妊娠超初期の飲酒

妊娠超初期に飲酒してしまった!?妊娠超初期の飲酒と胎児への影響




妊娠超初期に妊娠したことを確信する人は珍しいものです。余程妊娠を意識していて、体調のかすかな変化を敏感に感じ取ることが出来る人でない限り、普段と何ら変らない生活となるでしょう。

そのため、何気なく普段どおりに飲酒してしまうというケースが多いのですが、妊娠超初期に飲酒してしまった場合、赤ちゃんに悪い影響はでるのでしょうか。

今回は、

・妊娠超初期に飲酒してしまったけど大丈夫?
・妊娠超初期の飲酒が胎児に与える影響とは?
・妊娠超初期の飲酒で特に注意が必要なケースとは?

といった方に、妊娠超初期の飲酒が胎児に与える影響や不安の取り除き方、また、特に注意が必要なケースについて詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

妊娠していたとは知らずに飲酒してしまった!

妊娠超初期は0週から3週目までなので、前回月経日が0週という計算によると生理も終わって、多くの人が体調も良く元気に毎日を過ごし、次の生理が来るまでのころです。

もし妊娠していても自覚症状などなく、体調も変らず元気いっぱいで、普段からお酒を飲まない人は別ですが、仕事が終わって飲みに行く、また家でお風呂上りにちょっと一杯・・と軽くいつもの調子で飲酒している人は多いはずです。

そうこうしている間に次の生理が来るはずが、なかなかやってこないということで焦り出します。

「もしかして妊娠したかも・・・」と、妊娠検査薬で妊娠を確かめたときには既に遅く、思い出してみれば、妊娠していたにも関わらず、飲酒をしていた!と後悔の日々が始まります。特に初めて妊娠した人は、妊娠自体は嬉しいのですが、驚きや不安もそれだけ大きくなります。

胎児にとってアルコール摂取は何らかの影響があるという知識ばかりが先行して、病院で妊娠を確認する前から心配で夜も眠れなかったという人は珍しくありません。

飲酒が妊娠超初期の赤ちゃんに与える影響

妊娠中に飲酒すると赤ちゃんに悪影響があるというのは、万国共通ですが、その程度などは地域や国によって様々です。妊娠中のうち、妊娠超初期の段階での飲酒はどのような影響があるのでしょうか?

妊娠超初期のうちでも、特に卵子が着床してから、妊娠が確定する次回の生理予定日までの薬物成分の摂取は胎児への影響がほぼないと言われていますが、それを過ぎてくると過度の飲酒は胎児の器官形成に影響があるとされる重要な期間になるので、妊娠が判明する前の段階なら飲酒はよいということは言えません。

胎児への影響が心配されるのは、成長の遅延、精神の遅延、小頭症、出生時低体重、胎児性アルコール症候群などです。

飲酒量が多い人ほどこれらの症状が発生しやすい傾向にありますが、1日にワインをグラス一杯ずつほど飲んでいるだけでは特に問題はないとされます。

明らかに飲酒と胎児との関係に関連が生まれるのは、毎日ワインをグラス6杯以上摂取している場合です。ビールでは1日グラス4杯程度でも胎児への影響はありません。

これらのことから、大量のアルコールを毎日飲み続けていない限りは、妊娠超初期の飲酒は、赤ちゃんに悪影響はないとされているのが大勢の見解です。毎日大量摂取することが習慣化している人は以後、特に気をつけるようにしましょう。

胎児性アルコール症候群とは

胎児性アルコール症候群とは、妊娠中の母親の飲酒によってお腹の赤ちゃんが低体重になったり、顔面などの奇形、脳障害などを引き起こす病気です。

胎児性アルコール症候群には治療方法がないので出来るだけ妊娠中はアルコール摂取を控えたほうが良いとされています。最近の研究では、ADHDやうつ病などの精神的な疾患にも影響があるとされています。

妊娠可能な年代の女性はアルコールを摂取する機会も他世代に比べると多いので、若く妊娠可能な年代の女性は日頃から気をつけておく必要があります。

妊娠に気づいたら飲酒を控えましょう

妊娠に気がつかずに飲酒していたという人は、妊娠による体調の崩れより前に飲酒による反省と懺悔で気分が落ち込みますが、卵子が着床するまでの妊娠超初期は飲酒による胎児への影響はほぼ認められていませんので、反省ばかりせずに、少し気分を明るくしてこれからのことを考えましょう。

病院に行って妊娠が確定するよりも前の妊娠超初期段階でも何か感じ妊娠を確信する人がいます。妊娠を疑ったら、卵子が着床すれば飲酒の影響が出る可能性があるのですから、とりあえず日常の飲酒は禁止しましょう。

関連記事
>>超妊娠初期を見分ける10の兆候と超妊娠初期の基礎

しかし、毎日の晩酌が楽しみという人が無理に全面的に飲酒をしてストレスが溜まってはいけません。ちょっとたしなむ程度の飲酒は問題ないとされていますので、あまりストイックに飲酒禁止と決め付ける必要もありません。胎児に影響がないといわれる程度のお酒なら飲んでも良いでしょう。

初めての妊娠で、赤ちゃんを望んでいる人が自分の楽しみを優先して飲酒する場面はあまりないというのが実状ではないでしょうか。

専門医のお墨付きをもらって不安を解消しよう

妊娠超初期にアルコールを飲んでしまったと心配している妊婦さんは多くいます。

飲酒してしまった事実は消せないので飲んでしまった以上どうすることもできないものですが、妊娠検査薬で妊娠をある程度確認できたのでれば、出来るだけ早めに産科の専門医に診察してもらいましょう。

検査薬に反応が出て、病院に行く人のほとんどは既に妊娠2ヶ月に突入しているので妊娠超初期の段階は過ぎていますが、どの時期にどれだけの飲酒をしたのか、また、日頃からどの程度の飲酒をしていたのかということを相談して、胎児への現段階での影響について説明してもらいましょう。

ほとんどの産科医は「特に問題ないですよ」とあっさりと答えるとはずですが、実際にエコーや内診をしてもらってから担当の専門医に安心させてもらうのが何よりの精神安定剤になります

妊娠超初期の飲酒について特に問題ないと言われる一方、妊娠判明後に飲酒を奨励する専門医はまずいないでしょう。

外国の一部の国では1日1杯のワインならかえって妊婦の体に良いという国さえありますが、日本ではそのような意見で産科医自ら飲酒をすすめることはまずありません。

妊娠中のアルコール摂取について少量であれば胎児の発育に特に問題がないとされていますが、飲酒を推奨することはありません。飲酒をしないとストレスが溜まる、飲酒をすることによってリラックスできるのでどうしても飲酒したいと相談した場合は1日ビール1杯ほどなら影響ないですよ、というニュアンスで答える専門医がほとんどでしょう。

妊娠超初期段階でもなるべく母体にアルコールを入れないということがリスクを避ける手段です。

胎児に影響を与えてまで飲酒したいと願う母親は恐らくかなり少数派ですので、専門医の指導と共に自分の赤ちゃんを守るために今自分かするべきことを考えましょう。

こんな方は注意が必要

妊娠超初期の軽い飲酒は胎児に影響はないと思ってよいのですが、以下のケースに当てはまる場合は、妊娠する前から特に注意が必要です。

キッチンドリンカーなど毎日大量に飲む人は注意

妊娠以前から日常的に大量に飲酒しているアルコール中毒気味の人やキッチンドリンカーと言われる人は特に注意が必要です。

少量の飲酒による血中のアルコールなどはすぐに排出されるので問題になりませんが、大量のアルコール摂取を常時繰り返していると、常に血中アルコール度数が高い状態が続いています。

日頃から酔っ払っている状態になっているので妊娠していても超初期段階で気づく人も少なく、妊娠自体に気づかない場合は、知らず知らずのうちに胎児の器官形成に影響が出てくるということになります。

特に妊娠超初期の後期から妊娠初期にかけては、胎児の神経系の機能が出来てきますので流産のリスクもあります。

母親になる予定があるのであれば、早急に解決したい問題です。

高齢出産の人は危険

最近は40歳を越える高齢出産の人は珍しくなくなりました。若い人に比べて高齢になると代謝も悪くなるので一度摂取したアルコールが体内から排出されるまでに時間がかかります。

排出までに時間がかかるのに、大量の飲酒が日常化しているという人は危険です。

ただでさえ、高齢出産の人の場合は色々と出産までのリスクが若い人の出産に比べて高まりますので、高齢出産を予定している人は妊娠超初期段階の飲酒を避けるためにも日頃から飲酒を控えましょう。

アルコールを摂取すると妊娠する可能性が低くなるというデータもありますので、妊活中から気をつけるようにしましょう。

妊娠超初期に飲み会がある

妊娠を希望する人が、排卵日に飲み会があって飲酒の機会がある場合、飲むべきか、飲まざるべきかと悩みます。会社の付き合いや接待などで飲酒を断ることが難しいという境遇に陥ったことのある方も多いでしょう。

妊娠するかもしれない、妊娠しないかもしれない、どちらにしても思い返してみれば妊娠超初期になる可能性はあります。知らずに飲酒してしまう場合は仕方がないとして、妊娠する可能性がある場合、飲酒してしまうと妊娠超初期に飲酒してしまうことになります。

妊娠を望んでいる妊活中だということが周知の事実である場合は、妊活中なので飲酒できないという言い訳もできますが、そうではない場合、妊娠するかもしれない妊娠超初期なので飲酒できませんとはなかなか言えません。

一般的には、卵子が着床していない状態で摂取したアルコールの影響は受けないとされているので軽く飲むか、気をつけながら飲んでいるフリをしてごまかしましょう。

体調の変化がなくても妊娠する可能性がある場合は飲酒を控えましょう。

妊娠超初期でもアルコール影響があるという新説にも注目しよう

妊婦が摂取したアルコールの影響が懸念されるのは母体と胎児をつなぐ胎盤が確立する妊娠4ヶ月ころからという定説が一般的で、卵子が子宮内膜に着床する前段階の子宮内をプカプカと浮遊している時は母体がアルコール摂取をしても胎児にはほぼ影響がないとされてきました。

ですが、最近の研究ではその結果を覆す論を唱える学者もいます。この学者の研究によると妊娠3週目という妊娠超初期の母親の飲酒は胎児の遺伝子を変えてしまうとされています。

マウスによる研究結果によると妊娠3,4週目あたりのマウスにアルコールを投与すると多動傾向、発達遅滞、顔や頭骸骨の組織異変という結果が認められ、人間の胎児性アルコール性症候群と類似したマウスを出産したという結果が出ているようです。

特に脳内遺伝子に悪影響があるとされ、知識、記憶、感情に関する脳の領域に異常が見られたり、鼻の中の組織の異変、骨髄などにも影響があるとされています。

これは妊娠超初期の胎児は外部からの影響を受けやすく、初期の細胞分裂に影響を与えるためにどんな異変にも発展していきやすいということです。あくまでもこの研究結果はマウスを使ったもので人体にそのまま結果を移行できないにしても、同じような影響が人体にも出るのではないかという説が急浮上してきています。

人体に対する影響を示す研究結果が出てくるまでにはまだまだ時間がかかりそうですが、そのような今までにない研究結果の報告があるということは妊娠をする可能性がある人にとっては見逃せない説です。

妊娠する可能性がある場合は、出来るだけ早急に飲酒を自主的に中止することも考えましょう。

妊娠超初期以前から飲酒は避けよう

予定外に妊娠してしまったことで、妊娠超初期に知らず知らずのうちに飲酒してしまったという場合はやむを得ませんが、妊娠したい、子供が欲しいと願っているのであれば出来るだけその時点で飲酒する習慣をやめましょう。

飲酒とともにタバコなどを吸う人は二重に胎児へのリスクが高まります。飲酒やタバコも常習化すると嗜む程度の量でもなかなかすぐにはやめられません。妊娠超初期で飲酒を避けるため、後で後悔しないためにも飲酒をある程度妊娠する前からやめておきましょう。

体をニュートラルな状態に戻すことによって妊娠超初期の体調の変化にも気づきやすくなります。

妊娠超初期の体調変化による体調不良にもかかわらず、二日酔いの症状であると見逃す人も多くいます。二日酔いや風邪などと勘違いして、薬などを服用しては余計に悪い状態になります

夏場や1日の終わりにどうしてもビールなど飲みたくなるものですが、普段から飲酒しない人はお茶や水、炭酸水などで充分満足感が得られます。

最近はノンアルコールビールなども種類が多く出ていますのでどうしてもビールが飲みたい時などはノンアルコール飲料のお気に入りを探して飲むようにしましょう。ノンアルコールでも成分は色々ですので体に良いもの、適しているものを前もって探しましょう。

健康に良いお茶、妊婦に良い成分の飲料に前もって変えておくと気持ちに余裕をもって妊娠超初期に突入できます。

関連記事
>>妊娠中の飲酒が胎児に与える影響と妊婦さんとお酒の付き合い方
>>妊娠中のタバコが胎児に与える悪影響
>>妊娠中のお茶はこれで決まり!ココマガおすすめ厳選7種!

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠妊娠超初期

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる