large_462370768

妊娠周期と体の変化




妊娠周期の数え方や、日々変化する母体、胎児の状態など、妊娠周期ごとにまとめました。あらかじめ出産までの流れを把握しておくことで、心構えはもちろん、妊娠中の予定のたて方にも活かしてもらえると思います。

以下のページではさらに詳しく、妊娠期ごとにご紹介しています。
>>妊娠周期一覧

スポンサードリンク

今は何ヶ月?妊娠周期の数え方

一般的に、最後に月経があった日から、10ヶ月程度で出産といわれてきました。昔から十月十日とよくいったものです。しかし、厳密には280日±15となっています

世界保健機構では、1週を7日で、妊娠歴1ヶ月を28日、正常な妊娠持続期間を280日とする指針を出しており、そうすると最終月経の開始日が、妊娠0週0日となります。

最終月経開始日を0として、14日目が妊娠2週目開始日、そして28日目が妊娠2ヶ月目開始日となります。

くるはずの月経が来ず、予定日1週間を過ぎた頃に初めて診察にいき、妊娠2ヶ月と言われよく理解できない方もいることでしょう。

周期の数えでいうと、妊娠2ヶ月は生理予定日からを指し、実際には受精してから2週間しか経っていない状況なのです。

しかし、この計算は月経周期が28日の場合です。排卵をいつしたのかが、考慮されていない為、月経周期が長い人は胎児の発育が悪いのではと、心配になってしまいます。

例えば、月経周期がおよそ33日で一定化している人は、排卵日も5日遅いと考え、妊娠周期も5日遅らせて計算します。

また、月経周期が不安定な人は、基礎体温をつけてる場合のみ有効ですが、低温期から高温期に移行した日を、2週0日、つまり排卵日とし妊娠周期を計算します。

また、病院によっては胎児の成長状態を計測し、排卵日を逆算して妊娠周期を訂正するところもあります。

妊娠周期を自分で把握し、その周期ごとの母体の状態、胎児の状態を理解することは、安心した妊娠生活を送るために、非常に重要なことです。妊娠した今、自分の健康管理が赤ちゃんの健康管理にも繋がるのです。ママになる第一歩として、周期における母体と胎児の状態を、勉強していきましょう。

周期ごとの母体と胎児の様子

では、母体と胎児の変化の様子について妊娠週数ごとにみていきましょう。

妊娠1ヶ月・妊娠0週,1週,2週,3週

最終月経開始日から、排卵日までが妊娠1週目です。まだ受精していない、準備段階ということになります。

個人差がありますが、排卵日が近づくと、通常はドロっとしているおりものが、サラっとした伸びのある感じになります。10cmほどの、伸びがみられる場合もあります。

これは、精子が卵子までたどり着くのを、助けるためと考えられています。

また、排卵日前後に、排卵痛を感じる人もいます。症状は、下腹部の左右どちらか一方が、チクチク痛んだり、痛みと同時に少量の出血がみられることもあります。

これは、卵胞が卵子を放出した際による出血です。一般的には、排卵出血は問題ありませんが、子宮内膜症など他の病気でも出血する可能性がありますので、1度診察を受けた方が良いでしょう。

妊娠2週目の時期、たった一つ放出された卵子と、数億から選ばれた一つの精子が出会い、受精が行われます。

さらに、受精卵となって卵管を通り子宮へと向かっている頃です。この頃は、まだ妊娠していると気づきません。この頃はホルモンの分泌が増え、細胞分裂も盛んに行われています。

▼以下のページでは、妊娠1ヶ月についてさらに詳しくご紹介しています。
>>妊娠1ヶ月

妊娠1ヶ月のうちは、赤ちゃんのことは胎児とはいいません。妊娠7週目までは、胎芽と呼ばれています。

妊娠2ヶ月・妊娠4週,5週,6週,7週

妊娠していなかった場合に、月経予定日となるはずだった日が、もう妊娠2ヶ月ということになります。この頃になると、微熱が続いたり、身体がだるかったり、下腹部が重い感じがする、胸が張る、おりものが増えるなど、いつもと違う身体の変調に気づき始めます。

市販の、妊娠検査薬でも、検査ができる時期で、初診を受ける人が多くなります。また、早い人では、この頃から吐き気(つわり)があります。つらい時期になりますが、赤ちゃんのために乗りきりましょう。

妊娠2ヶ月の赤ちゃんは、7週の終わり頃には身長2cm、体重は4gに成長しています。まだ頭と胴体の2頭身で、この頃に視聴覚神経や脳が発達していきます。心臓や腎臓などの臓器も作られ、目、鼻、口も作られます。

厚生省は、赤ちゃんの成長を助けるために、妊娠3ヶ月までに葉酸の摂取を勧めています。

>>葉酸サプリの正しい選び方とおすすめの葉酸サプリランキング
>>葉酸サプリはいつからいつまで必要?妊娠期毎の葉酸の役割
>>葉酸はいつ飲む?赤ちゃんの疾病予防に必要な葉酸について!

葉酸は、ブロッコリー・いちご・ほうれん草に含まれますが、最近では葉酸タブレットなどもあります。しかし、摂取のし過ぎは、喘息になる可能性がありますので、適切な量の摂取が大切です。

また、妊娠2ヶ月は、流産しやすい時期でもあります。気にし過ぎる必要はありませんが、日々の行動に、配慮が必要です。

また、インフルエンザや風疹など、母親が感染すると、赤ちゃんに害が及ぶ可能性が高い病気には、十分注意しましょう。

▼以下のページでは、妊娠2ヶ月についてさらに詳しくご紹介しています。
>>妊娠2ヶ月

妊娠3ヶ月・妊娠8週,9週,10週,11週

この頃は一番つわりが辛い時期です。多くの妊婦さんが、吐き気の他に、唾が溜まったり、胸がつかえる感じがするなど、つわりの症状をおぼえます。

つわりは大変個人差があり、全く無かったという妊婦さんもいれば、産む瞬間までつわりがあった、という方もいます。多くはこの妊娠3ヶ月頃がつわりのピークで、少しずつマシになっていきます。

また、子宮の大きさがこぶし程になり、腸を圧迫することにより頻尿になったり、黄体ホルモンの影響で腸の動きが鈍くなり、便秘になったりします。

ゴボウなど、食物繊維を多く含む食事をとり、自然排便を促しますが、あまりにもひどい時は市販の薬ではなく、産婦人科の医師に処方してもらいます。

また、便秘の解消など、腸内環境の改善にはオリゴ糖も効果的です。
>>妊婦さんの便秘や下痢にオリゴ糖が良い理由とおすすめのオリゴ糖

赤ちゃんは8週目から、胎芽ではなく胎児と呼ばれるようになります。手の指が分かれてきたり、唇、鼻の穴ができてきます。

10週目にもなると、身長5-6cmに成長し、エコー検査では、手足を元気いっぱい動かしている様子が伺えます。

11週には、身長は約10cm、体重は20gにもなり、お母さんのお腹は、まだまだ目立ちませんが、胎児は、日々大きくなっているのです。

▼以下のページでは、妊娠3ヶ月についてさらに詳しくご紹介しています。
>>妊娠3ヶ月

妊娠4ヶ月・妊娠12週,13週,14週,15週

この時期の大きな出来事といえば、胎盤の完成です。胎盤ができあがったことにより、流産の危険性がさがり、いわゆる安定期に入ります。

また、直接母親から、栄養を取れるようになり、胎児の成長がさらに加速されるのです。一ヶ月で身長は3倍、胎児の体重は5倍ほどUPするといわれています。

つわりがひどい方でも、この時期に終わる人が、多いとされています。しかし、その反動で食欲が増してきて、体重が一気に増えてしまったという人もいます。栄養バランスを、しっかり考えて食事を取りましょう。

さらに、基礎体温が妊娠してからずっと高温期を保っていましたが、この時期になると下がってきて、体のだるさが解消されます。

胸や下腹部が少しふっくらしてきて、早い人だと見た目で赤ちゃんがいると、気づかれるようになります。それに伴い、普段使用している下着がきつくなってきますので、マタニティ用の下着を準備しましょう。

また、メラニン色素の変化により、ソバカスや吹き出物が増えてくる妊婦さんもいます。

▼以下のページでは、妊娠4ヶ月についてさらに詳しくご紹介しています。
>>妊娠4ヶ月

妊娠5ヶ月・妊娠16週,17週,18週,19週目

妊娠5ヶ月になると安定期といわれ、一般的には、もっとも過ごしやすい時期です。この時期の嬉しいこととして、17-19週くらいから、胎動が感じられるようになります。

自分のお腹の中に、赤ちゃんが育っているのを実感できる嬉しい瞬間です。まだ胎動を感じない人も、焦ることはありません。

特に初妊婦さんは、胎動がどんなものか分からず、気づいていない可能性もあります。腸がゴロっと動く感じに似ています。また、下腹部あたりで、ポコポコしたり、ドンという感じがするのが胎動です。

つわりが終了して、食欲が出てくる時期になります。適度に運動を取り入れたりして体重管理に努めることが、赤ちゃんにとっても、自分にとっても重要なことです。

また、安定期のうちに、赤ちゃんのために学資保険に加入しておきましょう。
>>学資保険を妊娠中に選ぶメリットと学資保険の選び方のコツ

赤ちゃんはというと、手には爪がはえてきたり、指には指紋ができてきます。身長は22-24cm、体重は24gほどに大きくなっています。 手足の動きが活発になり、反射的に口に近づいた物に吸いつくことから、指しゃぶりもできます。

これは将来、おっぱいを飲むための練習といえます。産毛も全身に生えてきて、全身に対する頭の比率が下がり、人間らしい姿になってきます。

▼以下のページでは、妊娠5ヶ月についてさらに詳しくご紹介しています。
>>妊娠5ヶ月

妊娠6ヶ月・妊娠20週,21週,22週,23週

ほとんどの妊婦さんが、胎動を感じられます。一方、お腹が前に出てきて、そり反った姿勢をすることが多くなり、腰痛に悩まされることもあります。

体調面では、比較的落ち着いている頃なので、夫婦や家族の旅行などは、この時期が適しているといえます。また、授乳に備えて乳腺が発達し、乳房も大きくなってきます。乳房に不安がある人は、この時期からケアをスタートしますので、病院でも相談することが必要です。

この時期、カンジダ膣炎になりやすいので、下着を清潔に保ち、無理のないゆったりした生活を心がけましょう
>>妊娠中期に気を付けたいカンジダ膣炎!赤ちゃんへの影響は?

赤ちゃんは、妊娠6ヶ月末には身長は約30cm、体重は約600グラムに成長しています。外性器が完成しますので、性別の判別が可能になります。聴神経が発達して、音が聞こえるようにもなります。この時期からいろいろ話しかけると、赤ちゃんも安心を得られます

また、まだ目は見えませんが、眼球を上下に動かし、まばたきすることができます。消化器官が発達して、羊水を飲んで尿として出すことも、お腹の中で行っています。

▼以下のページでは、妊娠6ヶ月についてさらに詳しくご紹介しています。
>>妊娠6ヶ月

妊娠7ヶ月・妊娠24週,25週,26週,27週

この時期は、ますますお腹が出てきます。中には足がむくんだり、便秘に悩まされる妊婦さんもいます。便秘を防ぐために、適度な運動と、野菜中心の食事が大切です。ひどくなった場合は、自分で判断するのではなく、必ず医師に処方してもらいましょう。

また、夜寝る時に息苦しくなり、あお向けに寝ることができなくなります。クッションを足に挟んで、横向きに寝ると楽になります。

さらにこの頃から、早産の危険性が出てきます。お腹が張った時は、横になって身体を休めましょう。この頃、急激に太ると、妊娠線ができてしまいます。体重管理に気をつけ、保湿をしっかりして、予防することが大切です。

>>おすすめの妊娠線予防クリームと市販のボディクリームとの違い

妊娠中期最後の、妊娠7ヶ月の赤ちゃんは、身長は約35cm、体重はおよそ1kgになっています。視神経が発達してきて、明暗を感じることができるようになっています。聴覚はさらに伸び、お腹の外の音も聞こえます

また、味覚や嗅覚も発達してきて、母体が甘いもの辛いものを食べると、それを判別して感じるといわれています。鼻の穴も完成、呼吸器もほとんどできあがっています。まだシワだらけですが、髪の毛も伸びてきて可愛らしくなってきます。

▼以下のページでは、妊娠7ヶ月についてさらに詳しくご紹介しています。
>>妊娠7ヶ月

妊娠8ヶ月・妊娠28週,29週,30週,31週

いよいよ妊娠後期に突入です。この時期は、特に妊娠中毒症に、注意が必要です。カロリーを考えた食事、塩分を控えめにすることなどが予防になります。

また、子宮の収縮により、お腹の張りを感じることが度々あります。横になっておさまるようなら、問題ありません。しかし、張って硬くなった状態が続くようなら、早産の可能性がありますので、必ず病院に行きましょう。

お腹が大きくなり、足元が見えにくくなります。階段の昇り降りなど、注意が必要です。また、足がつったり、腰痛がひどくなったり、色々と身体の不調が出てきますが、赤ちゃんと出会えるのももうすぐです。夫婦で支え合って、頑張りましょう。

この頃の赤ちゃんは、身長は約40cm、体重は1.5kg、心臓や腎臓などの内蔵器官が、ほぼ完成していますが、肺だけはもう少し時間が必要です。骨格などもしっかりしてきて、身体にも筋肉がついてきます。羊水を飲み込んで、肺で膨らまし吐き出す作業をします。これは、肺呼吸の練習と考えられています。

ほとんどの胎児が頭を下にしてる状態でいますが、この頃逆子であっても、まだスペースがあるので、心配し過ぎは良くありません。医師に相談して逆子体操などをしてみましょう。

▼以下のページでは、妊娠8ヶ月についてさらに詳しくご紹介しています。
>>妊娠8ヶ月

妊娠9ヶ月・妊娠32週,33週,34週,35週

お腹が大きくなったことで、胃や肺が圧迫され、食欲が少し落ちる人もいます。また子宮の収縮による、お腹の張りを頻繁に感じる時期です。歩き続けたり、長時間立ったままだと、よく起こります。お腹を触ってみて、硬くなっていて、張りの頻度が一日に5回程度なら、問題ありません。

赤ちゃんが膀胱を圧迫して、頻尿になります。我慢せずに、行くよう心がけましょう。また尿もれなどすることもありますので、下着はこまめに取り替えて、清潔に保ちます。

この頃、足の付け根がつるような感覚がありますが、これは子宮が骨盤を圧迫し、足の靭帯が引っ張られることによっておこります。もうすぐ出産です、リラックスして妊娠生活ラストを過ごしましょう。

赤ちゃんは9ヶ月終わりには、身長は45cmほど、体重は2.5kg近くになっています。肺が機能し、自律神経も発達してきます。心拍、体温の調整ができるようになってきます。

また、昼と夜も分かりますが、まだ睡眠は20-40分おきに寝たり起きたりを、繰り返しています。表情が豊かになり、笑ったりしかめ面したりなど、微笑ましい様子がエコーで伺えることがあります。

▼以下のページでは、妊娠9ヶ月についてさらに詳しくご紹介しています。
>>妊娠9ヶ月

妊娠10ヶ月・妊娠36週,37週,38週,39週

いよいよ、赤ちゃんとの対面が近づいてきました。子宮がかなり下がり、胃の圧迫が少しおさまります。食欲が出てきますが、急な体重増加は出産時に負担となりますので、気をつけましょう。膀胱が圧迫され、さらに頻尿が続きます。

妊娠10ヶ月に入ると、検診は毎週行われます。子宮の収縮(お腹の張り)と、痛みが一定の間隔を開けて起こるようになってきたら、いよいよ出産の時期がきたというサインです。

陣痛かどうか分からないという、初妊婦さんもいますが、次第に我慢できないほどの痛みとなり、自分で痛みの間隔をチェックすれば必ず分かります。20分がしばらく続き、15分になりという様に、次第に間隔が縮まってきたら、赤ちゃんに逢える時間がきたということになります。家族に連絡して病院へ向かいましょう。

赤ちゃんは、37週を過ぎれば、ほぼいつ出ても大丈夫なくらいに成長しています。身長は50cm、体重は3kg前後になっています。また、赤ちゃん自ら、頭を骨盤に固定して準備に取りかかります。 出てからの授乳に備えて、口の周りの筋肉や、歯茎も立派になっています。

羊水の中で、まわっていたので、へその尾が首に巻きついてる可能性もあります。その場合は、医師から出産方法についての提言がありますので、家族で相談しましょう。

▼以下のページでは、妊娠10ヶ月についてさらに詳しくご紹介しています。
>>妊娠10ヶ月

赤ちゃんに出逢うまでに

周期ごとの様子をみてきましたが、もちろん個人差があるので、周期ごとの胎児の体重に、神経質になる必要はありません。体調面や、お腹の様子(胎動の有無)などで、心配や不安を感じた場合は、検診を待たずに医師に相談するようにしましょう。

最近は、妊娠ライフを楽しく過ごすために、公共施設での母親学級や、父親同伴のマタニティスクールなどがあります。赤ちゃんに出逢うまでの貴重な時間を、有意義に実りある生活にしていくことが、お腹の赤ちゃんにとっても安心できる、楽しい10ヶ月となることでしょう。

photo credit: Mother_Flickr via photopin cc

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる