妊娠初期に目薬は大丈夫?目が疲れやすい妊娠中のアイケア法

妊娠初期に目薬は大丈夫?目が疲れやすい妊娠中のアイケア法




現代社会では、パソコンやタブレット、スマートフォンなどさまざまな電子機器で、ついつい目を酷使してしまうことが多くなっています。

情報が氾濫する中での生活では、便利な反面、目を休める暇もない程で、疲れ目のために目薬が手放せない方も多いはずです。

また、花粉症の時期にも目薬が手放せなくなってしまうこともあります。そんな中でも妊娠時には、いろいろな薬がおなかの赤ちゃんに与える影響がどうしても気になってしまうものです。

服用薬は特に気にするものの、何気なく使っている目薬の影響はどうなのでしょうか?

そこで今回は、

・妊娠すると目が疲れやすいのはどうして?
・妊娠初期に目薬をしても大丈夫?
・目の疲れを予防する方法を知りたい!

といった方に、妊娠初期における目薬の影響や、使用するにあたって注意すること、目の疲れを予防する方法などについてまとめてご紹介します。

スポンサードリンク

妊娠すると目が疲れやすくなる?

妊娠すると目が疲れやすくなる

妊娠中には、身体のさまざまな部分が妊娠前とは何となく違って感じたり、疲れやすくなったりします。また、妊娠中にはお肌の乾燥も気になる方が多くなりますが、目も同じことです。

疲れやすくなったり、乾燥でしばしばしたりと、お悩みは尽きません。妊娠するとホルモンのバランスが急激に変わり、それが原因で目が疲れやすくなることがあります。

また、赤ちゃんの成長のために、たくさんのお母さんの血液が必要になり、血液の量が増え、普段の生活に比べて血圧が上昇するとともに、全身が疲れやすくなったり、眼圧が上昇しやすくなることも、目を疲れやすくさせる要因の1つであるといわれています。

妊娠中に一時的に視力が低下したように感じ、見えにくくなったものを見ようと、目に力を入れて集中して見たり、必要以上に目を近づけて見たりするために、余計に目が疲れやすくなるともいえます。

そして、この症状は妊娠中だけではなく、産後まで続く方もいます。

もし、目の疲れやすさや見えにくさが続くようでしたら、専門の眼科医を受診し、妊娠をしていることを告げた上で、適切な目薬などを処方してもらいましょう。また、睡眠時間を十分に取り、目を休める時間を持つことでも症状が改善されることもあります。

ストレスでも目が疲れる?

妊娠中には、おなかの赤ちゃんの健やかな成長のためにも、ゆったりとした時間を過ごしたいものですが、つわりなどの体調の変化をストレスに感じてしまうことも少なくはありません。

また、身体が何となくだるく感じ、横になって休みながらも、ついついスマートフォンなどを使用してしまうこともあります。

最近よく耳にする、電子機器画面からのブルーライトの影響も見落とすことはできませんが、ストレスによる心因性の視力低下も考えられます。

人によっては、過度なストレスがかかることによって、一時的に視界が狭くなることもあります。ストレスによる自律神経への影響も考えられますので、好きなことをしたり、ゆったりと過ごしたりするなどの対策が必要になります。

貧血や妊娠高血圧症候群の場合も

妊娠すると、身体のあちらこちらが敏感になり、目も疲れやすくなりますが、めまいがあったり、目がチカチカする場合は、貧血や妊娠高血圧症候群の可能性もあるので注意が必要です。

目が疲れたと感じるだけでなく、寒気やふらつき、手足のしびれなど、いつもと違う症状があれば、すぐに体を休めて安静にしましょう。

症状が続く場合は担当の医師を受診しましょう。

妊娠初期の赤ちゃんの様子は?

妊娠初期の赤ちゃんの様子は

妊娠初期の赤ちゃんに与える薬の影響を考える際には、まず、おなかの中の赤ちゃんの様子を知っておかなければなりません。

妊娠4週目から12週目までの赤ちゃんは、胎児に奇形が起こる危険性(催奇形性)が、もっとも高まっている時期でもあります。

この時期の赤ちゃんは、心臓や手足、目、鼻、中枢神経、臓器などの大切な器官が形成される時期でもあり、今後の成長にも非常に大切な時期になります。もちろんのこと、この時期の不用意な薬の服用はリスクも高く、避けた方が良いといわれています。

妊娠中の薬の使用には注意しましょう

妊娠中の薬の使用には注意しましょう

妊娠中には、おなかの赤ちゃんへの影響を考え、極力薬の使用は控えておきたいものです。

一般的に安全な薬といわれているものであっても、100%赤ちゃんに影響がないかといえばそうとは言い切れません。そして、逆に危険だといわれている薬が、必ず赤ちゃんに影響を与えるとも限りません。

服用薬や貼付薬などの赤ちゃんへの影響はよく心配されますが、目薬も同じことです。目薬は、目にだけ使用するもので、部分的にしか使用されず、ごく少量の使用に限られますので、基本的に影響はありませんが、特に妊娠初期の妊婦さんには、気を付けて使用しましょう。

用法や適量を守らなかったり、目薬をさしたはずなのに、涙腺を通って目薬が口に落ちてしまったりすることも多々ありますので、目薬のさし方にも注意が必要です。

目薬のさし方にも注意しましょう

普段何気なくさしている目薬ですが、妊娠中には、さし方にも注意しましょう。

・目薬を使用する前には手や指を石鹸で洗い、きれいな状態で使うようにする
・目薬のキャップを外す時には、中栓を触らないように注意する
・上を向き、容器の先がまつげなどに触れないように注意しながら、1滴だけ点眼する(一般的な目薬は、1滴だけで十分な量になります)
・点眼後は軽く目を閉じ、そのまま約40~60秒位軽く目頭を押さえておく
・目の周りに溢れた薬液は、かゆみやかぶれの原因になることもあるで、ティッシュなどでふき取る

以上のようなやり方でさしましょう。点眼後に目頭を押さえるは、目薬が鼻や口に流れてしまうのを防ぐためです。

目をパチパチと瞬きをした方が、早く薬が行き渡るような気もしますが、かえって涙と共に外に流れ出てしまうこともあるので、静かに目を閉じておくほうが効果的です。

妊娠中に使用してはいけない目薬

妊娠中の薬の服用や使用には気を遣うものですが、目薬だって同じことです。薬には、使用上の注意が必ず添付されています。

目薬の成分にもたくさんの種類がありますが、すべての目薬が、妊娠中の使用に注意が必要な訳ではありません。

しかし、明らかに妊娠中の使用に注意を促しているものもあります。なかでも、目のかゆみやアレルギー症状を抑える目薬に使用されていることの多い「プラノプロフェン」には、特に注意が必要です。

プラノプロフェンは、炎症を沈める消炎作用があるものですが、妊娠中の使用は避けた方が良いとされています。プラノプロフェンは、出産を遅らせてしまうことがあり、動物実験では、奇形のリスクも出ています。

プラノプロフェンはアレルギー用の目薬など、良く商品名を耳にすることの多い、身近な市販の目薬にも入っている成分ですが、妊娠中には避けましょう。ドラッグストアなどで目薬を購入する際には、医師や薬剤師に相談するなど、注意が必要にです。

目薬のケースや使用上の注意には、「妊娠中の方の使用は医師に相談の上」や「妊婦または妊娠していると思われる人は使用しないように」などと記載されているものもありますので、購入の際には、注意書きを見る習慣をつけましょう。

目のかゆみやかすみ、花粉症などのアレルギー症状でお悩みの方は、妊娠していることを告げた上でできる限り早めに専門の眼科医を受診し、適切な処置を行ってもらいましょう。

妊娠中に気を付けるその他の目薬

目薬は比較的におなかの赤ちゃんへの影響は少ないものといえますが、それでも、全く危険性がないとは決して言い切れません。

成分の中に、交感神経や副交感神経に影響を与える成分の入っている目薬の使用は、妊娠中全般を通して避けましょう。また、目に何かの異常を感じた時には専門医を受診し、妊娠している旨を伝えた上で、目薬などを処方してもらうことがおすすめです。

もともと目薬は涙に近い成分で作られています。目にのみ適量を使用するものですので、赤ちゃんへの影響は、飲み薬に比べる少ないとはいえます。

しかし、絶対に影響がないとは言い切れませんので、細心の注意が必要です。最近では、薬剤師が常駐しているドラッグストアも増えてきていますので、市販の目薬を購入する前には、薬剤師などに相談し、妊娠中の使用であっても赤ちゃんへの影響が少なく、適切なものを購入するようにしましょう。

目薬を使わずに眼精疲労の予防を

目薬を使わずに眼精疲労の予防を

妊娠期間中には体調の変化が起こりやすくなりますので、目の負担を軽減させる工夫も必要です。

肩こりや腰の張りなど、長時間同じ姿勢でいることで違和感を覚えることがありますが、目も同様です。力を抜いてリラックスし、緊張を解くことも効果的です。

物事をじっと見つめたりすることで、瞬きの回数が減り、目が渇いたり、目の奥が重く感じたりすることがあります。目の疲れを目だけの症状だと思いがちですが、目の疲れから、肩こりや体の痛みに発展することも良くあることです。

そこで、目の疲れを予防する方法をいくつかご紹介しますので試してみましょう。

目が疲れにくい環境を作る

パソコンやスマートフォン、テレビなどを長時間見続けないことが目の疲れを防ぐ重要なポイントですが、どうしても使用する場合は、照明器具の配置、イスの高さなどを調整して、目になるべく負担を与えない環境をつくりましょう。

テレビやパソコンの画面は、目の高さより下に配置すると、まぶたが下がって目の露出面積が減り、目は乾きにくくなります。

さらに、これらの画面から発せられる、ブルーライトから目を守るための、専用のメガネを使用するのもおすすめです。

また、画面を凝視しているとまばたきの回数が少なくなってしまうので、目にうるおいを保つためにも、意識的にまばたきの回数を増やすように心がけましょう。

目のストレッチをする

パソコンやスマートフォンなどの使用により目を酷使している時には、目の緊張を解いたり、ストレッチを行いましょう。目のストレッチにはさまざまな方法がありますが、いくつかご紹介します。

・上下、左右で、できるだけ遠くのものを意識して、約3秒程度見つめる
・目をゆっくりと右回りに回転させる。その後反対に、左回りもする
・遠くの建物や木々の緑などを、集中して見つめる
・目を思いっきり閉じて、すぐに開くことを2~3回繰り返す
・顔の前に親指を立てて見つめ、逆に遠くのものを見つめることを交互に行う

目のかすみや疲れ目の原因の中には、血行不良の場合もありますので、適温の蒸しタオルなどで温めてみましょう。

その他にも、眉毛の付け根部分(鼻の上部)には、眼精疲労に効果的なツボがありますので、気持ちの良い程度に押してみるのも効果的です。

目の乾燥を防ぐ

妊娠中は、お肌とともに目も乾燥しがちになることがありますが、夏や冬など、冷暖房の効いた部屋では空気が乾燥し、さらに目が乾きやすくなります。

目に直接、外気や冷暖房の風が当たらないよう注意し、加湿器を使ったり、濡れタオルを干したりするなどして、室内の湿度にも気を付けましょう。

そして、紫外線の強い屋外ではサングラスを使用し、紫外線から目を守るように心がけることも大切です。

自分に合ったメガネやコンタクトレンズを使用する

普段メガネやコンタクトを使用している方は、こまめに健診を受け、自分に適切な度数のものを使用しましょう。

度数が合っていないとそれだけで疲れ目の原因になります。メガネやコンタクトの長時間の使用も目を酷使することになりますので、注意が必要です。

また、コンタクトを使用している場合は装着時にゴミがつかないように清潔に気を付け、花粉の時期はメガネを使ったり、ワンデイタイプのものに変えることも目を守るポイントです。

妊娠中に摂りたい目に良い食べ物は?

妊娠中に摂りたい目に良い食べ物は

妊娠中には目のトラブルも多くなりがちです。日常生活の中で睡眠時間を確保したり、スマートフォンなどの使用時間やテレビの見過ぎに気を付けたりするなど、注意したいことはたくさんありますが、食事の面からも目に良いとされる食品を、積極的に取り入れるようにしましょう。

目に良いとされる食べ物はたくさんありますが、なかでも代表的なものをいくつかご紹介します。

ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜

ニンジンやカボチャは、ベータカロチンを多く含む緑黄色野菜の代表的なものです。ベータカロチンは体内に入ると、粘膜の保護や正常化に効果があるといわれるビタミンAに変化します。

ビタミンAが不足すると、眼精疲労や視力の低下、夜盲症になってしまう危険性が高まることも分かっていますので、積極的に摂りたい食材です。

また、妊娠初期のおなかの赤ちゃんには、たくさんの葉酸が必要になりますが、その意味からも意識して摂るように心掛けましょう。

ブロッコリー

ブロッコリーにはたくさんの葉酸が含まれていることは知られていますが、その他にも、網膜の健康維持に欠かせないルチンや、粘膜や皮膚を健康に保つ効果のあるビタミンCも豊富に含まれています。

プルーンやブルーベリー

目に良い食材というと、ブルーベリーを真っ先に思い起こす方もいるかもしれませんが、目の疲れの予防や視力回復に効果があるとされるアントシアニンは、プルーンにも多く含まれています。

特にプルーンには、妊娠中や出産後にも欠かせない鉄分も豊富に含まれていますので、意識して摂りたい食材の1つです。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる