような何かが起きていたり、妊娠以外の他の病気などが原因になって疲れを感じている可能性があります。

もちろん病気ではなく思いがけない理由が原因であるかもしれませんが、受診することで最善の方法を見つけられるはずです。

自分の状態を理解してもらおう

妊娠してから出産までの間は想像以上にママの身体に負担がかかったり、生活の変化が続いて大変だったりと楽しいことばかりではありません。

しかしその疲れやつらい状態をわかるのは、経験者かあなた本人だけです。どれだけあなたが疲れを感じていても、周りの人はあなたが疲れを感じていることに気づいてもいなかったり、どうしてそんなに疲れているのかはわかりません。

しかしそれらは悪意からきているものではなく、「知識」と「経験」がないから理解できないだけなのです。

「こんなに疲れているのにわかってもらえない」と悲観する前に、まずは身近なパートナーや友達、会社の仲間に今の自分の状況と体調を知ってもらいましょう。

理解してもらうことで、あなた自身にも周りの人にも過ごしやすい環境が作りやすくなるはずです。そうして過ごしやすい環境にいる事で気持ちが軽くなりストレスも感じにくくなり、疲れも軽減してくれるでしょう。

周囲の理解と協力を得てすこやかなマタニティライフを

周囲の理解と協力を得てすこやかなマタニティライフを

どうしても疲れやすく、大変なことも多いかもしれない妊娠後期ですが、自分の体調や環境としっかり向き合い、少しでも健康で快適なマタニティライフを送れるように心がけていきましょう。

本人にしかわからない辛い事やしんどい事も多いかもしれませんが、できる範囲で前向きに頑張ってみてください。

自分でも疲れやすさを軽減するための対処法を実践しつつ、周囲の理解と協力を得ながら残りのマタニティライフと上手く付き合うことで、新しい信頼関係が生まれたり、出産が終わった後の自分自身の健康や充実した子育て生活への道が開けるはずです。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる