妊娠初期に受けても良いの?インフルエンザの予防接種について

妊娠初期に受けても良いの?インフルエンザの予防接種について




妊娠をすると、びっくりするくらい免疫力が弱くなります。

これは、ホルモンバランスの変化や赤ちゃんを異物と抗体が認識しないようにするためですが、病気にかかってしまっても妊娠中の薬の使用は、お腹の中の赤ちゃんに影響を与えてしまう恐れがあることから、使用できないケースも出てくるのでママは大変です。

特に心配なのが冬に大流行するインフルエンザで、厚生労働省でも流行時期が来る前に予防接種を受けることを勧めています。

そこで今回は、

・妊娠初期に予防接種を受けてもいいの?
・予防接種はどんなもの?
・妊娠中に予防接種を受けるかどうか迷っている

といった方に、妊娠中のママでもインフルエンザの予防接種を受けても良いものなのか、詳しくご説明します。

スポンサードリンク

妊婦さんはインフルエンザの予防接種を受けても良いの?

妊婦さんはインフルエンザの予防接種を受けても良いの

インフルエンザの予防接種で使用されるワクチンは不活性化ワクチンというもので、身体への悪影響も低いという理由から、妊娠初期を含め妊娠中のママはインフルエンザの予防接種を受けることができます

ただし、悪影響がないとされているとはいえ、絶対安全とは言い切れません。

予防接種に関わらず、妊娠初期は流産する確率が高いことから、妊娠14周未満を中心に、この時期の接種は避ける場合もあります。

更に、食べ物などで重いアレルギーを持っているママは副作用が出てしまう危険性も考えられますので、妊娠初期に予防接種を受ける際には、自己判断せず医師に相談することが大切です。

予防接種の種類

予防接種の種類

感染予防でお馴染みの予防接種ですが、打つワクチンの種類で分けることができます。

その種類によって妊娠中でも受けて良いもの、受けてはいけないものに大まかに分けることができます。

ただし、種類だけでなく担当する医師の見解によっても変わります。予防接種の種類については以下の通りです。

不活性化ワクチン

インフルエンザを代表に予防接種で使用されるワクチンの1つになります。

別名、死のワクチンと呼ばれるもので、名前だけ聞くと不安を覚えますが、死んだウイルスや細菌で作られたワクチンのことを指して、そう呼ばれます。

ウイルスが死んでいるので、妊娠中のママに打っても毒性や副作用が少ないのがメリットなのですが、その反面、免疫を保持できる期間が短く、複数回接種する必要があります。

インフルエンザの他、日本脳炎やB型肝炎などの予防接種でもこのワクチンが使用されています。

生ワクチン

不活性化ワクチンとは反対に、名前の通り生きたウイルスや細菌で作られたワクチンになります。

毒性を弱くしてあるので、これを打ったからといって病気になる心配はありませんが、風疹やはしかなどの予防接種には、このワクチンが使用されており、接種した後は2ヶ月の避妊をする必要があります。

副作用も強いというデメリットもあるので、妊娠中のママは受けることができないワクチンとされていますが、不活性化ワクチンを打つよりも免疫が長く保持できるというメリットがあります。

予防接種による赤ちゃんへの影響は?

予防接種による赤ちゃんへの影響は

予防接種を受ける上で何より心配なのが赤ちゃんへの影響です。薬でさえ妊娠中のママや赤ちゃんに良くない成分があることを考えると、予防接種のワクチンに不安を覚えるママも多いのではないでしょうか。

妊娠初期という時期から流産の可能性が絶対ないとは否定できないものの、不活性化ワクチンを使用しているので、インフルエンザの予防接種を妊娠初期に受けたとしても、100%安全とは言い切れませんが、お腹の中の赤ちゃんへの影響は心配ないとされています

むしろ、インフルエンザに発症した時のリスクの方がワクチンによる副作用のリスクよりも高いという考えから、予防接種を受けた方が良いという傾向にあります。

厚生労働省などから予防接種が勧められるのは、感染を予防する以外にも、万が一感染してしまっても、症状を緩和してくれたり、重症化しないように抑制してくれる効果が期待できるからです。

そして、個人差はあるものの、回復するスピードも速くなる効果があることも推奨される理由の1つに挙げられます。

予防接種をするタイミング

予防接種をするタイミング

不活性化ワクチンを使用するインフルエンザの予防接種は、基本的に13歳以上であれば1~2回とされています。

ただし、死んだウイルスを元に作られていることから免疫を保持する期間が短いワクチンですから、予防接種を受ける際には時期を考えることが大切です。

インフルエンザは一般的に11月下旬頃~12月上旬に最初の流行を迎え、その後1~3月頃に流行のピークを迎えます。

そのため、受けるタイミングとしては1回の接種のみであれば11月下旬頃、2回接種するようであれば10月下旬頃から始めるとベストです。

妊婦さんの予防接種の流れ

妊婦さんの予防接種の流れ

一般の人であれば、予防接種を受けようと思ったら内科に電話をして予防接種の予約を入れるところですが、妊娠中のママの場合には、赤ちゃんのこともあるので普段通り直接内科で受けるわけにはいきません。

受けても問題がないとはいえ、妊娠初期は流産の可能性も捨てきれないなど、デリケートな時期ですから、予防接種を受けるには普段とは違ったステップを踏むことになります。

妊娠初期を含め、妊娠中のママが予防接種を受ける時の大まかな流れは以下の通りになります。

ただし、流れはママのかかりつけの病院やクリニックによって異なる場合がほとんどです。予防接種を受ける場合には事前に、病院へ確認するようにして下さい。

1.自己判断せず、まずはかかりつけの産婦人科の医師に相談します。妊婦健診の際に相談するのも良いです。

ただし、妊娠初期の健診は4週間に1回なので、予防接種を受けるのに良いとされる時期からズレてしまう可能性もあります。

もし、妊婦健診とタイミングが合わない場合には10月下旬頃に電話などでママ本人から相談してみることが大切です。

2.予防接種を受ける際の注意事項などの説明を受けます。話に同意できれば、同意書にサインして下さい。

3.予防接種を受けます。

4.接種後、体調不良やワクチンによる副作用がないか確認のため、病院でしばらく待機します。特に問題が無ければ終了です。

予防接種を受けるのが望ましいママ

予防接種を受けるのが望ましいママ

予防接種をしても、抗体ができるのには約2~4週間はかかるといわれています。また、先にも触れたように、接種をしたからといって完全に予防ができるわけではありません。

予防効果にも個人差があるためです。また、予防接種をすることによる副作用の心配もあるので、受けるか受けないか迷うママもいます。

妊娠初期に絶対受けなくてはいけないわけではないので、個人の判断に委ねられてしまうのですが、参考までに受けた方が良いママの基準を挙げると以下の通りになります。

この基準に当てはまるからといって必ず予防接種を受けなくてはいけないわけではありません。参考にする際には目安として考えて下さい。

重症化しやすい、持病がある

インフルエンザの予防接種を受けることが望ましい基準として、普段から風邪を引きやすかったり、病気にかかると長引いてしまう、高熱など重症化してしまうママが挙げられます。

妊娠中にインフルエンザにかかってしまった時に、重症化してしまうとママだけでなく、赤ちゃんにも影響が出てしまう恐れが高いからです。

また、喘息などの呼吸器系疾患や心疾患持ちのママも同様です。更に、糖尿病の持病を持っているママは、免疫も弱くなってしまっているため、病気にかかりやすいことから予防接種を受けた方が良いとされています。

自宅に子供がいる、もしくは接する機会が多い

家に小さいお子さんがすでにいるママも、インフルエンザの予防接種は受けた方が良いとされています。

いくら予防をしようとしても、幼稚園や学校に行っている間に、子供は病気をもらってきてしまうことが多いからです。

同じ理由で、家に小さいお子さんがいなくても、幼稚園や保育園、学校で勤務しているママも注意が必要になります。

また、他の病気をもらってきやすい場所であることから、看護師、事務職員などで医療に従事しているママも予防接種を受けることが望ましいです。

こんなママは予防接種に注意!

こんなママは予防接種に注意

インフルエンザの予防接種を受けた方が良いママの基準があるように、注意した方が良いママの基準もあります。

予防接種を受ける前には医師による問診が必ず行われますが、参考までに接種を受けるのに注意した方が良いママの基準を挙げると以下の通りになります。

目安程度のものですが、以下の基準に当てはまる場合には注意するようにしましょう。

体調が悪い

予防接種をする際には、体調を整えておく必要があります。不活性化ワクチンは死んだウイルスや細菌を使って作られているとはいえ、体調が悪い時に接種を行うと、人によっては症状を悪化させてしまう可能性が高いからです。

予防接種を行う前に医師による問診が必ず行われるので、本調子でないにも関わらず予防接種を受けることは少ないですが、発熱をしていたり、他の感染症にかかっているようであればママ本人も予防接種は控えるように心掛けることが大切です。

過去にワクチンで体調を崩している

身体への悪影響が低く、赤ちゃんへの影響はないといわれているインフルエンザの予防接種ですが、過去にインフルエンザの予防接種を受けた時に、体調を崩したことがあるママは注意が必要です。

接種後に顔が急に腫れあがってしまったり、全身に蕁麻疹が出るなどのアレルギー症状、発汗、吐き気や嘔吐、呼吸困難など、症状はさまざまですが1つでも心当たりがある場合には医師とよく相談してから予防接種に臨むことが大切です。

妊娠14週未満である

妊娠14週未満の方は流産する確率が高いことから、この時期の接種は避けた方が良い場合もあります。

ですが、持病があったり、小さなお子さんがいたりするなど、ワクチンのリスクよりもインフルエンザにかかるリスクが高い場合は、予防接種を受けた方が良い場合もあります。

予防接種はしなくちゃダメ?

予防接種はしなくちゃダメ

インフルエンザの予防接種に関しては有益性投与ともいわれるように、治療上のメリットが病気にかかった際の危険性を上回るということで投与が可能とされています。

つまり、接種しないよりは良いという場合は受けましょう、ということなのですが、予防接種も薬の1つなので、もしものリスクを考えると受けたくないというママもいます。

その場合には、とにかく感染しないように日々の予防が大事になってきます。予防接種をしているママでも、絶対に感染を予防できるわけではありませんので対策をとるようにしましょう。

感染の恐れがある場所は避ける

人混みや満員電車の中など、人が密集している場所や、空気の流れが滞っている場所、空気が乾燥している部屋、病院といった場所はウイルスや細菌の宝庫です。

妊娠初期を含め、妊娠中は免疫機能も弱ってしまっているので、そういった感染しやすい場所を避けるだけでも予防になります。

また、冬は空気が乾燥しやすいので自宅にいる場合には、適度な湿度を保つことも大切です。通院や外出などでそういった場所が避けられない時はマスクを着用することを忘れないで下さい。

うがい手洗いをする、体調を整える

基本中の基本ですが、うがいと手洗いはインフルエンザの予防にとても効果的です。

通常、うがいと手洗いというと外出後だけのイメージがありますが、何かを飲み食いする時は外出していなくても、その都度うがいと手洗いを行いましょう。

また、身体の調子を整えておくことも予防の1つです。疲れが溜まっていると、いくら予防をしてもウイルスなどに身体が負けてしまいます。

妊娠中の風邪予防!うがい薬や薬用石鹸の使用はあり?なし?の記事にて、正しいうがいの方法や手洗いについてご紹介していますので、参考にしてみましょう。

ウイルスに負けないように、睡眠とバランスの良い食事、運動をして体調を万全にしておきましょう。

家族にも協力してもらおう

家族にも協力してもらおう

妊娠初期のインフルエンザの予防接種について紹介してきましたが、インフルエンザを予防するにはママだけでなく、パートナーや周囲の家族の協力も不可欠です。

妊娠中は、1人で頑張ろうとせずに家族にも協力してもらって下さい。妊婦さん自身が予防接種を受ける受けないに関わらず、家族には必ず予防接種をしてもらう、うがい手洗いの徹底など、家族全員でインフルエンザの対策をすることが重要です。

妊娠初期の予防接種は受けた方が良い傾向にありますが、考え方は人それぞれです。

一番はママが納得して選択をすることですから、医師とよく相談の上、予防接種を受けるか受けないか決めましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる