妊婦さんはナチュラルチーズNG

妊婦さんはナチュラルチーズNG!?食べてもいいチーズは?




妊娠中の女性は、食事をする上でもいくつか気をつけるべきポイントがあります。栄養をつけることがとても大切ですが、その反面で感染症のリスクの高い食べ物などは避けなければなりません。

できるだけ生ものは控えた方がいいといわれていることから、生の肉などは特に食べない方がいいとされています。

お刺身などは絶対に食べてはいけないなどと決め付ける必要はありませんが、控えた方がいいことに間違いはありません。

また、生ものといえば生肉やお刺身だけでなく生のチーズがあります。しかし生のチーズについて詳しい知識をお持ちでいない妊婦さんは、頻繁に食べてしまうこともあるでしょう。

ナチュラルチーズを食べると良くないなどといわれていますが、クリームチーズやナチュラルチーズなどの違いが分からずストレスに感じてしまう妊婦さんもいます。

そこで今回は、

・妊娠中にナチュラルチーズを避けるべき理由とは?
・妊娠中に食べても大丈夫なチーズは何?
・絶対にナチュラルチーズは食べてはいけないの?

といった方に、妊娠中にナチュラルチーズを食べない方がいい理由や、食べてもいいチーズについて詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

妊婦さんはナチュラルチーズを避けた方がいいといわれる理由

ナチュラルチーズを避けた方がいい
妊婦さんがナチュラルチーズを避けた方がいいといわれている理由は、生のお肉やお魚と同じように感染症へのリスクが高くなるからです。

特にナチュラルチーズに含まれている菌に感染してしまうと、妊婦さんの場合、通常時に比べて20倍以上もの感染力があるといわれています。そのため健康的な妊娠生活を過ごすためにもナチュラルチーズを避けましょう。

細菌への感染リスクがある

ナチュラルチーズを食べることによって、感染してしまう細菌というのはリステリア菌になります。

生の状態でチーズを食べてしまうことでリステリア菌に感染することがあり、このリステリア菌は胎児にとって悪影響を与えるので食べない方がいいといわれているのです。

リステリア菌とは

リステリア菌というのは生のチーズに繁殖している細菌ですが、妊婦さんがリステリア菌に感染してしまうと、前述の通りお腹の胎児にも大きな影響を与えてしまうことになります。

リステリア菌に感染してしまうと、胎児の水頭症や髄膜炎などを引き起こしてしまう可能性が高くなるのです。

また、この他にも妊娠初期の段階でリステリア菌に感染してしまうと流産のリスクが高くなってしまったり、妊娠中期以降に感染してしまうことで早産を引き起こす、または死産を引き起こす可能性が高くなります。

またリステリア菌に感染すると、それだけでも食中毒の症状が出てしまいますので、ひどい下痢や吐き気、発熱、さらにひどい場合には痙攣を起こすことや意識障害を起こしてしまうこともあるのです。

これを防ぐために妊婦はナチュラルチーズを食べるべきではないといわれています。

ナチュラルチーズ、クリームチーズの違い

チーズの違い

さて、ナチュラルチーズを妊婦さんが食べるのはよくないといった理由を挙げてご説明しましたが、ナチュラルチーズというのはどのような種類なのでしょうか。

クリームチーズが大好きなので、スイーツをはじめとして食べることができないのは、辛いと思ってしまう妊婦さんもいるでしょう。

チーズにはナチュラルチーズ、クリームチーズ、プロセスチーズなどさまざまな種類がありますが、ナチュラルチーズは火を通していないチーズのことを指しています。

製造方法が違う

ナチュラルチーズとクリームチーズに関しては、まず第1に製造方法が違っているのです。それぞれのチーズによって製造方法がありますが、特にナチュラルチーズの場合には、やはり細菌が繁殖してしまう可能性が高い製造方法となっているのです。

加熱してないものがナチュラルチーズ

ナチュラルチーズは、製造する過程の中で加熱をしていないものとなります。一例としてどのようなものがあるかもを紹介しましょう。

・カマンベールチーズ
・リコッタチーズ
・モッツァレラチーズ
・ゴルゴンゾーラチーズ
・ブルーチーズ
・パルミジャーノレッジャーノチーズ
・チェダーチーズ

以上がナチュラルチーズに分類されているものとなります。スーパーなどでも見かけることが多く、このようなチーズが大好きな妊婦さんも多いでしょう。

上記の中にクリームチーズが含まれていませんが、クリームチーズはナチュラルチーズではないのでしょうか。

クリームチーズは加熱してあるから安心

クリームチーズは製造する過程の中で加熱処理を行っていますので、妊婦さんでも安心して食べることができます

その他にも、妊娠中に安心して食べられるチーズはプロセスチーズがあります。パンなどに乗せてそのまま食べられるスライスタイプもあれば、食べやすい大きさにカットされ、三角で販売されているものや四角いブロック状で販売されているものなどもあります。

クリームチーズやプロセスチーズであればナチュラルチーズに熱を加えて製造していますので、リステリア菌の心配をすることなく食べられるのです。

絶対にナチュラルチーズは食べられない?

食べられない

ナチュラルチーズはどうしても感染リスクがあるため、食べない方がいいとされていますが、妊娠中は絶対にナチュラルチーズを食べることができないのでしょうか?

特にナチュラルチーズが大好きな妊婦さんは、食べられないというストレスを感じてしまうことになります。しかし、一度でも食べてはいけないというわけではありません。

一定の条件を満たすことによって妊婦さんでもナチュラルチーズを食べることができます。

ナチュラルチーズを加熱すれば更に安心

ナチュラルチーズは国内産であっても、リステリア菌への感染が不安だという妊婦さんはナチュラルチーズを加熱しましょう

ピザをはじめとして、グラタンなどのように加熱するお料理ならば安心して食べられます。ナチュラルチーズに繁殖するリステリア菌は加熱することによって死滅しますので、こういった方法で食べましょう。

ただし、このようなお料理であっても、やはり外食する際にはどの程度加熱してあるのかを判断するのが難しくなるため、食べるのは避けた方がいいです。

家庭でお料理をする際には、ナチュラルチーズを加熱して食べるようにしましょう。またパルミジャーノレッジャーノチーズに関しては、開封した状態で長期間にわたり保管してあったものは、サラダやパスタなどに使用するのは避けましょう。

グラタンなどに使用し、加熱してから食べるのであれば安心です。

パルミジャーノレジャーノチーズはナチュラルチーズの中でも手軽でサラダなどに使用し食べることが多いので、開封してからの保管期限には注意が必要になります。

信頼の置けるメーカー品ならば安心

国内で製造され販売されているナチュラルチーズに関しては、基本的に安心して食べられるといえます。国内で製造されているナチュラルチーズは製品管理などもしっかりとしており、品質管理についても徹底しています。

そのためリステリア菌に感染してしまうリスクほとんどありません。日本はその他の諸国に比べると、品質管理などの基準そのものが非常に高く厳しいものとなっています。そのため国内で製造されているものであれば安心して食べられるのです。

外食や外国産は避けた方がいい

外食をした際に、ナチュラルチーズを食べてしまうことや、リーズナブルな価格で販売されている外国産については避けましょう。

このようなナチュラルチーズは、どのような処理が行われているのがわからないため、リステリア菌感染のリスクを懸念しなければなりません。

安心して食べるためには、やはり国内産を選び、少量を食べるというのが1番になります。

加熱してあっても食べ過ぎには注意

食べ過ぎに注意

国内で製造されているナチュラルチーズは前述の通り、品質管理がしっかりと行われていますので安心して食べることができます。

また、ナチュラルチーズだけではなく加熱してあるチーズを食するという妊婦さんもいますが、リステリア菌への心配が無くてもチーズの食べすぎには注意が必要です。

体重の増加へのリスク

妊婦さんは出産を迎えるまで、ある程度体重の管理をしていかなければなりません。極端に体重が増えてしまうのは出産する時のリスクが高くなります。

そのため、体重の増加が著しくなるとクリニックでも注意されてしまいます。チーズはカロリーも高く少量であれば問題ありませんが、毎日のようにたくさん食べてしまうことによって体重の極端な増加を招きます。

塩分の取りすぎにつながることがある

ナチュラルチーズやクリームチーズなどは塩分の高い商品もたくさんあります。そのためチーズを食べ過ぎてしまうのは、塩分の取りすぎにつながってしまうのです。

妊娠中には体重の増加とともに塩分の取りすぎにも注意しなければなりません。出産に向けてのリスクを低減させるためにも、チーズの食べ過ぎには注意してください。

特にナチュラルチーズの場合はサラダとしてドレッシングをかけるといった方法や、その他にも味の濃いお料理と合わせるというケースが多いため、頻繁に食べてしまうとそれだけ塩分の摂りすぎの懸念が高くなってしまうのです。

チーズを食べてこんな症状が出たら受診

こんな症状が出たら受診

ナチュラルチーズであっても国内で作られているものであれば、妊婦さんが食べても問題ありません。ただしどのようなチーズであっても、食べた後に以下の症状が出た場合には速やかに受診してください。

妊娠前は何の問題もなくチーズを食べていたという妊婦さんであっても、妊娠中は体が敏感になりますので、特にナチュラルチーズを食べることによって、アレルギー症状が出てしまうこともあります。

また、リステリア菌に感染してしまったときでもさまざまな症状が出るので受診が必要になります。

目がかすむ、痛む

テレビなどを見ていても何となく目がかすんでしまうというケースや、その他にも目の奥が痛くなる、または目の周辺が痛くなるといった症状になります。

目の周辺の毛細血管などに影響が出ると、このような症状が出ますので異変を感じたら無理に目をこすってしまうのではなく受診しましょう。

喉が痛くなる

アレルギー症状をはじめとして、リステリア菌に感染してしまった場合には喉の粘膜が敏感に反応し痛くなることがあります。

熱が出てしまう

リステリア菌の繁殖感染は食中毒となりますので、発熱してしまうこともあります。突然高熱が出てしまった時や、その他にも普段より熱が高いと感じるようであれば、ナチュラルチーズによるリステリア菌への感染を疑い、念のため受診しましょう。

リンパ節が痛くなる

リステリア菌がリンパ節に入り込むと、強い痛みを伴うことがあります。

リンパ節は体のさまざまな場所にありますが、節々が痛いと感じる場合や、その他にも顎の下部分のリンパ節が痛む、首の付け根や脇の下などのリンパ節が痛む場合にも、リステリア菌による食中毒を疑いましょう。

ナチュラルチーズによるリステリア菌感染は治療できる?

リステリア感染は

ナチュラルチーズを食べて妊婦さんがリステリア菌に感染してしまった場合には、治療できるのかと心配をしてしまいます。

リステリア菌が胎児に及ぼす影響は非常に大きなものです。万が一妊婦さんがリステリア菌に感染してしまった場合には、受診することによって専用の薬を処方してもらうことができます。

薬を服用することによって体内のリステリア菌は死滅させることができるので、食中毒そのものも治すことができます。ただし、できる限り早くリステリア菌に感染してしまったという状況を診断しなければなりません。

ナチュラルチーズを食べてから、どの程度時間が経過しているのかによって、胎児への影響も変わってくるため、ナチュラルチーズを食べたあとはー何かしら変化が起きるようであればスピーディーに受診することが大切になるのです。

ナチュラルチーズを食べるなら国内品を選びましょう

国内品を選びましょう

妊婦さんは絶対にナチュラルチーズを食べてはいけないのではありません。多少であれば食べても問題ありません。

やはりどのような食品であっても、国内で製造されたものは安心感が違います。海外で製造されたものについては品質管理の状態などを把握することができないため、避けることが大切です。

少しでも将来に不安を感じるあなたに・・・

妊娠や出産をきっかけに、ライフスタイルや家計のバランスは大きく変化します。中でも、産後の働き方について考えるママは少なくないでしょう。

・子育てに理解ある会社で働きたい!
・近場で好条件の職場はないかなぁ?
・未経験OKの職場があれば挑戦したい!
・夫だけの収入に頼るのは少し不安。
・フルタイムでないと保育園に入れない。
・だけど転職や仕事探しって大変そう・・・

と考えたことはありませんか?

実は、そんなあなたにおすすめなのが「リクナビNEXTグッドポイント診断

転職や仕事探しに成功した約8割もの人が利用する人気の求人サイトで、まずは、あなたの強みを把握しましょう!診断後にスカウト登録をしておくだけで、思いがけない企業からあなたにオファーが届くことも

多くの女性が「リクナビNEXT」で理想の仕事探しに成功しています。あなたも一歩踏み出してみませんか?

あなたの強みを発見しよう!→リクナビNEXTグッドポイント診断

相談して転職を考えていきたいあなたは→リクルートエージェント

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる