shutterstock_326382599

妊娠すると葉酸を摂るのは?赤ちゃんにとって大切な葉酸摂取




葉酸は赤ちゃんにとって先天性異常を予防する大切なものです。最近では、妊娠したら葉酸を摂取することも浸透してきましたが、赤ちゃんの病気の予防だけでなく、母体となるママにとっても、とても大事なものなのです。

赤ちゃんは、ママのへその緒(胎盤)を通して栄養を受け取ります。そのため、母体は妊娠前より多くの血液を必要とします。

妊婦期間中は、非常に鉄欠乏性貧血になりやすい状態ですが、葉酸を摂ることでそれを防止することが可能となり、赤ちゃんが順調に育つためにも必要です。

そこで今回は、

・葉酸は妊娠や赤ちゃんに大事なものなの?
・葉酸の多く含まれている食品を教えてほしい!
・葉酸を摂るのに気を付けることってある?

といった方に、重要な血液を作る葉酸の作用や効果、葉酸とはどのようなものかを詳しくご説明します。

関連記事
>>葉酸サプリメントの効果的な摂り方と葉酸が男性に与える効果
>>葉酸サプリはいつからいつまで必要?妊娠期毎の葉酸の役割
>>葉酸サプリの正しい選び方とおすすめの葉酸サプリランキング

スポンサードリンク

葉酸ってどんなもの?

葉酸ってどんなもの

葉酸とは、1940年代にほうれん草の成分から発見されたビタミンB群の一種です。詳しくは、ビタミンB9といってB群の中でも9番目に見つかったビタミンです。

葉酸にはどんな性質があるの?

葉酸は水溶性のビタミンです。水溶性のため水に溶けやすく、他にも熱や光に弱いという性質もあるため、食材を調理する際には工夫が必要となります。

摂取しても尿などで排出されやすく体内に留まりにくいので、毎日摂取が必要なビタミンです。体の中での作用としては、別名「造血剤」といわれるように、血液をつくる働きをします。

お腹にいる赤ちゃんへの栄養は血液を媒介して運ばれるので、妊娠すると血液を多く必要とします。そのため、妊婦さんは悪性鉄欠乏貧血になりやすい体の状態にあります。

このような理由から、葉酸をとることで貧血を予防することができ、血液量が上がり血行が良くなることで冷えの防止にもなります。

妊娠初期に作られる赤ちゃんの体

妊娠初期に作られる赤ちゃんの体

赤ちゃんの体は、妊娠0週〜15週の妊娠初期の期間に形成されます。この期間に脳や体の主要箇所ができるため、妊娠して間もない頃はとても重要な時期です。

この期間にママの葉酸が不足している場合、赤ちゃんは「二分脊椎症」という病気になりやすくなってしまいます。

二分脊椎症とは?

二分脊椎症とは、赤ちゃんの脊椎骨が形成できなくなり発症する神経管閉鎖障害です。

本来であれば、赤ちゃんが育つはずのところが何かしらの原因によって、脳や体が変形してしまい、脊椎管の中にあるはずの神経が、脊髄や脊椎の外に出てしまう疾病です。

症状が重症になると、赤ちゃんは足が変形したり、ひどくなると麻痺します。体の変形以外にも、膀胱や直腸などの腸管へ影響が出たり、排泄障害を引き起こすことがあります。

そして、二分脊椎症を発症すると、その赤ちゃんの半数以上が水頭症を合併します。

水頭症という病気は脳脊髄液の作用として生産・循環・吸収のいずれかの働きがうまく行われず、脳脊髄液の循環が滞り、脳室に蓄積されて大きく膨らんでしまう病気です。

脳が脳脊髄液で圧迫されると、脳障害を引き起こしますので、体の機能にも大きな影響を及ぼします。

二分脊椎症を予防するのが葉酸

二分脊椎症を予防するのが葉酸

二分脊椎症のような先天性異常の疾患を予防するために効果的なのが「葉酸」です。

アメリカで行われた疫学調査によって、葉酸の摂取が、二分脊椎症などの神経管閉鎖障害の発症リスクを低減するということがわかり、日本では2000年に厚生労働省からも摂取の推奨が始まりました。

葉酸を摂取することによって、二分脊椎症などの神経管閉鎖障害のリスクは約70%も軽減するとされており、その効果が期待されています。

現在、二分脊椎症は胎児1万人に対して6人の割合で発症する病気とされています。生まれた赤ちゃんが二分脊椎症であった場合には奇形で生まれることが多いため、脳神経外科か小児外科での手術が必要となります。

現状特効薬などもないので、この手術を受ける以外には治療方法がありません。しかし、生まれたばかりの赤ちゃんが手術を受けるリスクは高く、完治するかどうか、また後遺症が残る可能性もないとは言い切れません。

合併症を引き起こしやすいこともあるため、場合によっては赤ちゃんの命に関わる病気となります。

二分脊椎症は葉酸を摂取することで予防率が上がりますが、女性が妊娠に気づかず、妊娠初期に母体に無理をかけてしまうと赤ちゃんに異常が発生しやすくなるので、早めにケアをはじめておくことが重要となります。

葉酸はどのくらいの量を摂取すればよい?

厚生労働省から出ている水準では、「神経管閉鎖障害のリスク低減のために、妊娠を計画している女性は食品に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日0.4mg(400μg)の葉酸を摂取」が望ましいとされています。

葉酸は、食品からの摂取と併せて栄養補助食品からも摂取しなければ、必要量を摂取することは難しいのが現状です。

なぜなら、葉酸は水溶性でしかも熱に弱いため、調理の過程で茹でる・煮る・炒めるなど水にさらしたり熱を加えたりすると、葉酸成分の多くが茹で汁や煮汁の中に排出されてしまうからです。

ですので、食事をしていても「葉酸は摂取できていない」ということになってしまいます。

また、食品から摂取した葉酸は、体内に取り入れて実際に活用されるまでに時間がかかるため、その利用効率は約50%ほどです。

食品だけで必要量の葉酸を摂るのには、食品を調理工程を踏まずに生で食べるか、調理方法を工夫しなければ、食品からだけでの摂取は非常に難しいといえます。

もちろん食品からは全く摂れないというわけではありません。あくまで食品から摂取した上で栄養補助食品で補うということで、サプリメントなどを利用することになります。

食品で葉酸を摂るなら何を食べれば良い?

特別に意識せず食事をしていても、1日200μgほどは体に必要な葉酸量は摂れているはずなのですが、妊娠のための摂取となるとこの倍量以上の葉酸が必要となります。

食事だけで必要量をまかなうのは、食事の量としては無理がありますので、不足分を補うということで、プラスしてサプリメントなどで400μgを摂るようにしましょう

意識して食事に取り入れるのであれば、葉酸は緑黄色野菜、果物、レバーなどに多く含まれるため、これらを積極的に取り入れたメニューにすると良いです。

葉酸を多く含む食品

・野菜類:ほうれん草、小松菜、モロヘイヤ、枝豆、ブロッコリー、かぼちゃ、春菊、アスパラガス、よもぎ、クレソン、大根、小葱、サニーレタス、オクラ、カリフラワーなど

・果物類:ライチ、イチゴ、パッションフルーツ、みかん、バナナ、キウイ、アボカドなど

・各種レバー:鶏レバーに一番多く含まれる、次に牛、豚の順に多い

・魚介類:うなぎ(肝)、うに、筋子、いくら、ホタテなど

・きのこ類:エリンギ、まいたけ、えのき茸、しいたけなど

・その他:酒粕、玉露、ワラビ、ゼンマイなど

調理後の食材から摂取できる天然由来の葉酸は20%〜80%ほどと、摂取できる量に開きも大きいので、葉酸のことだけでなく全体のバランスを考えて、栄養が摂れるようなメニューにしましょう。

いつから飲み始めればいいの?

葉酸は妊娠の有無にかかわらず体に必要なビタミンなので、妊活時期から飲み始めていても早すぎることはありません。

だいたい妊娠前1ヶ月〜妊娠3・4ヶ月頃まで飲むのが通常ですが、妊娠1ヶ月前といっても、いつ妊娠するかはわかりませんので、そろそろ赤ちゃんが欲しいということであれば、準備をしておきましょう。

毎日の食事でも、葉酸が多く含まれるものを意識して、食べるようにするのも大切です。また、サプリメントで摂取する場合には、できれば食間に飲むことをおすすめします。

サプリメントなどは空腹時の方が吸収率が良いため効き目がよくなります。ただし、胃腸の弱い人であれば空腹時は避けましょう。

空腹時は胃酸があまり出ていないため、サプリメントの成分で胃を荒らしてしまう可能性があります。胃が弱い方は食後に飲むようにして、摂取時に体に負担をかけないように気をつけると良いです。

また、1日分を1回で飲むのではなく、朝・昼・夜など数回に分けて摂取するのも、摂取効率を上げるポイントです。

1度に全てを摂取すると、吸収仕切れなかった分が尿に混ざって流れていってしまうので、せっかくサプリを飲んでいてもその効果が半減してしまいます。

できれば、サプリを飲むなら一番良いのは夜眠る前の摂取です。夜は肝臓機能が休んでいるため、サプリメントの効果が出やすいのです。サプリを飲むなら、食間の空腹時、夜寝る前と覚えておきましょう。

また、サプリメントは必ず水で服用してください。食事のついでに、水以外のもので飲んでしまう方もいますが、水で飲むことにはちゃんとした意味があります。

水には、適度に胃を刺激して栄養を腸まで運ぶという作用があるのです。

胃では消化はしていますが、実際に栄養を吸収するのは腸なので、消化したものを腸まで適切に運んでもらえなければ、せっかくサプリを飲んでも効率が悪くなります。飲み方にも注意して赤ちゃんに栄養を届けてあげましょう。

葉酸摂取の際に注意したいこと

葉酸摂取の際に注意したいこと

葉酸は赤ちゃんの異常を予防する大切な栄養ですが、摂取のしすぎには注意が必要です。過剰症といって、必要量以上に過度の摂取をすることで、逆に体に悪い影響を及ぼし症状があらわれることがあります。

葉酸の場合、母体であるママには発熱や蕁麻疹などの症状があらわれることがあります。赤ちゃんには、喘息が出やすくなるというリスクがありますので、1日当たりの摂取量は1.0mgを越えないように気をつけた方が良いでしょう。

どんなに体に良いものでも摂りすぎは体に毒です。

貧血予防に葉酸と併せて飲むと良いもの

妊婦中は貧血になりやすいですが、貧血の状態を作る原因にはビタミンB12の欠乏が挙げられます。ですので、葉酸と併せてこのビタミンB12を摂取することをおすすします。

葉酸には造血作用がありますが、元の原因であるビタミンB12の欠乏を解消することで、葉酸の効果をさらに高めることができます。

ビタミンB12は動物性食品に多く含まれているので、比較的取り入れやすい栄養素です。魚介類を中心に肉であればレバーに豊富に含まれています。

ビタミンB12を多く含む食品

・貝類:しじみ、赤貝、あさり、ホッキ貝など

・魚類:いくら、筋子、カラスミ、キャビア、たらこ、ニシンなど

・魚類以外:イカの塩辛、ホタルイカ、シャコ、するめなど

・肉類:牛レバー、鶏レバー、豚レバー、スモークレバーなど

・海藻類:ほし海苔、味付き海苔、焼き海苔、いわのり、青のりなど

ビタミンB12は食品中の含有量が非常に高いので、ビタミンB12を多く含む食品を食べていれば必要量は摂取でき、別途サプリメントなどで摂取する必要はありません。

たとえ摂りすぎたとしても過剰症はなく、吸収しきれなかった分は尿として排出されてしまうので、毎日の食事の中で積極的に摂り入れていきましょう。

葉酸サプリの選び方

これから葉酸サプリを飲み始める方であれば、購入する前に注意してほしいことがあります。現在では、葉酸サプリはさまざまなメーカーから販売されていて、商品の種類も非常に多いです。

ですが、メーカーの知名度や値段の安さで購入してしまうと、実は体に有害な成分が入っている可能性があります。

そのため、葉酸サプリを購入する際には必ず、商品の成分表示を確認してから購入しましょう。

材料名に「葉酸」と書いているものは合成葉酸ですが、食品名や素材がかかれているものは天然葉酸です。合成葉酸というのは、食品ではなく化合物を配合して作られています。

ちなみに、厚生労働省が推奨しているのは「合成葉酸」です。天然葉酸の吸収率は25〜80%と幅が広く、厚労省の発表では50%ほどの吸収率しかないとされています。

価格の安いものは、安く大量に生産できるように作られている仕組みがあるので、その価格で販売が可能なのです。安価な素材で作られたものは石油系のものである場合もあるため、注意して選びましょう。

赤ちゃんの健康のために摂取しているはずのサプリメントが、化合物や添加物で作られたものというのは、体に本当に良いとはいえません。

合成葉酸であっても天然葉酸であっても、きちんとした管理体制で作られている信頼のおけるサプリメントを選びましょう。

妊娠前から葉酸を摂る習慣をつけましょう

妊娠前から葉酸を摂る習慣をつけましょう

「妊娠したら葉酸を摂る」ということはご存知の方も多いかもしれませんが、その理由には赤ちゃんの病気予防のためだけでなく、ママの健康のためにも必要なのです。

また、妊活中の方は、女性だけでなく男性も一緒に葉酸の摂取をするとより効果的です。男性は必要量の葉酸を摂取することでより質の良い精子を作ることができます。

葉酸は体内に留まりにくいため、摂取できていると思っても意外と不足している栄養素です。食事の面からの心がけと足りない分を質の良いサプリメントで補い、元気な赤ちゃんが生まれてきてくれるよう、早めに出産ケアをはじめましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる