電磁波が怖い?妊娠初期にこたつは使っても大丈夫なの?

電磁波が怖い?妊娠初期にこたつは使っても大丈夫なの?




元気な赤ちゃんを産むため、赤ちゃんに悪影響を与えるものはできるだけ避けたいものです。

特に妊娠初期は胎盤もしっかりしておらず、赤ちゃんを育てるためにママの身体が準備を始めている不安定な時期で、さまざまなことに敏感になっています。

その1つに挙げられるのが、こたつです。こたつといえば、冬の寒い季節には欠かせないアイテム。こたつに蜜柑(みかん)をイメージする人も多いでしょう。

そんなこたつ、噂では電磁波を放つものとしてママに良くないといわれています。

そこで今回は、

・妊娠初期に電磁波を浴びると良くないの?
・こたつで寝ちゃうこともあるけど大丈夫?
・妊娠初期に安全に暖をとる方法を教えてほしい!

といった方に、妊娠初期のこたつは避けるべきなのか、電磁波を避けるための対策や先輩ママの意見なども参考に詳しくご説明します。

関連記事
>>妊娠初期には気をつけよう!妊娠初期にやっていいことと悪いこと
>>妊娠中期にやっていいことと気をつけること!安定期でも油断禁物
>>妊娠後期にやっていいこと悪いこと!出産間近に注意したい行動

スポンサードリンク

グレーゾーンなこたつ

グレーゾーンなこたつ

こたつが放つ電磁波の影響が心配されることから、妊娠初期をはじめ、妊娠中は避けた方が良いとされているこたつ。

実際には、本当に赤ちゃんに悪影響があるのかは、はっきりしていません

理由としては、電磁波を原因に健康に害が出ているなど、科学的に証明されていないことが挙げられます。

また、携帯電話や電化製品など、毎日なにかしら電気を扱う生活を送る現在、電磁波を避けるのは難しいです。

そこまで神経質になる必要もないという意見もある反面、電磁波によるお腹の中の赤ちゃんへの影響を指摘する研究結果もあり、避けるよう勧める意見もあり、こたつの影響は正にグレーゾーンです。

こたつが避けられる理由

現代社会において電気は必要不可欠なものです。つまり、こたつに関係なく、妊娠初期からママは電磁波に当たっています。

それなのに、こたつの電磁波が危険といわれる理由は何なのでしょうか。

ヨーロッパに比べて、電磁波の研究がまだ進んでいない日本では、よくわからないまま、こたつを避けているママは多いです。ここで、こたつの電磁波が避けられる理由を知っておきましょう。

電磁波が強い

携帯電話やパソコン、電化製品など電磁波を放つ物は日常生活の中で沢山ありますが、その中で、こたつが危険とされる理由の1つに電磁波の強さが挙げられます。

その強さは、数多くある電化製品と比べてみても高い数値です。

電磁波を避けるのは、現在の生活を考えると難しいですが、少なからず電磁波は人体に影響を及ぼしています。

特にこたつは電磁波が強い分、人体に影響を及ぼしやすいと考えられているので、余計に避けられる傾向が強いです。

長時間、電磁波に当たってしまう

机代わりに1年中置いている家も多いですが、やはり、こたつが大活躍するのは寒い冬です。

特に、妊娠初期は身体の冷えも禁物なので、テレビを観たり、本を読んだりと何かをしながら足を温められるこたつは、1度入ると出れなくなってしまうママも多いでしょう。

温かさのあまり、こたつでお昼寝をしてしまうことも少なくありません。しかし、こたつが避けられる原因には、その長時間使用も挙げられます。

長時間電磁波にさらされていることになるからです。また、こたつに入るとお腹の部分まですっぽり収まってしまいますから、お腹の赤ちゃんの影響も心配されます。

赤ちゃんに心配される影響

妊娠初期に、こたつを使用することで影響が心配になってくるのは、ママの身体だけではありません。

妊娠初期のママの身体は、胎盤を作ったり、乳腺が発達したりするなど赤ちゃんを育てられるように身体が変化を始めていきますが、お腹の中の赤ちゃんもまた、身体や脳や心臓といった重要な器官が作られていく大切な時期だからです。

電磁波の影響なのか、はっきりしていないのが現状ですが、妊娠初期にこたつを使用することで赤ちゃんへ及ぼす悪影響に以下のことが考えられます。

流産、早産などのリスク

こたつなどの電磁波による影響と考えられる症状の1つに、妊娠の早い時期に赤ちゃんが亡くなってしまう流産、十月十日を迎えるより早く生まれてしまう早産のリスクが挙げられます。

流産に関しては、流産全体の約9割が妊娠初期にあたる妊娠12週未満に起こっており、こたつなどの電磁波を浴びることで、そのリスクが高くなります。また、流産や早産だけでなく、死産の可能性も高まるとも指摘されています。

産後の障害

先に触れたように、妊娠初期は赤ちゃんの心臓や脊髄など重要な器官が、できていく時期です。また、器官だけでなく身体も着々と作られています。

そのため、妊娠初期にこたつに入っていたり長時間、強い電磁波を浴びることで産後、赤ちゃんに障害が出てしまう恐れがあります。

電磁波が原因だと指摘される症状は、先天性異常や学習障害、睡眠障害などが挙げられ、また、障害だけでなく小児がんのリスクも心配されています。

電磁波過敏症の懸念も

心臓にペースメーカーをつけている人をはじめ、強い電磁波は人の健康に悪影響を与える可能性があります。

実際に、ペースメーカーをつけていなくても、電磁波の影響としか考えられない体調不良が報告された例もあります。

それらの症例はアメリカの医学者、ウィリアム・レイ博士によって電磁波過敏症と名付けられ、1度症状があらわれてしまうと他の人が感じないほどの微弱な電磁波であったとしても、身体が反応してしまいます。

高電圧送電線の傍に住んでいる人は、ガンなどを発症しやすいという噂もあります。電磁波に当たったから、必ず電磁波過敏症になるわけではありませんが、妊娠初期はママも本調子ではないので注意したいところです。

電磁波の対処法ってあるの?

電磁波の対処法ってあるの

電磁波の影響がはっきりしていないとはいえ、先に挙げたようにママや赤ちゃんへ考えられる影響はいくつかあります。しかし、こたつは冬の必需品ですから、自宅にいて避けることは難しいです。

また、それで身体を冷やしてしまうのも良くありません。見えないこたつの電磁波に対して、ママは何をすることができるでしょうか。

こたつの電磁波への対処法については以下の通りです。ただし、これらの方法で電磁波の影響から完全に逃れられるというわけではありません、効果には個人差があるので注意が必要です。

こたつがある場所から離れる、使用時間を短くする

こたつが悪いというよりは、こたつが放つ電磁波が問題のため、こたつを家族やパートナーが使用している間は少しでもこたつから離れるだけでも対策になります。

電磁波は発している物から離れた分だけ影響が小さくなるからです。

また、電磁波を発している物に接している時間も短くすると、短くした分だけ影響が小さくなります。冬の場合には、こたつを避けるには無理があるので、使用時間を考えるようにすると良いです。

使用する前にこたつを起動させて、ママが使用する時にスイッチを切るという方法もあります。スイッチを切っても、こたつの中はしばらく温かいので安心です。

電磁波のカット素材を活用する

こたつの強い電磁波だけでなく、電磁波を放つ全ての物への対処法としても有効とされているのが電磁波カット素材を活用することです。

これは、電気カーペットや電気毛布などでも、使用されている素材です。

こたつの場合には、赤ちゃんのいるお腹周りを保護してくれるエプロンや服を活用すると良いです。ただし、電磁波をカットしてくれる素材を使用した物は基本的に値段が高いです。

物によっては産後でも使用できるとされており、持っておいて損はないですが金銭が関わってくるので、パートナーとよく相談して購入しましょう。

こたつを使用しない

こたつを使用しないというのも対策の1つです。ただし、こたつで暖をとらない代わりに、腹巻や室内でも暖かい格好を心掛けるなど身体を冷やさないようにする必要があります。

温かい飲み物やしょうがなど、身体が温かくなるような食べ物を優先して摂るようにするのも良いでしょう。また、湯たんぽの活用も効果的です。

足下に使用したり、腰のあたりに当てたりすると腰痛にも良いです。ただし、絶対にこたつを使用してはダメということではないので、無理はしないようにしましょう。

こたつってどうしてた?先輩ママの意見

こたつってどうしてた?先輩ママの意見

こたつの影響に関しては、その危険性について本で出版されるほどなですが、科学的な証明がされていないことからもわかるように、はっきりしないのが現状です。

しかし、妊娠初期のママにしてみれば、どちらなのかはっきりして欲しいのが本音です。赤ちゃんへの影響もあり、何より初産のママにしてみれば曖昧な答えほど不安を煽(あお)るものはありません。

先輩ママたちの中には、こたつの電磁波の影響を全く知らずに使用していたママもいます。

姿勢や使用時間など注意した方が良いことはありますが、世間でこたつの電磁波のことが騒がれていても、そこまで不安にならなくていいでしょう。

ただし、あくまでこれは先輩ママ達の意見であって、最終的には自己判断になります。自分の判断だけで不安な場合は、担当の医師に相談するのが一番です。

実際、先輩ママたちはこたつをどうしていたのでしょうか。参考までにいくつか意見を挙げました。

こたつ生活のママが多い!?

先輩ママたちの口コミや意見を調べてみると、妊娠初期でもこたつでお昼寝をしてしまうママは多いです。

ママの中には、毎日こたつ生活という人やパートナーといるのが窮屈なあまり、こたつで就寝していたというママもいます。

しかし、そのような生活を送っていても皆、元気な赤ちゃんを出産しています。ただし、寝過ぎてしまうことで水分が取られるのか喉が渇いたり、寝る専用のものではないので身体に痛みを感じたママもいます。

また、こたつで寝てしまうと風邪も引きやすく、低温火傷の心配もあるので、こたつでお昼寝をするには体調管理など注意も必要です。

寝ないように気を付けているママも

こたつを使用していても、こたつでは寝ないように気を付けているママもいます。眠るにしてもうたた寝程度に留めたり、眠る前に布団へ移動したり。

ただし、これに関しては、こたつが放つ電磁波を気にしてのことではなく、長時間同じ姿勢でいないようにするためという意見がほとんど。

こたつは布団と異なり、入ると自由に身体を動かせないことから身体に痛みを感じやすかったり、血流が悪くなってしまうことが考えられるからです。

血行が悪くなるのは、赤ちゃんにも良くないので、こたつを使用する際には気を付けましょう。

足だけ入れる

こたつはすっぽりお腹まで入ります。そうして温かさが味わえるわけですが、お腹の中の赤ちゃんが暑いのでは、と心配する意見もあります。

実際には赤ちゃんは、温度が一定に保たれた羊水に守られているので、暑くはありません。しかし、電磁波のことも考えると不安に思うママは多いです。

そういったママは、こたつに下半身をお腹まで入れてしまうのではなく、足だけにしています。寒そうな気がしますが、足を入れるだけでも身体は温かくなるので心配はないです。

神経質になり過ぎないこと

電磁波の影響を考えれば、なるべくこたつは使用しないでいたいですが、実際のところは科学的証明も電磁波で赤ちゃんに影響が出たという報告もないので、ママの自己判断に委ねられます。

先にも触れたように電磁波過敏症などの症状もあるので、妊娠初期にこたつを使用することで電磁波の影響が全くないとは言い切れませんが、使用時間などに注意すれば日常生活で使用しても問題はないです。

むしろ心配なのは、電磁波を気にし過ぎてストレスになってしまうことです。ストレスはママの身体に良くないだけでなく、赤ちゃんにも悪影響を及ぼします。

対処法を参考に、神経質になり過ぎない程度に、こたつを活用していきましょう。赤ちゃんのためにも、身体は温かくして過ごして下さいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる