妊娠初期アイスがもたらす体の害

妊娠初期にアイスは食べてもいい?アイスが与える影響とは?




妊娠して味覚が変わるということは珍しいことではありません。例えば甘いものが好きになったり、すっぱいものが食べたくなったりはよく耳にします。

中には、アイスクリームが無性に食べたくなるという妊婦さんも少なくありません。

毎日アイスを食べている方が、妊娠してもアイスを食べ続けるということはありますが、妊娠初期は特につわりに悩まされる妊婦さんも多いので、さっぱりした冷たいアイスは食べやすいと感じます。

そのため、つわりで他のものが食べられない代わりに毎日アイスを食べているという方もいます。ですが、同じものを食べ続けるとやはり心配なのが、おなかの中の赤ちゃんに及ぼす影響です。

栄養が偏っていると問題は出てくるのか?アイスばかり食べて毒ではないのだろうか?などと心配な妊婦さんもいるのではないでしょうか?

そこで今回は、

・つわりで食事をとりたくない、かわりにアイスを食べても良い?
・妊娠中のアイスって体が冷えそう・・・。
・妊娠中にアイスを食べる事で気を付ける点ってなに?

といった方に、妊娠初期にやめられないアイスの与える影響についてご説明します。

関連記事>>暑がりになる妊娠初期!妊娠初期に暑いと感じる理由と対処法

スポンサードリンク

アイスは妊娠初期に悪い?

アイスは妊娠初期に悪い

アイスは甘いですし、脂肪分が高いといわれていますので、何となく「妊娠初期にたくさん食べると悪い影響を与えてしまうのでは?」と感じている方も多いことでしょう。

確かに同じ食品ばかり食べることは、胎児の栄養といった面からみても決して良いことではありません。ですが、妊娠初期につわりの影響で、十分な栄養を摂ることができないという方も少なくありません。

アイスだけでも口にできるのであれば、マシなのではと考えることもできます。妊娠初期にアイスが与える悪いこととは何が考えられるのでしょうか?一緒に見ていくことにしましょう。

体の冷え

やはり冷たいアイスですので、妊娠初期の大事な体を冷やしてしまうことが考えられます。妊娠中は全般的に冷えが良くないといわれています。なぜなら胎児の発育に必要な血液の循環が悪くなってしまうからです。

この血行不良は、同時に自律神経の乱れや女性ホルモンの分泌を妨げてしまうので、決して良いとはいえません。

クーラーなど外的要因で冷えることも良くありませんが、アイスで体内から直接冷やしてしまうのはまた良くないといえます。

1つ程度食べる分には大した影響は出てませんが、これを毎日続けることはあまり良くありません。

糖分の過剰摂取

アイスは糖分の多い食べ物です。そのため、毎日アイスを食べてしまうことで、体重の増加が加速する可能性が出てきます。

妊娠中の体重増加は出産時に難産になってしまう可能性を高くしますし、妊娠糖尿病などのリスクも高くしてしまいます。

糖尿病はインスリンの不具合による病気ですが、妊娠中はインスリンを分解してしまうホルモンが放出されているため、今まで糖尿病と診断されていなかった人でも、血糖値が大幅に上昇してしまうことがあります。

健康な妊婦さんの場合、すい臓からより多くのインスリンが分泌されるので問題はありませんが、アイスの食べすぎによる糖分の摂りすぎはこのバランスを悪くしてしまいます。

また、糖分の摂りすぎは先天性奇形のリスクを高めるともいわれていますので、いくら食べても良いものとはいえません。

歯周病にも注意

アイスは大量の糖分が含まれていますので、歯にも悪い影響を及ぼしかねません。妊娠初期に入ると歯科検診などをすすめられることもありますが、食べた後の口の衛生にも注意するといいでしょう。

最近では、口の雑菌がもとで起こる歯周病が早産の原因になっているともいわれていますので、アイスを毎日食べることは、決して良い影響を及ぼすとはいえないでしょう。

関連記事>>妊娠中でも歯医者に行くべき?妊婦さんの虫歯予防と治療

胃腸の調子が悪くなる

やはりアイスは冷たい食べ物ですから、毎日続けて食べることで内臓を冷やしてしまうことになります。特におなかへの影響は直に表れてくるようです。もともと胃の調子が悪い方などは、下痢などの原因になります。

さらに、腸の働きが悪い場合などは、便秘の原因にもなってしまいます。妊娠初期は体調が大きく変化するときでもありますので、便秘や下痢に悩む妊婦さんは少なくありません。

体調などを見ながらアイスを食べることも大切といえるでしょう。

参考記事
>>妊娠初期、超妊娠初期にみられる下痢の原因と対処法
>>妊婦さんの便秘や下痢にオリゴ糖が良い理由とおすすめのオリゴ糖

アイスが妊娠初期に与える悪影響はこれらだけではありません。次からはアイスの成分に着目して注意が必要な点を見ていくことにしましょう。

アイスには妊娠初期に注意が必要なものがある

アイスには妊娠初期に注意が必要なものがある

たかがアイスとはいっても、すべてのアイスが妊娠初期に口にしても問題がないというわけではありません。アイスの中には、妊娠初期には特に注意が必要なものがあります。

ここでは、アイスの種類を見ながら、妊娠初期に注意の必要があるといわれているアイスについてみていくことにしましょう。

ラクトアイスに含まれる添加物には注意が必要

アイスは一般的に3種類に分けることができます。アイスクリームタイプ・アイスミルクタイプ・ラクトアイスタイプの3つです。

アイスクリームからアイスミルク、ラクトアイスの順に乳固形分と乳脂肪分が少なくなりますが、逆に植物性油分の量が増えます。一番この植物性の油分が多いのがラクトアイスです。

乳固形分と乳脂肪分が足りないため、アイス独特のコクとクリーミーさを出すために、大量の植物性油分が使われています。

また、このラクトアイスは、ミルクの持っている風味を出すために大量の添加物が使われています。この添加物は、妊娠中、特に妊娠初期には摂るとよくないといわれている成分です。

アイスのほかにも加工食品などに多く使用されている食品添加物は、今では多くの人が知らず知らずのうちに摂取してしまっているといわれていますが、妊娠中の中で最も影響が出やすいとされているのが妊娠初期です。

安定期までの妊娠初期は胎児の大部分の器官が作られる時期でもあります。詳しい胎児に及ぼす影響などは不明な部分も多いですが、できることならこの胎児な時期に避けておきたいのが食品添加物です。

あまり神経質になりすぎるのも良くありませんが、妊娠初期には特に添加物が大量に含まれていない食品を口にしたいものです。

アイスを食べるなら自然派で、添加物の少ないものを

今では安い価格で人気のラクトアイスですが、妊娠初期に食べたい、毎日食べるというならば、やはり自然派と呼ばれる昔ながらの製法で作られているアイスクリームを食べた方がいいでしょう。

値段はラクトアイスに比べ、高めで、カロリーなども高いといわれていますが、食品添加物に着目して、アイスを選ぶことも大切です。

アイスを買うときには、商品に書かれている成分表示を必ず確認し、おなかの赤ちゃんにとって良い栄養分といえるアイスをできるだけ選んで食べるといいでしょう。

毎日アイスを食べても大丈夫という人も

こうしたアイスの及ぼすと考えられる影響をいろいろ見てきましたが、だからといってすべての方が悪い影響を受けるというわけではありません。

妊婦さんの中には、毎日アイスを食べ続けたけど、妊娠中健康面も全く問題がなかったという方もいます。

さらに、元気な赤ちゃんを産めたという方もいます。もともとの体調や体質などが関係していると思われますが、妊娠はとにかく個人差が大きいものです。

しかし、大丈夫な人が多いからと、自分に何の影響もないという保証はありません。やはり少しでも妊娠やおなかの赤ちゃんに悪い影響があるものは気を付ける必要があるといえるでしょう。

冷たいものがやめられないなら、かき氷がおすすめ

冷たいものがどうしてもやめられない、アイスを我慢できないという方も多いことでしょう。確かに妊娠中は妊娠していない時と比べ、体温が高く、汗をかきやすくなるため、冷たいアイスがおいしく感じるという方も多くなります。

そんな方には、かき氷がおすすめです。口に入れると簡単に水分に変化しますので、必要以上に体を冷やすことはありません。

かき氷なら自宅で簡単に作れるため、かけるシロップなどにも一工夫すれば、添加物などを気にすることなく食べることのできます。

果物などのビタミン類は妊娠初期にも必要な栄養素ですので、天然の甘味料を加えてお手製シロップを作っておくのもいいですね。また、低カロリーですので、妊娠中の体重増加を気にする必要もありませんので、安心です。

参考記事>>つわりや便秘にも効果的!妊婦さんにおすすめの果物

アイスが我慢できないという方は?

かき氷じゃ物足りない、やはりアイスが食べたいと我慢が辛いという方もいるでしょう。ですが、やはりアイスの食べすぎは、妊娠初期には良くありません。

どうしても食べるのを我慢できない方は、できるだけ添加物の少ないアイスを購入して食べるといいでしょう。また、最近ではアイスメーカーも安く販売されていますので、自宅で手作りしてみるのもおすすめです。

冷えには気を使う必要がありますが、果物を使って糖分を少なめにしたり、添加物のないアイスを作れますので、妊娠中でも安心して食べることができます。体に良い食品を意識して使うこともできますので、一石二鳥ですよね。

体を冷やさないために食べる時間にも気を配ろう

体を冷やさないために食べる時間にも気を配ろう

妊娠初期に注意したい体の冷えですが、アイスを食べる時間を工夫することで体の冷えを極力冷やさない工夫はできます。入浴後の体が温まっているときなどにアイスを食べた方が、体の冷えも最小限に抑えることができます。

また、足湯などで体を温めながら、入浴しながら食べるのも一工夫といえるかもしれません。体を冷やさないよう食べる時間にも気を配ってみるといいでしょう。

また、決めた時間に食べるというルールを設けることで、食べ過ぎを防ぐことにもつながります。

食べたいという衝動に任せてアイスを食べるのではなく、決まった時間に決まった量を食べるよう習慣化していくことも大切です。

食べ方にも一工夫

アイスを食べる食べ方にも少し気を配ってみるといいでしょう。口の中に入れたアイスを舌の上で転がすようにゆっくり食べれば、体が極端に急激に冷えることはありません。

ゆっくり時間をかけてアイスを食べれば、その分満足感も得やすいですので、食べる量を自然と減らすことができます。妊娠初期にできるアイスの食べ方といえるかもしれません。

少量ずつ分けて食べよう

一度に1つのアイスを完食すると、どうしても糖分を摂りすぎてしまいます。さらに、冷えの原因となります。できれば数回に分けてアイスを食べることも妊娠中には必要です。

2回、3回と数回に分けて食べれば、アイスを我慢しているという感覚もなくなり、満足感は得られるはずです。また、糖分を摂りすぎてしまう、体を冷やしてしまうという心配も少なくなりますよね。

食事替わりではなく、ご褒美として

つわりの症状があり、ご飯を食べられない代わりにアイスを食べるという方もいますが、食事としてアイスを食べてしまうと、どうしても糖分を摂りすぎてしまうので、妊娠初期には決して良くありません。

食事は食べられるものをできる限り食べるようにして、アイスはつわりの辛さに耐えているご褒美という意識で食べてみるといいでしょう。ご褒美という意識があれば、頻繁に食べることもありませんので、食べすぎを防ぐことができます。

アイスが決して妊婦さんに悪いというわけではありませんが、できることなら特別な食べ物という意識をもって、アイスを食べるようにすると良いでしょう。

まとめ

まとめ

妊娠初期にはわかってはいても、やはりアイスがやめられないという妊婦さんも少なくありません。ですが、やはり一度に食べる量や頻度は適当に調節する必要があるでしょう。

もちろん、たくさん食べたからといってすべての方に悪い影響があるわけではありませんが、あまり良いといえる食品ではありません。

何の食品でもいえることですが、同じ食品ばかりを食べたり、食べすぎは良くないですよね。

妊娠初期はおなかの赤ちゃんにとって重要な器官を形成する大切な時です。

妊娠によるつわりや体調の悪さなど、アイスを食べることで紛らわすという方もいると思いますが、できることなら赤ちゃんのために良い食べ物を取ってほしいところです。

ママになるための、初めての試練だと思ってアイスの食べすぎをコントロールすることにチャレンジしてみましょう。

妊娠中期には胎動も感じることができ、つわりの症状も治まってきます。もう少しですので、この辛い妊娠初期を上手に乗り越えていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる