妊娠中のお腹の張り

妊娠中にお腹が張る時の対処法とお腹の張りやすいタイミング




妊娠中、ある日突然下腹部の痛みや引っ張られるような感覚など、お腹に違和感を感じることがあります。

妊娠初期に特に多くみられますが、中期から後期にかけて張りが出てくる方もいます。時には痛みも伴うこの症状に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

張りの中には危険を知らせるサインの時もあるため、

・何だかいつもと様子が違うなと思ったり
・頻繁に張っている
・強い痛みを伴う時

などは注意が必要です。

今回は、妊娠中のお腹の張りの原因と症状、張りやすいタイミング、対処法のほか、時期に応じた張りの原因などをご紹介します。

スポンサードリンク

妊娠中にお腹が張る原因

妊娠中にお腹が張る原因

張りの原因は子宮の収縮運動です。赤ちゃんを包んでいる子宮は筋肉でできており、お母さんの体に起こる何らかの緊張や刺激によって子宮も同時に緊張し、固くなる場合があります。

医学的には、この現象を子宮収縮と呼んでいます。

妊娠初期はお腹の張りがあっても心配ないとされ、症状が深刻とされるケースは多くはありません。子宮の収縮運動は自然な反応の一つで、張りが少々強い場合でもリラックスを心がけることで痛みが軽くなる場合が多くあります

また、お腹に皮下脂肪がついている方は張りに気づかない場合もあります。

張り方やタイミング、強さには個人差があり、頻繁に張る場合もあればまったく張らない方もいます。

妊娠中にお腹が張りやすい行動とタイミング

妊娠中にお腹が張りやすいタイミング

妊娠中はできる限り安静を心がけましょう。行動のタイミングや頻度によっては、お腹が張る原因にもなります。張りを生じやすい行動をまとめていますので、参考にしてみてください。

・長時間歩く、立ち仕事を長時間行う
・同じ姿勢で長時間そのままでいる時

「長時間」がポイントです。妊娠中でも、初期から中期は仕事をバリバリこなしているお母さんもいることでしょう。しかし、長時間のデスクワークや外回りでたくさん歩いた時には、お腹が張ってきて痛みを伴う危険があります。

妊娠中は普段より無理をせず、いつもより多めに休息を取るようにしましょう。

・家事や運動をした時
・疲れている時

体を動かしたり、疲れている時もお腹が痛むことがあります。仕事は休めても家事は休めない、と頑張るお母さんも少なくありませんが、同じく無理は禁物です。少しでも違和感がみられたら、ご主人やご家族に協力してもらったり、家事を代わってもらって休息を取りましょう。

・性行為をする
妊娠中の性行為も、子宮を収縮させる原因になりますので控えましょう。

・ストレスがある時
家庭、仕事、家族などさまざまなストレスにさらされやすいのが妊娠中です。この時期は精神的に不調をきたしやすく、その不安から筋肉が固くなりお腹が張る原因になります。入浴や軽い柔軟、テレビを観たり音楽を聴いたり、リラックスできる時間を作って上手くストレスを逃がしてあげましょう。

・流産や早産が起きる場合
いわゆるトラブルの前兆として、お腹に張りが出ると要注意です。張ると同時に痛みを伴う時や、1時間に6回以上張る場合はすぐに病院で診察を受けましょう

お腹の張りは便秘との勘違いも多い

お腹の張りは、子宮の収縮以外にも皮膚の突っ張り感や腸の蠕動運動、または便秘によって引き起こされることがあります。

特に便秘はお腹の張りと勘違いしやすい代表的な原因です。

妊娠中はお通じも悪くなりがちです。普段の食事と合わせて生活習慣を改善し、便秘になりにくい生活を心がけましょう。

便秘の可能性が考えられる場合は、オリゴ糖を摂ると効果的です。オリゴ糖にも様々な種類があるので、トクホの整腸効果のあるものを選ぶようにしましょう。普段の食事や飲み物にオリゴ糖をプラスすることで、整腸効果により、腸内を綺麗な状態に保ちやすくできます。

ママにもお腹の赤ちゃんに負担をかけずに、スッキリしやすい体作りをしておきましょう。

また、体に色々な変化があらわれて不安にもなりやすいのため、神経質になりすぎると母体には逆効果です。お腹の張りを緩和させるためには医師や看護師などかかりつけの医院と連携を取り、ご家族の協力を得て、穏やかに過ごすことが大切です。

お腹の張りと対処法

妊娠中のお腹の張りの対処法

安静にする

お腹が張ったら椅子やソファに座り、安静にしましょう。できれば横になって休むようにします。

外出先でも横になれる場所を確保しておきたいですが、無理な場合は椅子やベンチを活用しましょう。車で移動中も、安全な場所に車を停めてシートを倒したり、後部座席に横になるなどリラックスを心がけます。

外出が必要な場合でも、お腹が張っている時は「休む」ことを最優先に考えましょう。

病院を受診する

妊娠週数が進んでくると、赤ちゃんが育ってきて分娩監視装置で張りをチェックすることができます。初期の段階では気にならなかったけれど、後期に入ってもまだ張りが収まらない場合はお腹の固さなどを医師に相談してみましょう

便秘なのか、自然な反応なのか、何らかのトラブルなのかは実際に確認してみなければ分かりません。医師の判断を仰ぎましょう。

市販の強い便秘薬を服用していたお母さんは、妊婦用の下剤などは物足りないと思うかもしれませんが、あくまで赤ちゃんに影響を与えない範囲で張りを止めなければなりません。排便コントロールも慎重を心がけましょう。

お腹の張りと妊娠周期

お腹の張りと妊娠周期

妊娠の経過と共に、お腹の張りにも種類があります。

妊娠初期

妊娠初期は、赤ちゃんがどんどん育ってきて子宮が大きくなり、お腹に張りを生じるケースが多くなります。下腹部が生理痛のように重かったり、前にお腹が出ていないのに突っ張りを感じることがあります。

妊娠中期

いわゆる安定期のことですが、初期と同じように家事や仕事などをバリバリ頑張りすぎると張ってくることがあります。

妊娠後期

妊娠後期になると、子宮自体がかなり大きくなっていますから、お腹も頻繁に張ってきます。冷えやちょっとしたストレスでも張りやすくなるため注意が必要です。お腹が張るタイミングはさまざまですが、いずれにしても30分以内に治まれば心配はありません

37週目以降になると陣痛が起きやすくなり、張りと痛みが続くと、出産間近である可能性もあるため、すぐに病院に連絡を入れましょう。

急な対処が必要な張りとは

急な対処が必要なお腹の張り

37週より前で、お腹の張りとともに以下の兆候がある場合は早産や流産、胎盤の剥がれなど危険な状態である、もしくは「常位胎盤早期剥離」などの可能性が高くなるため、病院を受診しましょう

●激痛を伴う
●休んでも張りが治らない
●出産間近でないのに1時間以内に何度も張りが出る
●張りが何日も続く
●出血がある、下着が汚れるなど

妊娠中はお腹の張りを代表するように、色々な体調変化に自分では判断、対処方法が分からないことも少なくありません。

疑問を感じたり、つらい症状がある場合には、躊躇せずにかかりつけの医師や産院などに相談すると安心です。

検診時など、忘れず話ができるようメモなどに残し、医師に質問してみましょう。

以下の記事もあわせてお読み下さい。

photo credit: Jack Fussell via photopin cc

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる