高齢出産の件数は増えている?高齢出産の現状と海外事情について

高齢出産の件数は増えている?高齢出産の現状と海外事情について




女性の社会進出は年々増加し、多くの女性が結婚後にも社会のあらゆる場で活躍しています。それに伴い、高齢出産をされる方の件数も年々増加しています。

そして日本だけではなく、近隣諸国や先進国などでの出産状況はどのようになっているのでしょうか。

そこで今回は、

・高齢出産数はどれくらいあるの?
・海外の高齢出産の事情は?

といった方に、高齢出産の中でもその件数に着目して、高齢出産の現状について詳しくご紹介します。

関連記事
>>高齢と不妊の関係と高齢での妊娠・出産へ備えて今からできること
>>高齢出産の意外なメリットとそのリスク

スポンサードリンク

高齢出産数は年々増加しています

高齢出産数は年々増加しています

女性の生き方の多様化や、社会進出が目覚ましく、それに伴い、年々女性の初産の出産年齢が高くなり、話題になるようになってきています。

高齢出産の定義を見てみると、日本産婦人科学会では、「高齢出産は、初産婦の年齢が35歳以上の場合の出産をいう」としています。

日本国内でも、マスコミに高齢出産が取り上げられることに以前のような違和感や驚きはなくなり、社会一般と同じように、有名人の方の初産も高齢化し高齢出産は増加しています。

週刊誌をにぎわしているような海外セレブなども同じことで、多くの女性が、高齢出産に臨んでいます。日本産婦人科学会での高齢出産の定義も、1993年までは30歳以上になっていましたが、高齢出産の増加や女性の晩婚化を受けて、35歳以上に変更されたのも納得できるものです。

日本における高齢出産の数を見てみると、30年前と比較して、約4倍になったともいわれています。ライフスタイルの多様化の影響もありますが、働きながら子どもを持つことへの不安感も、大きく影響しているという意見も聞かれます。

高齢出産時代というけれど

高齢出産時代というけれど

高齢出産の定義となる妊産婦さんの年齢が、1993年までの30歳以上から35歳以上に引き上げられていますが、2013年には、4人に1人が高齢出産を迎えているというデータがあります。

厚生労働省の調査では、このデータ自体は、もちろん初産に限ったものではありませんが、同年に出産をした女性の数の中で、約3割の方が35歳以上の出産であったことになります。

女性の晩婚化の影響で、第1子を迎えるまでに、30歳どころか高齢出産の定義となる、35歳に達している方も増えているのです。

その一方で、妊娠を望んでいるにもかかわらず、なかなか赤ちゃんに恵まれずに、不妊治療をおこなっている方の人数も年々増加しています。

もちろんのこと、不妊の原因にはさまざまなものがあり、女性の側だけに限ったものではありません。しかし、加齢による卵子の老化や質の低下などの影響は、けっして無視することはできないものです。

関連記事
>>まだまだ認知度の低い男性の不妊症「男性不妊」とは?
>>高齢と不妊の関係と高齢での妊娠・出産へ備えて今からできること

少子化は、ライフスタイルの変化も大きな要因の1つ

少子化は、ライフスタイルの変化も大きな要因の1つ

現代社会ではライフスタイルも多様化し、子供を望むか望まないかの選択のほかに、経済的な問題や、核家族化の影響もあり、少子化に拍車をかけているといっても過言ではありません。

厚生労働省の調査結果を見てみると、戦後にいったん低下した出生児数は、1972年(昭和47年)には2.20人でしたが、その後2002年(平成14年)における2.23人までの期間、ある程度の水準を保っていました。

しかし、2005年(平成17年)には2.09人、2010年(平成22年)には1.96人にまで落ち込んでいます。

もちろん、1人当たりの出生児数は、女性の結婚年齢が若いほど多く、年齢が高くなるほど低くなっているのは、妊娠可能期間を考えた上でも、当然のことだといえます。

女性の完結出生児数を国別に見ていくと、日本ほどの急激な減少はないものの、フランスやスウェーデンでも減少傾向にあることが分かります。

高齢出産の件数をデータで見てみると

高齢出産の件数をデータで見てみると

2010年の厚生労働省の調査(「第14回出生動向基本調査」)によると、結婚した女性が出産に至らない理由として、高齢出産の方にとっては、経済的な理由を上げる方が少ない一方で、“高年齢での出産が嫌だから”や“希望するができない”という意見が多くなっています。

また、第1子の出産年齢を見てみると、1980年(昭和55年)では、平均26.4歳であった年齢も、2012年(平成24年)には、30.3歳にまで上がっています。

一方ほかのデータでは、少子化の影響もあり、若年層の出生件数が減少する一方で、高齢出産が増えているという調査結果もあります。

とくに35歳~39歳における第1子出生数を、全体の出生数の中で見比べてみると、1980年(昭和55年)では1.9%であったものの、2012年(平成24年)には、15.9%にまで7倍強にも増加しています。

医学的には30歳代後半から、妊娠や出産に関するリスクが高まるといわれていますが、晩婚化により、初産の年齢が高まり、調査結果に大きく影響しているといえます。

さらに、医療技術の進歩は目を見張るものがありますが、高齢出産の方が増えている背景には、体外受精や不妊治療など、さまざまな医療技術の進歩も、出産可能な年齢の幅を広め、後押しをしているといえます。

過去の日本を見てみると

過去の日本を見てみると

高齢出産が取りざたされてささやかれ始めたのは、ごく最近のように感じてしまいますが、実は、昔に遡ってみると、初産ではないので現在の“高齢出産”の定義からは外れてしまいますが、高齢での出産は以前もあったことが分かっています。

そもそも大正時代頃には、いわゆる“家族計画”の概念が少なく、1人当たりの出生数も多く、年齢を重ねてからであっても、無事に出産を終えている女性も多くいました。

なかには、50歳代になってから出産に臨む女性もいたとの報告もあるほどです。しかし、そのデータは複数のお子さんをお持ちの方が含まれていますので、高齢での出産の多くは、経産婦であると考えられます。

いくつになっても妊娠は可能?

いくつになっても妊娠は可能

高齢出産とはいうものの、いくつになっても妊娠・出産は可能なものなのでしょうか。

日本では、2001年に当時60歳代の女性が、アメリカで卵子提供を受けて体外受精をし、晴れて妊娠・出産したというニュースが話題になりました。

また、イギリスではギネスの公式認定されている方が、57歳で出産したとの記録もあり、インドでは、体外受精により当時70歳の女性が、妊娠・出産したとの報道もあります。

どちらにしても、一般的な女性の閉経年齢を考えてみても、自然妊娠できる年齢は限られています。上記のケースは非常に稀なパターンですが、個人差が非常に大きいので、一概にいくつまで妊娠が可能であるかと断定することはできません。

諸外国にも高齢出産に定義はあるの?

諸外国にも高齢出産に定義はあるの

高齢出産いう概念は、もちろん日本に限ったことではありません。WHO(世界保健機構)をはじめとして諸外国の中にも、日本と同様の高齢出産に関する定義がなされている国は数々あります。

アメリカでは“Advanced Maternal Age”という表現で区別されていますし、国によってそれぞれの考え方があります。

日本では少子化が大きな社会問題になっていますが、世界に目を向けてみても、少子化の波が拡大している現状は否めません。

韓国における出生率

お隣の韓国の情勢を見てみると、韓国でも日本同様に、近年出生率が低下しています。2005年の合計出生率は1.08人になり、過去最低の数字になりました。

2005年9月には、「低出産・高齢社会基本法」が制定され、対策本部も立ち上げられるなど、少子化が社会問題となっている現実があります。

一方で、日本と同様に平均寿命の延びや女性の社会進出、ライフスタイルの多様化などに伴い、年々、高齢出産の方も増加傾向にあります。

諸外国においても少子化と高齢出産の増加傾向

主な諸外国(アメリカ、フランス、イギリス、スウェーデン、イタリア、ドイツ)における合計特殊出生率も、1960年代までの2.0以上あったものが、1970年(昭和45年)ころから低下傾向にあり、日本同様に少子化傾向にあることが分かります。

その一方で、女性の社会進出や寿命の延びは同様で、高齢出産の数も比例するかのように増加しています。

アメリカにおいても、近年は日本と同じように、女性のキャリア志向が高まり、女性の社会進出が目覚ましく増加しています。

また、平均寿命の高齢化も、高齢出産には大きな影響を与えているといえます。それに伴い、結婚の平均年齢も高くなっていますし、出産の年齢を考えてみても、年々増加の傾向にあります。

とくにマスコミを賑わうセレブを見てみても、高齢出産になっている傾向の一部として見て取ることができます。

アメリカのような先進国においては、30歳以下の妊娠出産率が低下傾向にあります。第1子を30歳以上で妊娠・出産した人の割合は、1975年(昭和50年)の5%であったのに対して、2010年(平成22年)には、26%にまで上昇しているというデータもあります。

逆に、日本と同様に、若い女性の妊娠・出産率が低下傾向にあります。一方余談ではありますが、イギリスでは、19歳以下の低年齢での出産の増加も、ある意味では社会問題となっています。

高齢出産と不妊治療

高齢出産と不妊治療
20才代の出産件数が減少する一方、30才代や40才代後半に第1子(いわゆる初産)を迎える女性の数が、年々増加しています。

第1子に限ったことではありませんが、2013年(平成25年)には、35歳以上で出産した人の数は、約27万7千人になっています。

その一方で、不妊治療を受けている人の数は約51万人ともいわれていますので、高齢出産と不妊治療の関係は、無視することができません。

またその中で、体外受精をおこなった件数は、24万7千件以上というデータもあります。高齢出産の件数が増加している背景には、不妊治療や体外受精の成功があることが分かります。

日本における不妊治療をおこなうクリニックの数は、約680件ともいわれています。これは諸外国の同クリニックの数とは、比べ物にならない数になっています。

さらに、日本における体外受精での出生率は、40人に1人とも35人に1人ともいわれています。高齢出産の件数の増加は、不妊治療と切っても切れない関係にあるといえます。

また、国によって、不妊治療や人工授精に対する国の補助や保証制度があるところも多く、制度に比例するかのように、高齢出産の件数も高めになっています。

その一方で、ヨーロッパの国の中では、49歳以上の人工授精などの不妊治療の実施が、法律で制限されているところもあります。これは、母体の健康や安全面、流産や草案の危険性を考慮したものです。

自然妊娠以外の不妊治療を望む場合に、国それぞれの医療技術の進歩や社会情勢は異なりますが、一番大切なのは、自分自身のライフスタイルとからだの健康面、産まれてくる赤ちゃんのことを考えて、決断することです。

社会全体で子育てを支えるシステムが必要不可欠?

社会全体で子育てを支えるシステムが必要不可欠

妊娠を希望していてもなかなか条件などが合わず、自然妊娠が難しいカップルも、年々増加傾向にあります。

そのなかで、日本では、体外受精などの不妊治療など“特定不妊治療”をおこなう方への、国の補助制度が変更になりました。(平成26年4月1日一部施行、平成28年4月1日から完全実施)

・助成の対象者…体外受精・顕微授精以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか、又は極めて少ないと医師に診断された法律上婚姻をしている夫婦
・給付の内容…1回15万円(凍結胚移植(採卵を伴わないもの)及び、採卵した卵が得られないなどのため中止したものについては、1回7.5万円)
・所得制限額…730万円(夫婦合算の所得ベース)

ただし、平成26年4月1以降、新たに助成制度を利用される方のうち、初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が40歳未満の場合、年間助成回数と通算助成期間の限度は廃止され、通算助成回数は6回までとなります。

そのほかに、平成28年4月1日より、対象範囲と助成回数に変更があります。また、各地方自治体によっては、それぞれ独自の助成をおこなっているところもあります。

これらの助成により、少子化対策の一助となると同時に、高齢の方で、妊娠出産を希望している方の数も、さらに増加することも考えられます。

先進国における高齢出産の件数

先進国における高齢出産の件数

近年の医療技術の進歩は、かなりのスピードで進んでいます。それに伴い、世界的にも先進国における不妊治療の件数は増え、その結果、高齢出産の件数として反映しているところもあります。

少子化が社会問題になっている昨今では、嬉しいことではありますが、一方で、女性のからだへの負担や、高齢になればなるほど、妊娠や出産でのリスクの増加を考えると、一概に喜んでばかりはいられません。

専門の医師やパートナーとよく相談し、高齢出産についてよく考えた上での妊娠・出産が望ましいですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる