妊娠初期の背中痛

妊娠初期に背中が痛いのはなぜ?背中の痛みを解消しよう




妊娠してしばらくすると、背中に痛みを感じるという人がいます。決して珍しいことではなく妊婦さんの半数以上の人が妊娠初期に何らかの背中の痛みを感じています。

そこで今回は、

・妊娠中に背中が痛くなるのはどうして?
・背中の痛みをなくしたい
・このまま痛みを放置するとどうなるの?

といった方に、妊娠初期に背中が痛くなる原因や、妊娠中に背中が痛くなったときの対処法を詳しくご説明します。

まだお腹も大きくなっていないこの妊娠初期に背中の痛みに悩まされると、この先数ヶ月を考えると気が重くなってしまいます。できるだけ早い時点で背中の痛みを治しておきましょう。

スポンサードリンク

妊娠初期に背中が痛くなる原因は?

妊娠初期はまだお腹も大きくなっておらず、背中や腰に負担がかかるような体型ではないのにもかかわらず、背中が痛くなるのはどうしてでしょうか。

妊娠すると、女性の体は目に見える部分以外にも出産に向けてさまざまと変化していき、それが理由で背中が痛くなってしまうことがあります。

妊娠によって女性ホルモンが増加すること

妊娠すると女性ホルモンが急激に増加し、妊娠・出産に適した体を作るために体がどんどん変化していきます。この女性ホルモンは体の靭帯を緩ませるという働きがあります。

体の靭帯が緩んでくると体を支えている背中や骨盤、腰骨などが緩んでくるのでバランスを崩しやすくなり、背中に痛みを感じる人が出てきます。

妊娠によって胸が大きくなること

人にもよりますが、妊娠初期にも関わらず、胸が急激に大きくなるという場合があります。

妊娠週数が進むに連れて徐々に胸も大きくなるのですが、妊娠初期段階で急激に胸が大きくなり、胸にかかる重みが、それを支える腰や背中に負担がかかり妊娠初期に背中や腰痛を感じるという人がいます。

腰や背中の筋肉がある程度鍛えられている人は、それほど強い筋肉痛のような痛みは現れませんが、日頃から運動不足の人などは筋肉疲労しやすいので、その分だけ痛みを感じやすくなります。

関連記事>>妊娠初期の胸の張り|原因と痛みや痒みを感じる時の対処法

骨盤の歪み

妊娠すると女性の体は出産のために骨格から急激に変化していきます。今までしっかり締まっていた骨盤も徐々にゆるんで、赤ちゃんを出産しやすいように開いていきます。

骨盤というものは非常に大切で、骨盤が少しでも歪んでくると連動して背骨なども歪んでしまいますし、骨盤の不安定な状態を背中の筋肉で支えようとすることで背中の筋肉が無意識に非常に使われ、痛みが起こる場合が多いのです。

そのことで、背中の筋肉が常に筋肉痛のような痛みを持ち、常に疲労感があり、なかなか眠れないという人もいます。

背中の筋肉が長時間働くことによって酷使されていると考えましょう。骨盤の歪みは背中の痛みだけでなく、腰痛や便秘の原因にもなりますので、妊娠によってゆるんでくる骨盤をできるだけ歪ませないようにすることが大切です。

体の冷え

体が冷えている人は、いろいろなところに症状があられます。あまり厚着になるとかえって肩が凝ったりするのですが、できるだけ背中から腰、下半身の辺りは冷えないようにしましょう。体が冷えていると血行が悪くなりますので筋肉が硬くなります。

背中の痛みを治す方法

では、痛くなってしまった背中の痛みを治すにはどうすればいいのでしょうか。いくつかご紹介しますので試してみましょう。

骨盤を歪まないようにする

女性ホルモンの働きによって骨盤はどうしても緩んできますので、普通生活を送る上で姿勢が悪い人や座り方などに癖がある人は骨盤がさらにゆがみやすくなります。

これから大きくなっていく赤ちゃんのために、ある程度骨盤が開く必要はありますが、必要以上に骨盤が緩んで大きく開いていると、立って歩行する際に足の骨を脱臼したり、骨盤の周りの筋肉が緩んで背中や腰に負担がかかるようになります。

どんどん緩んでゆがみやすくなる骨盤をなるべく歪まないようにキープする必要があります。骨盤矯正のためのガードルやベルトなどを活用すると良いですが、骨盤矯正ガードルなどはお腹が大きくなってくるとサイズが大きくなってあまり使えないので、骨盤矯正ベルトが一番長期に使えて便利です。

骨盤を支える筋肉をサポートしてくれるので立っていても楽ですし、姿勢が良くなります。あまり強く締めると痛みとなり、血行が悪くなりますので適度な強さで装着します。

その他、骨盤矯正のために椅子などに置いて使うクッションのようなものもあります。骨盤が開いたまま長時間座る姿勢が続くのを避けることができるので便利です。

これらの骨盤矯正のためのグッズは、妊娠しているときだけではなく、出産後の骨盤のゆがみを治すためにも使えるので用意しておくとよいです。

背中の痛みを薬で治す

背中の筋肉痛である場合は、湿布や塗り薬を利用して治す方法もあります。本当はきちんと整形外科などで受診するのもよいですが、産婦人科で背中の痛みなどがあることを伝えると、妊婦さんでも使える湿布や塗り薬などを処方してくれます。

市販の湿布や塗り薬でも胎児に影響があるほど強いものはほぼないので、適度に利用すると良いでしょう。注意しなければいけないのは、湿布薬に含まれているケトプロフェンという成分です。

このケトプロフェンは筋肉の炎症を防ぐ為に血管を収縮させますが、この成分がお腹の胎児に必要な栄養を送ろうとする場合に胎児動脈を収縮させるので、胎児が発育不全になったりする危険があります。湿布薬を利用する際は成分表示の確認をしましょう

マッサージしてもらう

腰痛や背中の痛みには筋肉をリラックスさせるマッサージが効果的です。腰や背中のマッサージはなかなか自分ではできませんので、できれば旦那さんか家族の人にお願いして、ゆっくり指圧するようにツボを押してもらうと楽になります。

男性の指の力の方が押しも強くて効果があります。ツボがよくわからなくても、背骨にそって押してもらったり、肩甲骨の周りや腰骨のあたりを刺激してもらうと気持ちが良くなります。痛気持ちいいくらいの強さを伝えて押さえてもらいましょう。

関連記事>>妊娠中や妊娠初期にマッサージを受ける時の注意点

運動不足を解消する

腰痛や背中の痛みの多くは、動かすことによって痛くなると本人が勝手に感じて、全く動かそうとしないということが症状を悪化させています。

動かすと痛いに違いないと思うと、筋肉が必要以上に緊張して痛みが増えますので逆効果です。

妊娠中ですので激しい運動というのは考え物ですが、ウォーキングしたり、ストレッチしたり、背中を伸ばすヨガなどは痛みを恐れずにトライしてみる方が断然良くなります。

1日のうち、何分かは痛いかもしれませんが、軽くから動かしてみると体が慣れてきます。思い込みで痛さを感じるということがあるので、楽観的に考えて背中を積極的に動かしてみましょう。

背中を伸ばすと気持ちも明るくなります。どうしても動かすのが怖いという場合は、水の中で動かしてみると背中や腰などへの負担が少なくてすみます。

こちらの、運動不足の妊婦さんにおすすめの簡単運動法の記事に詳しい運動方法をご紹介していますので、参考にしてください。

体を温める

背中や腰の痛みがある人は、血行が悪くなっているのも大きな原因です。本人が気がついていない状態でも体が冷えていることがあるので、背中から下半身においては常にぽかぽか温かいくらいの状態にしておきましょう。

お風呂で長時間体を温めておいて、その後もブランケットなどで体を包んで熱が逃げないようにします。寝るときも湯たんぽなどでじわじわと温めるようにすると筋肉がリラッックスできます。

昼に家にいる場合もたまには足湯をしてみたり、靴下を重ね履きしたり、ひざ掛けなどを利用して下半身の冷えをできるだけ避けるようにしましょう。

寝具を変える

人間は1日の3分の1は眠っています。妊娠して体の具合が悪い時などは、1日の大半を布団の中で過ごすようになります。布団は背中の痛みや腰痛に非常に深い関係があります。

硬すぎても、柔らかすぎても背中や腰に負担がかかって痛みが出ますので、適度な硬さのものを用意することが大切です。最近ではスポーツ選手などが普段使っている低反発のマットレスなども簡単に手に入ります。

マットレスにしては値段も10万前後するものもあるので高価ですが、毎晩のことですし、快適に毎日を過ごせるグッズであると考えると、それほど高価な買い物ではないかもしれません。

背中の痛みの場合、マットレスも重要ですが、枕も重要なアイテムです。枕の高さによって、背骨に与える影響は大きいので、なるべく自分の首と背骨の角度を客観的に判断してもらって枕を購入することをおすすめします。枕の高さは高すぎても、低すぎても背骨にとっては負担になります。

靴を変える

妊娠初期ですので、転倒を避けるために高さのないスニーカーを履くという人も多いですが、背中の負担を少し軽くするために、ほんの少しかかとが高くなった靴を履くと背中への負担が軽くなります。

もちろんあまりヒールの高さがあると危険ですので避けるべきですが、スニーカーの中敷として少しかかと部分に高さを出すものを入れてみるとちょうどいい感じになります。

食事に気をつける

妊娠中は血液量が増加しますし、胎児の体を作るために妊婦さんは貧血とカルシウム不足に気をつけた食事をする必要があります。

特に背中が痛かったり、腰痛があるという人は骨ももろくなっている可能性がありますので、カルシウムをしっかり摂る必要があります。小魚や牛乳などカルシウムを豊富に含む食品を取ることも大切ですが、カルシウムはたんぱく質と共に摂取することで吸収が良くなります。

カルシウムとたんぱく質の同時摂取のために、納豆など大豆製品も積極的にとるとよいでしょう。丈夫な骨を作るためにはカルシウムとたんぱく質を取るとともに、外に出て日光をたくさん浴びましょう。

日光浴を取り入れることで、骨が強くなります。天気のいい日は、しっかり紫外線対策をして近所を散歩するもの効果的です。

妊娠初期の背中の痛みが治らないとどうなる?

妊娠中期のころから少しずつ、見た目にもお腹が前にせり出してきます。その前に出ているお腹のバランスを背中をそることでとろうとしますので、背中がいつも不自然に反り返る形になってしまいます。

妊娠初期から背中の痛みを放置して対策していないと、その痛みを抱えたまま、どんどん背中に負担がかかっていく状態になります。背中が痛むことでその部分を他の部分で支えようとしますので、体のあちこちが筋肉痛になり、ゆがみがひどくなります。

体が痛いということで運動できず、出産に向けて体力づくりが必要な時期に運動不足になってしまいます。出産自体はたった数時間のことですが、全身の力を必要としますし、普段使わない筋肉を酷使します。

出産後に普通にスタスタと歩ける人もいますが、大部分の人は体へのダメージが大きいので、数日は思うように歩くことも困難になります。

妊娠中に背中を痛めたり、腰痛があり、それを産後まで引きずることになると、人によっては産後の忙しい時期に、歩けない、立ち上がれないということもあります。やっとのことで立ち上がることができても、骨盤も緩んでいるので一人で補助なしでは歩けない状態になる人もいます。

そのような状態で産後の育児がスタートしてしまうと、気力も体力ももちません。背中や骨盤、腰というところは体全体を支える大切な場所です。たかが背中の痛みと放置することなくきちんと妊娠初期から改善に努めることが大切です。

背中を鍛えるトレーニングと正しい姿勢

肩の力を抜いて、背筋を伸ばし、腰の後ろを伸ばすことを意識しましょう。猫背になって首が肩に隠れている状態はよくありません。首をできるだけ長くすっと伸ばすことを意識し、肩が内側に丸まっていないことを確認します。

顎を引いて目線をほんの少し上向きいします。上半身の力を抜いておへその下辺りで体を支えることを意識します。体の中心をいつも感じながら立つと正しい姿勢になります。

妊娠初期ですので、トレーニングはあまり無理のない程度に腹筋と背筋を鍛えましょう。四つんばいになって、顔を下に向けて息を吸いながら、背中を丸めて背中を持ち上げるようにします。

数秒静止したら、今度は顔は正面前方を見ながら、息を吐きながら背中を下ろします。そのとき背中が少し反るような感じまで持っていけるとよいですが、無理はしない程度にしましょう。このような動きを10回ほど繰り返します。

また、骨盤を常に正しい位置にキープするために、仰向けに寝転がり、両膝を立てましょう。両膝をくっつけながら左右にゆっくりと倒します。寝転んで行う運動ですのでお腹に負担がかかりません。

余裕のある人はそのまま、足を肩幅に開いて、両手のひらを床に付けて体の横に置きます。腹式呼吸をしながら腰をゆっくり持ち上げます。

持ち上げたところで5秒ほど停止したら、ゆっくりもとのポジションまで戻します。この運動で、背中や腰、骨盤の内側の筋肉を鍛えることができます。

自分で毎日筋肉を鍛えることが大切ですが、背中の痛みが続く人は病院を受診して専門医に相談しましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる