妊娠初期に甘いもの

妊娠初期に甘いものがやめられない!!糖分の悪影響と控え方




新しい命に宿す、素晴らしい出来事である妊娠。さまざまな困難はありますが、自分の体から生まれた新しい命をこの目で見ることで、全ての苦労が報われるような、そんな気分になるといわれています。

さて、そんな妊娠ですが、妊娠中は味覚が変わってしまったり、たくさんの栄養が必要となるため、甘いものが欲しくなることがあります。

女性であれば普段から甘いものを食べたい、という気持ちになることもあると思いますが、そういった欲望とはまた違ったものです。

そこで今回は、

・甘いものがやめられない!どうすればいい?
・甘いものを摂取しすぎるとどんな影響があるの?
・自分でできる糖分の控え方を教えてほしい!

といった方に、妊娠中の甘いものが食べたくなるメカニズムやママとお腹の中の赤ちゃんへの影響、手軽にできる糖分の控え方を詳しくご説明します。

関連記事
>>「吐きつわり・食べつわり」辛いつわりを乗り切る対処法
>>酵素は妊婦の救世主!妊娠中の体重増加や美肌に酵素が良い理由

スポンサードリンク

妊娠初期の甘いものへの衝動とは?

妊娠初期の甘いものへの衝動とは

甘いものを食べ過ぎる、ということは日常生活においても良いとはいわれておりません。ましてや妊娠初期からずっとその誘惑に負けると胎児に影響が出てしまうのかと不安になってしまいます。

妊娠中のさまざまな不安をかき消すために、どんどん糖分を摂取していけば、妊娠後期に向けて悪影響を及ぼすことになってしまいます。どんな影響があるのでしょう。

黄体ホルモンの影響!?

冒頭でも女性はもともと甘いもの好きと記述しましたが、なぜ妊娠初期になるとより甘味を欲することになるのでしょうか。まず、分かっているのがホルモンの変化です。

妊娠という状態をしっかりと維持するとき、どうしても黄体ホルモンが必要となってきます。

黄体ホルモンは、妊娠をして初期の頃に急激に増え始めるといわれており、後期に近づくにつれ、徐々に濃度に落ち着きが見られます。

この黄体ホルモンは、体にさまざまな影響を与えることが分かっています。その中で、日常生活で目に見えてわかる黄体ホルモンによる影響が味覚です。

例えば、今までは生魚が大好きでお刺身を良く食べていたのに、急に生魚が食べられなくなったりします。

また、焼肉などがとても好きだったのに、肉独特の野性味が気持ち悪いと感じてしまったりと、とにかく妊娠初期には味覚が大きく変化します。

これらは黄体ホルモンの影響ですので、月日が流れることで味覚は元に戻ってくるので安心してください。

そして、なぜ黄体ホルモンが甘いものを欲するのか。それは、薄い味わいを感じにくくなるからとされています。

強い味が欲しいと思うことで、甘ければ甘いほど良いと、甘いものを好むようになってしまうのです。味覚が鈍感になることによる症状といえます。

ブドウ糖の影響

では、妊娠初期を過ぎれば甘いものが欲しなくなるかというと、そうではなく、後期まで続くのが厄介なところです。

黄体ホルモンは後期になれば徐々に減少していきますが、なぜ甘いものがやめられないのでしょうか。

その理由のひとつにブドウ糖が挙げられます。胎児がお腹の中にいることで、胎児に栄養分としてブドウ糖が送られていきます。

考えてみれば当たり前なのですが、糖分が胎児に送られていけば、ブドウ糖が足りなくなっていき、結果的に甘いものを欲するようになるのです。

ちなみに、28〜31週あたりになると、よりぶどう糖が胎児に送られますので、その時に甘味を欲するようになる方も多くなります。

甘いものを食べたらいけないの!?

甘いものを食べたらいけないの

さて、甘いものを食べたくなるということで、ついついお菓子を購入してしまいがちの妊娠初期。

とはいえ、甘いものを食べても自分の体重が増加するだけであれば、それほど胎児には影響が無いと思いがちです。甘いものを食べ過ぎることで、何か胎児や母体に悪影響が及ぶのでしょうか。

結論としては、過度の甘味の摂取は悪影響になってしまいます。まず、前述しましたが体重の増加は注意したいところです。

妊娠中に体重が増加してしまうことは良くあることなのですが、脂肪が増加しすぎることでお産に危険が伴うことがあります。

さらに、それに加えて注意したいのが妊娠糖尿病という問題です。毎日、ある程度の糖分を取り続けることでも症状が現れてしまう可能性がありますので、妊娠初期から甘味の摂取量には注意が必要となっていきます。

体重増加による影響

妊娠初期に限ったことではないのですが、甘いものを多く摂取すれば、当然、体重は増加していきます。体重増加ということは、体に脂肪がどんどんついて行き、肥満体質へとなってしまうということです。

脂肪が増加しただけであれば、胎児に影響は無いように思われがちですが、実は脂肪が増加することにより、子宮口が開きにくくなるということが起こります。

脂肪が増加することで起きるリスクは、当然普段の健康状態にも悪影響を及ぼしますし、内蔵機能の低下によってさまざまなリスクを背負うこととなるのです。

関連記事
>>酵素は妊婦の救世主!妊娠中の体重増加や美肌に酵素が良い理由
>>妊娠後期の体重管理はなぜ重要?気を付けたいポイントとは
>>妊娠中の無理なダイエットは禁物!妊娠中の体重管理のコツ

妊娠糖尿病

妊娠中の体重増加も注意しなければならないひとつですが、甘いものを摂取し過ぎて起こる危険な症状に妊娠糖尿病があります。

基本的には、妊娠中にかかってしまう糖尿病という認識で良いのですが、お腹の中には胎児がいる点が普通の糖尿病とは大きく違います。母体への悪影響は、高血圧症候群です。

高血圧になることで日常生活にも異常をきたしてしまうので、こちらは避けたいところです。さらに羊水量の異常も注意が必要です。出産時にも大きく影響を与えることからも、こちらも徹底的に注意しなければなりません。

低血糖症

低血糖症というと、糖分が足りていないような印象を与える症状ですが、逆の砂糖を欲する気持ちが抑えきれない、いわば砂糖中毒者という状態になっていることを指しています。

甘いものを食べ続けていると、当然ながら糖分が足りないとイライラしてしまいます。そして、それが緊急時では無く、常に砂糖が足りないという状態に脳が感知してしまっているのです。

血糖値のコントロールができなくなっている状態ですので、結果的には非常に疲れやすくなり、感情の起伏がとても激しくなってしまいます。

白砂糖が低血糖症の主な原因とされていますが、この白砂糖が血糖値を急激に上昇させる効果があります。

疲れている時など、有効に利用すればとても便利なのですが、これを日常的に摂取していると低血糖症を招くこととなります。

満足感や、疲れが取れたような錯覚に陥るので、常に食べていないと落ち着かなくなり、結果的に糖分の過剰摂取を引き起こしているのです。

体自体、上がった血糖値を下げるためにインシュリンを分泌し、血糖値が下がります。

こうなると、鬱感や疲れたような気分に陥り、結果的に糖分を欲する悪循環が起きます。低血糖症は、マタニティブルーや鬱病を引き起こす恐ろしい症状として認識されています。

胎児の体も低血糖症になる恐れもあるので、甘味の摂り過ぎは絶対的に注意しなければならないのです。

胎児に与える悪影響

妊娠糖尿病で一番恐ろしいのが胎児に与える影響です。母体にも悪影響を与えているわけですので、胎児にも影響が出ないということはありません。

まず、流産をはじめ、巨大児、発育不全、心臓の肥大、そして最悪の場合死亡というケースも起きます

産まれてきてから、困難を伴うこともあるので、甘いものの過剰摂取には徹底的に注意しなければならないといえるでしょう。

関連記事>>巨大児出産のリスクとは?原因や予防法と治療が必要なケース

妊娠初期に甘いものを我慢するには?

妊娠初期に甘いものを我慢するには

妊娠中は甘いものが欲しくなり、自らの意志をコントロールできないことが多々あるとご説明しました。しかし、糖分の摂り過ぎによるさまざまな母体及び胎児への悪影響は計り知れません。

とはいえ、妊娠中は常に甘いものを欲するため、完全に糖分を抑えてしまうと、それはそれで多大なストレスとなります。やはり、母体は大きなストレスを感じることで胎児に悪影響を及ぼし、別の症状も発生します。

さらに、本当に注意しなければならないのは、糖分を我慢し続けてしまい、一度リミッターが外れたことによる暴食が起こってしまうことです。

急激に血糖値を上げることに体が快楽と感じると、次の日も我慢できなくなり、結果的に悪循環となります。

妊娠初期の時点だからこそ、糖分や甘みを上手に取る方法を知ることで、安全に出産を向かえることができるのです。

自然由来の甘味を摂取しよう

では、一体どう甘いものと付き合っていけば良いのでしょうか。

まず、白砂糖などがたっぷりと入っている市販のスナック菓子やケーキ類などではなく、果物や野菜で手軽に自然の甘味を摂取してみてはいかがでしょう。

サツマイモや柿などは、非常に甘いのでこちらを適度に摂取すると糖分を摂取したい欲求を抑えられることがあります。さらに、プルーンもおすすめです。

もちろん、余計な加工がなされていない上に鉄分も含まれていますので、体にも良い効果があります。

ボリュームもありますし、噛み応えも相当あるため、満足感が他のフルーツなどに比べても高いです。

フルーツにいたっては、同時に水分も摂取できますので、こちらも満足感が高くビタミンも同時にしっかりと摂取できるのでおすすめです。

他にも、妊婦さんにとっておすすめのフルーツについて、つわりや便秘にも効果的!妊婦さんにおすすめの果物の記事にて詳しくご紹介しています。

人間の味覚というのは不思議なもので、自然の甘みばかりを摂取していると人工的な甘みを受け付けなくなってきます。食生活を見直す機会にもなるので、妊娠初期の糖分摂取の代わりとして利用してみるのもひとつの手段です。

ドリンクで満足を得る

ダイエットなどをされる方にも多いですが、食べたいという欲求は飲むことで抑えることも可能です。コップ一杯の水だけでも、非常に効果があるので、糖分が急激に欲しくなる時には有効です。

それだけではどうしても難しい、という方であれば無調整の豆乳などもおすすめです。きび砂糖であったり、自然由来の優しいものを混ぜるだけでも、非常に満足感が得られます。

要するに、甘さを若干感じるだけであっても、甘いものへの欲求はほど良く満足できるのです。妊娠初期は非常に肝心な時期でもありますので、デリケートになりやすい状態です。

そんな時だからこそ、直ぐにイライラを誘発しやすく、甘味をより欲するようになっていきます。こういった状況をしっかりと防ぐために、毎日摂取できる水分での対策を徹底していくことも、妊娠後期に向けての大切なこととなっていきます。

また、妊娠中の体重管理や栄養補給を兼ねた酵素ドリンクもおすすめです、酵素は妊婦の救世主!妊娠中の体重増加や美肌に酵素が良い理由にて詳しくご紹介していますので、参考にしてください。

水分を摂りすぎることも良くはありませんが、妊娠初期は適度な水分摂取も必要な時期です。普段から、食べ物で対策を取るだけでなく、飲み物をうまく活用していきましょう。

食事中の糖分を抑える

甘いもの、というとスイーツや市販の砂糖菓子をイメージします。

しかし、普段の食事にも意外と糖分をたっぷり使っています。肉じゃがなどの煮物や炒め物、カレー、そして、市販のタレなどにも糖分がたっぷり含まれています。

できるだけ、糖分を抑えた味付けを工夫して料理してみましょう。あまりでき合いの惣菜やお弁当などで食事を済まさない方が良いということになります。

ご褒美として甘みを摂取

今まで述べてきたように、徹底的に糖分を避けた生活をしていると、どんなに誤摩化していてもストレスは溜まります。一番怖いのはストレスからくる過剰な食欲です。

糖分だけでなく、塩分なども大量に摂取することになれば、今までの苦労も水の泡となります。さらに、イライラが募ればパートナーをはじめ、身近な方へ迷惑をかけてしまうかもしれません。

そこで、おススメなのが、週に1回、2回と自分へのご褒美ということで、少しだけ糖分を摂取することです。バランスよく上手に糖分と付き合っていれば、あまり食べたいという欲求にもさいなまれないはずです。

我慢し過ぎも良くありませんので、頑張っている自分にご褒美として糖分を摂取し、ストレスとも上手に付き合っていってください。

まとめ

まとめ

妊娠初期は、まだまだ母体への影響が少なく、妊娠をしていなかった時期のような生活を送ってしまいがちです。お腹の中には、しっかりと新しい命がいるということを決して、忘れてはいけません。

妊娠初期だからこそ、糖分の摂取を徹底し、健康で元気な赤ちゃんを産んでくださいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

  • 妊活まとめ
  • 妊娠初期まとめ
  • 妊娠中期まとめ
  • 妊娠後期 産後まとめ
  • 産後ママの悩みまとめ
  • 育児の悩みまとめ

おすすめの葉酸サプリ

妊活中または妊娠の疑いのある場合は、葉酸を摂取するようにしましょう。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 注目商品
  • |定期購入 2,980円

100%天然!はぐくみ葉酸

  • No,2
  • |定期購入 3,980円

初めての妊活はこれ!ベジママ

  • No,3
  • |定期購入 2,750円(初回)
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリの記事一覧を見る
妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる