妊娠初期のかゆみ

妊娠初期に体がかゆい!!我慢できないかゆみの原因と対処法




妊娠初期にからだのあちらこちらにかゆみを感じる人は多くいます。ちょっとしたかゆみならば我慢できますが、掻きむしりたいほどのかゆみを生じる人も多く、患部を掻きむしることによって余計にかゆみが増します。皮膚が炎症を起こして、かゆみからイライラするママも少なくありません。

そこで今回は、

・お肌がカサカサ、何が原因なの?
・市販の薬、妊娠中だけど使っても大丈夫?
・陰部のかゆみ、病院に行くか迷ってしまう・・・。

といった方に、妊娠初期のかゆみの原因と、そのかゆみに対する対処法をご紹介します。

関連記事
>>妊娠中の肌荒れは美容液でケアを!妊婦さんの美容液の選び方
>>妊娠中の肌荒れの原因と妊娠中の洗顔で注意すべきこと
>>妊娠中に大人のニキビが増える4つの原因!その対策と予防法

スポンサードリンク

妊娠初期のかゆみの原因は?

気がつくと体のあちこちがかゆく、かきすぎて肌もカサカサ。妊娠前は、こんなことなかったというママはたくさんいます。

いったい何が原因なのでしょう。ここでは原因といわれているいくつかをご紹介します。

ホルモンバランスの崩れ

妊娠すると黄体ホルモンが急増しますので、今まで保たれてきたホルモンバランスが急激に崩れてしまいます。

ホルモンバランスが崩れることによって自律神経が上手く働かなくなったり、免疫能力機能が低下します。免疫力が下がるので、外部からの雑菌や細菌から上手に皮膚を守ることができずに皮膚がかゆみを起こします。

肝機能の低下

かゆみというものは、細胞の中から出されるヒスタミンによるものですが、かゆみの原因のヒスタミンを抑えるのが胆汁酸というものです。

胆汁さんは胆のうから分泌されますが、子宮が大きくなりはじめる妊娠初期には、子宮が胆のうを圧迫して肝機能を低下させてしまう場合があります。

かゆみ成分をコントロールできないので、体のあちらこちらがかゆいということがあります。

高体温により汗をかく

妊娠すると体温が高温期をずっと保つことになります。妊娠初期になんとなく熱っぽかったり、だるかったりするのは体がいつもよりも高い温度になっているからです。

体が暑いので汗をいつもよりもかきます。汗をかくとどうしても皮膚表面に雑菌が発生します。

雑菌がある汗を長時間放置すると肌が炎症を起こし、赤みが出たり、肌表面がぶつぶつになったり、あせもや湿疹を起こした状態と同じになり妊娠初期にかゆみが表れます。

体内の水分量の不足

妊娠によって体温が高くなっている状態が続くと汗を多くかきます。汗をかいても水分補給ができていれば問題ないのですが、水分摂取が今までと同じような量だと体内の水分量がどんどん不足してきます。

また、お腹の胎児のために水分を吸収されてしまいます。体内の水分量が不足すると皮膚の下にある細胞一つ一つに蓄えられている水分量が減ってきて乾燥肌になります。

妊婦さんが慢性的に乾燥肌になりやすいのはこのためです。皮膚表面が乾燥しているとかゆみを感知しやすくなり、すぐに掻きたいほどのかゆみになります。

皮膚が敏感になる

妊娠することによって抵抗力が下がるので肌がいつも以上に敏感になります。今まで使っていた化粧品なども妊娠を境に全く受け付けない皮膚状態になるということも珍しいことではありません。

皮膚への刺激は少しでも強いとかゆみを引き起こします。化粧品だけでなく、洗濯用洗剤などが洗濯モノに付着したままゆすぎきれていない場合も洗剤の化学物質が肌を刺激でかゆみがでます。

今まで使っていた洗剤でも使えない場合は種類を変えなければいけません。

繊維による刺激

妊娠中はとにかく体が敏感になっていますので、下着などの繊維にも反応してかゆみを起こす場合があります。

化学繊維が全く駄目だという場合もありますし、下着の縫い目の部分が肌に当たって刺激されてかゆみを起こす時もあります。常に肌に触れているショーツや肌着などは優しい素材のものでないとかゆみがでます。

妊娠初期のかゆみ対策

かゆみが我慢できないときは、病院に行くのが一番ですが、妊娠初期はつわりがったり、なんとなくダルかったりでなかなか受診できないものです。家でもできるかゆみ対策をいくつかご紹介しましょう。

肌を清潔にする

肌にかゆみがある場合は、肌の表面をきれいに保つことが重要です。毎日お風呂に入って体を洗うことが大切ですが、ゴシゴシこすって洗う必要はありません。

肌を清潔に保つだけならば、シャワーでお湯を浴びるくらいで充分です。お湯を浴びることで肌表面の汗はながれますし、雑菌も流れます。

どうしてもお風呂に入れなかったり、体調が悪い場合は仕方ないのですが、できるだけ毎日お風呂かシャワーを浴びて肌を清潔に保ちましょう。

また、それができない場合は、蒸しタオルなどで全身を拭くだけでも肌の清潔度は上がりますし、汗をかいたらすぐにタオルで汗をふき取ることも大切です。

汗をかいたら着替える

肌を清潔に保つためには、お風呂やシャワーのお湯で汗を流すのが一番ですが、一日中家にいない妊娠初期の妊婦さんは簡単にシャワーを浴びることもできません。

冬ならばちょっとした汗ふき取りのティッシュなどで汗を拭く程度でもそれなりの効果がありますが、夏場などはびっしょりと汗をかくシーンも増えるのでできるだけ汗がついた肌着などをそのまま着ないようにしましょう。

家にいる人は日中でも頻繁に着替え、外出が多い人は着替えを持参しましょう。汗を吸った繊維が皮膚表面に触れている時間が長いほど雑菌が繁殖しかゆみを感じます。

自然由来の石鹸を使う

肌にかゆみがあるということは、肌が炎症を起こしているということです。

そのため、洗浄力が強い刺激の強い石鹸を大量に使うことで、肌を清潔にしているつもりが、逆に肌を刺激して痛めているという行為になります。

泡立ちが非常に良く、洗ったあとに爽快感のあるような市販のボディーソープなどは刺激が強い石鹸だと認識しておきましょう。

敏感肌になっているので肌を痛めないように自然素材から由来する天然の石鹸で刺激が少ないものを使うようにします。

皮膚科医がすすめるような低刺激の石鹸もおすすめですが、普通のドラッグストアでも最近は敏感肌の人のための低刺激石鹸が多数販売されています。

石鹸を購入する場合は、裏に表示してある成分をよく見て選ぶようにしましょう。

参考記事>>敏感肌のママや赤ちゃんに使える優しさいっぱいのソープハーブ

ナイロンタオルを使用しない

ナイロンタオルは使用すると泡立ちがよいですし、ゴシゴシ肌をこすることができるのでよく洗えたような感覚になるのですが、肌が弱い人や敏感肌の人はナイロンタオルで肌を擦ると必要以上に肌の表面の細胞を痛めることになってしまいます。

ナイロンタオルによって刺激された皮膚は余計にかゆみを増しますので、ナイロンタオルやたわし、ボディーブラシなどは使用しないようにしましょう。

石鹸を泡立てたら、タオルを使わずに手でそっとなでるように洗うのが一番ベストです、タオルなどのグッズを使用する場合は、刺激の少ない天然素材のタオルを使うようにしましょう。

また、お風呂から上がったときも、できるだけ刺激の少ない吸水性のよい柔らかいタオルに水分を吸収させるようにして使います。くれぐれもバスタオルでゴシゴシ擦って水分を取らないように注意しましょう。

しっかり保湿する

妊娠初期のかゆみの主な原因は肌表面の乾燥である場合が多いので、肌が乾燥しないようにするとかゆみも和らぎます。

肌を保湿するためにしっかり保湿のためのクリームやローションを塗ることが大切です。しっかり保湿するためには、肌の細胞にしっかり水分を送り込まなければいけません。

カサカサに乾燥している肌表面に保湿クリームを塗ってもあまり意味がありません。そのためにも、肌が保湿された入浴後にできるだけ早く保湿することが重要です。

お風呂にゆっくり浸かったら、すばやく厚手のタオルで皮膚表面の水分を吸い取りましょう。

その後ただちに保湿クリームを全身にしっかり塗りこむことができたら、肌に入った水分にしっかり蓋をすることができます。肌の内側の細胞が潤えばかゆみも自然となくなってきます。

参考記事
>>妊娠中の化粧品は「オーガニック・無添加・天然由来」どれがいい?

水分を摂取する

妊娠することによって体内の水分が不足気味になります。皮膚表面はもちろんですが、皮膚表面からだけでなく体の内側かもしっかり水分補給して保湿することが大切です。

一度に大量摂取することはできませんので、小まめに水などで水分を取るようにするとよいでしょう。

我慢できない場合は病院へ

妊娠初期の体調が優れないときに、肌のかゆみなどで病院を受診するのは非常に面倒なことかもしれません。でも、掻けば掻くほどかゆみは増してきますし、患部も広がってきます。

自分の手に負えないほどのかゆみであると判断した場合は、すみやかに専門医のいる病院を受診しましょう。

皮膚科を受診するのが最も適していますが、その際には妊娠していることなどの申告をしっかりしましょう。皮膚科でなければ、かかりつけの産婦人科でも薬の処方がしてもらえます。

医師が処方した薬は安心して妊婦さんでも使うことができます。薬はできるだけ使いたくないという気持ちは分かりますが、症状に適した薬を使うことによって、治る期間非常に短くなるのが利点です。

市販薬はなるべく使わない

かゆみ止めくらい妊婦さんでも問題ないというような認識があるようですが、かゆみ止めも立派な薬ですので侮ってはいけません。

妊娠中に、使用してよい薬なのか使用しない方がよい薬なのか、成分を調べれば間違いないでしょう。

かゆみ止めだからといって無用心に使用することなく、なるべく処方された薬を使いましょう。

妊娠初期の陰部のかゆみ

妊娠初期にホルモンのバランスから陰部がかゆくなるママは少なくないようです。どんなことが原因でどんな対策があるのでしょう。

デリケートな部分ですが、注意しないと治療が必要になる場合もあります。

原因

妊娠初期から陰部にかゆみを感じる人は多いようです。いくつか原因が考えられますが、妊娠することで急激におりものの量が増えたこと。

ホルモンバランスが急激に変化し、膣内の状態が悪くなり、外部から侵入した細菌が繁殖してかゆみの原因になります。

デリケートな部分が妊娠したことによりさらにデリケートになって、下着やおりものの成分に肌が刺激されてかゆくなるということも原因と考えられます。

その他、大腸菌などが外陰部で繁殖して炎症を起こしているもの、膣カンジダ、トリコモナス膣炎などの感染症も考えられます。

陰部がかゆい場合はどうする?

デリケートな部分なので、かゆくてもなかなか病院などに行きたくないという人が多いのですが、肌に触れているものを低刺激のものにしたり、清潔を保っているにもかかわらず、かゆみがおさまらない、どんどんかゆみがひどくなるという場合は、膣カンジダやトリコモナス膣炎など、膣内が細菌に感染し炎症を起こしている場合があります。

膣内の炎症は赤ちゃんのいる子宮にも近いので、なるべく早く治療をする必要があります。

産婦人科を受診する際に、専門医に陰部がかゆいということを言えば、おりものの培養検査などをして病気を調べてもらいます。

もし、膣カンジダである場合は、かゆみを止める薬と細菌を殺す抗真菌薬を処方されます。

さらに、病院で膣をきれいに洗浄して薬を入れてくれます。膣内の洗浄と薬の投与で1週間ほど経てば症状が治まります。

市販薬で治る?

妊娠初期の胎児の成長に大切な段階で、自分で選んだ薬を塗るのはあまり感心できません。

市販の塗り薬でも、陰部などデリケートゾーンのかゆみを押さえるものはありますが、膣内の炎症に対して根本的な治癒につながるかは定かではありません。

何より大切なことは、子宮内の赤ちゃんが健康に大きくなるということですので、あまり病院には行きたくない気持ちは理解できますがきちんと受診して診断してもらいましょう。

暑い時期は特に清潔に

おりものの量がいつもよりも増えるので、小まめに下着を変えられない場合はおりものシートを利用して陰部を清潔にしましょう。暑い夏の時期はおりものの量が増えると臭いがしますし、細菌も発生しやすいので特に意識して清潔を保ちましょう。

石鹸でゴシゴシ洗う必要はありませんが、毎日入浴の際にはお湯で陰部の周りをきれいに洗い流すことでかなり状態は軽減されます。

昼間でもトイレに行った時に洗浄機が付いているならば、きれいに洗浄するとよいでしょう。

生理用品売り場に行くと、陰部の汚れをふき取る専用のシートなども販売されていますので携帯しておくと便利です。

カンジダ膣炎、赤ちゃんにどんな影響がある?

妊婦さんは免疫機能も低下していますので、カンジダ膣炎など膣内が細菌に感染することは珍しいことではありません。

基本的にはカンジダなど膣炎になっても胎児には影響はないとされていますが、影響がないのは妊娠中のみです。

膣炎が完治せずに出産の時期まで長引いていると出産の時に細菌が繁殖する産道を赤ちゃんが通ることになりますので、赤ちゃんが感染することになります。

赤ちゃんが皮膚炎になったり、その後オムツかぶれがひどくなるというケースもありますので、必ず出産までに治療をして完全に治しておくことが大切です。

妊娠初期はつわりなどで栄養摂取が上手くできずに体力が低下します。このことで細菌をさらに繁殖させるので妊娠初期は体を休めて、栄養摂取し、ゆったりした気持ちに過ごすことが大切です。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる