妊娠初期どうしてイライラするの?イライラの原因と対処法

妊娠初期のイライラどうして起きる?イライラの原因と対処法




女性は、生理前や生理中に、何でもないことにイライラしてしまう場合があります。これと似たようなイライラが妊娠初期にも起きてしまうことがあります。

妊娠初期は、他にもイライラと同時に精神的に不安定になる、体がだるくなる、気分がすぐれないという症状が表れることがあります。

そこで今回は、

・いつもイライラしてしまうけど、お腹の中の赤ちゃんには影響はない?
・自分でできるイライラ解消法を教えてほしい!
・いつになったらこのイライラ、なくなるの?

といった方に、妊娠初期のこれらの症状はどうして起こってしまうか、また、どう対処していけばいいか、詳しく見ていくことにしましょう。

スポンサードリンク

妊娠初期のイライラはなぜ起こる?

妊娠初期のイライラはなぜ起こる

妊娠初期のイライラは、生理中のイライラと同じ仕組みで、黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンの分泌が増えることで起こります。

妊娠初期はこのホルモンの分泌が不安定な時期です。多く分泌されてしまったり、少なく分泌されたりとホルモンのバランスも崩れてしまいます。

そのため、自分一人でこのイライラをどうにかすることは非常に難しい問題です。

ホルモンが原因で起こるものですので、いつイライラが起こるのかも分かりません。ただでさえ、つわりなどで体調も思わしくないこの時期は、ついイライラが増してしまうことも多くなります。

妊娠という急激な環境の変化もイライラの原因

ホルモンが分泌されることでイライラが起こるということも考えられますが、そのほかにも妊娠によって大きく環境が変化したこともイライラを引き起こす原因となります。

今までは、活発に動けていたのに激しい運動などは控えなくてはなりません。さらに、妊娠を機に仕事をやめたという方もいることでしょう。

また、妊娠初期はつわりなどで体調もすぐれないことが多く、環境もがらりと変わってしまったという方もたくさんいます。

やはり妊娠して変化した環境は、ストレスに感じる方も多くなります。そうしたことも些細なことにイライラしてしまう原因となります。

イライラによる胎児への影響は?

イライラが胎児へ悪い影響を起こしてしまわないかと心配する妊婦さんもいることでしょう。

妊婦さんがイライラしていると、生まれた後情緒不安定な子供になってしまう、よく夜泣きをする子供が生まれてくるなどという声もありますが、実際のところこれらは、確実な話ではありません。

また妊娠初期は、イライラによる影響はそれほど心配する必要はありませんが、妊婦さんの抱いた感情はこれから月齢が上がるにつれ徐々に胎児に伝わるともいわれています。

それでも、ママのためにも、できることならイライラしないよう気を付けたいものです。

妊娠初期のイライラを感じたら?

妊娠初期のイライラを感じたら

自分の意志ではどうすることもできないイライラは本当に困ってしまいます。

もちろん赤ちゃんのためにも穏やかに過ごそうと妊婦さんのだれもが努力することと思いますが、思った通りには、なかなかいかないものです。この妊娠初期のイライラを覚えたとき、どのように対処していけばいいのでしょうか?

イライラを家族や周りの方に理解してもらおう

イライラしてしまって、周りにもついツンケンした態度をとってしまうこともあるでしょう。そうしたとき、旦那さんや周りの方に意見されると、イライラも増してしまうものです。

何も言わなくても旦那さんや周りの方が理解してくれればいいのですが、なかなか難しいもの。穏やかに妊娠初期を送るためにも、妊娠初期にはホルモンの関係上イライラしてしまうことをまずは打ち明けてみましょう。

はっきり伝えておくことで、相手も必ず優しく接してくれるようになります。さらに、イライラしていても気にしないようになってくれます。イライラする要因が減るだけでも、妊婦さんにとっては救いです。

話してイライラを解消しよう

妊娠初期に何気ないことにイライラしてしまうことは多いものです。やめてほしいと感じたり、直してもらえばイライラにつながらないことがあるなら、話して協力してもらいましょう。

できれば感情に任せてお願いするのではなく、時間を改めて伝えることをおススメします。

散歩で気分転換イライラ発散

イライラしているときは、人が周りでしている行動にもついつい怒りを覚えてしまうものです。細かなことに何かと嫌な気分になってしまうという方も多いのではないでしょうか?そんな時は気分転換に外に出かけてみましょう。

イライラした気分も一新し、心も穏やかになることがあります。妊娠初期は何があるかわからないので誰かと一緒に出掛けた方が安心ですが、遠出をせず無理をしない範囲であれば一人でも大丈夫です。

心を落ち着かせるためにも、自宅の近所を散歩してみましょう。妊娠初期におすすめなウォーキングに関して、妊娠初期の運動!おすすめウォーキングと気を付けるポイントの記事で詳しくご紹介しています。

好きなことをしてイライラを忘れる

人は好きなことに夢中になっているときは、イライラを感じることが少なくなります。これは妊娠初期でも同じです。

本が好きなら本を読んでみてもいいです。ドラマ好きならビデオ鑑賞を楽しんでみるもの良いでしょう。

とにかくイライラしたときにできる楽しいことを何個か作っておきましょう。夢中になればなるほど、心も平穏を取り戻せます。ぜひ試してみましょう。

イライラ解消に体を動かす(運動をする)

体を動かすことは、イライラ解消にもつながります。ストレッチやヨガなどは自分で簡単にできますので、ぜひトライしてみましょう。ただし体調が思わしくないときは控えましょう。

参考記事>>運動不足の妊婦さんにおすすめの簡単運動法

ゆっくりお風呂につかってリラックス

イライラするときは、お風呂にゆっくり入ってくつろぎましょう。体を温めると自律神経が安定しますので、心が穏やかになっていきます。

イライラを外にぶつけたくないという場合には、ぬるめのお風呂にゆっくりつかって心を落ち着かせましょう。

妊娠中の入浴について、妊娠中の入浴時の注意点とお風呂タイムに便利なグッズの記事も参考にしてみてください。

友人とおしゃべりでイライラ解消

女性にとって、友人とのおしゃべりは楽しいものです。妊娠初期の体調が辛いことを聞いてもらったり、悩みや心配事、愚痴を聞いてもらうとイライラとストレスの解消につながります。

ランチがてら外に出かけておしゃべりする機会を設けてみてもいいでしょう。

イライラを改善していこう

イライラを改善していこう

妊娠初期のイライラはホルモンの影響によるものなので、治すことは難しいですが、体調を整えたり、ストレスをなくすことでホルモンのバランスを整え、イライラする回数を減らしたり、予防していくことはできます。

ここでは、イライラの予防法を見ていくことにしましょう。

ストレスをためずにイライラ予防

やはり妊娠による環境の変化からストレスを感じることが多くなります。妊娠初期は妊婦生活にも慣れていませんので、自分では知らないうちにストレスをため込んでいることも多いのです。

また、つわりなどもストレスとして積もりに積もっています。好きな音楽を聴いたり、カラオケに行ったりと妊娠初期にもできる自分に合ったストレス発散法を試してみましょう。

ストレスを発散することができれば、イライラする回数も減り予防につながります。

睡眠をしっかりとってイライラ解消

睡眠不足は、ただでさえ乱れている女性ホルモンをますます乱してしまう原因となります。

妊娠初期は、つわりなどでの体の不調や精神的不安を抱えている時期ですので、睡眠不足の方も多いですが、軽く昼寝をしてみるなど、毎日十分な睡眠を取るようにしましょう。

栄養不足もイライラには良くない

つわりで食べ物をしっかり食べられないことの多い妊娠初期ですが、食べ物から栄養を摂ることができないと、ますますイライラを悪化させてしまいます。

できる限り多様な栄養をバランスよく摂るよう心がけましょう。サプリメントなどをうまく活用してみるのもおススメです。

妊娠中に必要な葉酸などの栄養素をカバーしたサプリメントについては、葉酸サプリの正しい選び方とおすすめの葉酸サプリランキングの記事で詳しくご紹介しています。

必ずイライラはなくなる

必ずイライラはなくなる

妊娠初期に生じるイライラは、ホルモンにより起こるものですから、必ず今悩みのイライラは改善されていきます。

いつまでも続くわけではないのです。妊娠中期に入るとホルモンの分泌も落ち着き、安定し始めますので、イライラすることも減っていきます。

つわりなどの体調の不具合もなくなっていきますので、楽しい妊婦生活を送ることができるようになってきます。妊娠初期のわずかな間を乗り切ることができればいいだけなのです。

長く続くわけではありませんので、心配はいりません。徐々に良くなっていきますので時期を待ちましょう。

イライラしても前向きな考えで乗り切ろう

イライラしていたり、体調のすぐれない妊娠初期はつい暗く物事を考えてしまうものです。ですが、ものは考えようです。いつも暗いことばかりを考えていては、イライラはいつまでたっても改善できません。

これから生まれてくる子供のことを考えるなど、前向きな、幸せなことをたくさん考えるようにしましょう。おなかに赤ちゃんのいる妊娠期は女性が最も幸せな時です。

その幸せを胸いっぱいに感じて、楽しいことを考えましょう。ホルモンの影響であるイライラは、いつまでも続くわけではないのです。そのうち治まるからと気にしないで開き直ることも大切です。

イライラで旦那さんとの喧嘩には気を付けて

妊娠初期でイライラしてしまうことをいくら旦那さんに伝えたとしても、旦那さんがいつでも協力し、優しく対応してくれるとは限りません。

時には二人とも感情に任せて、喧嘩に発展してしまうこともあるでしょう。ですが、これからせっかく赤ちゃんを迎え入れるのに、旦那さんと仲たがいしてしまっては元も子もありません。

ホルモンが影響していますので、避けることのできないイライラですが、旦那さんに当たったり、文句を言ったりするのは極力避けるようにしましょう。

この時期を乗り切るために旦那さんに協力をお願いすることは大切なことですが、甘えてばかりだと旦那さんも慣れないことに疲れてしまいます。イライラしても旦那さんにそのイライラを向けないよう努力することも必要です。

上の子がいる場合にもイライラには注意が必要

妊婦さんの中には、二人目、三人目を妊娠している方もおり、妊娠初期のイライラしている時期に、上の子の面倒まで見なくてはならないという方もいることでしょう。

二人目などを妊娠している場合、まだ上の子が小さいことも多く、親の手がまだまだかかるというケースも多いはずです。そんな小さな子供の相手をしながら、このイライラ期を過ごすのは本当に大変です。

そんなに悪いことをしているわけでもないのに、叱ってしまうこともあると思いますが、妊娠初期の上の子への態度は、その後上の子が下の子に対し、どういった態度をするか、どういった感情を抱くかに大きく影響します。

生まれてくる赤ちゃんを楽しみに待ち、うれしいと上の子に感じてもらうためには、イライラしてもそれを子供に向けないよう注意しましょう。

もし、どうしてもイライラして上の子の面倒が見られないという場合には、たまにはご両親などに協力してもらうという方法を取り入れてみましょう。

また、休みの日には、上の子をパパに見てもらうのもよい方法です。子育てから解放されることで、ずいぶん穏やかな気分になれます。明日からの子育てもきっとより良いものになるはずです。

完璧にこなしたいと思うと余計イライラすることも考えられますので、家事や育児の手を抜いてこの妊娠初期を気分よく乗り切ることも大切です。

難しい子育てと妊娠初期のイライラの両立ですが、周りの協力を仰ぎ、子供にイライラを向けることのないよう頑張って過ごしていきましょう。

イライラは妊娠後期に出るケースも

なかには、妊娠初期だけでなく、妊娠後期にもイライラの症状が表れるという場合があります。ですが、これも出産後まで続くわけではありません。

妊娠は色々な症状が見られ、何かと困惑することも多いですが、絶対に時間が経てば解決していく問題です。そのときは辛いものですが、いつか治ると思えば悩むこともありません。そして、深く考える必要もないのです。

イライラを経験しているママたちも無事に赤ちゃんを出産できています。イライラの問題は暗く考えてしまえばしまうほど、負の作用が働いてしまい、もっとイライラすることが多くなります。

今の精神状態を受け入れ、うまく付き合っていけるよう努めましょう。赤ちゃんに会えるその日まで、妊婦生活とお腹の中の我が子の成長を楽しんでいきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる