妊娠後期に足や腰が痛いのはなぜ?坐骨神経痛の原因と予防策

妊娠後期に足や腰が痛いのはなぜ?坐骨神経痛の原因と予防策




妊娠後期のママは、日に日に大きく重くなってくる妊娠後期の大きなおなかを支え、腰や足にもかなりの負担がかかってきます。

人によっては時折、腰や足にしびれを伴うような痛みを感じる方もいます。妊娠中だから仕方のない痛みなのか、それとも何か原因があるのか不安になるところです。

そこで今回は、

・妊娠後期に坐骨神経痛になるのはなぜ?
・坐骨神経痛になったら病院に行ったほうが良い?
・出産すれば坐骨神経痛は治る?

といった方に、妊娠後期に症状の出やすい坐骨神経痛について、その症状や原因、そして予防法などについて詳しくご説明します。

スポンサードリンク

妊娠後期に足や腰の痛みが増す?

妊娠後期に足や腰の痛みが増す

妊娠後期に入り、おなかはますます大きくなり、腰や足への負担から、腰や足に痛みを感じることが多くなってきます。また、妊娠後期になると出産の準備として、骨盤もますます柔軟になり開いていきます。

その際に、骨や骨盤にズレやゆがみができるために、坐骨の神経を圧迫する時が出ます。単なる腰や足の痛みや違和感だけではなく、腰から足にかけて急にしびれるような痛みを感じたら、坐骨神経痛かもしれません。

痛みが強く感じたり、長期間続いたりするようでしたら、かかりつけの産婦人科にまず相談した上で、専門医の受診をしましょう。

坐骨神経痛の症状

妊娠中には、大きくなるおなかの影響で、妊娠前に比べてみても比較にならない位、腰や足への負担が増加します。

妊娠中の坐骨神経痛の場合には、腰の痛みはもちろんのこと、お尻にまで激しい痛みを感じることもあり、人によっては、激しいしびれのような違和感を持つ方もいます。

症状がひどい場合には、激しい痛みのために、日常生活で階段を上ったり、靴を履いたり、寝返りを打つなどの動作にも支障をきたし、行動自体が困難になることもあります。

特に妊娠前から体が硬く、柔軟性が乏しい方の場合には、妊娠期間中であっても筋肉の可動範囲が狭いために、痛みを感じやすくなります。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因

妊娠中に坐骨神経痛になる原因の多くは、日に日に大きくなってくるおなかの重みから姿勢が悪くなり、腰や足への負担が増えるためです。

また、骨盤や腰椎が前に傾くことで、重心の位置も変わり、負担のかかり方が変わることによって起こるものだといわれています。

妊娠後期に見られる坐骨神経痛は、おなかの重みをかばう意味からも、腰を反らせた姿勢を取ることも多くなり、余計に骨盤などに負担をかけてしまうことが、大きな原因の1つです。

また、妊娠中に分泌されるリラキシンという卵巣ホルモンの一種は、出産の際に赤ちゃんが骨盤を通りやすくなるように、関節や靭帯を緩ませ、出産の準備を行なうために分泌されています。

このリラキシンのホルモンの影響で、骨盤が開きやすくなり、出産時まで緩んだ骨盤や恥骨などを支えるために、骨盤周辺の筋肉が常に緊張状態になることから、強張った状態が続き、腰痛や足の痛みを感じます。

さらに、妊娠中は大きく重さも増してくるおなかに圧迫され、血行も悪くなっています。そのために、骨盤や腰を中心として、痛みや凝りを感じることが増えます。

睡眠不足やストレスも坐骨神経痛に影響する?

睡眠不足やストレスは、妊娠中に限らず身体の思いがけないところにも影響を与えることが分かっています。

妊娠中の睡眠不足やストレスは、坐骨神経痛だけでなく、さまざまなところにも悪い影響を与えますが、睡眠不足になることで、脳の鎮痛機能も低下して、痛みを余計に強く感じます。

また、食生活も大きく関係しています。栄養の偏りや不足は、健康状態にも大きく影響しますが、血流にも影響を与えるために、血行不良から坐骨神経痛の痛みになる場合もあります。

坐骨神経痛の予防方法は?

坐骨神経痛の予防方法は?

妊娠中の坐骨神経痛の場合は、妊婦健診の際に痛みを訴えても、出産しておなかの重みや腰への負担が減れば、改善されるママが多いです。

妊娠後期は、おなかの重さも腰や足への負担もピークですので、骨盤にかかる負担が大きく痛みが強くなります。

就寝の時は、大きくなったおなかが重く、息苦しさから横向きで眠る方が多いですが、坐骨神経痛の痛みの予防にも、横向きで眠ることは効果的です。

最近はたくさんの抱き枕が販売されているので、大きさの合ったものを上手に活用すると、痛みを和らげられます。

抱き枕については、抱き枕で安眠!お腹が大きくなった妊婦さんの抱き枕の選び方の記事にてご紹介していますので参考にしてみましょう。

また、無理に購入しなくても、大きめのバスタオルを2~3枚重ねて、ロールケーキのように丸め、適度な大きさや太さになるように紐で縛ると、抱き枕と同じように使えますので覚えておきましょう。

妊娠後期の坐骨神経痛は、妊娠中の過度な体重の増加に気を付けることで、ある程度の症状を軽減させることは可能です。

身体の重みは、そのまま足や腰などへの負担となるので、妊娠中の急激な体重の増加を防ぐことは、坐骨神経痛の痛みを予防することになります。

出産間際まで坐骨神経痛の痛みがある場合

妊娠後期の腰や足の痛みは、場合によってはしびれたり麻痺しているかのように、痛みが走ることもあります。

坐骨神経痛の症状が重い方は、歩くことさえ困難になるほど痛みを感じます。その場合には、分娩時にいきむことが難しく、経膣分娩では出産ができず、帝王切開を選択せざるを得ない場合もあります。

坐骨神経痛の症状に応じた分娩方法の判断は、1人1人の状況や体調によっても異なりますので、かかりつけ医の指示に従い、無理のないように準備を行いましょう。

身体の冷えは坐骨神経痛でも大敵

妊娠中に限らず、女性の身体は冷やさない方が良いとよくいわれますが、坐骨神経痛の予防にも、身体を冷やさないことが大切です。

身体が冷えるとどうしても筋肉が硬くなり、柔軟性が失われます。その上で、身体を無理に伸ばしたり支えようとするので、痛みを伴います。

普段の生活でも、身体を冷やさないように心掛けると共に、血行を良くするためにも、適度な運動やストレッチを行うと、痛みの症状も和らげることができます。

また、お風呂に入って身体を温めることもおススメですが、妊娠後期は、のぼせやすくなるので注意が必要です。ですが、ゆったりと身体を温めることは、坐骨神経痛の痛みの緩和にも効果があります。

長時間の入浴が難しい場合には、半身浴や足湯だけでも効果があります。最近はフローリングの家が多いので、床からの足の冷えもないがしろにできません。

室内でも油断をせず、常に靴下やルームカバーなどを履いて、足元から冷やさない工夫も大切です。また、外出時の服装にも気を付け、レッグウォーマーや腹巻などを着用して、足や腰を冷やさないようにしましょう。

坐骨神経痛予防に効果的なグッズ

妊娠中の坐骨神経痛の予防には、何といっても無理のない良い姿勢の維持と、腰や足への負担を減らすことです。

さまざまな負担を減らすことから妊娠中は、専用のマタニティショーツやガードルを着用したり、おなかを支えるサポーターやベルトがついているものを使用するママは多いです。

また、サポーターやベルトなどがすぐに用意できない場合は、腹帯に使用しているさらしや、妊婦帯を使用することでも、痛みの軽減には効果が期待できます。

出産の際には、狭い骨盤から大きな赤ちゃんが産まれてくるので、適度な骨盤の緩みは必要ですが、あまりにも骨盤が緩んでしまうと、産後に内臓が下垂します。

内臓が下垂することで、体形が戻りにくくなるばかりでなく、血流も悪くなりさまざまな産後の体の不調につながりかねません。

産後にもしっかりと骨盤ベルトを着用して押さえておくことで、さまざまなリスクを予防できるので、是非とも持っておきたいものの1つです。

妊娠後期のストレッチの方法

妊娠中しかも妊娠後期には、意識をしておかないと、大きくなったおなかを支えることが辛く感じるあまりに、動いたり歩いたりすることが少なくなり、身体が硬くなったり、血流が悪くなる方が多くなります。

妊娠中、体調に影響しない程度の軽い運動を毎日行うことは、赤ちゃんを無事に産むためにも、坐骨神経痛の痛みを軽減させるためにもとても大切です。

妊娠後期でも、軽いストレッチを毎日継続的に行うことも必要です。あくまでも、無理のない範囲での、継続的な運動の方が効果を成してくれますので、継続して行えるような運動にしましょう。

特に妊娠後期の坐骨神経痛に効果があるストレッチの方法を、いくつかご紹介します。ストレッチを行うために床に座ったり寝転んだりする場合には、ヨガマットやバスタオルなど、身体が冷えないように何か敷きましょう

また、軽いストレッチであっても、体調の変化が見られた場合や、おなかが張った場合には無理をせずにすぐに休みましょう

さらに、妊娠後期は大きくなったおなかのために、身体の重心が思っている以上に取りにくく、バランスを崩すことも増えます。滑りにくく広い場所で、安全に気を付けて行いましょう

① 床に座り、膝を曲げ足の裏と裏を合わせる。両手で足をつかみ、ゆっくりと体を前に傾ける。

②床に座り、足を軽くハの字に開く。片方の足裏をもう片方の足の膝に近づけた状態で、両手を伸ばしゆっくりと体を前に倒す。反対側も行う。

③ 仰向けで横になり、両膝を立てる。両膝をそろえて左右交互に4~5回ほど倒したあと、心地良く感じるところで左右それぞれ2~3秒止め、最後に脱力する。

ストレッチ行う時はおなかと足が大きく動くことも多く、おなかのはりを感じやすくなる方もいますので、あくまでも無理のない範囲で、体調の良い時に行いましょう。

妊娠中にストレッチを行う際の注意点

妊娠後期にストレッチをする場合は、体調の良い時に行うのが一番ですが、かかりつけ医の指示に従って行いましょう。

痛みの症状を早く改善させたいため、一度に多くのストレッチを行ったり、無理を強いてしまうと、かえって痛みを増加させます。どのストレッチも、無理に伸ばしたりせずに、あくまでも気持ちが良いと感じる位でとめましょう。

妊娠中は、ちょっとしたことでおなかに力が入ったり、おなかのはりを感じたりすることもあります。

お腹のはりなど異変を感じた時には、すぐにストレッチを止めて横になり、安静にしましょう。また、場合によっては産婦人科の受診が必要な場合もあります。

坐骨神経痛に効果のあるツボを刺激するように勧めている情報などもありますが、妊娠後期の大きなおなかを抱えた体は、バランスも悪く不安定です。

自分でツボを押そうと無理な体形になることで、かえって痛みを悪化させてしまうこともあります。注意して行うようにしましょう。

出産後も坐骨神経痛に悩まされる?

出産後も坐骨神経痛に悩まされる

妊娠中の腰や足の痛みは、大きなおなかの重みが原因になっていることも多いために、出産後には症状が改善されることも多いものです。

しかし、骨盤のズレが戻らないままのケースもあり、妊娠時に伸びきった腹部や腰の筋肉が戻らないままになることで、坐骨神経痛の痛みがなかなか改善されないこともあります。

出産後にも痛みが改善されない場合には、専門の医師に相談しましょう。その際には、妊娠中のどの時期頃から痛みの症状があらわれてきたのかを、きちんと説明できるようにしておくことも大切です。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • ライン@登録で500円OFF!
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる