シミケア

妊娠中にできたシミはどうすればいい?徹底的にケアしよう




貧血につわり、むくみなど妊娠中は赤ちゃんを待つ楽しみだけでなく、マイナートラブル(妊娠中の、医学的には問題ないが不快な症状)との戦いでもあります。

妊娠することで起こる一時的な症状ということもあり、医学的には体に問題はないとされていますが、気持ち悪かったり不快だったりと、嬉しいものではありません。

何の前触れもなくできるシミもその1つです。主に顔を中心に肌にできてしまうシミは目立ちますし、きちんと対策をとらなければしつこく残ってしまうので妊娠中に悩むママも多くいます。

そこで今回は、

・どうして妊娠中はシミができやすいのか?
・妊娠中のシミ予防の方法を知りたい
・妊娠中にできてしまったシミはどうすればいいのか知りたい

といった方に、妊娠中にできるシミケアについてご紹介します。

妊娠中にできたシミは、赤ちゃんの影響を考慮し、レーザーなどの治療はできないことがほとんどです。しかし、何も手が出せないというわけではありません。自分でできる範囲で、徹底的にケアしましょう。

関連記事
>>妊娠中に大人のニキビが増える4つの原因!その対策と予防法
>>妊娠中の肌荒れは美容液でケアを!妊婦さんの美容液の選び方

スポンサードリンク

シミの原因はメラニン?

シミの原因はメラニン(メラニン色素)が発生することによってできます。しかし、このメラニンはシミを作ることが役割ではなく、本来は皮膚を構成する細胞が、紫外線などの外部からの刺激によってDNAが破壊されたり、変異をして皮膚がんを引き起こす原因にならないよう、紫外線などから皮膚の細胞を守るようブロックすることです。

また、最初から皮膚に漂っているのではなく、皮膚の一番下の層であるメラノサイトから生産されるので、刺激が皮膚内に侵入することがなければ、発生はしません。

そして、防御するために発生したとしても肌のターンオーバーによって、角質と共に排出されてしまう運命にあります。つまり、通常であればメラニンが発生しても簡単にシミができるわけではありません。

どうしてメラニン色素が沈着するのか?

シミはメラニン色素が沈着することでできてしまいます。では、どうしてシミができてしまう状態になるのでしょうか。

考えられる以下の原因によるメラニンの過剰発生と、肌のターンオーバーが上手く機能していないという条件が揃うことで、メラニン色素が沈着し、シミはできてしまいます。

紫外線

紫外線などの外からの刺激によって、メラニンが作り出されるのは先に説明した通りですが、ただ紫外線を浴びただけでは、浴びなくなった時点でメラニンは作られなくなり、肌のターンオーバーによってシミはできないことになります。

しかし、紫外線を浴びたことで皮膚細胞が変異、もしくは紫外線を浴び続けた場合には、メラノサイトが活性化したままの状態になります。

すると、メラニンが過剰に作られることになってしまい、紫外線は肌のターンオーバーも乱してしまいますから、メラニンの処理が追いつかなくなるので、皮膚に残留したままのメラニンがシミになってしまいます。

活性酸素

活性酸素は、適量であれば体に侵入した細菌などを撃退する働きをしてくれるのですが、これが過剰に発生してしまうと、体にとって必要な細胞にまで攻撃を加えてきます。

そのためか、過剰に発生した活性酸素の攻撃から守ろうと、メラニンが分泌されることがあります。

この活性酸素が過剰に発生してしまう原因は、ストレスや喫煙、不規則な生活などが挙げられますが、これらの原因は肌のターンオーバーを遅らせる原因でもありますから、シミができてしまった時には、肌の状態も良くない可能性があります。

炎症

ニキビなどの肌トラブルが挙げられます。シミ以前に肌がボロボロの状態になってしまっていますが、皮膚に炎症ができると皮膚は少しでも状態を回復しようと、皮膚細胞を活発にします。

この時にメラノサイトも一緒に活動してしまうので、過剰にメラニンが生産されてシミになってしまいます。

なぜ妊娠中にシミはできやすいのか

妊娠中は、特にエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことが大きな原因です。

肌のターンオーバーを促してくれるなどの働きを持つエストロゲンが減少し、その逆にメラノサイトを刺激する作用を持つプロゲステロンが増加してしまっているので、普段よりも肌が敏感に反応するようになっています。

ですので、ちょっと紫外線を浴びただけでもメラニンが発生して色素沈着を起こたり、少しの摩擦に敏感になったり、ニキビができやすいなどの肌トラブルから肌のターンオーバーがうまくいかず、シミになりやすい状態になっています。

妊娠中にできるケア

女性ホルモンのバランスが崩れていることが原因でもありますから、一時的なシミともいわれており、個人差はあれど出産後2ヶ月くらいで薄くなっていくことがほとんどです。

しかし、それは出産まで待たなければ治らないということでもあります。妊娠中にシミを治療するのは赤ちゃんへの影響の可能性を考慮し、断られることがほとんどです。

ですが、そのまま放置していては悪化していく一方で、最悪の場合、出産後もしつこく残ってしまうかもしれません。そうならないためにも、なるべくシミの予防対策を行い、すでにできてしまったシミに関しては、妊娠中にできる徹底的なケアをしていきましょう!

紫外線をブロックする

まずは、できてしまったシミをこれ以上酷くしない、増やさないためにも、シミの原因である紫外線を徹底的に断つことが重要です。

日焼け止めを見直す

紫外線をブロックするために、一般的によく知られているのは日焼け止めですが、気を付けて欲しいのはただ日焼け止めを塗って終わらせないことです。

知らない人も多いのですが、日焼け止めは紫外線から肌をガードできる時間が決まっています。そのため、日焼け止めを使用する際には、小まめに塗り直す必要があります。だからといって、効力が長いものを選べば良いというわけではありません。

日焼け止めは効力が長いものほど、肌への刺激が強いものが多いので、妊娠中の肌が弱い時に使用すると、シミの前に肌荒れを起こしてしまう危険があります。日焼け止めは使用する場所、外出する時間などに合わせて使用することもポイントです。

参考記事
>>産後の肌の急激老化と紫外線の関係とは?日焼け止めでケアして安心

日傘などの使用

紫外線を断つには日焼け止めが代表的なアイテムですが、日焼け止めの効力は時間が決まっています。ですので、時間に合わせて小まめに塗る必要がありますが、外出中に塗り直す余裕がない時にプラスして欲しいのが日傘やつばの広い帽子、腕を覆うアームカバーといったアイテムです。

UVカット仕様のものであれば更に良いでしょう。アームカバーがない時は、長袖の着用、またはカーディガンなど袖のある羽織れる物でも構いません。たとえUVカットが施されていなくても、肌を露出しているよりは紫外線を断つのに有効的です。

徹底的にケアをしたい場合には、日焼け止めと組み合わせて使用するのがおススメです。ただし、アームカバーなど肌に触れるものは、素材やUVカット効果のある成分などによって肌にアレルギー反応が出てしまう場合もあります。使用する際には、肌に優しい素材のアイテムを選んで下さいね。

なるべく屋内へ

紫外線には、UVAとUVB、そして基本的にはオゾン層によって届くことのないUVCに分けることができます。すべて肌に悪いことには変わりないのですが、主にシミを作る原因になっているのがUVBです。

UVAと異なり、肌の奥までダメージを与えることはないものの、強いエネルギーを持っており表皮を傷付けます。しかし、このUVBは波長が短い分、壁やガラスなど遮るものがあれば肌まで届く可能性が少なくなります。

だからといって、太陽に当たらないのは体にもよくありませんから、なるべく残暑の時は外出を控えたり、外出中でも駅ビルなどの屋内を選ぶようにするだけでも紫外線を回避することができ、シミ対策にもなります。

食物・サプリメントの利用

出産を終えたママを対象に行われたあるアンケート調査では、回答者2179名に対して、シミなどに良いサプリメントを摂った人が11.7%、食べ物に気を付けた人が9.6%いたことがわかっています。

化粧品に比べて効果がすぐにあらわれるわけではないものの、妊娠中のシミケアで内側からのアプローチをしていたママもいるように、体の内側からもお肌をいたわることが効果的です。

摂っておきたい栄養素

シミに良いとされる栄養素でまず挙げられるのがビタミンCです。

メラニンの過剰生成を抑制し、またメラニンを分泌させる原因にもなる活性酸素発生の原因の1つ、ストレスへ対抗する力を持つ副腎皮質ホルモンの合成をサポートもしてくれるので、妊娠中にはシミケアのためにも、摂取しておきたい栄養素です。

この他にも、ホルモンバランスを整えてくれる大豆イソフラボン、発生したメラニンを排出してくれる肌のターンオーバーを促すビタミンA、E、赤ちゃんに必要な栄養素でもある葉酸も効果的です。

ビタミンAのように、摂っておきたい栄養素でもある反面、大量に摂り過ぎてしまうと妊娠中は良くない影響をもたらす栄養素もあります。食材でもシミをケアしていきたいと思われた方は、必要な栄養素はこれだけではありませんので自分で改めて確認することをお勧めします。

おススメの食材

シミに効果のあるビタミン系のうち、ビタミンCは赤ピーマンにキウイ、ゆずの皮やミカンなどの野菜や果物に多く含まれています。

ただし、ビタミンCは非常にもろい成分のため、調理中に壊れてしまうことがあるので、サラダなど生のままで食べないと、あまり摂取することができないので注意してください。

ビタミンEならクルミやアーモンドなどのナッツ類やウナギ、ビタミンAならにんじん、カボチャが代表的な食材になります。大豆イソフラボンは名前の通り、大豆が使用されている豆腐、みそや納豆で摂ることができます。

葉酸であれば、ほうれん草に小松菜、昆布などでも摂取することができます。ただし、葉酸を代表に食材だけでは補うのは難しいという栄養素もあります。そんな時、サプリメントであれば食材よりも簡単に栄養素を摂ることができますから、食材だけでは摂取できない分をサプリメントで補うのがおススメです。

どんなサプリメントを選べばいいかわからないときは、葉酸サプリの正しい選び方とおすすめの葉酸サプリランキングの記事を参考にしてください。

簡単に栄養素が補給できるサプリメントですが、どんな栄養素にも適量というものがあります。シミに効果的な成分であっても、過剰摂取をすることで体に悪影響を与えてしまう可能性もあるので、活用する際には決められた用量を守って摂るようにしましょう。

刺激を避ける

シミの原因になる外からの刺激は紫外線だけではありません。手で肌をこする、衣服と肌がこすれることなどによって起こる摩擦、ストレス解消に用いられることもあるマッサージによる圧迫などが挙げられます。

信じられないかもしれませんが、ホルモンバランスが崩れ、一時的に敏感肌になってしまっている妊娠中は、そんな無意識にしてしまう動作や、軽くマッサージしただけでもシミを招く原因になってしまう場合があります。

そのため、すでにできてしまったシミに刺激を与えないように、日常における普段の自分の癖を見直し、体を洗う・拭くなどやむを得ず肌をこすってしまう場合には、タオルを綿やシルクなどの肌に優しい素材にしたり、拭く時は水分を吸い取るように当てるだけにするなど気を付けるだけでも、シミのケアになります。

目をこするだけでも、肌に刺激になってしまう恐れがあるので、あまり強くこすらないように意識することも大切です。すぐにできてしまうわけではありませんが、普段の習慣で積み重なってしまうと良くないので、少し気を付けてみて下さいね。

ランクの高い美白コスメ

自分の肌に合えば、高い効果が期待できるのが化粧品です。その中でも、シミを薄くする、作らせないといわれているのが美白成分を配合した化粧品ですが、一般的な化粧品は肌に刺激を与えてしまうだけでなく、シミに良い成分が赤ちゃんにとって良くないこともあります。

ですので、妊娠中に化粧品を使用してケアをしていきたい場合には「シミを予防する成分が入っていて、妊娠中の敏感肌にも優しく、更にシミを薄くする成分が配合された化粧品」を選ぶ必要があります。

こうした妊娠中でも安心な化粧品は、コストが高いのも特徴ですが、それは裏を返せば、安心して使用できるように成分にこだわっているということでもあるのです。徹底的にケアを考えているようであれば、普段よりワンランク上の化粧品も検討してみましょう。

関連記事
>>妊娠中の肌荒れは美容液でケアを!妊婦さんの美容液の選び方
>>妊娠中の化粧品は「オーガニック・無添加・天然由来」どれがいい?

まとめ

妊娠中にできるケアをいくつか挙げてきましたが、100%ケアができるわけではありません。やはり、体質の問題や化粧品に関しては肌に合う合わないといった個人差が出てきてしまうからです。

また、実行したからといってすぐに効果が期待できるというわけではなく、継続していくことが重要になります。ケアをしていく際には無理せず、自分のできる範囲で続けて下さい。

もしも、日焼け止めや化粧品、サプリメントを使用して、肌が荒れてしまったり、体の調子を崩してしまうようであれば使用を中止して、病院を受診しましょう。妊娠中はシミをそのままにせず、自分に合ったケアで肌から少しずつシミをなくしていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる