妊娠初期に仰向けで寝ても大丈夫!?気になる睡眠時の姿勢

妊娠初期に仰向けで寝ても大丈夫!?気になる睡眠時の姿勢




あなたは普段どんな格好で寝ていますか?うつぶせ寝ですか?それとも仰向け寝でしょうか?または横向きで寝ていますか?

どういう格好で寝ているかというのは、自分の安眠できる、リラックスできる姿勢ともいえます。長い年月の習慣ということもありますが、妊娠が分かったら、これらの寝方はどうなのでしょうか?

胎児に悪い影響を与えてしまう、流産や低胎児の危険性があるなどといわれることがありますが、本当なのでしょうか?

そこで今回は、

・妊娠初期は仰向けになってはいけないの?
・妊娠初期に仰向けで寝るとおなかの赤ちゃんに影響はあるの?
・妊娠初期の寝姿勢で気を付けることがあるのか知りたい

といった方に、妊娠初期の仰向け寝について詳しくご説明します。

関連記事>>妊娠初期にうつ伏せは良くないの!?気になる妊娠初期の体勢

スポンサードリンク

妊娠すると仰向け寝できない?

妊娠すると仰向け寝できない

妊娠するとまず子宮が大きくなっていきます。その中で胎児も月日が経つごとに大きくなっていくので、どうしてもおなかが重いと感じるようになります。

もちろん、妊娠は個人差の大きいものですので、人によって症状や感じ方はさまざまですが、多くの方が妊娠後期までには仰向け寝が辛くなる、気持ちが悪い、苦しくなるという感覚を覚えます。

ですが、まだ胎児があまり大きくなっていない妊娠初期のうちにこの苦しさや重さを感じる方は少ないです。では、妊娠初期なら仰向け寝でも問題はないのでしょうか。

妊娠初期の仰向け寝は大丈夫?

妊娠初期の仰向け寝は大丈夫

娠初期は、自分でようやく妊娠の兆候を感じる時期でもあります。妊娠の兆候があらわれたからといって、産婦人科をすぐに受診するという方ばかりというわけではありません。

中には、いつ行こうかと悩んでいるという方もいることでしょう。そんな時期は、妊娠の確定がなされていませんから、何かと不安を感じる時でもあります。

そんな妊娠の確定がされていない時期でも、もし妊娠初期の仰向け寝が良くないのであれば、受診前からでも気を付けたいという方も多いはずです。しかし、基本的に医師の判断では、妊娠初期であれば仰向け寝でも問題はないとされています。

妊娠初期の子宮はこぶし1つ分

赤ちゃんは子宮で大きくなっていきますが、妊娠すると子宮の中には厚い胎盤が形成され、その胎盤の中にはたくさんの羊水が蓄えられます。

もし妊婦さんがおなかをテーブルなどにぶつけてしまっても、赤ちゃんを守れるほどのクッション性をおなかの中では準備し始めるのです。もちろん、できることならおなかをぶつけるなどのことは避けた方がいいのですが、あらゆる刺激から赤ちゃんを守るように体は変化し始めます。

また、妊娠初期の子宮の大きさは約こぶし一つ分です。自分のおなかを見てみるとわかりますが、こぶし一つ分はまだまだ小さいサイズ。

その上、胎盤と羊水で守られていますので、赤ちゃんをつぶしてしまうことはまずありません。妊婦さんがどんな寝方をしていても、赤ちゃんに直接影響を及ぼすことはないとされています。

また、まだ子宮は小さいサイズですので、妊娠初期ならば妊婦さんの臓器にとって重みになるという可能性も少ないといえます。仰向け寝だからといって、妊婦さんの健康に影響を与えることも考えにくいです。

妊娠初期は仰向けで寝る方がいい?

妊娠初期は仰向けで寝る方がいい

おなかに赤ちゃんを抱えたことで、「赤ちゃんをつぶしてしまうのでは」と考える妊婦さんも多いことでしょう。そう考えるとうつぶせ寝より仰向け寝で寝た方がいいのでは、と思う方も少なくありません。

確かに仰向け寝で寝た方が、赤ちゃんをつぶさない感じがします。もし、赤ちゃんにいくべき血液の量が少なくなってしまったり、赤ちゃんの上に体重をかけてしまう状態になるのなら避けたいものですが、これもやはり心配の必要はありません。

たとえ、うつぶせ寝で寝たとしても赤ちゃんに与える影響はないといわれています。赤ちゃんは先ほど述べた通り胎盤で守られているため、安全なのです。

ですが、どうしても気になって眠ることができない、赤ちゃんが心配で仕方がないという方に関しては、仰向け寝で寝るようにした方がいいです。妊娠初期には良質な睡眠がとても大切です。

胎児が大きく成長するために必要なホルモンは、寝ている間にも大量に分泌されています。健康な赤ちゃんを産みたいと思っても夜寝ることができなければ、妊婦さんにも赤ちゃんにも悪い影響が出ますので、そういった場合には仰向けで寝るようにしましょう。

妊娠初期は寝がえりしても大丈夫?

妊娠初期は寝がえりしても大丈夫

寝返りも寝姿勢と同じく、自分ではどうしようもないものです。寝てしまった後のことですから仕方ないことかもしれませんが、心配になってしまうという方もいます。

ですが、これも赤ちゃんには全く影響しません。胎盤と羊水はしっかり赤ちゃんを守ってくれますので、安心してください。

人は寝ている間に、おおよそ20回から30回の寝返りをしているといわれています。もちろん個人差があり、布団の硬さや柔らかさなども影響しますが、同じ寝姿勢で長時間寝ていることは考えにくいので、心配はいりません。

寝返りするたびに気になって起きてしまう、寝返りが多いという場合には、赤ちゃんへの影響を心配するよりも、布団が固すぎたり、逆に柔らかいなど布団が自分に合っていないことが考えられます。

精神的にも肉体的にも敏感になりがちな妊娠初期ですので、良質な睡眠は必要不可欠です。この機会に自分に合った布団に変えてみる工夫も必要です。

睡眠の体勢を簡単に変えることは難しい

睡眠の体勢を簡単に変えることは難しい

赤ちゃんをつぶしてしまいそうなので、今日から仰向けで寝たい、寝ようと思っても、人間の寝姿勢は習慣となっていることがほとんどです。

枕を変えたからといって寝る体勢が変わらないのと同じように、赤ちゃんがおなかにいるからといって朝まで仰向けで寝ることは難しいといえます。

そんなときは、寝はじめだけでも仰向けを意識してみましょう。もちろん、なかなか寝付けない、眠れないという場合にはお勧めはできませんが、大丈夫なようであれば、寝はじめの体勢だけ意識すれば十分です。

胎児に影響はないのですから、まずは自分の気持ちの納得のいくようにしてみるのが一番です

仰向けがどうしても苦手だけれど、うつぶせ寝では寝たくないというのであれば、横向きに寝てみましょう。いつも寝ていない体勢で寝るのはなかなか慣れないという場合には抱き枕などを使うと楽に睡眠に入れることがあります。

妊娠中は足のむくみなどが気になってくる方も多いので、足をちょっと高くして寝るときにも重宝しますし、おなかがやがて苦しくなった時でも、横向きになって腕と足を高くするとおなかの圧迫感が減少しますので、抱き枕は何かと役立つアイテムです。

抱き枕で安眠!お腹が大きくなった妊婦さんの抱き枕の選び方にて詳しくご紹介しています。一つあると便利ですので、妊娠を機に購入してみるのもアイディアです。

妊娠初期、仰向けで寝ると気分が悪くなるなら

妊娠初期、仰向けで寝ると気分が悪くなるなら

仰向け寝で寝ていると気分が悪くなるという方は、妊娠初期特有のつわりが原因かもしれません。体勢を横にすることで、胃袋が何らかの刺激を受け、気分が悪くなっているのかもしれません。

そんなときは少しでいいので食べ物を口に入れてから寝ると気分よく眠れるかもしれません。就寝時の飲食はあまりよくないといわれていますが、妊娠初期のつわりには効果的です。

おなかが空くとどうしても気分が悪くなることも多いので、対策をとってみるといいでしょう。

関連記事>>「吐きつわり・食べつわり」辛いつわりを乗り切る対処法

妊娠初期はリラックスできる体勢で寝るのが一番

妊娠初期はリラックスできる体勢で寝るのが一番

妊娠初期は、胎児もあまり大きく成長していません。妊娠2ヶ月(4~7週)でも、 胎児の大きさはわずか4gです。そのため、寝る体勢に特に意識する必要はないとされています。

まずは、自分が寝やすいと思う体勢で寝ることが一番良いといえます。もちろん妊娠後期にもなると自分がいくら仰向けで寝たいと思っても、おなかの赤ちゃんの重みでできないということもあり、いつもの体勢で眠ることができないことにより寝不足になるという妊婦さんも多いですが、妊娠初期はそんな心配も必要ありません。

妊娠初期でいえば、仰向けで寝ることで違和感を覚える妊婦さんはほとんどいません。妊娠初期は赤ちゃんに与える影響というより、つわりなどを覚える時期でもありますので、気分をリラックスできる、体調を整えることができるよう、自分の好きな、一番寝やすい体勢で眠ることを考えましょう。

「赤ちゃんがつぶれてしまうのでは?」という心配はいりませんので、自分のもっとも寝やすい体勢で寝ればよいと頭に入れておきましょう。妊娠中期、妊娠後期には好きな姿勢で眠ることができないという方も多いので、今思う存分好きな姿勢で寝ておくことも大切です。

寝姿勢による赤ちゃんへの影響

寝姿勢による赤ちゃんへの影響

おなかの張りを感じたり、気分が悪くなるなど、妊娠初期には寝ていても調子が悪いと感じることが多々あります。

妊娠初期には、妊娠中の些細な体調の変化もどう判断してかわからないことが多いため、「寝方が悪いから、赤ちゃんが苦しんでいるサインなのではないか?」と心配する妊婦さんも多いですが、赤ちゃんが苦しんでいるかどうかは寝姿勢が影響するよりも、他の病気が関係している場合がほとんどです。

子宮筋腫が原因であったり、逆子が原因であったりとさまざまですが、妊娠初期に仰向けで寝ていたから、流産してしまった、低体重の子になってしまったなどということは決してありません。

特に寝方について心配することは必要ありませんが、少しでも心配事や体調の変化、おかしいと思う点があったときには、かかりつけ医の判断を仰ぐことが大切です。寝方についてどうしても疑問が残る場合には、心配事を取り除くためにも、医師に相談してみましょう。

仰向け寝をやめるタイミングは?

仰向け寝をやめるタイミングは

妊娠初期とはいえ、珍しいことですが仰向け寝が辛いと感じる方も中にはいます。また、月齢が進むにつれ、仰向け寝が辛いと感じるようになる時期は必ずやってきます。

では、仰向け寝をやめるタイミングはどんな基準で判断すればいいのかというと、多くの方が妊娠中期ごろに仰向け寝が苦しいと感じ始めますので、このころが仰向け寝をやめるタイミングといえます。

ですが、妊娠は個人差の大きいものです。妊娠後期になるまで仰向け寝が苦しいと感じない方もいますし、逆に妊娠初期から何となく仰向け寝が辛いと感じる方もいます。

また、仰向けで寝ることでおなかの張りを感じて眠れなくなるという方もいますし、おなかの重みで腰が圧迫されるため、腰痛で仰向け寝をやめたという方もいます。

できることなら自分が違和感を覚えたその時に仰向け寝をやめるのがもっとも良いといえます。辛い、苦しい、張ると感じたときに寝る姿勢を仰向けから横向きなどに変えてみるのがベストです。

一般的な基準を参考にするよりも、自分の感覚でタイミングを見つけてみましょう。

ほかの妊婦さんはいつまで仰向け寝で寝ている?

ほかの妊婦さんはいつまで仰向け寝で寝ている

でも、一応みんながどのくらいまで仰向けで寝ていたのか知りたいという方のために、ここでは、参考までに「仰向け寝をいつまでしていたか?」を紹介しておきましょう。

もっとも多かったのは妊娠5か月までという意見です。胎動を感じ始め、6か月に入るころには赤ちゃんの身長は30㎝を超え、体重も600g~700gになり、超音波のエコー検査でも全体的な映像を見ることができなくなってきます。

妊婦さんのおなかも大きくなりますので、仰向け寝も苦しさを感じることになり、横向きなどで寝る方が増えます。一般的な意見ですので、あくまで参考にしかなりませんが、おおよその時期として覚えておきましょう。

まとめ

まとめ

妊娠初期の仰向け寝について、ご説明しましたが、基本的に仰向け寝が赤ちゃんや妊婦さんに悪い影響を与えることはありません。したがって、仰向け寝したことで胎児へ悪影響があったという話は、単なる噂です。

妊娠初期は、急激に妊娠に必要なホルモンが分泌される時期でもありますから、体調や精神的にも不安定になる時期です。ですが、それが寝姿勢によるものではありません。

妊娠初期は胎児の成長にとっても大切な時期です。心配などはもちろん色々ありますが、きちんと睡眠を取って、たくさん栄養を取ることが大切です。

眠くてたまらない、つわりで眠れないという複雑な時期ですが、どんな寝姿勢でもOKな短い妊娠期でもあるので、良質な睡眠を取るよう心がけましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる