妊娠線クリーム

妊娠線予防におすすめのクリームと市販のボディクリームとの違い


お腹が大きくなるにつれて、出来てしまう「妊娠線」ですが、妊婦さんの約半数以上の方がこの妊娠線で悩んでいると言われています。妊娠中は紫色に腫れ上がり、出産後はテカテカと目立つ妊娠線は、「できることなら作りたくない」と全ての妊婦さんが考えることでしょう。

そのためには、妊娠中のケアが非常に重要になります。今回は、

・市販のボディクリームでも十分でしょ?
・妊娠線クリームとボディクリームって何が違うの?
・どんな妊娠線クリームが予防に効くの?

といった方に、妊娠線予防クリームと市販のボディクリームの違いと、妊娠線予防クリームの選び方、おすすめの妊娠線予防クリームについてご紹介します。

妊娠線を絶対に作りたくない!と考えているママさんは、ぜひ参考にして下さい。

妊娠線予防クリームと市販のボディクリームの違いとは?

市販のボディクリームは、商品により成分が異なるため、一概にココが違うと、はっきりと言えるものではありません。しかし、ひとつ言えることは、利用者であるユーザーが「求めるものが違う」ということです。

市販のボディークリームは、お肌がすべすべになったり、ツヤツヤになったり、シミやシワできにくかったり、良い香りであったりと、様々なユーザーの要望に応えるために、その成分も多種多様です。

それに対して、妊娠線予防クリームは、妊娠線を予防するといった明確な目的をもってユーザーは利用します。市販のボディクリームとは求められるものが違ってくるので、メーカーさんも妊娠線予防を最重要課題として商品開発をしています。

さらに、妊娠線予防クリームは、妊娠中に使うことを前提として作らているというのも特徴です。

妊娠線予防クリームに求めること

ユーザーである私たちは、妊娠線を作らないこと以外に、妊娠線予防クリームに、どのような成分や効果を求める必要があるのでしょうか。

妊娠線が出来るメカニズムは、急激なお腹の大きさの変化や増加はもちろんのこと、ホルモンのバランスの変化によるお肌の状態の変化も大きく影響してきます。妊娠線予防のクリームには、妊婦さんが安心して使えて、高保湿で、つわりの時も使える優しい香りや無香料といったことが必要です。それぞれみていきましょう。

安心な成分

妊娠中はホルモンのバランスも崩れがちで、体の様々な部分に変化があらわれてきます。今まで感じなかったことにも敏感に反応してしまったり、ストレスに感じたりすることもあります。

妊娠線予防クリームには、成分をよくよく吟味し、香料などの添加物を必要最小限に抑えることが求められてきます。

高保湿

妊娠線予防クリームには、通常の市販されているボディクリームよりも、さらに高保湿成分であることが求められます。また、有効成分が直に、気になる部分に効きやすくなっていることも重要です。

匂い

妊娠中には、今までとは好みのものが変わったり、香りや肌触りなどにも妙に敏感になったりするものです。中でも香りには、妊娠時以外とは異なり、案外気になってしまう方も多くなっています。特に、つわりの時期などには、香りによって体調や食欲までも崩してしまう方もいるほどです。

妊娠線予防は、「早い段階から」「継続的に」「毎日行う」ことがとても大切になってきますので、香りなどに左右されたり、毎日余計なストレスを感じたりすることなく、継続してケアが出来ることが必要になってきます。

そのため、妊娠線予防クリームには、余計な香料を添加することなく作られていることが求められます。

無駄な成分がない

市販のボディクリームには、妊娠線予防の効果には、あまり関係のない成分も含まれていることが多くなっています。例えば、防腐剤として使用される「パラベン」は、天然由来のものではなく、石油由来の成分になります。

もちろん、これらが直接お腹に影響を与えるものではありませんが、必要のないと分かっている成分を、デリケートな時期にあえて使う必要は全くありません。

妊娠線クリームは実績で選ぼう

妊娠線を作らないこと1点に特化して作られている、妊娠線予防クリームですが、中には、市販のボディークリームで妊娠線の予防に成功したといった例も聞きますが、個人差が大きく、年齢や肌質、体型などによっても妊娠線のできやすさは変わってくるので、誰にでも当てはまるものではありません

妊娠線予防クリームには、お肌になんらかのトラブルや不安があったり、妊娠線ができやすいとされる、

・ぽっちゃり体型の方
・乾燥肌の方
・小柄な体系の方
・多児を妊娠している方
・経産婦の方

といった方も、実際に利用し、多くの実績をあげているものがあります。妊娠線ができてしまってから後悔することを思うと、しっかりとした実績のある妊娠線クリームを使うことが大切です。

おすすめの妊娠線予防クリームランキング

様々な妊娠線予防クリームが販売されていますが、その中でも、先ほど紹介した妊娠線予防クリームとして、十分な要件を満たしたものをご紹介します。

No,1 ベルタマザークリーム

ベルタ妊娠線クリーム

・定期コース初回500円(以降4,980円)※6ヶ月継続
・お試し6,980円

オーガニック成分も5種類配合、さらに、価格もこれまでよりお求めやすくなりました。人気の商品でも、とことん改良していく企業姿勢に感銘を受けます。

妊娠中の肌トラブルを解決してくれる「シラノール誘導体(ヒドロキシプロリシランCN)」をはじめ、葉酸、3種類の美容成分、アミノ酸、5種類のビタミンと多くの有効成分が配合されています。

・5種類のオーガニック成分
・角質層からからケアしてくれるコエンザイムQ10
・もちもち素肌へ導いてくれるへスペリジン

が、リニューアルを機に配合されており、これまで以上に贅沢になりました。

・8種の無添加
・シラノール誘導体の配合
・プラセンタやヒアルロン酸、コラーゲンといった美容成分配合
・葉酸などビタミン5種、アミノ酸配合

といった、これまでの有効成分もしっかりと配合されています。国内の医薬品レベルのGMP工場で生産されているので、品質に関しても十分な配慮がされており、安心して使える商品です

「シラノール誘導体(ヒドロキシプロリシランCN)」は、妊娠中の肌を引き締め、キメを整えたり潤いを与えたりする効果があります。コラーゲンの再構築作用や、肌の弾力性に対する修復作用も認められているため、妊娠線予防に高い効果が期待できます。

さらに、このシラノール誘導体は、海外では妊娠線予防に効果的であるとの研究結果がありますが、国産の妊娠線予防クリームで、シラノール誘導体を配合しているものは、非常に少ないのが実情です。

その中でも、この「ベルタマザークリーム」は、「無香料」「無着色」はもちろんのこと、これまで同様無添加に徹底的にこだわった作りなので、無添加へこだわりをお持ちの妊婦さんにもおすすめです。お肌への負担を最小限に抑え、長期間にわたって、毎日たっぷりと使用しても安心です

ただ、1点気になる点があります。定期購入でも一日あたり145円となり、少し高価という点です。

それでも、妊娠線予防クリームに限ってみた場合、これくらいのお値段の商品は少なくないのが実情です。コストパフォーマンスという視点で見ると、「決して高くはない」むしろ「お得」といっても過言ではないでしょう。

オーガニックと無添加にこだわり、たくさんの美容成分を含み、品質管理も徹底されていることから、金額以上の期待が持てる商品であることは間違いありません

また、産後の赤ちゃんのお肌は、特に入念に保湿をしてあげる必要がありますが、このベルタのマザークリームは、産後の赤ちゃんにも安心して使える点も強みです。

・妊娠線予防をこれから始める方
・妊娠線クリーム選びで後悔したくない方

といった方は、このベルタ妊娠線クリームが第一候補となるでしょう

一度できてしまうと厄介な妊娠線。後悔しない商品を選びましょう。

公式サイトはこちら→ ベルタマザークリーム

人気急上昇!『For fam(フォーファム)」ボディークリーム

For fam

・単品購入2,900円(約2〜3ヶ月分)※1日あたり約48〜32円
・ボディローションセット5,220円

妊娠線の予防はもちろん、新生児のスキンケアにまで使える保湿力抜群のボディークリームです

低刺激・高保湿ボディローションで、伸びがよく、しっとりしつつもベタベタしないので、デイリーに使いやすいのもポイント。無香料なので、妊娠中や後期までつわりが長引いても安心して利用できます。

低価格ながらも300gと大容量のため、毎日たっぷり使っても2ヶ月は持つので、経済的にも非常に頼もしい商品です

・妊娠線はお腹にだけにできるものではないため、全身にたっぷり使えること
・妊娠線予防はある程度長期戦であること

を考えると、お財布への負担はなるべく軽くしたいものです。そういった面でもこの『For fam(フォーファム)」ボディークリームは非常に使いやすくおすすめです。

また、品質面は新生児でも使えるほど気を付けられて作られ、無添加にこだわり、肌と同じ弱酸性で低刺激です。

通販で購入できる妊娠線予防のクリームでは、最低◯ヶ月継続といった定期購入でないと買えない商品や、単品購入が非常に高額といった商品が多いなか、2,900円の単品購入ができるという点は非常に嬉しい商品です。

安心安全はもちろん、大容量で遠慮なく使える妊娠線クリームをお探しの方は、『For fam(フォーファム)」ボディークリームを試してみましょう。

公式サイトはこちら→東尾理子さん愛用の赤ちゃんから使えるスキンケア

No,2 オーガニックレーベルのママケアクリーム



・トクトクコース 初回無料(送料相当500円税抜きのみ)
・二回目以降10%OFF送料無料 4,950円(税抜き)

オーガニックレーベルのママケアクリームは、妊娠中のデリケートなお肌のために開発された「妊娠線専用」クリームです。

・角質層までしっかり届いて柔軟性をキープするシラノール誘導体
・長時間の保湿を実現した24時間保湿のアクアスピード(R)
・肌本来の健やかな力を取り戻すEGF、HGF
・内側からハリツヤをキープする葉酸
・壊れやすいビタミンCを高い浸透力で肌に届ける新型ビタミンC誘導体(APPS)

といった、保湿・浸透・再生にこだわった実力派の成分をたっぷりと配合しています。

このクリームの一番の特徴は、国内ではまだ少ない、妊娠線予防の有効成分として海外では多数実績のあるシラノール誘導体が配合されている上に、保湿効果が1回の塗布で24時間持続し、さらに、小ジワに対して数時間で著しい改善作用が確認されていると注目の、アクアスピード(R)という保湿剤がメインに配合されているという点です。

さらに、ママとベビーにやさしいシアバターやアボカド、アルガンオイルなどのオーガニック素材に、国産馬プラセンタやWコラーゲンなどの美肌成分も豊富に配合されており、妊娠中の肌トラブルの予防だけでなく、できてしまった肌トラブルにもしっかり対応してくれます。

また、つわりの時期にも安心の無香料をはじめ、ママやお腹の赤ちゃんの安全を第一に考え、着色料やエタノールなども含まれない、8つの無添加を実現し、GMP基準に基づいて作られた信頼と安心の日本製です。

クリーム自体も、高保湿なのにさらっとしていて、塗った後に服を着てもベタつかず、無香料でイヤな匂いもしないため、毎日使うクリームとして使いやすい着け心地となっています。

お得なトクトクコース(定期)でも少し高価なクリームではありますが、それに見合う優れた成分と無添加にこだわった、妊婦さんの繊細なお肌にピッタリのクリームです。

さらに、妊娠中や授乳中の不安な時期に心配なことや不明な点を、出産経験のあるベテランママによるサポートスタッフが解決してくれるサポート体制もあるので安心です。

・ママでもキレイを保ちたい
・大切な時期だから成分にこだわりたい

といったママにぴったりのクリームです。

公式ページはこちら→1本が実質?0円?で手に入るチャンス!!【ママケアクリーム】

No,3 素顔のママで



・定期コース初回500円(以降3,980円)※4ヶ月継続
・お試し5,800円

妊娠線の予防だけでなく、できてしまった妊娠線に効果的なのは、なんといっても「素顔のママで」です。

無添加にもこだわった作りで、厚生労働省の許認可を得た医薬部外品なので化粧品よりも高い妊娠線予防と、妊娠線ケア効果が期待できます

妊娠線のケア・予防にかかせない保湿は、「ナノ化セラミド」「水溶性コラーゲン」「トリプルヒアルロン酸」でしっかりと保湿することができます。

また、有効成分である、「水溶性プラセンタエキス」と「グリチルリチン2K」が、ママのお腹にしっかりと浸透することで、妊娠線のない美肌へと導いてくれます。

医薬部外品ということで、薬という漢字が入っているため妊娠中は避けたいといった方もいるかもしれませんが、肌から吸収された成分は体内にまで簡単に届くものではありません。

さらに「素顔のままで」は成分的にみても安心して使うことができるため、妊娠中の使用でも胎児に悪影響を与える心配はありません。

産後のママのお腹に塗るぶんには、母乳への心配もいりません。できてしまった妊娠線のケアという面では、最高品質の商品です。

価格も初回500円(クレジットカードの場合)と、大変良心的な価格設定なのも嬉しいポイントです。

・妊娠線ができてしまった!?どうしよう!
・妊娠線らしきものが出てきた!
・どうせ使うなら効果の高いものを

といったママは、この「素顔のママで」をまずは試してみるといいでしょう。

公式ページはこちら→素顔のママで

No,4 ノコア(NOCOR)アフタートリートメントクリーム

妊娠線ケア NOCOR

・1本 6,980円(約1ヶ月分)※1日あたり約233円
・3本セット 19,389円(約3ヶ月分)※1日あたり約215円

できてしまった妊娠線にも非常に効果的なノコアアフタートリートメントクリームは、妊娠線予防にも高い効果が期待できます。

無添加にこだわって作られており、天然成分も豊富に配合されており、モンドセレクションで金賞も獲得しているので、品質面で心配は必要ないでしょう。

高価な高浸透型ビタミンC誘導体がベースとなっているため、肌の奥の奥まで有効成分が届く設計になっており、非常に贅沢な商品と言えます。

妊娠線の予防も、できてしまった妊娠線もなんといっても保湿が有効です。肌の奥深くまで、保湿してくれるので、皮膚が分厚い方でも安心して使うことができます。

ただ、気になる点は非常に高価であることです。妊娠線ができるかできないかわからない段階で使うには、少し躊躇するかもしれません。

それでも、高価ということは高品質な素材をとことん使った商品である証しとも言えます。

・絶対に妊娠線を作りたくない
・高価でも安心なものを使いたい

といった方は、ノコアアフタートリートメントクリームを使ってみましょう。

※ときおりタイムセールが行われていますので、公式サイトをチェックしておきましょう。

公式サイトはこちら>>ノコアアフタートリートメントクリーム

No,5 AFCストレッチマーククリーム

女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

・1本 2,800円(約1ヶ月分)※1日あたり約93円
・3本セット 7,500円(約3ヶ月分)※1日あたり約83円

さらりとした使用感と抜群の品質から、満足度98%といった驚異的な支持がその効果を物語っている妊娠線予防クリームです。

・利用者の満足度98%
・国内のGMP認定の工場で生産されている
・伸びがよくベタつかない
・産婦人科の母親学級でも用いられる安心感
・皮膚の代謝を助ける葉酸を配合
・香料、着色料、鉱物油無添加

といった点が特徴です。国内のGMP認定の工場で生産されており、第三者からの厳しいチェックのもと作られており、保湿力も高く、安心して使える妊娠線予防クリームです。

アラントイン、ダーマクロレラといった成分が、お肌に潤いとハリを与え、ライマメ種子エキスがお肌の奥まで保護することで、高い妊娠線予防の効果が期待できます

AFCストレッチマーククリームの特徴としては、皮膚の代謝を助ける「葉酸」が配合されている点です。葉酸は水溶性のビタミンで、「ビタミンB」の一種で、口から摂り入れることはもちろん大切ですが、外から直接肌に塗ることで、血流を良くしてくれます。また、皮膚の粘膜の強化にも一役買っている点も妊娠線予防に効果的です。

ただ、使用には何も問題はありませんが、葉酸が含まれていることにより、クリームが長時間空気に触れると、黄色く変色することがありますのでご注意下さい。

「ヘスペリジン」を配合していることで、妊婦さんの大敵「からだの冷え」を予防し、肌からじんわりと温めてくれます。サーモグラフィーにて測定を実施した結果、AFCストレッチマーククリームを塗布後5分後の肌には、温度差がはっきりと実証されており、妊婦さんのことを考えた作りとなっている点も高く評価できます。

ベタつきがなくサラリとした使い心地なので、たっぷり塗布してもベタベタせずライフスタイルを邪魔しない所も、多くの妊婦さんに支持されている理由だと言えるでしょう。優しくほのかに香るビターオレンジから抽出した精油(ネロリの香り)が使用されており、つわりに悩む妊婦さんも使いやすくなっています。

妊娠線予防クリームとしては、割安な部類に入りますが、副作用が心配されるような成分は入っておらず、純日本製の安心感もあり、お値段以上に価値がある妊娠線予防クリームと言えるでしょう

・冷え性の方
・比較的安価で安心して使える妊娠線クリームをお探しの方

は、このAFCストレッチマーククリームを試してみましょう。

公式サイトはこちら→ 送料無料・女性100人の声から生まれた妊娠線クリーム

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠妊娠超初期

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる