マタニティウェア

マタニティウェアはこう選ぼう!購入のポイントやタイミング




女性の体は妊娠すると、妊娠前と比べ大きく変化し始めます。月齢が上がるにつれて、お腹周りが大きくなるのはもちろんの事、体全体がふっくらし始めてきます。

これは、お腹の中にいる赤ちゃんが大きくなるに伴い、それを体が守ろうとさまざまな準備を始めるためです。そこで、妊娠していると分かったら揃えておきたいのが、マタニティウェア

お腹が少し目立ってきてから購入するという方も多いようですが、お腹が大きくなり始める前から準備しておくと、慌てることなく自分の好みのマタニティウェアをチョイスすることができます。

そこで今回は、

・マタニティウェアとはどんなもの?
・いつから着るものなのか知りたい
・どんなマタニティウェアを選べばいいのか知りたい

といった方に、初めてのマタニティウェア選びのポイントをご紹介します。

関連記事>>妊娠初期の服装の選び方と気をつけるべきポイント

スポンサードリンク

マタニティウェアとは

マタニティウェアは、妊娠によって変化するお母さんの体にフィットするように作られた洋服の総称です。月齢が変化し、お腹が大きくなっても、赤ちゃんに負担をかけることなく、お母さんも動きやすい設計がなされています。

最近では色やデザインも豊富になってきており、ただの妊婦さんのための洋服という感じではなく、妊娠中にも十分におしゃれを楽しめるデザインのものが増えていますので、着やすさだけでなく、自分の好みに合わせて選んでみましょう。

いつからマタニティウェアに切り替えるべき?

大抵の方は、妊娠4か月から5か月頃にマタニティウェアに切り替えるようです。マタニティウェアの大きな目的はお腹の締め付けを避けることですので、妊娠初期のあまり体に変化のないうちから、マタニティウェアに切り替える必要はありません。

普段着ていた洋服の中から、あまりお腹を締め付けないものを選んで過ごすと良いでしょう。ですが、妊娠中はお母さんにも色々なトラブルが表れます。その代表としてつわりがありますが、このつわりが酷い時期はお腹の締め付けが、更なるつわりの悪化を招くこともありますので、注意が必要です。

妊娠前の服はお母さんがあまりお腹を締め付けられている気がしなくても、立ったり、座ったりするときなど、姿勢によってお腹に負担がかかってしまうことがあります。

つわりが酷い場合には、この切り替えの時期に関係なく早めにマタニティウェアを選んでみるとつわりを上手く逃がすことができるケースもありますので、切り替えの時期は自分の体調によっても変えましょう。

マタニティウェアを選ぶ理由

マタニティウェア以外のゆったりした服を選んで着ている方もいらっしゃいますが、マタニティウェアにはお腹が大きくなってもシルエットを崩すことなく着こなせる工夫が色々備わっています。

「ワンピースならお腹を締めつけることなく着られるのでは?」という方もいると思いますが、お腹が大きくなることを前提としていない服ではどうしても前の丈だけが短くなってしまい、全体的な印象が変わってしまいます。

また、Tシャツやチュニックなども同様にお腹部分が持ち上がることになり、同時に袖の部分が吊り上ったようなシルエットになってしまいます。機能性やデザイン性が、妊娠した体型にフィットするマタニティウェアを選んで着た方が、お腹を綺麗にカバーしながら素敵なシルエットを維持できます。

最近ではマタニティウェアも仕事に着て行けるタイプのものや、普段着としておしゃれに着こなせるものなど、デザインや好みで選ぶことができるようになってきていますので、お腹が大きくなる前からいくつか準備しておくと良いでしょう。

マタニティウェアのデザイン

マタニティウェアは、全体的に前身頃が長めにデザインされています。お腹が月齢に応じて大きくなってきても、洋服の全体的なシルエットを崩すことなく着こなせる工夫がされているのです。

パンツやスカート等のボトムも、お腹が大きくなってもすっぽり包んでくれるデザインになっており、お腹に当たる部分が苦しくないよう、ジャージ系の素材が使われていたりと工夫がなされています。

また、敏感になってくる胸部分が擦れないようデザインが施されていたり、お腹に引っ張られることで縫い目などに負担がかかっても大丈夫なよう、しっかりした作りのものが多くなっています。

そういったマタニティウェアならではのポイントも頭に入れながら服を選んでみましょう。

マタニティウェアを選ぶポイント

マタニティウェアのデザイン上のポイント以外にも、選ぶときに頭に入れておきたい注意点がありますので、ここで紹介していきます。

長く着られるものを選ぼう

月齢に応じたデザインのマタニティウェアもありますが、やはり妊娠中はめまぐるしいほど体が変化していきますので、長く着られるタイプのものを選んでみると良いでしょう。

ボトムなどはアジャスター付のものであれば、お腹のサイズに応じてサイズを調節できるのでおすすめです。ワンピースなどでも紐でサイズが調節できるものがあります。

また、産後の授乳にも対応できるマタニティウェアもありますので、そういったものを選んでみるのも良いでしょう。

着心地、着脱しやすさが大切

お腹は日に日に大きくなっていきますし、体重も出産直前ともなれば10キロ近く増えることになります。ただでさえ、苦しくて重いお腹を抱える訳ですから、洋服はできるだけ着心地を重視して選んでみましょう。

素材などにもこだわってみると間違いありません。また、脱ぎ着しやすいかも大切なポイントになります。お腹が大きくなってくると、どうしても体が動かしづらくなってきますので、着脱しやすいものを選ぶのがおすすめです。

前開きのものなどは、立ったまま脱ぎ着できますので妊娠中には向いています。産後、授乳する時にも、前開きのものであれば引き続き活躍してくれます。

シーズンを選ばず着られるものを

妊娠中は10か月と長く、その間季節も変わります。できれば、オールシーズン対応できるマタニティウェアを購入したほうが財布の負担も軽減できます。

冬だから、夏だから、といってその時期に応じたものを選んでしまうと、どうしてもその都度そろえる必要が出てきてしまいます。重ね着などで対応できるものや、シーズン問わず着回しできるものを何着か用意しておくと助かります。

お腹が大きくなると暑いと感じる方も多いようですから、その点も踏まえてマタニティウェアをチョイスしてみましょう。

定番のものをしっかり用意しよう

デザインが斬新で可愛いマタニティウェアも選びたくなりますが、まずは定番として着回せるものをいくつか用意しておきましょう。どの着こなしにも対応しやすいマタニティウェアを用意することから始めましょう。

暖かさを重視しよう

妊娠中のマタニティウェアで最も頭に入れておきたいのが、赤ちゃんの事。お腹を冷やさないのはもちろんの事、足や腕もカバーできるマタニティウェアを選びましょう。寒いと感じたらぱっと羽織れるものを揃えておくと重宝します。

締め付けない方が良いのはお腹だけではない

お腹はもちろん締め付けてはいけない部分ですが、妊娠中は足などにむくみを感じることもあるため、他の部分にも締め付けの少ないものを選びましょう。だからといって洗濯してすぐに伸びてしまうような服は避けたいですよね。

使われている素材などにも着目しておくと、賢くマタニティウェアを選ぶことができます。収縮素材のボトム等は足元まで暖かく、1つは持っておきたいマタニティウェアです。

腹帯とのマッチングも考えよう

月齢が上がると大きなお腹を支えるために腹帯をする場合がでてきます。一口に腹帯といってもタイプによって色々なものがあります。

お腹の大きさによって買い替えする必要が出てくる場合もありますので、ゆとりの持てる服を購入しておくと安心です。

洋服の下に装着しても、「シルエットが崩れないか?」「切り替えなどがあたって、苦しさを感じないか?」等も考えておくと良いでしょう。腹帯はマタニティウェアと一緒にそろえてみるのが一番いいでしょう。

今持っている服とのマッチングも考えて!

すべてマタニティウェアでそろえる事もできますが、今ある洋服も上手く活用していけると良いですよね。財布の負担を減らすためにも、今ある洋服との組み合わせも考えて購入するのもマタニティウェア購入のコツです。

ゆったりと着こなせる今ある服との相性も考えて、マタニティウェアを選んでみましょう。

これだけはそろえておきたいマタニティウェア!

マタニティウェア選びのポイントは分かったけれど、どんな服を用意しておけばいいのか悩んでしまう方もいることでしょう。ここでは、絶対にはずせないマタニティウェアをいくつか紹介します。

マタニティレギンス

やはり温めておきたい足元にはレギンスがおすすめです。長めのチュニックやワンピースと合わせても可愛くコーデできますし、履き心地を重視できるので、妊婦さんなら1つは持っておきたいアイテムです。

お腹をすっぽりと保温することもできますし、寒い時にはボトムの下にも履くことができるので重宝します。色や柄などで遊んでみても良いですね。

デニムボトム

ジーンズ素材のデニムは、どんなファッションでもコーデしやすいのでマタニティウェアでも定番のアイテムです。

収縮性の素材のお腹周りの調節が利くタイプのデニムを是非購入しておきましょう。値段がそれほど高くありませんので、一本は必ず購入しておきたいアイテムです。

マタニティトップス

マタニティのトップスもいくつか持っておきたいアイテムです。キャミソールを始め、色々な袖丈のトップスがありますが、できれば着回しの利くものをいくつか購入しておきましょう。

自分の持っているアイテムと合わせる時にも、お腹をしっかりカバーしてくれるだけの着丈がありますので、体を冷やすことなく着回せておすすめです。インナーとしても利用できるようなキャミソールタイプを用意しておくのも良いですね。

定番中の定番、ワンピース

少しかしこまった場にも着ていけるワンピースは、1つは持っておきたいアイテムです。お腹を締め付ける心配がありませんし、妊娠中フルに長く着回すことができます。

なるべくオーソドックスなデザインと色で収縮性のある素材を選んでおくと、色々なシーンで活躍してくれます。妊婦さんの間では楽ちんなマキシワンピが人気です。

普段使いから、お出かけまで着回せるとの口コミも多数あるワンピース。夏は涼しく過ごせますし、冬は足元までしっかり隠してくれ、その上体系までカバーしてくれる好評価なアイテムです。

靴の事も考えよう

素敵なアイテムで着飾ったら、足元も完璧にしたいものです。ですが、外出先で転倒してしまう危険がありますので、妊娠中のハイヒールは我慢しましょう。

お腹の中の赤ちゃんが元気でいてくれることが、一番大切です。わずか10か月ほど我慢をすれば、また足元のおしゃれも楽しめますし、ヒールがなくてもオシャレでかわいい靴はたくさんあります。

ハイヒールは一時お預けにし、他のヒールの無いアイテムを見つけましょう。

関連記事>>妊婦さんの失敗しない「ヒール靴」の選び方

パジャマも一緒にそろえておこう

お腹が大きくなるとパジャマも今まで着ていたものでは、苦しくなってしまいます。マタニティウェアを揃える時には一緒にパジャマも購入しておきましょう。

できれば、出産のために入院する時にも使えるアイテムを購入しておくと良いでしょう。産後に授乳することを考えて、前ボタンのものや切り替えがあるものがおすすめです。部屋着としても使えるようなデザインを選ぶのも便利です。

財布に優しいコーデを考えよう

妊娠中は下着から、マタニティウェア、赤ちゃんの準備と何かとお金のかかることが多いもの。おしゃれしたくてもそれほど手が回らないという方も少なくありません。

まずは、絶対にコーデに必要となってくるアイテムから順番にそろえていきましょう。色や形など、着回せるものから購入するのが賢いマタニティウェア選びです。定番といえるアイテムから購入していくと財布の負担にならずにおしゃれを楽しめますよ。

マタニティ中もおしゃれを楽しんで!

ホルモンが大きく変化し、体調が崩れたりすることの多い妊娠中は、気分が優れないことも多いもの。そんな日こそ、マタニティウェアでおしゃれを楽しみましょう。

女性は好きなコーデを楽しんでいる時って、テンションが上がりますよね。お母さんが楽しむことは、胎教にとっても良いことです。お母さんの楽しい気分、幸せな気分が、お腹の中の赤ちゃんに伝わるのです。

おしゃれして胎教できるなんて最高ですよね。自分の好きなマタニティファッションを見つけてチャレンジしてみましょう。

妊娠中も普段と変わらずオシャレを楽しめるマタニティウェアを見つけるならコチラ
>>マタニティウェア通販 ココマミー

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる