妊娠初期の抜け毛

妊娠初期の抜け毛はどう防ぐ?妊娠初期のヘアケア方法




妊娠初期のママさんはつわりをはじめとして、その他さまざまな身体の変化に悩まされることになります。もちろん個人差がありますので、まったく変化がないというママさんもいます。

しかし多くのママさんは何らかの形で体の変化に悩まされる、または驚くことになるでしょう。そういった妊娠初期の変化の一つに抜け毛があります。

女性にとって髪の毛は非常に大切な存在ですので、妊娠初期に起きる体の変化といえども、次々に大切な髪が抜けてしまったら大きなストレスを感じることになります。

また、このままハゲてしまうのではないかなど、大きな不安を抱えてしまうママさんもいるでしょう。

そこで今回は、

・妊娠初期の抜け毛はどうして増えるの?
・妊娠初期の抜け毛を防ぐためには?
・妊娠初期のヘアケアについて知りたい!

といった方に、妊娠初期の抜け毛とそのケアについて詳しくご紹介します。

妊娠初期に抜け毛が増えるのは普通?

妊娠初期に抜け毛が増える

妊娠初期に抜け毛が増えるというのは珍しいことではありません。多くのママさんが経験する体の変化の一つとなっています。

主には体内でホルモンバランスが変動することによる影響です。

エストロゲンが減少する

女性ホルモンの代表格としても知られているエストロゲンは、髪の毛を美しく維持するために働いています。

髪の毛には毛周期といわれているサイクルがあり、新しい髪の毛が生え始めてから次に生まれ変わるまでのサイクルが人によって決まっています。

しかし、妊娠するとママさんの体内では、エストロゲンの分泌量が減少してしまいますので、こういった毛周期のサイクルも乱れが生じてくるのです。

エストロゲンは、女性らしさなどを維持するために日頃から分泌されていますが、妊娠初期のママさんはエストロゲンの分泌量を減らし、プロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が増えるのです。

そのため、女性らしさを維持するためのエストロゲンが減少することで抜け毛が増えてしまう、さらには体毛が濃くなってしまうといった症状に悩むママさんもいます。

プロゲステロンが増加する

妊娠初期にエストロゲンの分泌量が減少するのは、プロゲステロンの分泌量が増加するとともに、子宮の収縮などを抑える働きがあります。

妊娠初期の段階で子宮の収縮が起こってしまえば、流産につながる危険性が考えられます。こういったリスクをママさんの体は自ら軽減するために、エストロゲンの分泌量を減らして、プロゲステロンの分泌量を増やすのです。

このようなホルモンバランスの影響によって抜け毛が増えるというのが1番大きな理由です。とはいえ、これだけではなくその他にも、ライフスタイルによって妊娠初期の抜け毛が増えてしまう原因があるので、注意しながら生活をしていかなくてはなりません。

妊娠初期のさまざまな変化も抜け毛の原因になる

妊娠初期のさまざまな変化

ホルモンバランスによる変化だけでなく、その他にも妊娠初期にはつわりや高温期が続くなど、複数の変化があらわれます。こういった変化も一つ一つが抜け毛の原因になってしまうのです。詳しくお話していきましょう。

つわりによる栄養バランスの偏り

妊娠初期のママさんは、つわりに悩まされることも多々あります。つわりが始まると、思うように食事をとることができず食欲がでないため、栄養バランスが偏ってしまうことがあります。

また、偏るだけでなく、単純に栄養不足といった状況になってしまうこともあり、このような部分から抜け毛が増えてしまいます。

健康的な髪の毛を維持していくためには、やはり栄養バランスも大切。特に妊娠初期のママさんは赤ちゃんにさまざまな栄養を送ることになるため、ママさんの体内の栄養が不足してしまいがちです。

そういった状況の中、さらにつわりによって食べる量が減ってしまう、または食べるものが偏ってしまえば、全体的に栄養バランスが崩れるのは当然だといえます。

ストレスによる代謝低下

つわりをはじめとして、出産への不安などを考えることにより、さまざまなストレスを抱えてしまいます。

妊娠初期のママさんは妊娠したことをご家族などに告げることがほとんどですが、こういった部分からもストレスを抱えることがあります。

妊娠を告げたことによって、あまりにも小さな注意点などを毎日のように言われてしまうことや、職場でも妊娠初期だということを伝えた結果、風当たりが冷たくなる、さらには妊娠していることを伝えたにも関わらずきつい仕事を押し付けられるなどといった部分から、ストレスを感じることもあるでしょう。

ストレスは体内の代謝を低下させてしまいますので、毛周期が狂ってしまう大きな理由になります。こちらに関しても、やはり妊娠初期に考えられる抜け毛の原因となります。

シャンプーが疎かになる

妊娠初期にはたくさんの体調の変化があらわれますので、毎日ゆっくりとバスタイムをくつろぎながら過ごすことも減ります。気分が悪かったりすれば、短時間でシャワーのみというケースもあるでしょう。

そういった中シャンプーが疎かになってしまうママさんも少なくありません。シャンプーが疎かになれば頭皮は汚れた状態となり、ここでもやはり毛周期のサイクルが狂ってしまうのです。

頭皮の毛穴が詰まってしまい、汚れが蓄積されることで健康的な髪の毛が生えにくい、または次々に抜けてしまうといった症状があらわれます。

肌の状態の変化でシャンプーが合わなくなった

妊娠初期にはホルモンバランスの大きな変化があります。これによってお肌の状態も変化しやすいもの。

頭皮は顔のお肌と同じように大切に扱っていかなくてはなりません。しかしそこまでの気を配らず、今までと同じようにシャンプーやコンディショナーなどを使っていると、妊娠初期の肌の変化から、シャンプーが合わなくなってしまうことも考えられます。

そういった状況の中で刺激の強いシャンプーやコンディショナーなどを使い続けると、頭皮は炎症を起こしてしまいダメージを受けるので、これが抜け毛の原因になります。

睡眠不足

つわりをはじめとして、その他にも体調不良などから睡眠不足になってしまうことがあります。

妊娠初期の睡眠不足はストレスとも大きな関係がありますが、睡眠不足は髪の毛やお肌が美しく成長するための成長ホルモンの分泌を妨げてしまいます。

また、さまざまな体内機能が低下してしまいますので、こういった部分からも代謝が落ちて抜け毛の原因になってしまうのです。

妊娠初期の抜け毛を防ぐには?

抜け毛を防ぐには

妊娠初期に考えられる抜け毛の原因はホルモンバランスの変化だけでなく、たくさんあります。

このような妊娠初期の抜け毛を防いでいくためには、どのような生活をするのがいいのでしょうか?

しっかりよく眠る

まずは睡眠を心がけていくことが重要になります。しっかりと睡眠が取れていなければストレスの原因にもなり、代謝の低下にもなるとお話しました。

特に、健康的な髪の毛を育てるための成長ホルモンは夜の10時から夜中の2時頃までをピークに分泌されるといわれています。

できるだけこの時間内にはぐっすりと眠るように心がけて、その他にも日中で眠たくなった時には遠慮せずお昼寝を取り入れていきましょう。

少しでも体が休まる時間を作ることによって代謝の低下やストレスの蓄積などを防ぎます。

シャンプーの成分の見直し

お肌の状態が変わってしまうことによって、シャンプーが合わないといった状況になってしまうこともあります。

そのため、妊娠初期に抜け毛を感じたらシャンプーの成分を見直してみることも大切です。

人工的な成分として洗浄成分や保存料、さらには香料などが含まれたシャンプーやコンディショナーを使っていると頭皮にはダメージが大きくなり、どんどん抜け毛が増えてしまうこともありえます。

できれば人工的な成分ではなく、天然成分などを使ったシャンプーやコンディショナーを選ぶことで、抜け毛の予防にもつながります。

頭皮のケア

使うシャンプーやコンディショナーが無添加であっても、頭皮のケアが正しく行えていなければ抜け毛は次々に増えてしまいます。頭皮のケアといっても決して難しいものではありません。

少し時間のあるときに頭皮をマッサージしてあげたり、潤いを与えるためにお肌に使用している化粧水などを頭皮にも塗布してあげると良いです。

ただし、頭皮がデリケートになっていることも考えられるので、保存料としてのアルコール成分などが含有されていない化粧水を使いましょう。

近年では頭皮ケア専門のアイテムも販売されているので、そういったアイテムを取り入れていくのも良い方法といえます。

食事にビタミンB6を取り入れる

毎日の食事の中にできるだけビタミンB6の成分を取り入れていくのもおすすめです。

ビタミンB6は、髪の毛をはじめとしてお肌を美しく維持するために働いてくれます。

髪の毛というのは、コラーゲンやタンパク質などの成分で作られていますので、こういった成分の働きを活発にしてくれるビタミンB6を取り入れることで抜け毛を防ぐことができます。

ビタミンB6を豊富に含んでいる食品については、マグロの赤身や豚のひき肉、豚のレバー、鶏胸肉、鮭、ゴマ、サツマイモなどがあります。

他にもにんにくや赤パプリカ、モロヘイヤ、トマト、バナナにも多く含まれているため積極的に取り入れていきましょう。

ただし、ニンニクについては刺激が強い場合もあるため、使いすぎには注意して香り付け程度に取り入れましょう。

ストレス解消をする時間を作る

ストレスの蓄積は抜け毛へと直結してしまう可能性が高くなります。そのためストレス解消する時間を上手に作っていきましょう。

ゆっくりとお昼寝をする時間や、一人で気晴らしのためウィンドウショッピングにお出かけをする時間などを取り入れることでストレスの蓄積を防ぐことができます。

妊娠初期の抜け毛はいつまで続くの?

いつまで続くの

妊娠初期の抜け毛は前述のような工夫点などを取り入れることで予防することができます。とはいえ、妊娠初期の抜け毛はいつまで続くのかと気になってしまうママさんがほとんどではないでしょうか。

妊娠初期の抜け毛というのは、ライフスタイルや体内の変化によって徐々に落ち着いていくものです。

しかしここでもやはり個人差が表れますので、一週間程度で抜け毛が目立たなくなるママさんもいれば、妊娠中期や後期でも抜け毛が続き、本当にハゲてしまうかと思ったというママさんもいます。

必ずしも何日で抜け毛が止まると言い切れるものではありません。できるだけ工夫を取り入れながら予防に取り組んでいくことで、早い段階での効果が実感できます。

ロングヘアは抜け毛が気になりやすい

ヘアスタイルはママさんによってさまざまですが、中でもロングヘアのママさんは抜け毛が気になってしまうことが多くあります。

ショートヘアに比べるとロングヘアはどうしても一本の長さがありますので、数本抜けるだけでもたくさん抜けてしまったように感じるのです。

これは気分的な問題ですが、美容師さんも実際に同じような意見を持っており、長さが気分的に与える影響は大きいことがわかります。

どうしても抜け毛の量が気になるようであれば思い切ってロングヘアからショートヘアなどに変更するのも一つの対策かもしれません。

抜け毛を気にすると酷くなる?

妊娠初期に抜け毛が増えてしまうのは仕方がないと思っていながらも、ショックを受けてしまうものです。

しかし、抜け毛が気になったからといって、あまりにも気にしすぎてしまうとさらにストレスとなり、抜け毛が激しくなってしまうこともあります。

そのため妊娠初期に抜け毛が増えるのは当たり前のことだと割り切り、あまり気にかけないようにしましょう。

その中でさまざまな工夫を取り入れていくことで、妊娠初期の抜け毛を防ぎやすくなります。

こまめなケアで抜け毛は防げる

こまめなケア

頭皮のケアをはじめとして、シャンプーの成分見直しなどこまめなケアで抜け毛を防ぐことができます。

もちろん栄養バランスも大切になりますが、無理をせずできることからケアを取り入れていきましょう。

毎日のように今日は何本抜けた、今日は何本抜けた、などと気にしていたら、それだけでも精神的な負担は非常に大きくなってしまいますので、気にしすぎるのはよくありません。

またつわりで辛い時期でもあるため、やはり無理をしないことが大切になります。

妊娠初期の抜け毛を防いでいくための方法は難しいものではありませんので、少しずつ取り入れていきましょう。また、健康な髪の毛に良いとされている海草類などもおすすめの食材です。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

少しでも将来に不安を感じるあなたに・・・

妊娠や出産をきっかけに、ライフスタイルや家計のバランスは大きく変化します。中でも、産後の働き方について考えるママは少なくないでしょう。

・子育てに理解ある会社で働きたい!
・近場で好条件の職場はないかなぁ?
・未経験OKの職場があれば挑戦したい!
・夫だけの収入に頼るのは少し不安。
・フルタイムでないと保育園に入れない。
・だけど転職や仕事探しって大変そう・・・

と考えたことはありませんか?

そんなときは、プロの転職エージェントに相談して、自分のキャリアへの不安、悩みを解決してみてるのがおすすめです。リクルートエージェントなら無料でプロに相談できます。

あなたにあった働き方を見つけよう→リクルートエージェント

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる