妊娠後期の銭湯・サウナ・岩盤浴は大丈夫?利用する時の注意点

妊娠後期の銭湯・サウナ・岩盤浴は大丈夫?利用する時の注意点




頻繁ではないにしろ、たまに浸かりたくなってしまうのが銭湯です。広い場所でゆっくり浸かれる上に、場所によっては色々なお風呂の効能もあり身体を癒せます。

赤ちゃんのいない最後の時期といえる妊娠後期に「銭湯でのんびりしたい!」と思うのは仕方のないことです。

この時期は遠出も控えるよう指導されますから温泉に行くのは難しく、近くに銭湯があれば尚更、気持ちは高まることでしょう。

そこで今回は、

・たまには広い銭湯でゆっくり浸かりたい!妊娠後期に入っても大丈夫?
・妊娠中に温泉などに行く時の注意点を教えてほしい!
・今人気の岩盤浴は設定温度は低めだし行っても大丈夫?

といった方に、妊娠後期に銭湯に入って良いものなのか、妊娠中の銭湯やサウナ・岩盤浴などを利用する際の注意点について詳しくご説明します。

関連記事>>妊婦さんに温泉っていいの?温泉選びと入浴時の注意点とは?

スポンサードリンク

妊娠後期に銭湯に行くのはアリ?

妊娠後期に銭湯に行くのはアリ

銭湯に浸かることに不安を覚える理由として挙げられるのが胎児への影響です。

例えばスーパー銭湯のように温泉を使用している場合、身体に良い効能を得ることができますが、妊娠中のママにしてみれば、温泉成分が赤ちゃんに良くないのではないか、と考えてしまいます。

出産を目前に控えた妊娠後期になると、胎児にダイレクトに影響が出てしまうイメージは確かにあります。しかし、基本的には温泉の成分が胎児に直接影響を与えることはありません

ですので、妊娠中にママが温泉に浸かっても問題はありません。同じ理由から、たとえ妊娠後期であったとしても銭湯に入っても問題はないとされています。

控えた方が良いという意見も

しかし、基本的に問題がないとはいえ、安定期である妊娠中期でもない妊娠初期は、銭湯であっても控えた方が良いという意見もあります。

理由としては、やはり流産や破水の可能性が高いということが挙げられます。大きな刺激ではないとはいえ、水圧による刺激がお腹にかかるということや衛生面における感染症の心配もあるからです。

銭湯に限らず温泉でも、最近まで注意事項として「妊婦」が項目に挙げられていたのは先に挙げた理由が含まれており、また、そうなった時に店側でも対応ができないという事情もあります。

銭湯などに入ったからといって、流産や切迫早産の発症率に差はないとされていますが、妊娠後期に銭湯に行く場合には、それなりのリスクが伴うことを覚えておきましょう。

注意事項に最近まで「妊婦」という項目があるといいましたが、平成26年7月から温泉法が改訂され、注意事項から「妊婦」の項目は外されています

そのため、現在の法律上では妊婦は温泉に入って良いことになっており、温泉施設の1つであるスーパー銭湯なども同じことがいえます。だからといって絶対安心ではないので注意が必要です。

銭湯へ行く前に、担当の医師に相談しよう

法律上でも認められているとはいえ、妊娠中のママが銭湯に入るにあたり自己判断は禁物になります。基本的に妊娠中期以外の時期は銭湯などに入るのは不安な部分が多く、また体調も人によってさまざまです。

いざ、銭湯に行って何かあっても遅いというのが現状になります。ですので、銭湯に行く場合には、自己判断ではなく事前に担当の医師に相談した方が間違いありません。

妊娠後期の銭湯利用に関しては医師によって意見が分かれますが、母子の状態を一番わかっているのも事実なので、相談してから銭湯の利用を検討しましょう。

妊娠中の銭湯には入るメリットがある!

流産や切迫早産といったイメージからか、銭湯に入る=リスクが高いイメージがありますが、妊娠中に銭湯に入ることは何も、悪いことばかりではありません。

例えば、妊娠後期に入ると陣痛への恐怖や産後の不安、女性ホルモンの乱れによる影響などでマタニティブルーになってしまうママも多くみられます。

参考記事>>マタニティブルーの予防や不安の解消法

しかし、銭湯に浸かることで心身の疲れがほぐされ、リラックス効果を得ることができ、気分転換の1つに良いとされています。

また、銭湯には温泉と同様に温熱効果が期待できますから、銭湯に浸かることで血行が良くなります。さらに、温泉成分が含まれていれば、身体を内側から温める効果が期待できます。

冷えは妊娠中のママにとって喜ばしいものではありませんから、解消できるのは嬉しいポイントです。

岩盤浴は利用しても良い?

岩盤浴は利用しても良い

銭湯には、広い場所でお湯に浸かれるだけでなく、床に天然石を敷き詰めて温水や電熱で加熱して発生する遠赤外線により温熱効果を楽しむ岩盤浴が設置されている場所もあります。

40度程度の温度でゆっくり身体を温めていくので全身がポカポカになり、自律神経などの調子を整える効果などが期待でき、心身のリフレッシュに利用する人も多いです。しかし、妊娠中は利用しても良いものなのでしょうか。

妊娠中の岩盤浴は控えた方が良いという意見が大半

銭湯や温泉は意見が分かれるにしても、岩盤浴に関しては控えるべきという意見が大半を占めます。

それは、低温ながら大量に汗をかくことによる脱水症状の危険性や、岩盤浴から出た後、血圧が下がり貧血になるからという意見も挙げられています。

また、お店側も衛生面には気を遣っているにしろ、お客さんが利用するごとに掃除をしているお店は少ないです。

岩盤浴は程よい温度で一定に保たれているので細菌などが繁殖しやすく、妊娠後期を含めて免疫力が下がっている妊娠中は感染症にかかりやすく、赤ちゃんへの影響が出てしまう可能性が高くなります。

以上の危険性が考えられることから、岩盤浴が好きなママでも、妊娠生活も後少しだと思って入らない方が無難といえます。

岩盤浴には放射線が出てる!?

一般の人であれば何ら影響はないとされていますが、岩盤浴には微量の放射線が出ているとされれています。もちろん、全ての岩盤浴が当てはまるわけではありません。

しかし、使用されている天然石などの鉱石の種類によっては、考えられる場合もあります。

現状では、赤ちゃんへの影響は調査されていないのではっきり危険とは言い切れませんが、もしもの事を考えると、お腹の中の赤ちゃんの健康を最優先して岩盤浴は控えましょう。

遠赤外線は心配ないの?

放射線だけでなく岩盤浴からは遠赤外線も発せられていますが、放射線とは異なりママへ影響はないとされています。

ただし、遠赤外線による温熱効果は温める場所によって、赤ちゃんの神経発達に良くありません。問題の場所はお腹やお尻。腰を温める分には心配ないとされていますが、岩盤浴でなくても温めることはできます。

絶対に岩盤浴禁止ではありませんが、銭湯など岩盤浴が設置されている場所は、以上3点の理由から妊婦さんを断っている場所も多く、ママ本人も利用には注意したいところです。

妊娠中の岩盤浴がダメならサウナは?

妊娠中の岩盤浴がダメならサウナは

サウナは基本的に銭湯であれば、どこでもついています。しかし、岩盤浴以上に設定温度が高いサウナも妊娠中のママは入らない方が良いとされています。

もちろん、絶対NGとはいえないのですが、その場合には自己判断の上で入ってもらうことになります。サウナがそういわれている理由にも、岩盤浴のようにいくつか理由が挙げられます。

銭湯などの温泉施設ではそれらの理由と責任を負いかねることから、事前に妊婦さんのサウナ利用を禁じているところもあります。

貧血と転倒の可能性

特に妊娠後期は、赤ちゃんに栄養や水分を送るために大量の血液が赤ちゃんへ回されます。そのため、鉄分を摂取するなど気を付けていてもママは貧血になりやすいです。

サウナは外と中で温度が急激に変わることから、血圧の落差も激しくなります。それに加えて妊娠中のママは貧血気味ですから、サウナに入ることで余計に貧血になりやすいです。

貧血になりやすいということは、倒れる可能性も高いということです。サウナだけでなく銭湯では足元が見えにくくなるなどの理由から、ママは転倒しやすいので母子の安全面を考えてもサウナは控えましょう。

サウナで心臓に負担が……

サウナに入ることは健康に良いという話ですが、全ての人に当てはまる健康法とは言い切れません。

確かに、サウナに入ることで血行が良くなり冷え性の改善などにも良いとされていますが、血流が良くなるということは心臓の動きも活発になっていることになります。活発になることで、考えられるのが心臓への負担。

さらに、汗を大量にかくので身体から水分が失われ、普段よりも血液がドロドロになります。妊娠中はママだけの身体ではありません。赤ちゃんのことも考えると、心臓に負担をかけてまでサウナに入るのは控えたいところです。

銭湯に入るにあたり、注意したいこと

銭湯に入るにあたり、注意したいこと

医師に確認をとり、リスクを承知した上で銭湯を利用する場合でも、妊娠中のママはいくつか注意して欲しいことがあります。

これは安定期であっても変わりなく、特に妊娠後期は出産も控えた大切な時期ですからママ本人もしっかり意識することが大切です。注意事項をよく守って、銭湯を楽しんで下さい。

母子手帳などの準備

銭湯に入る際にはママも最新の注意を払って利用するかと思いますが、万が一、何かあったら大変です。外出する時と同様に、いつ病院へ行っても良いように妊婦さんの必需品は用意しておきましょう。

参考までに挙げておくと必ず持っておきたいのは、「母子手帳」「携帯電話」「健康保険証」の3点セットです。突然、破水してしまった時用のタオル、吐き気に対応できるビニール袋もあると安心です。

この他に夜用のナプキン、処方されている薬があれば持ち歩くようにして下さい。

足元に注意する

妊娠後期はお腹の大きさがピークを迎え、身体のバランスが悪くなっています。また、お腹が大きくなっているため、足元が見えないのも怖いです。

銭湯は自宅のお風呂に比べて広々としていますが、床が滑りやすくなっています。そのため、転倒の危険性が高く、また滑ってしまうと妊娠中の身体ではバランスが取れない上、受け身も上手くできないことがほとんどです。

転倒した時に腹部を強打すると胎児への影響が危ぶまれます。銭湯に入る際には、いつも以上に足元に注意して利用することが大切です。

1人で銭湯には入らないこと

せっかくだから1人でのんびりしたいと思うかもしれませんが、何かあってからでは遅いので近所の銭湯へ行く場合でも、ご家族の方、友人など誰かに付き添ってもらいましょう。

ママが注意していても、階段や足場が悪いところは必ずあります。そんな時に付き添いの人に手を取ってもらえると安心です。

衛生面を考える

お湯が膣内に入っても赤ちゃんはお腹の中では羊膜に守られているので、そこまで感染症の心配をする必要はないとされています。

しかし、妊娠後期に例えばヘルペスに感染してしまうと、赤ちゃんが産後新生児ヘルペスになってしまう可能性もあるので、銭湯に入る時は衛生面に注意することも大切です。

そのため、銭湯に行く場合には開店直後や人が込み合っていない時間帯を選んだり、脱衣所の椅子には素肌で座らない、お風呂の椅子もよく洗ってから使用するなど気を使うようにしましょう。

極端な温度設定のお湯には入らないようにする

熱いお湯でさっぱりするのが好き、というママもいるかもしれませんが、基本的に妊娠中は42度以上のお風呂に入るとのぼせやすいとされており、入るのは控えた方が良いとされています。

特に妊娠後期はお腹の中の赤ちゃんに栄養と水分を送るために、多くの血液が持ってかれてしまうので貧血になりやすい時期です。

そんな時に極端に温度が高かったり、30度以下のお風呂や水風呂に入るのは血圧を上昇させ、入浴後に血圧を低下させる原因となり、さらに貧血を起こしやすくなり転倒する危険性が出てきます。

同じ理由から、岩盤浴やサウナに入るのも控えるようにして下さい。

長時間の入浴はしない

上記と同じような理由から、長湯もしないように注意しましょう。ゆっくりしたくなりますが、長風呂はのぼせの原因になります。

お湯の設定温度がママにとってちょうど良かったとしても、上がった時に血圧が低下してのぼせることがあります。そのため、長時間入るのは控え、浸かっても1回10分以内にしましょう。

のぼせないため、お湯から上がる時は急に立ち上がらず、ふちに腰かけて身体を冷ましてから出るのもポイントです。

入浴後は必ず水分補給を

銭湯などお湯に浸かると、ママが思っている以上に大量の汗をかきます。たとえ10分以内に入浴を終えたとしても、汗をかいている事に変わりはありませんので入浴前、後は必ず水分補給をするようにしましょう。

のぼせの予防にも、入浴前に水分をしっかり摂っておくと良いとされています。目安としては入浴の15分前に水かスポーツドリンクをコップ1杯、入浴後すぐ、もしくは10分後までに入浴前と同じ量を飲むと良いです。

また、赤ちゃんのことを考えて温泉をひいている銭湯を利用する場合には、赤ちゃんに影響のない泉質を選んだり、ジャグジーや水流の激しいジェットバス、電気風呂などお腹に刺激を与えるタイプは控えることも大切になります。

また、温泉法は改正されたものの何かあっても責任を負えない、という理由から妊娠中のママはお断りしている銭湯もあります。事前に確認をとってから向かうと間違いありません。

注意事項をよく守って、安全に妊娠後期の銭湯を楽しく満喫できるといいですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる