妊娠初期の飲み会参加する

妊娠初期の飲み会参加する?しない?ママや赤ちゃんへの影響



☆ココマガだけのお得なキャンペーン開催中☆
cocomagaLINE@のお友達限定で、プレゼントキャンペーンを実施します!「はぐくみオリゴ」「すやねむカモミール」「HAPPY VEGE」のいずれかを抽選でプレゼント! お友達が増えるごとに景品数を増量いたしますので、ぜひご登録お願いします!お友達登録はこちら→cocomagaを友達に追加する

妊娠初期には、会社の方々や友人などに妊娠したことを告げないまま過ごすママも少なくありません。

まだ安定期に入っていないため、さまざまな不安を抱えながらの生活となりますので、この段階で妊娠したと告げてしまうことに抵抗を感じるママさんもいます。

そのため妊娠していることを知らない周りの方から、飲み会に誘われることもあるでしょう。妊娠初期の段階で飲み会に参加すれば、アルコールを飲まないといった選択肢を取るママさんが大半です。

しかしながら、飲み会に参加するメンバーに喫煙者がいれば、タバコの煙を吸うことになってしまいます。ママさん自身がタバコを吸っていなくても、すぐ近くでタバコを吸う人がいれば赤ちゃんに影響なども気になってしまうのではないでしょうか。

また、もともとお酒が好きなママさんは、ついつい誘惑に負けて、少しだけならと口にしてしまうこともあります。

そこで今回は、

・妊娠初期に飲み会に誘われてしまった!
・妊娠初期のアルコールはどうする?
・妊娠初期のタバコの影響とは?

といった方に、妊娠初期の状態で飲み会に行く場合の注意点について詳しくご紹介します。

妊娠初期でも飲み会のお誘いは来る

飲み会のお誘い

妊娠初期であっても、さまざまなお付き合いを考えると飲み会の誘いが来るのは決して珍しいことではありません。お誘いのたびに断るというのも気が引けてしまうママさんもいます。

特に職場関係の場合は、妊娠初期といえども断り続けることで自分の立場が危うくなることを懸念するママさんや、実際に職場から圧力がかかってしまい、断りにくい雰囲気に飲まれてしまうママさんもいます。

そういった中で、妊娠初期のママさんは自分の体も赤ちゃんのことも守っていかなくてはなりません。

飲み会に妊娠初期のママが参加するリスク

妊娠初期のママが参加

飲み会に誘われた時、妊娠初期のママが参加する上で、どのようなリスクがあるのでしょうか?

やはり妊娠初期のママさんが飲み会に参加するというのはノーリスクではありませんので、ある程度のリスクを把握した上で最終的な判断をしなければなりません。

お酒に酔った人との衝突など

妊娠初期の飲み会というのは、参加することによってママさんがお酒を飲んでいなくても、お酒に酔った方との衝突などが考えられます。

お酒に酔った方は足元がおぼつかずフラフラとすることもあり、倒れこんでしまうようなこともあります。

また、お酒に酔っていて周りの環境が見えておらず、急に妊娠初期のママさんとぶつかってしまうようなことも考えられます。

万が一このような状況の中でママさんが転倒してしまうようなことがあれば痛みを伴ってしまう、または出血をしてしまうといったリスクも絶対に無いわけではありません。

これを考えるだけでも、妊娠初期のママさんが飲み会に参加することは大きなリスクを抱えているといえます。

周囲で喫煙する人がいる

ファミリーレストランなどであれば禁煙になっているお店も増えてきましたが、居酒屋さんなどの場合は店内でタバコが吸える店も少なくありません。

飲み会に妊娠初期のママさんが参加することによって、ママさんの周囲にはタバコを吸っている方がいるという状況もあります。

このような状況の中飲み会の時間を過ごしてしまうと、副流煙を吸い込んでしまうことになります。ママさんの体にはもちろんのことお腹の赤ちゃんへの悪影響もあります。

妊娠初期だからといって他人に対し、タバコを吸うなと言えるわけではありません。副流煙の中で我慢しながら過ごすことや、副流煙の匂い又は決まりを吸い込むことで気分が悪くなってしまうようなこともあります。

特につわりに悩まされているママさんは、こういったタバコの匂いで気分が悪くなってしまうことも多いです。

夜が遅くなり不規則になる

飲み会に参加することで帰宅時間が遅くなってしまうといったリスクもあります。

早い時間から始まった飲み会であっても、帰宅する時間が遅くなってしまえば、生活が不規則になってしまい、ここでストレスの原因を作ってしまうことや、その他にも体調不良の原因を作ってしまうことになります。

特に会社の飲み会などは二次会、三次会と長くなってしまうことも多く、断れないまま、帰宅するのが真夜中になってしまうという状況もありえます。

控えるべき食べ物が多い

妊娠初期のママさんが飲み会に参加する上で、どのようなお店で行われるのかも大きなポイントになってきます。

居酒屋をはじめとして、その他にもお酒が飲めるような場所は、妊娠初期のママさんが避けるべき食べ物なども多く、脂っこいものや味の濃いもの、さらには刺激物など、さまざまな食べ物がメインとなってきます。

こういった食べ物ばかりの中でママさんは控えるべきものが多ければ、ほとんど食事をすることができません。

しかし、そのような状況の中でほとんど手をつけず食事をすることがなければ、これだけでも付き合いが悪いと言われてしまうことや、何のために飲み会に参加したのかわからない、などと嫌味を言われてしまうことも考えられるのです。

しっかりと理解を示してくれる仲間たちとの飲み会であればこういった部分も安心ですが、会社関係などの場合には嫌味を言われるリスクも高くなるため、ここで嫌な思いをしてしまいストレスを溜め込んでしまうママさんもいます。

お酒の誘惑がある

妊娠前から特にお酒を飲んでいないママさんは、お酒の誘惑を心配する必要はありません。しかし元々お酒を飲むことが好きなママさんは、妊娠初期で自分が我慢しているにもかかわらず、飲み会に参加することでお酒の誘惑があります。

妊娠初期のアルコールは極力避けた方が良いといわれており、赤ちゃんへのリスクも高くなりますのでお酒の誘惑に耐えるのも一種のストレスになってしまいまいます。

つわりで気分が悪くなる

妊娠初期のママさんは、つわりの症状が出てくるので飲み会に参加し、途中で気分が悪くなってしまうこともあります。

つわりの症状は人によってさまざまですが、強い吐き気をもよおしてしまうことがあれば、飲み会どころではありません。

とはいえ何度も席を外してお手洗いに行くなどというのも場の雰囲気を壊してしまいますので、嫌味を言われることもあります。またママさん自身の性格の中で、誘ってくれた方々に申し訳ない、と自分を責めてしまうこともあるでしょう。

メンタルの部分でも、妊娠初期のママさんが飲み会に参加する際には、このようなリスクが考えられます。

本当に気心の知れた仲間との飲み会であれば、お酒を飲まずリフレッシュをすることができますが、会社関係など気を使う場面での飲み会はリスクが多いので、参加の有無について十分な時間をかけながら考えていく必要があります。

無理に参加をしてもそこで体調が悪くなってしまうことや、大きなストレスを抱えてしまうようなことがあれば、それだけでママの体や赤ちゃんには悪影響となるのです。

妊娠初期の飲み会でアルコールはどうする?

飲み会でアルコール

さて、妊娠初期のママさんが飲み会に参加する際にはアルコールを絶対に控えた方が良いという意見もあります。

とはいえ、お酒の好きなママさんは、多少なら飲んでも良いだろと思ってしまうこともあります。

絶対に危険なものとしてアルコールが挙げられるわけではありません。そのため少しならと思って飲んでしまうママさんもいます。

少量でも控えるべき

妊娠初期のアルコールは、たとえ少量であっても控えるべきだといった意見が近年では多くなってきています。細かな研究結果こそ発表されていませんが、妊娠初期にアルコールを摂取してしまうことにより胎児への悪影響も考えられているのです。

妊娠初期のママさんが少しでもアルコールを摂取してしまうことによって、お腹の赤ちゃんにもアルコール分が届いてしまうことになります。

この結果として、胎児性アルコール依存症になってしまうリスクが高まるのです。どのくらいのアルコール分を摂取したら対してアルコール依存症になってしまうのかは、はっきりとわかっていません。

心配であれば、ごく少量であっても摂取しないのが1番です。

また、妊娠初期のママさんがアルコールを摂取することで、途端につわりがひどくなってしまうことや、お酒を飲みすぎてしまい転倒するなどといった危険も考えていかなくてはなりません。

やはり赤ちゃんのためにもアルコールは控えるべきだといえます。妊娠初期のママさんがアルコールを摂取することによる胎児への影響は決して軽視できるものではないのです。

できれば温かいものを飲む

妊娠初期の飲み会に参加するママさんは、冷たいものではなく、できるだけ温かいものを注文して飲むように心がけましょう。

ホットミルクなどを注文するのは難しいお店であっても、ホットウーロン茶などは多くのお店が準備しています。

カフェインは控えた方が良いですが、ウーロン茶やハーブティーなどであればカフェインの心配をすることなく安心して飲むことができます。

ノンアルコールで雰囲気を壊さずに

最近ではドライバーやお酒が飲めない人のために、居酒屋などでも、ノンアルコールドリンクの種類が増えてきました。

普通のソフトドリンクとは違い、ビールのノンアルや、カクテルのような色やフルーツを添えたノンアルコールドリンクを頼むことによって、その場の雰囲気を壊さずに飲み会を楽しむことができます。

なるべく体を冷やさないように、温かいものを飲んで欲しい妊娠初期のママさんですが、乾杯をする最初の一杯などはノンアルコールドリンクを注文するのもおすすめの方法です。

しかし、ノンアルコールとうたっていても、中にはごくわずかにアルコールが含まれているものもありますので注意しましょう。

タバコの害と妊娠初期の関係

タバコの害と妊娠初期

飲み会で気になるのは、お酒だけではありません。タバコの害と妊娠初期の関係は、軽視できるものではありません。

タバコの害には本当にたくさんあり、タバコに含まれている有害物質は200以上も存在するといわれています。

その中でもっとも気になるのがタール、ニコチン、一酸化炭素です。タバコを吸っている方ばかりではなく、妊娠初期のママさんが飲み会に参加すれば、すぐ近くでタバコを吸う人の副流煙を吸ってしまうことになります。

この副流煙にももちろんニコチンやタール、一酸化炭素が含まれているので、ママの体調が悪くなることやお腹の赤ちゃんへの悪影響を気にするのは当然です。

妊娠初期は禁煙すべし

妊娠初期の段階で禁煙するママさんがほとんどですが、中には特にこういった部分を気にせず妊娠前からもタバコを吸い続けてしまママさんがいます。

しかし、タバコによる害というのは本当に大きく、未熟児となってしまうリスク、また発育不全のリスク、さらには流産や早産などのリスクがあります。

それらを防いでいくためにも、妊娠が分かった段階で気にしていきましょう。それまではタバコを吸っていた場合であっても、早い段階で禁煙すれば、その後は赤ちゃんに対するリスクなどを大幅に軽減することができます。

怖いのは主流煙より副流煙

上でも少し触れていますが、本当に怖いのはタバコの煙の中でも主流煙としてタバコを吸う人が口から吸い込んでいるものではなく、タバコの先から出ている副流煙となります。

この副流煙はストレートに有害物質を含んだ状態ですので、主流煙に比べるとさまざまな有害物質が多く含まれているのです。

主流煙というのは口元につけられたフィルターである程度は濾過された状態ですが、副流煙に関してはこのように濾過された状態ではなく、そのまま吸い込んでしまうことになるのです。

妊娠初期のママさんが飲み会に参加し、近くでタバコを吸う人がいればこういった副流煙を吸い込んでしまうことになるのです。

三次喫煙も気になるところ

副流煙は健康に対する被害を及ぼすことや、特に妊娠初期のママさんにはお腹の赤ちゃんへの影響なども注目されるようになりました。

しかし、これ以外にも三次喫煙というものがあり、この三次喫煙に関しても近年では注目されています。

例えばカラオケボックスや居酒屋さんなど、タバコを吸う方々がたくさん訪れる場所にはニコチンやタールなどが染み込んでいます。

壁紙などに染み込んだこのような有害物質がいつまでも残っているので、妊娠初期のママがこのような環境に足を踏み入れるだけでも、有害物質を体内に吸い込んでしまうのです。

三次喫煙による大きな影響については現在研究中となっており、明確ではありませんが少なからず悪影響を与える懸念を持っておきましょう。

最近増えた水蒸気タバコや加熱タイプのタバコの害について

タバコの害

タバコとして販売されているものばかりではなく、近年では体に害の少ない水蒸気タイプのタバコや加熱タイプのタバコなども販売されるようになりました。

こういったものは吸っている方であっても体への悪影響が減らせるといわれています。こうしたタバコを愛用している方がいた場合は、妊娠初期のママさんにとっても悪影響がまったくないのでしょうか?

結論から申しますと、まったくないと言い切れるものではありません。水蒸気タイプのものであってもニコチンへの依存そのものを緩和させるため、ニコチンが含まれているものはたくさんあります。

また、特に海外製品の水蒸気タイプのタバコは、どのような成分が含有されているのか、明確になっていません。

そのため、もしかすると妊娠初期のママさんへの有害物質が含まれており、これが水蒸気としてその場に充満すれば吸い込んでしまうことが考えられます。

加熱タイプのタバコに関しては副流煙の心配こそありませんが、加熱タイプに用いるタバコそのものを灰皿などに捨てた後、ある程度ニコチンの成分などが空気中に浮遊してしまうことになります。

ニコチンがまったく含有されていない商品ではありませんので、ごく一般的なタバコと同じような感覚でとらえておきましょう。

妊娠初期の飲み会でタバコを吸う人がいたら?

飲み会でタバコ

妊娠初期に飲み会に参加する際、タバコを吸う人がいるメンバーの中に含まれていたら、ママさんとしてはどのような判断をすればよいのでしょうか。

妊娠していることを伝えていなければ、毎回飲み会への参加を断るわけにはいきません。また、妊娠していることをその場でカミングアウトし、タバコを控えてもらうというのも難しいことになります。

特に、会社関係の飲み会では上司がタバコを吸っているケースも珍しくありません。そういった中、自分が妊娠しているからといって、タバコを吸わないで欲しいなどといえるママさんはあまりいないでしょう。

短時間ならば問題ない

妊娠初期のママさんが飲み会に参加する際には、副流煙についての心配がもっとも大きくなってしまいます。

しかし体に悪影響を及ぼすのは、副流煙を長期間にわたって吸い続けた場合となっています。

短時間であれば副流煙を吸い込んでしまうことで、極端に悪影響を与えるものではありません。飲み会というのは長くても3時間から4時間程度で終了します。

そのため、このような短時間で副流煙を吸い込んでしまっても、すぐにお腹の赤ちゃんへの悪影響が出るというわけではありません

極端に心配すぎてしまうのではなく、短時間ならば大きな問題はない、という正しい知識を持っておくことも必要です。

つわりで気分が悪くなることを想定しておく

副流煙を吸ってしまうことがあっても、短時間であれば大きな問題はありません。とはいえ、タバコの匂いそのもので気分が悪くなってしまうこともあります。

妊娠初期はつわりが始まりますので、さまざまな匂いに敏感になり、特にタバコの匂いが苦手になってしまいその場で強い吐き気を覚えるママさんもいます。

妊娠していることを告げていない状態で、タバコの匂いによって吐き気が出てしまえば何度もお手洗いに駆け込まなくてはならず、周りから怪しまれることもあります。また予期せぬタイミングで、このような状態から妊娠がわかってしまうこともあります。

安定期に入るまで妊娠初期だということを内緒にしていたいママさんは、つわりの状況に応じて参加するか否かを考えていくことも重要です。

思い切って不参加もあり

体調が優れないときや、副流煙を吸い込んでしまうといった懸念が大きい場合は、思い切って不参加という結論を出すことも必要になります。

毎回断ってしまうのは付き合いが悪くなりますが、3回に一度といった頻度であれば何らかの理由をつけて飲み会への参加を断ってしまいましょう。

仕事上参加した方がいいような場合以外は、体調不良であったり、タバコを吸う人がたくさん参加する飲み会などは不参加という手もありです。

タバコの匂いで誤解されることもある

タバコを吸う人がいる飲み会に妊娠初期のママさんが参加することは、副流煙についてなどの懸念があります。これはママさん本人が一番心配する内容といえます。

一方で妊娠していることを知っているご家族に、タバコを吸っていると誤解されてしまうようなリスクも考えておかなくてはなりません。タバコを吸う人が近くにいれば当然ですが、衣類などにはタバコの匂いが付着してしまいます。

髪の長いママさんなどの場合には、タバコの匂いがつきやすくなりますので、帰宅してから「もしかしてタバコを吸っているのではないか?」とパートナーやご家族に怪しまれてしまうこともあります。

ママさんご本人ではタバコを吸っていないことが分かっていても、タバコを吸う人がいる飲み会に何故参加したのかと責められてしまうようなこともあります。こういった部分についてはしっかりとパートナーと話し合うことが必要です。

ママさん自身が悪いことをしていなくても余計な疑いをかけられたり、必要以上に責められてしまいストレスを感じることがないように、対策を考えておくことも必要です。事前に話して理解を求めておくのが1番です。

妊娠初期の飲み会が断れない場合

飲み会が断れない

妊娠初期のママさんが飲み会に参加する際には、タバコの煙をはじめとしてその他にもいくつかの心配事が出てきます。できれば自宅でゆっくりと休んでいたいママさんも多いでしょう。

しかし、会社での大切な飲み会をはじめとして、どうしても断れないときには体調と相談しながら参加することもあります。どうしても飲み会を断れず参加する場合には以下のような対策を考えた上で上手に体を守りましょう。

一次会だけで帰る

自分たちの飲み会メンバーにタバコを吸う人がいなくても、場所によってはまったくの他人がタバコを吸っているという状況も考えられます。

そのため、こういった状況や自分たちの仲間にタバコを吸う人がいた場合であっても、一次会のみで切り上げるといった方法を取り入れましょう。

まったく参加しない状況ではなく、一次会だけでも参加しておけばイメージが悪くなってしまうことも防げるのではないでしょうか。

短時間であれば副流煙を吸い込んでしまうことがあっても、大きな悪影響はありません。一次会のみであれば2時間程度で帰宅することができるため、極端な体調不良も防ぐことができます。

体調不良を理由に欠席にする

予めタバコを吸う人がいるとわかっている飲み会や、あなたの妊娠を知らず強くお酒を勧めてくる人がいるなど、万が一、隣の席に座ったら嫌だと思うような飲み会であれば、思い切って断ってしまう方法もあります。

体調不良などを理由に欠席してしまいましょう。体調不良というのは妊娠初期のママさんだけでなく誰にでも起こりうることです。日中は仕事をしていても、夕方以降になり体調不良になってしまうこともあります。

そのため特に不思議がられる心配もありません。急に体調が悪くなってしまったと言って後から断るケースや、その他にも誘われた時点で「今日はあまり体調が良くないので自宅に戻ってゆっくりと休み、明日仕事は休まないように気をつけます」などといった理由であれば、飲み会に参加しなくてもイメージがガタ落ち、ということもありません。

短時間だけならば心配せず参加して思い切り楽しむ

短時間のみであれば参加して副流煙を吸っても悪影響がありませんので、こういった正しい知識を持った上で、自分の気持ちを割り切ってしまうのも良い方法といえます。

飲み会に参加することで気晴らしになり、リフレッシュすることができるのであれば、妊娠初期のママさんが飲み会に参加するのはメリットになります。

なにかとストレスを感じやすい妊娠初期ですので、飲み会に参加して思い切り笑って楽しい時間を過ごすのも良いでしょう。

ただし、くれぐれも長時間の飲み会に参加してしまうことは避けて、できるだけ早い時間には帰宅し、規則正しい生活を送りましょう。

副流煙を防ぐアイテムを使用する

どうしても飲み会に参加しなければならない時に副流煙が気になってしまうのであれば、副流煙を防ぐためのアイテムを使用する方法があります。

主にはマスクとなりますが、副流煙をはじめとしてその他にもさまざまな有害物質をカットしてくれるマスクが販売されています。

インターネット通販などで手軽に購入することができるので、こうしたものを使用して飲み会に参加するのもおすすめ。

ただし飲み会に参加すれば食事をする、飲み物を飲むといった動作がありますので、この時はマスクを外さなければなりません。

その他のタイミングでマスクをしていくのであれば、花粉症やインフルエンザ予防、鼻炎など、上手な理由をつけて副流煙をカットしてくれるマスクを活用していきましょう。

妊娠初期の飲み会は参加するなら楽しもう

参加するなら楽しもう

妊娠初期は無理に飲み会への参加をしなくても良いといった認識を持つことが大切になります。

仕事の付き合いだからといって無理に参加してしまい、そこで気分が悪くなってしまえば帰宅するまでの間も大変な思いをします。

体調面や赤ちゃんへの影響を考え、無理に参加しないという判断も時には必要です。強い意志を持つことによってしっかりとお腹の赤ちゃんを守ることにつながります。

もしどうしても参加しなければならない場合でも、温かい物を飲む、一次会で切り上げる、マスクをするなど、いくつか対策をすることはできます。

また、副流煙に関してもすぐに流産に直結してしまうわけではないので、過度に心配する必要はありません。せっかく参加するのですから、飲み会で楽しい時間を過ごして、ストレス発散しましょう。

cocomagaLINE@のお友達限定で、プレゼントキャンペーンを実施します!「はぐくみオリゴ」「すやねむカモミール」「HAPPY VEGE」のいずれかを抽選でプレゼント! お友達が増えるごとに景品数を増量いたしますので、ぜひご登録お願いします!お友達登録はこちら→cocomagaを友達に追加する

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる